[ いいキャンプ場を紹介します!]

Pocket

[ いいキャンプ場を紹介します!]

自然環境の良さが決め手です!
北海道一人旅 ⑲
今日は、今まさに旬なキャンプ場を選ぶとき、その環境の良さを重視して楽しいキャンプをするための—–推薦キャンプ場の紹介です。
キャンプ場を決めるのには、周辺を含めた環境の良さが大事です。キャンプを楽しむためには、この条件が揃った環境でないと楽しいキャンプの夢は叶いません。
駐車スペースは近い必要があります。荷物を何回も遠くまで運ぶのは大変ですので—–環境の良さと共に駐車スペースが、近くにあることの相関関係を満たすことを第一にしています。
その点オートキャンプ場は、車優先ですので荷物のことだけを考えると便利ですが、キャンプを楽しむには、落ち着きがなく不向きでしょう。
私は北海道一人旅で多くのキャンプ場を体験しましたが、北海道には楽しめるキャンプ場が、多くあります。
私が訪れた自然環境が優れているキャンプ場は、朱鞠内キャンプ場、羅臼国設野営場、ウトロ国設野営場、洞爺湖の水辺の里財田キャンプ場、浦幌キャンプ場、蘭越ふるさとの丘/リンリン公園キャンプ場、賀老高原キャンプ場以上です。リンリン公園キャンプ場と賀老高原キャンプ場は、見たただけで利用できなくて残念です。
キャンプ場ではないですが、千走川脇の空き地にキャンプしましたが、川のセセラギが聞こえる素晴らしいキャンプになりました。近くに千走川温泉があり便利です。
関東地方では。
志賀高原から流れ出る雑魚川の支流脇では、焚火も出来き自然環境の素晴らしいキャンプを体験しました。
千曲川の川上村にある廻り目キャンプ場は、白樺の林に囲まれた自然が素晴らしく、朱鞠内キャンプ場に匹敵します。
原村のキャンプ場は杉林の中ですが、焚火の薪が豊富にあって、近場の立場川はヤマメやイワナの宝庫で素晴らしいキャンプが出来ます。
湖畔が素晴らしい、朱鞠内湖キャンプ場。
 

川上村のある廻り目キャンプ場。
 

以下は最近発売した電子書籍のリンク先です。
6月10日に販売した「最強のEPUB」iBooks版リンク先。

 
 

6月11日に販売した「最強のEPUB」Kindle版リンク先。
「安くて美味しい赤ワイン2015新版」Kindle Pdf Mobi版 5/2に再出版しました。Windowsで快適に読めるようになりました。リンク先は。

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。