焚 火は素晴らしい! 不思議な力が満ち溢れている!

Pocket

焚 火は素晴らしい! 不思議な力が満ち溢れている!

私は焚火が大好きです—–火を見ていると、燃え上がる炎に心が和み、引き込まれるような魅惑的な不思議を感じ—–それが好きです!焚火にはそんな凄い力があるんです!
焚火を燃やしながら、夜が更けてゆく、炎を見つめていると赤ワインがこよなく美味い—–これが至福の一時!
この瞬間が好きで好きで、たまらないのです!
炎は不思議で—–燃え方に色々な形が現れます。赤く燃え上がったと思えば、紫の炎がかすかに混じり合う。炎の色は赤、紫、黄色、緑、青そんな7色の色合いが、薪の燃え具合で炎の色となって、いろんな燃え方と色合いが、現れては消え、消えては現れを繰り返します。焚火の不思議、炎の不思議の始まりです!
これを夜更けに、お酒を片手に炎の見張り番をするのが、焚火好き人間です!
この楽しさを一度味わったら、焚火に「ハマり」ます—–焚火の不思議の始まりでもあります!
焚火の燃やし方は、薪を組み上げるとよく燃えますが、直ぐに燃え尽きますので、薪を横に並べるようにして、燃やすと、一晩中長持ちします。
焚火をするには、まず山に分け入り薪探しがその第一歩—–一番は杉林の中で、ここに薪があり、燃やし付けの杉の葉がありで、一挙に焚火の準備完了。杉林がなければ薪の取れそうな林に分け入り、まず薪を探し出します。薪は一晩中燃やせる太い薪を必ず混ぜてください。燃やし付けは枝の細いところを丹念に集め、燃やし付けにします。杉の葉はすぐ火がつきますが、小枝を集めても火がつきにくいので、ダンボールがあれば火がつき易いので、それを細かく刻み火を付ける—–これが最適。今のキャンプ場は焚火禁止が多くて残念ですが、キャンプに焚火は切り離せません!安全を心がけて焚火を楽しみましょう!
焚火が禁止になるのは、焚火の知識をしっかりと、身に付けていないから、どこもかしこも山火事を恐れて禁止にしているのです。しっかりと焚火の基礎を身につける、スクールでもあればと思ってしまいます。嘆かわしい事実ですね!焚火は安全第一で、完璧な後始末が重要!!

焚火の力は計り知れない!人にやすらぎと明日への希望を与えてくれる!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。