[ボルドー④]

Pocket


 

[ボルドー④]

 
ボルドーは何故美味しくないのか!
世界一のボルドーワインが、何故美味しくないのか—–以前から漠然と気になってはいました。これほどはっきりとデータに示されると、あらためてやはり「美味しくはないのだ」と、納得してしまいます。
 
ボルドーワインには感動するとか、記憶に残るとか—–そんなワインが少ないのです。ボルドーで唯一記憶に残ったワインには「シャトー・ラ・グランジュ・ドルレアン 2011」があります。あの大人気のモンペラと同じ産地です。ボルドーで初めて★★★★++を獲得し、しかも1008円とお手頃価格で、デイリーワインにお薦めしたものでした。13本試飲した中で記憶に残ったのが、僅かこの1本だったとは—–世界一の名が廃るとはこのことでしょうか?ちなみにスペインでは46本試飲した中で★★★★++以上がなんと24本もありました。
 
私の試飲したボルドーには、感動を呼ぶようなワインが少ない—–スペインでは名も無い僻地から、感動するワインが次々と世界へ向けて出荷されていますが、ボルドーにはこの状況がみられないのです。残念としか言いようがありません。
永い歴史の中で、世界に冠たる地位を築いたボルドーは、メドック地区の1級
〜5級などの格付けに守られ、ワイン愛好家にも愛され続け、高価な値段で取引されると、どうしても素人にとっては「感動を忘れたワイン」になってしまうのでしょうか?
 
ボルドーワインの、もうひとつの弊害—–それがヴィンテージです。なかでもグレートヴィンテージのワインは、世界の富豪が競って手に入れ倉庫で寝かす間に、巨万の富に生まれ変わる—–魔法のヴィンテージなのです。この魔法のヴィンテージが曲者で価格をつり上げて出まわら無くする—–ボルドーを支えてきた、もうひとつの悪い要因になっていることに、お気付きだったでしょうか。
 
ボルドーが安閑としてはいられない要因には技術革新もあります。「熟成期間を押さえて短期間に美味しいワインを造る」と言う、新しい技術が世界で取り入れられ急速に広がっています。ボルドーもやっと重い腰を渋々あげたと聞きます。しかしこれまでのボルドーの最大の武器は「長期熟成とグレイトヴィンテージ」—–「寝かせるから美味しい」と言う武器をどうするのか?
現状に甘んじたままなのか!!
 
これまで、ボルドーが世界一に君臨し続ける事で、ワイン界が成り立っていたことも確かです。時代は変わった—–今こそ「感動するボルドーワイン」
を、世界に配信して欲しいのです。それがボルドーの蘇る道ではないでしょうか?
 

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。