[ヤマドリの巣穴に落ち仰天!]

Pocket

[ヤマドリの巣穴に落ち仰天!]

山鳥が巣穴から飛び出し  びっくり仰天!
今日の紹介は、以前山の中で「ヤマドリの巣穴に落ちてびっくりした」お話です。
以前田舎の実家で「新築する家の木材を山から降ろす」手助けに行った時に、あり得ないようなことに遭遇しました。
山の斜面を歩いていると—–自然薯を掘った穴に片足が落ちてビックリ仰天。それよりもっと驚いたのは、踏んづけたのがなんと大きな山鳥—–踏んづけられた山鳥は、さらにもっと驚き飛び出していった。
その飛び出していった山鳥の巣には沢山の卵が—–よく覚えていませんが、少なくとも10個位の卵を抱えていたのです。勿論貴重な山鳥の卵ですありがたく頂戴いたしました。
山鳥の巣は地面の窪みに作るんです—–木の上に作ると思っていましたが、新発見でした。
山鳥は鶏位の大きさですから相当大きい——その飛び出しは迫力満点で、腰を抜かしそうに驚きました。
新鮮な卵は、卵焼きにしましたが—-その鮮度の良さと少しオレンジがかった綺麗な色合いは、目をみはるものがありました。さらにさらにその美味しさと言ったら例えようがありません!二度と食べることは無いでしょうが!
キジとヤマドリは同じキジ科で生態はほぼ同じですが、キジは平野部に、ヤマドリは山にと住み分けています。卵の色はキジが茶色に少し緑を混ぜた色で、ヤマドリは薄い茶色です。肉質はどちらも美味ですが、希少価値があるせいかヤマドリが上と言われてます。
         
          こんな貴重な体験  二度と出来ません!
           山鳥さん  あのときはゴメンナサイ!
 

 

 

「安くて美味しい赤ワイン2015新版」Kindle Pdf Mobi版 5/2に再出版しました。Windowsで快適に読めるようになりました。リンク先は。

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。