貴方は聞いたことがありますか!リベラ・デル・ドゥエロが何かを!世界一の銘醸地!

Pocket


 




 






これがリベラ・デル・ドゥエロの葡萄!

貴方は聞いたことがありますか!リベラ・デル・ドゥエロが何かを!世界一の銘醸地!

 

知っていますか?[リベラ・デル・ドゥエロ]は今や、スペインワイン産地のリーダーで、

私は既に世界一のワイン銘醸地だと思っています!

ドゥエロ川に沿った東西約120キロで、川の両側の丘陵の斜面の標高は700ー850m。

年間の平均日照時間が2200時間あり、葡萄の生育期間中は暑く乾いた大陸性気候のおかげで、病害を受けにくいテロワールだと言えます。

葡萄はティンタ・デル・パイス(テンプラニーリョ、ティント・フィノ)で高品質の赤ワインを熟成させます。

1925年のパリ万博でベガ・シシリア・ウニコが優勝しスペイン高品質ワインの幕開けとなりました。

それまでのドゥエロはあまり名声がなく、やむなくリオハのラベルで売り出していた悲しい歴史があります。

私はスペインでは、このドゥエロのワインが、世界で一番美味しいと思っています。

次の写真は銘醸地ドゥエロ産のミルカンポス(1280円税抜)で極上の旨さです。

スペインNo.1のベガ・シシリア・ウニコの旨さと比べてみたいものです!

これが銘醸地ドゥエロ産の「ミルカンポス」です。

これが銘醸地ドゥエロ産の「ミルカンポス」です!

今では世界のドゥエロで、リオハの赤ワインは霞んでいます。

ボルドーワインが世界一の時代は既に終わりを告げ、世界に君臨し始めているのがスペインワイン。

そのスペインの代表がリベラ・デル・ドゥエロで、世界のワイン地図はボルドーからドゥエロに変わりました、と私は思っています。

ドゥエロの葡萄「ティンタ・デル・パイス」これが凄い!!

標高の高いドゥエロ川の斜面にあって、昼夜の寒暖差大きく大陸性気候で葡萄は、世界一の葡萄に熟成されて世界一の赤ワインになります。

ドゥエロの葡萄「ティンタ・デル・パイス」はテンプラニーリョの固有種で、この葡萄の右に出る者は、世界にはありません!

 

 

ドゥエロの葡萄「ティンタ・デル・パイス」はテンプラニーリョの固有種!!

私はリベラ・デル・ドゥエロのワインが世界一だと思っています!200本の試飲記録がそう言わせています!

 

 

赤ワインの全ては葡萄が左右します、それだけ凄いワインがこの葡萄から熟成されるのです!

世界最高峰のリベラ・デル・ドゥエロの赤ワインを紹介します。今述べた「ミルカンポス」の他にも沢山の世界の凄い赤ワインがあります。

スペイン最強の「カサフス・ペンディアム・セレクシオナダ2010」は私の評価で、五つ星を獲得したスペイン最強赤ワイン。

このワインは銘醸地リベラ・デル・ドゥエロの標高950mの超高地畑の、樹齢90年以上のティンタ・デル・パイス100%を使用。

フレンチオーク熟成の贅沢キュヴェ。パーカー氏激賞。氏曰く「このワインは実に個性的で、上質で、なんて豪華なワインなんだ」と。

スペインの至宝あの「ベガシシリア・ウニコ」にも匹敵する良質で緻密なフィニッシュ!

これがスペイン最強の「カサフス・ペンディアム・セレクシオナダ2010」で五つ星の最高評価でした。

「カサフス・ペンディアム・セレクシオナダ2010」で五つ星の最高評価!!

この他に前述した「ミルカンポス・ビーニャス・ビエハス2012」はドゥエロの英雄。

更にモダンなテンプラニーリョ「センデリーリョ・ティント・ホベン2011」は2011年の掘り出し物とパーカー氏に言わせた。

更に「ウニコ」の銘醸地からパーカー氏驚愕のテンプラニーリョ「カンタ・ペルディセス2010」。

更に更にパーカー氏も惚れ込んで90点!「バルディーオス・ロブレ2011」はピュアな香りでリベラ・デル・ドゥエロの素晴らしい掘り出し物。

このドゥエロに隣り合うのが銘醸地に突然君臨した「トロ」で、2004年に「テレマンシア2004」が

パーカーポイント100点満点で、世界をアット言わしめた、シンデレラワインで世界の銘醸地に君臨した瞬間。

これが銘醸地トロのシンデレラワイン「テレマンシア2004」で、パーカーポイント100点満点を叩き出し頂点に君臨した。

「テレマンシア2004」で、パーカーポイント100点満点を叩き出し頂点に君臨した!

この様にドゥエロとトロは、共に標高が高く隣り合っていて、葡萄の品種がテンプラニーリョで

共に固有種ティンタ・デル・パイスとティンタ・デル・トロと呼ばれています。

ドゥエロと共に是非覚えていただきたいのが新しい銘醸地「トロ」です。

昨日悲しい知らせがありました。

フランスでは、スペインのロゼワインをフランスのロゼワインと偽って販売していたそうです。

何故偽ったのかは、私が思うにはスペインのワインの方が美味しいから、その様に偽ったのだと思います。

フランスもここまで来ると、もう立て直せなくなります!

それだけ地に落ちたフランスワイン!!

そんなフランスワインはもう見たくありません!!!

今日は2015年10月9日にYahoo!ブログで投稿した「知っていますか!

リベラ・デル・ドゥエロ」を編集し直して投稿しました。

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。