今世界に躍進する!南イタリア・ソレント半島のアッポローニオ!

Pocket

 

 

いま世界に躍進するワインは!南イタリア・ソレント半島のアッポローニオ!この6本セットは濃厚で激旨!

 

 

世界のワインはスペインが一番台頭していますが、イタリアのワインもスペインに劣りません!そのイタリアワインとは、イタリアの踵に当たるブーリア州のワインです。ブーリア州のワインは濃厚で激旨!

即ちスペインのドゥエロ、トロ対イタリアのアッポローニオ、トゥルッティ。下が3月6日に投稿したトゥルティのプリミティーヴォで990円。

イタリアには銘醸地が沢山あります。最も有名なのがトスカーナの「キャンティ」と北イタリアのピエモンテにある「バローロ」と「バルバレスコ」です。イタリア最高峰の赤ワインは100年熟成する「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」があり、トスカーナに位置です。

ピエモンテはイタリアの北西に位置する州で、北はスイス国境に接し、西はフランスの国境。トスカーナと並ぶイタリア屈指の高級赤ワイン産地で「イタリアワインの王様」と言われる「バローロ」と「バルバレスコ」が特に有名です。「バローロ」は最高品種の葡萄ネッビオーロを使い3年以上熟成させた後、出荷が許されます。「バルバレスコ」は「イタリアワインの女王」と言われていて、葡萄の品種は同じくネッビオーロで、バローロに比べると、まろやかで口当たりがよく、そのぶん熟成期間も短く、15年ほどでの見頃になります。

トスカーナやピエモンテがイタリア赤ワインの代名詞になっていましたが、そこに新しい銘醸地が登場しました。イタリアの踵に当たるブーリア州の「赤ワインいや黒ワイン」です。このブーリア州にあるソレントの黒ワインが特に新しい銘醸地に名乗りを上げました。

今、一押しの赤ワインをもう一つ紹介します。それはイタリアのブーリア州にあるワイナリー「アッポローニオ」の濃厚赤6本セットです。

フラッグシップの最高キュヴェ[ディヴォート]をメインに、最も得意とするネグロ・アマーロにとことんこだわった激旨!!そして!!人気品種プリミティーヴォの濃厚果実味!!さらに!!ネグロ・アマーロにプリミティーヴォ!!まさに【プーリア最強】ブレンドで仕込まれた極旨!!定番中の定番[コペルティーノ]と[サリーチェ]もお約束の旨さ!!その6本とは!

 

 

プリミティーヴォとネグロアマーロ!この葡萄を覚えてください!美味しいワインになります!

 

 

「コペルティーノ・リゼルヴァ2009」でネグロアマーロとモンテプチルアーノのブレンドでこの2009は歴代のこの2009は歴代のヴィンテージでもトップクラス。

「テラニョーロ・ネグロアマーロ2011」はコレぞコレぞアッポローニオの隠し球!彼らの得意とするネグロアマーロに、とことんこだわった激旨!葡萄はネグロアマーロ100%。

「ヴァッレ・クーパ2011」コレぞアッポローニオの極め付け!ネグロアマーロにプリミティーヴォでまさに「ブーリア最強のブレンド」。

「テラニョーロ・サレント・プリミティーヴォ2012」ブリュセル・コンクール金賞。人気品種プリミティーヴォの濃厚果実味を満載!

「コペルティーノ2014」当店最強の赤ワインを体験するなら、まずこの1本。葡萄はネグロアマーロとモンテプチルアーノとマルヴァッジア・ネッラのブレンドです。

「サリーチェ・サレンチーノ・ロッソ2012」パーカーさんとジローラモさんが絶賛した凄腕の真骨頂!で葡萄はネグロアマーロとマルヴァッジア・ネッラのブレンド。

以上が「アッポローニオ6本セット」で、京橋ワインで9480円税抜きです。

3月6日に「今、一番美味しい赤ワインは990円のコレ!」この赤ワインもブーリア州のサレントにある「トゥルッリ」のワイナリー産でした。共通するのは濃厚な美味さと赤と言うよりはむしろ黒ワインです。3月8にちには「何故プリミティーヴォが美味いの秘密!」を投稿しましたが、ご存知プリミティーヴォはイタリアのジンファンデルのことです。トゥルッリのワインはブーリアらしい果実味と暖かみ、さらに上品さも兼ね備えていています。ブーリア産のワインは、低価額帯と言う土俵において、イタリアのみならずヨーロッパ全域においてもトップクラス。色合いが黒味を帯びていて、私は南イタリアの黒ワインと呼んでいます。

 

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。