[ボルドー③]

Pocket

[ボルドー③]
データは 嘘をつかない!

「マトリックス」による解析で、信じられないような結果が明らかに-----ボルドーワインは美味しくないと言う、データが示されたのです。

マトリックスで分析するまでも、「安くて美味しい赤ワインはスペインワイン最強の時代」に異論はありませんでしたが、データを細かく分析していくうちに納得の事実が浮かび上がりました。驚きを禁じ得ません。

フランスの四つ星獲得率が五割しかなく、六カ国中では最下位。世界一のボルドーワインは、他の、主要六カ国と比較して、ダントツの最下位で、なおかつフランス国内でも最下位と言う惨めさ。四つ星獲得率は0.384しかありませんでした。

      「スペイン最強の時代」が裏付けられたのです。

試飲対象が「安くて美味しい赤ワイン」に絞られたからではとの疑問もあります。果たしてそうでしょうか?思いだして下さい。ボルドーの一流とカリフォルニアの新星の、目隠し試飲対決を-----1976年と1986年と2006年の三回とも、カリフォルニアの新星の圧勝と言う事実がありました。

さらにロバートパーカー氏も、衝撃の発言をしていました。スペイン・モンサンの僅か 1580円のフロール・デ・エングローラがあの「ペトリュス」の15万円や「シャトー・マルゴー」の5万円と同じだとしたのです。

「ボルドー対カリフォルニア」「パーカー発言」そして「試飲マトリックス」-----その三段論法で言えば、ボルドーの高価なワインを含めても、世界一のボルドーワインは決して美味しくないと言う結果になります。

あくまでも三段論法であって、全てが私の確かめたデータではありませんが、そう考えざるを得ないような、私自身の「目隠し対決」による既成事実もあったからです。

ボルドーワインは、メドック地区の格付けと言う見えない壁に守られ、恵まれた環境にあり、「安くて極上で美味しい」への、造り手の情熱が見えません。メドック地区の格付けに支えられた構図が、見え隠れするだけ-----試飲マトリックスの解析から、新時代の到来までもが、見えてきました。

下記が試飲データ-----スペインが四つ星++で1000円近くに集中しています。フランスは三ツ星〜三ツ星++に多く見られます。







Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。