赤川には!巨大サクラマス伝説があって推定90cmと巨大です!

Pocket

赤川には!巨大サクラマス伝説があって推定90cmと巨大です!エラを持って地面を引きずった伝説!

毎年シーズンになると赤川を訪れる、大物釣り師の本波幸一さんが、以前赤川の巨大サクラマスについて、こんなことを言って居ました!
赤川には巨大なサクラマスが居て、ある日、釣り師が釣ったサクラマスは—–巨大でエラに手を突っ込んで持ち歩くと、尻尾が池面を引きずったと!
ですのでおそらくは、90cmぐらいの巨大サクラマスであったろうと!
それで本波さんは、毎年こんな大物を釣りたくて赤川を訪れて、夢を叶うべく、緒戦し続けていると言ってました。本波幸一さんが、大物釣り師と名乗っているのも、この巨大サクラマス伝説から来ているようです。
そこで赤川のサクラマスの記録を調べてみました!
2008年4月30日?赤川3段上流でOさんが釣上げた80センチ5.8kgこれは山形新聞や庄内の地方誌等にも載りました。
超弩級のモンスターサイズです。↓
赤川記録でみんなの目標であり、憧れです!!
海の漁師さんの定置網には未確認ですが90センチ級もと山形新聞の釣り情報で読んだ覚えがあるし、ロシアでもシーマ(ロシアサクラマス)90センチなんて噂も・・・。
2006年02月19日 こちらは北海道の記録ですが、
洞爺湖サクラマス82センチ6.7キログラムがあります!
「洞爺湖の巨大サクラマス」に載っています。
湖になんでこんなに巨大なサクラマスが棲んでいるのか、とても不思議です。オホーツクの海だけがサクラマスが、巨大化するのではありません!この不思議は何故なのかは未だ解明されていません。
以上 赤川の記録を集約しました—–漁師さんの定置網には未確認ですが90センチ級が山形新聞に出ていました。やはり赤川には90cm級がいました!本波さんの見たのは、本当だと確信しました!
赤川のサクラマスこれで72.1cm。
赤川のゾンビサクラマス、まるでサーモンの面構え。
4月に出版した「北海道一人旅」下をクリックすると売り場に直行します。
 

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。