[私の一番高い赤ワイン]

Pocket

[私の一番高い赤ワイン]

世紀のヴィンテージ  ポイヤックのエレガンス!
高ければ美味しいとは  限りません!
 
今日は私が購入したワインの中で一番高いワインの紹介です。
 
ボルドーが誇る銘醸地ポイヤックのエレガンスな味わい。ボルドーのメドックの中でも、最も優れた赤ワインの産地として名高いのがポイヤック。豊かな香りとタンニン、力強さ、エレガンスさを備えた赤ワインを造り出しています。
 
まさに最高級赤ワインの産地!五大シャトーの内三つ(ムートン、ラフィット、ラトウール)が、ポイヤックにあって。そのポイヤックのテロワールに恥じない伝統的なワイン造りをモットーにしているのが、シャトー・ゴーダンです。しかも2000年ヴィンテージは世紀のグッドヴィンテージと言われています。
「シャトー・ゴーダン 2000  ポイヤック」
このボルドーの高価なワインと、イタリアの女王バルバレスコとの試飲対決でした。
ところが、残念ながらネッビオーロの個性の強さに完敗でした。アロマはカシスの香りからブラックベリーに変わり、口に含むと又カシスに戻る。アタックでは酸味が際立ち渋みは柔らかで、バランスが良い。
2014年に友人と嗜みましたが、それ程の旨味がなくて、その時に四ツ星から三ツ星に評価を下げました。
私の試飲の中で、一番高価なワインがこのゴーダン2000—–リカマン4980円。高いワインが美味しいとは、限りません。その代表です。
ところで発売停止になっていた「安くて美味しい赤ワイン 2015新版」明日再発売いたします。
ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。