[北海道一人旅 ⑤]

Pocket

[北海道一人旅 ⑤]

col水辺の里 財田 キャンプ
洞爺湖の美しいキャンプ場!
今日紹介するキャンプ場は、北海道一人旅で一番綺麗なキャンプ場です。
 
水辺の里財田キャンプ場着13:30 
 
キャンプ場は良く手入れされた広々とした芝生で、1500円/泊は、高かいがここに決定、出入り口のチェックは、オートチェーンで仕切られていて安心です。
 
綺麗な芝生駐車脇にタープとテントを設営、この時期キャンパーは無く、一人とは寂しい限りだが、湖畔のキャンプ場は美しい樹林の中にあって、良く手入れされた木のチップを敷き詰めた林道が、フワフワとしていて、その上を歩くのがとても気持ちいい。
 
近くの高台には、いこいの家温泉があって、洞爺湖が一望。ゆったり出来る大広間もあって、のんびりと最高のひとときを過ごせる、近くにはスーパーと道の駅があってとても便利! 
 
初日のディナーは宗八ガレイの一夜干しを七輪の炭火焼きで、飯盒飯と赤ワインで—–一人乾杯!! 旅での一番充実の一時で「このためにキャンプに来た」と云ってもいいだろう。宗八ガレイは函館の市場で仕入れたもので、デカクて七輪から飛び出し、しかも脂がのっていて—–もうもうと煙をあげてとても旨かった。
 
夕刻近くに「田んぼのあぜ道を悠然と狐が散歩」声をかけると、振り返り立ち止まってずっとこっちを伺っていた。これが北海道—–狐が田んぼの畦道を歩いているのですよ—–信じられますか!
 
それを孫の風花に電話して寂しさを紛らした。風花は、狐の話に興味津々で大興奮。9:00小さなテントに潜り込んで、これから長くなる旅の夢のなかえ! 

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。