原発はダメ!何処も使用済み燃料で満杯状態!原発は如何にもならないコトだらけ!

Pocket


 




 






 

 

原発はダメ!何処も使用済み燃料で満杯状態!原発は如何にもならないコトだらけ!

 

 

 

今世界の注目は、日本が保有し続けるプルトニュームの多さです!

なんのためにこんなに多くのプルトニュームを溜め込んでいるのかの、真意が—–

世界がわからなくて、その脅威に注目が集まっているのです。

日本の原発政策は、福島第一原発の事故で躓き、その影響がズーッと続きどうすれば良いのかさえわからないのが現状です!

福島第一原発3号機、水蒸気爆発を起こした瞬間。

 

原発は絶対にダメです!ダメな理由はいくつもあります!

一番心配なのは何処の原発も、溜まり続ける使用済み燃料!これの行き場がないのです!

どこの原発も使用済み燃料で満杯状態—–これはとても危険な状態で野に晒されているのです!

こんな危険な状態の原発は、テロの絶好の標的—–もし襲われたらエライことになる。

そんな原発が日本国中にあるのです!

使用済み燃料は、地下500m以上に埋めなければなりませんが、どの地方自治体も受け入れるところがありません!

何故かと言うと、とても危険で、尚且つ無害になるまで10万年もかかる—–

そんな無責任なものを受け入れるところは、日本中探してもありません!!

電気代が高いから原発にすれば電気代が安くなる—–ウソまみれの電気代には呆れ返ります、

使用済み燃料の処理費用も、廃炉の費用も入っていない、これらを換算すれば、原発の電気代が一番高くなります!

そこで2016年に試算した福島第一原発の「廃炉の費用」は8兆円でしたが、最近の試算では

70兆円と約10倍に膨れ上がる事がわかり、その後まだどれだけ増えるのかの見通しが立っていません。

しかも廃炉の道筋は依然として闇の中、果たして廃炉が出来るのかどうかも分かりません!

そうこうする内に汚染水は溜まり続け、もう置く場所さえありません!

さらに原発の後遺症で苦しむ地域住民の将来は、悲惨なもので、こちらも大きな課題が、地域を覆っています。

溜まり続ける汚染水、もうこれ以上何処にも置き場が無い!

 

もう一つの危険材料は、前記したように、六ヶ所村で増え続けるプルトニューム—–これは世界の脅威にもなっています!

六ヶ所村では使用済み燃料からプルトニュームを作り続けていますが、その量が原子爆弾6000発分もあるのです!

世界の脅威とはこのプルトニュームの多さに、世界の人々は危惧しているのです。

もしこのプルトニュームがテロの手に入ったならば、どんな恐ろしいことが起きるのか、想像を絶するものです!

六ヶ所村の使用済み燃料の再処理場!ここに溜まり続けるプルトニュームの量は原爆6000発分!

そしてこの大量のプルトニュームの処理方法が無い!!

 

もし仮に六ヶ所村が爆発すれば、一瞬にして日本列島は無くなり、その後約10日間で地球は分厚い死の灰で覆われます!

そうです地球の生命体は全てが死滅し—–地球の終わり!!

こんな恐ろしいものが六ヶ所村にあり、世界の脅威のマトになっています!!

北朝鮮の核を批判する、安倍政権は自分の足元の脅威が世界を脅かし続けている事すら分からないのです!

北朝鮮の核を批判する前に、自分がやらなければならない事が、分からないとは情けないの一語!

 

 

 

原発は今すぐに全部をストップ!六ケ所村ではプルトニュームで溢れている!世界の脅威のマトになっている!

 

欧州の“原発大国”が岐路に立たされている。

電力の75%を原子力発電で賄っているフランスが今年、原発政策を転換するかもしれない。

きっかけは、今年4月の大統領選です。

現在、支持率で現職のニコラ・サルコジ大統領を上回るのが

最大野党の社会党の前第1書記、フランソワ・オランド氏です。

このオランド氏が、原子力政策の見直しを公約に掲げているのです。

その中身は、現在稼働中の58基の原子炉を寿命が訪れたものから順次廃炉にして、2025年までに24基に減らす。

それにより電力の原発依存度を50%以下に引き下げるというものだそうです。

原発大国フランスが原発政策の見直しを示唆しました。

原発の未来に見通しが立たなくなり、福島の事故も廃炉への道筋が見えず、政策の変更を迫られているのです。

もうこんなに割りに合わないし、危険にまみれた原発は、止めましょう—–

安全な自然エネルギー政策に転換する時期はとうの昔に過ぎています!

日本中探しても、使用済み燃料の処理する場所がありません!

プルトニュームをどうするのかの対策も無いし、如何にもならない!

前にも進めない、後ろに戻れない、どうにもならない問題山積の原発政策!

これはどう見ても原発政策の墓場です!!

今朝の日経にもプルトニュームをどうするのか出ていましたが、三者三様の意見を掲載してありました。

出来ることは今直ぐに、原発を止める事!!

まずこれから手をつけるしか方法がありません!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。