[電子書籍 時代の到来]

Pocket

[電子書籍 時代の到来]

電子書籍 ⑤
今まで本を出版するには、作家になって認めてもらうか、あるいは自費出版するしかありませんでした。でもそんな時代は、終わろうとしています。誰でも思い通りに出版できる、時代になったのです。
iBooksは2013年の3月に日本の、iBooks Storeで初めて発売になりました。Amazonのkindleサイトは、既に充実していて、電子書籍の全盛時代が到来です。
マサチューセッツ工科大学通称MITでは、図書館の本が全て電子書籍に変わったと新聞で報じられ、もう電子書籍の時代になったと実感しています。
2014年10月に世界に向けて、電子書籍を発売しました。残念ながら建築の本ではなく趣味の本—–「安くて美味しい赤ワイン2013年度版」です。
本を発売し大事な発見がありました。電子書籍は我々作品を創るものにとっては、ありがたいことに出版社に頼らず、自由に好きなように、本を出版できます。それも世界245カ国に配信できるのです。
一瞬にして地球の裏側に届けられる、素晴しさがあります。もしかしたら、地球の裏側で私の本が見られ—–読まれるんです。こんな夢のようなことができるのが—–電子書籍です。
電子書籍を使って、仲間同士で建築の本を出版したらどうでしょうか?自分の事務所の季刊誌でも良いでしょう。それが世界に配信されるとなると、創る意識が変わります。これが大事なことで、建築を設計する意識革命が—–起こるかもしれません!!
               意識革命
             これが出来れば凄いこと!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。