[北海道一人旅④]

Pocket

[北海道一人旅④]

国後を見ながら  野性味たっぷりの究極の露天湯!
col「相泊の 露天湯」
屈斜路湖を出発し標津で根室海峡に出ると、遥かにかすむ国後が見えた。そのあと75KMに渡り根室海峡に浮かぶ巨大な国後に、複雑な思いを馳せていた!!
終戦直後の昭和20年9月2日に北方領土は、ソ連軍に略奪されたままだ!!!何時の日か日本に返還されるのだろうか????追放された島民の事を思うと、無性に怒りを憶えた!
知床の「道の駅らうす」に寄ってから、30KM先の相泊まりの、露天風呂を目指す。
海辺にある小さな温泉で、掘建て小屋の中に四帖ぐらいの浴槽があって、先客が一人、壁の向こうの奥さんと壁越しに、私に気を使いながら話をしている。
浴槽は大きな組石で作られていて、すごく深くてそれよりなにより物凄く熱い、先客は地元の人で私に、水で薄めるように進めてくれた。皆100%温泉にこだわっているので少しだけいれて、入ろうとしたが入れない。時間をかけてやっと慣れたが、この熱さが又たまらなくいい。
    大石のゴロゴロする海が迫り、野性味たっぷりの究極の天然露天湯!
眼前遥かにあの国後が見えるがこれでやっと三分の一なので、その島の長さは120KM以上だ!!
大きな島を失ったものだ!!!またまた怒りが込めてきた!!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。