日本の村の約半数が 消滅の危機!すぐそこにやって来ている!放置できない重大事!

Pocket


 




 






日本で最大の美しい「十津川村」が消滅の危機にある!

日本の村の約半数が 消滅の危機!すぐそこにやって来ている!放置できない重大事!

 

全国の約半数の村896の自治体が、消滅の危機に晒されています!!

これは放置できない重大事!!

それで、その対策を今すぐに、考えなければならないのですが?

2040年までに全国1800市町村のうち、実にその約半数である896の自治体が消滅する恐れがあるという報告があります。

この「消滅」とはどういうことだろう。

町が、村が、……なくなってしまう。

2014年に日本創成会議・人口減少問題検討分科会が発表した衝撃的な資料で、当時の会議の座長であり、

その後、東京都知事選にも出馬した増田寛也氏の名前をとって通称「増田レポート」と呼ばれる。

「消滅可能性」とされた町や村は、予測が示すとおりに何十年かのち、本当に「消滅」してしまうかもしれない。

もちろん、「消滅」などさせまいとする、そこに暮らす人々の凄まじい努力は知っているし、敬意を払って余りあります。

これが「増田レポート」で、約半数の町や村が消滅の危機に晒されていると言う、衝撃的なレポートです。

これが地方消滅の増田レポート!

天空の村、天孫の民の十津川村の人口減少が加速している。

村の人から聞いた逸話に、こんなものがあった。

遠い昔、紀伊半島を桁違いの大津波が襲った。

その津波は熊野の山々を呑み込みながらここ十津川に迫ろうとしていた。

そのとき、一匹の犬が、玉置山中腹の杉の木の切り株の上に立ち、大津波に向かって一声「ワン!」と吠えた。

すると、猛り狂っていた津波は瞬時におとなしくなり、みるみるうちに引いていったという。

日本で最も美しい村「十津川村」消滅の危機に—–ただの秘境では無いのに!!!

日本で最も美しい村「十津川村」が消滅の危機に—–ただの秘境では無いのに!

一方では「日本で最も消滅が近い村」が、民間シンクタンクにこう名指しされたのが群馬県南牧村です。

65歳以上の高齢者が村民の58%、75歳以上でも41%を占める。

その一方で、若い女性は今後30年間で9割減る。

若者が減り続けて高齢者の比重が高まる南牧村の姿は、日本の象徴的未来像です。

高齢化が凄いスピードで進む日本、それで村や町が縮小、消滅の危機とは衝撃です!

高齢化がすごいスピードで進む日本!消滅の危機とは衝撃です!

そこにはどんな問題があるのか、解決のヒントはあるのでしょうか。

ただこれほどの速度で高齢化が進むとは思ってもみなかった。

南牧村の人口は約2000人。村が誕生した60年前から8割減りました。「

60年前はコンニャクイモを中心に農業で栄えていた。南牧村は山間部にあり、傾斜地の畑は水はけが良い。

この環境がコンニャクイモの栽培にはぴったりだった」—–が若者の流出が止まりません!

 

 

 

3人に2人が高齢者の南牧村、最も消滅が近いと言われている!

日本で最も美しい村「十津川村」が消滅の危機に晒されている!南牧村も危機的状況!

 

 

こんなに綺麗な村の、3人に2人が高齢者の南牧村、最も消滅が近いと言われているが—–何とか消滅しないように、祈るしかないのか!!

この美しい南牧村をなんとか残したい!!

もしも病気になった時、医療は受けられるでしょうか—–隣町の病院に行くしかないそうです。

更に、村の人口を減らさないため、空き家を使った村民の受け入れに取り組んでいます。

日本創成会議・人口減少問題検討分科会の推計によると896の自治体が「消滅可能性」があります。

 

人口減で日本の社会は立ち行かなくなる!

日本の人口急減で、今何が起こっているのか!

群馬県南牧村。

2014年5月に民間シンクタンクの日本創成会議が発表した人口推計で「日本一消滅する危険性が高い自治体」とされました。

その後も人口は減少を続け、現在では2000人を切っています。

長谷川最定村長によると、毎年自然減を含め100人程度人口が減っているが、

700人-800人程度になった段階で止められるよう、村では移住促進などの対策を取っているそうです。

「人口減少対策なんて、1年でできるわけがない。

10年後、20年後は今より人口が減るし、空き家も増えるのが目に見えているからです。

このようにどこの自治体でも人口減を予測していますが、対策らしいものが無いのが現状です。

この人口減問題は深刻な問題で、その対策を持っている自治体が見つかりません!

これが村が消滅する衝撃的な写真!

これが村が消滅する衝撃的な写真!

世界でも例をみない勢いで少子高齢化と人口減少が進む日本。

果たして有効な対策があるでしょうか!!

日本が自滅する日、そんな日が本当に来るのでしょうか、心配は尽きません!!

常にこの「消滅する可能性」と向き合わざるをえなかった。

全国あらゆる自治体に消滅の可能性があって、すべての市町村やそれを構成する地区、山村、集落で

今と同様に人が生活する場として残り続けることは、おそらくあり得ない未来だ。

この人口減、少子高齢化は避けて通れません!どう受け入れ、どう対処するのか難しい問題に直面しています!

果たして有効な対策が出て来るのでしょうか!!

その対策が待ち望まれる今の、日本の現実です!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。