日本が学ぶべき小さな大国!GDPが世界一のルクセンブルク!世界屈指の富裕国!!

Pocket

日本が学ぶべき小さな大国・ルクセンブルク!

日本が学ぶべき小さな大国!GDPが世界一のルクセンブルク!世界屈指の富裕国!!

 

世界屈指の富裕国、知られざる小さな大国「ルクセンブルク」ってどんな国?

ルクセンブルクは世界で最も裕福な都市と言われています—–

ドイツとフランスに挟まれた、神奈川県ぐらいのこの小国の発展が凄い!

縮小し続ける日本に学ぶべきものが多いい!!

では何故ルクセンブルクが小国でありながら発展しているのだろうか?

それを紹介してゆきます。

ルクセンブルクは20年以上連続で一人あたりGDP(国内総生産)が世界一。

世界屈指の富裕国としてその名をとどろかせています。

ちなみに日本の一人あたりGDPは世界22位。

ルクセンブルクは人口が少ないために、GDPこそ大きな数字にはならないものの、

居住者一人あたりが稼ぎ出す富は世界一なのです。

流石世界遺産の街、ルクセンブルクは綺麗な街並みが美しい!

流石世界遺産の街、ルクセンブルクは綺麗な街並みが美しい!

人口57万人のルクセンブルクが、どうやって世界でもトップクラスの豊かな国となったのか。

その最大の要因は、ヨーロッパを代表する金融センターの座を勝ち取ったことにあります。

1960年代からルクセンブルクの経済を牽引していた鉄鋼業の不振を受け、ルクセンブルクは金融立国を目指す方向に舵を切りました。

その政策が功を奏し、いまやロンドンに次ぐユーロ市場、ヨーロッパを代表する国際的な金融センターを有するまでに発展したのです。

首都のルクセンブルク市には海外からも多数の金融機関が進出しており、

ユーロ圏における富裕層向けのプライベート・バンキングの中心地となっています。

ルクセンブルクの首都は、国名と同じルクセンブルク市。ルクセンブルクの旧市街は「北のジブラルタル」の異名をもつ難攻不落の城砦都市。

ペトリュス渓谷に守られた天然の要塞で、

断崖と2つの川に囲まれた地形を生かして造られた街並みは、世界遺産に登録されています。

ルクセンブルクの旧市街は難攻不落の城郭都市で、

地形を生かして造られた街並みは、世界遺産に登録されています。

地形を生かして造られた街並みは、世界遺産に登録されています!

小国でも魅力はビッグ!ルクセンブルクの観光スポット。

ルクセンブルクという小さな国ですが、ルクセンブルクには中世の街並みがそのまま残り、

古城や教会などが当時のまま残されていて、他国に負けず劣らずの観光スポットを持っている国。

小国でありながらEUを相手にすれば市場は5億です。ここにヒントがあります。

国は小さいが市場はでかい、小国だからこそ素早く対応できる利点があるし、そこに発展の可能性が潜んでいます。

ヨーロッパは今、難しい局面に直面しています—–イギリスのEU離脱などがその大きな理由。

そこで小国ルクセンブルクの役割が、あるのです。それは素早い対応が可能な、各国との架け橋になることです。

これは小さいのに大きな挑戦です。ここに日本が参考にするヒントが隠されているのではないでしょうか!

 

 

ルクセンブルクはアメリカのシリコンバレー版と言われている!


シリコンバレーのよう!宇宙資源開発・宇宙ビジネスの全盛時代!

 

ルクセンブルクはアメリカのシリコンバレー版と言われている。

小国ルクセンブルク、宇宙資源開発に名乗り!

場所柄、ベンチャー企業および投資家の参加者が多いことが特長。

ルクセンブルクは商業宇宙資源開発を国家戦略として進めている。

NHKアナウンサーの阿部さんが、同国を訪れたのは今回が初めてだったが、

驚いたのが地元のタクシーに乗った際に、運転手も宇宙ビジネスの盛り上がりを知っていたことだ。

人類最後のフロンティア、宇宙。

今年、新たな国が宇宙探査への本格参戦を表明した。

人口約50万の欧州の小国、ルクセンブルクです。

クセンブルク政府も、これまで衛星通信や航空・海洋監視などの宇宙関連産業は手がけてきたが、

今回焦点を当てるのは地球近傍天体(NEO)と呼ばれる、地球に接近する軌道を持つ惑星探査。

地球近傍天体とは、地球から宇宙船に容易に到達できる、速度増分があるそうです。

地球近傍天体と呼ばれる、地球に接近する軌道を持つ惑星探査!

地球近傍天体とは地球からの宇宙船が容易に到達しやすい!

地球近傍天体(ちきゅうきんぼうてんたい)とは、地球に接近することから衝突の危険性を持つ反面、

地球からの宇宙船が容易に到達しやすく、月よりはるかに少ない速度増分で、

今後の科学的調査と商業開発において重要になると考えられている。

惑星に探査機を送り込み、そこに眠る鉱物などの資源調査・採掘活動を支援する。

世界の有力宇宙ベンチャーを誘致!

地理的・人的資源の限られたルクセンブルク政府が探査機を開発するわけではない。

宇宙資源開発に意欲的な企業が活動しやすい環境を整え、多くの企業を誘致することが基本的な産業育成の柱だ!

急速に発展する宇宙産業の勢いを、ルクセンブルクに見た!

30年の歴史をもつルクセンブルクの宇宙投資!

地球の問題を宇宙で解決する!

「宇宙の公用語はルクセンブルク語」!

日本でも昨今宇宙ビジネスは注目を集めているが、広く一般にまで普及しているとは言えない段階だ。

前記したように、ルクセンブルク大公国は、神奈川県よりやや広い程度(2586平方キロメートル)、

人口は東京都板橋区よりやや多い57万6249人(2016年1月、ルクセンブルク統計局)の小さな国。

1人あたりのGDPがとても高いことでも知られています。

1人あたりのGDPがとても高いことでも知られています!!

日本は今後宇宙ビジネスの全盛時代に突入してゆくでしょう、宇宙開発のお手本が、

ここルクセンブルクにありますので、今後はその動向に注目しなければなりません!

宇宙ビジネスを目指すなら、ルクセンブルクです!

小国ルクセンブルグには、日本が学ばなければならない、事が多くあります!

ルクセンブルグに学べが日本の将来像!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。