[イワナが釣れて釣れて前に進めない魚野川!]

Pocket

[イワナが釣れて釣れて前に進めない魚野川!]

準備万全  魚野川の無念!
今日は、私が一番釣れるであろうと思った—–源流釣行の河川「魚野川」を紹介します。この源流釣行は入渓が難しく、最低でも二泊しないといけなくて、どうしてもゆく機会がありませんでした。どなたかこの源流釣行を代わりに実現して下さい。
雑魚川と魚野川は切明で合流する名河川同士で、下流は中津川です。私の無念とは、魚野川釣行を何度も企画しましたが、どうしても実行出来なかった無念の川なのです。
魚野川は当時「釣れて釣れて前に進めない河川として名を馳せた「源流域釣行」の茗渓でした。
魚野川は野反湖を源流として流れ出している河川で、切明のすぐ上流に檜俣川と言う支流があって、これ又魅力に富んだ源流河川—–魅力満載の釣行の出来る「源流域環境が揃ったのが魚野川」です。
切明に車止めのゲートがあってその上流3kmで、檜俣川の合流で約60分の林道歩行。
因に沢づたいの2kmは60分かかり、林道は3kmで60分かかります。
檜俣川の上流に渋沢の分岐があり、そこは渋沢ダムで湖畔寮があります。本流は林道を行けば切明から2時間半の道程。
これより上流に鼻ゼン沢の支流があって、そこから上流の黒沢出合いまでの2kmが、魚野川釣行のハイライト—–釣れて釣れて前に進めない2kmです。
黒沢出合いから上流の1.3kmに高沢があり、良く釣れるポイントです。
この高沢出会いには3角地の高台があってベースキャンプの好立地です。
このように完璧な魚野川釣行の計画を立て—–何回も地図を眺めては、その日の来るのを待ち望んでいましたが、どうしても夢は叶いませんでした。「魚野川の無念」です。最低でも2泊3日—–3泊はしたい!
地図と周辺環境は、全部頭の中に入っていて行くばかりの準備で終わりました。
          どなたかこの釣行を是非実現して下さい!
       釣れて釣れて前に進めない、源流釣行です!
       入渓が難しく  そのためイワナの宝庫です!
この上流部に釣れる本流があります。
 

源流釣行は厳しいです。
 

魚野川はイワナの宝庫。
 

以下は最近発売した電子書籍のリンク先と、最下段はブログランキングのリンク先です。
 
6月10日に販売した「最強のEPUB」iBooks版リンク先。

 
 

6月11日に販売した「最強のEPUB」Kindle版リンク先。
「安くて美味しい赤ワイン2015新版」Kindle Pdf Mobi版 5/2に再出版しました。Windowsで快適に読めるようになりました。リンク先は。

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。