ボルドー!世界一のブレンド赤ワインの産地!五大シャトーは世界一高価なワイン!!

Pocket


 




シャトームートンの実に綺麗な葡萄畑。





 

ボルドー①!世界一のブレンド赤ワインの産地!フランス政府が17世紀に国策で作った!

 

[ボルドー①] 今日は、2015年9月28日に投稿した、ボルドーのお話をします。

ボルドーはフランスの南西部にあって、世界一のブレンド赤ワインの産地です。

その赤ワインは、しっかりしていて芳醇な味わいが魅力的。

世界を代表する赤ワインで—–最も大きな特徴は、葡萄のカベルネソーヴィニヨンとメルロのブレンド赤ワインです。

ボルドーのキーワードは、ジロンド川を挟んで左岸と右岸に分かれていること—–下流に向かって左が左岸、右が右岸です。

川が運ぶ堆積物の違いによって、左岸と右岸で異なる土壌が、大きな特色を生み出しました。

そのため左岸と右岸では、主役になる葡萄の品種が違い、ワインの特色ある個性が醸し出されました。

左岸はカベルネソーヴィニヨンに適したテロワールと言えます。

いわゆる「五大シャトー」はシャトー・オーブリオンを除き、すべて左岸のオーメドックにあります。

シャトー・オーブリオンはオーメドックの外側に位置しています。

 

ボルドーの五大シャトー

ボルドー・メドックの格付け第一級の称号

ボルドー五大シャトーとは、1885年のパリ万国博覧会において、フランスメドック地区の格付けで

第一級の称号を与えられた四つのシャトーと、1973年に昇格したシャトー・ムートン・ロートシルトをさします。

① シャトー・ラフィット・ロートシルトはメドック地区ポイヤック村にあり、著名なボルドーワインのシャトー名称。

現在メドックに四つある第一級ワインの格付けワインの中で、筆頭にあげられます。

② シャトー・ラトウールはメドックのポイヤック南東端に位置し、その境界はサン・ジュリアンに接しています。

③ シャトー・マルゴーはメドック地区の中でも、最も女性的とされるワイン。

ヘミングウエイがこよなく愛したことでも知られ、小説「失楽園」で有名になりました。

④ シャトー・オーブリオンはボルドー近くのペザックの、グラーブ地区に位置します。

唯一メドック地区以外から選ばれたシャトーです。

ボディは厚くタイトでポテンシャルが十分に発揮されるまでに、長期熟成を要する伝統的な造りが特徴です。

⑤ シャトー・ムートン・ロートシルトはメドックのポイヤックにあります。

もともとはシャトー・プラン・ムートンと言う名で知られていましたが、1853年に今の名前に改名されました。

 

一方右岸の特徴は、ドルドーニュ川右岸にサンテミリオンとポムロール地区があると言う点—–

ドルドーニュ川が運んだ土壌は粘土質で、主にメルロが栽培され、高品質と希少性で絶大な人気を得ています。

詳しくは、Amazonで発売した本誌を見て下さい。

「安くて美味しい赤ワイン2015 新版」https://www.amazon.co.jp/dp/B016PVX55Y

 

前記したように、ボルドーの五大シャトーと右岸にあるサンテミリオンとポムロールを

飲み比べてみると明らかにサンテミリオンとポムロールに軍配が上がります。

ジャンシスロビンソン女子が言ってましたが、サンテミリオンやポムロールの農民が作るワインと

見下した発言をしていましたが、私が思うには本当に美味しい赤ワインは、

五大シャトーではなく、サンテミリオンやポムロールだと思っています。

 

 

 

果たしてボルドーワインは世界一高いが!美味しいでしょうか・疑問です?

 

世界の人達も、五大シャトーが圧倒的に価値観があり高価で、美味しいのだと信じ切っていますが—–

本当に美味しいのは農民呼ばわりされている、サンテミリオンやポムロールの赤ワインです。

ボルドーワインは17世紀にフランス政府の国策による、手厚い後ろ盾があって、

世界にボルドーを知らしめて世界一のボルドーだと宣言してきた歴史があります。

フランス政府の国策があって、今の五大シャトーがあるのです。

しかし本当に五大シャトーの赤ワインが世界一美味しいのでしょうか?

その疑問は消えませんが、何故消えないのでしょうか?

この世界一の、ボルドーワインとカリフォルニアのワインが「目隠し対決」をしました!

さて勝ったのどっちでしょうか?


ポイヤックの街の風景、ここで世界一のワインが作られる!


Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。