[わが心の故郷!天城の瞳=八丁池!]

Pocket

[わが心の故郷!天城の瞳=八丁池!]

モリアオガエルで知られる!天城山にあってハイキングに最適!
今日は、私の故郷天城山にある「八丁池」—–これから秋の紅葉にかけてとても素晴らしい、原生林を見せてくれるハイキングコースを紹介します。
静岡県伊豆市の天城山の頂上付近に八丁池があります。天城山の西陵にある池で「天城の瞳」の愛称、「青スズの池」の別称でも呼ばれいます。
池は標高1,170mで、周囲が8丁(約870m)あることが名前の由来といわれる。しかし、実際には周囲560m程度で、5.1丁ほどです。八丁池は活断層のずれによって窪地となり、水が溜まってできた断層湖です。
池は天城縦走路の途中にあるためハイカーの憩いの場となっていて、池の南の高台には見晴台とトイレが設置されています。
かつては冬期には湖面が厚く凍結したため、天然のスケートリンクとして利用され多くの人でにぎわい、東海バスの修善寺や河津からの路線はスケート客が多くドル箱であったと言われています。
八丁池には天然記念物のモリアオガエルが生息しています。地域では小学生や中学生が遠足で訪れる、格好の場所に位置していて—–旧天城トンネルより登山して約2時間で池にたどり着けます。専用バスが出ていますのでそれを利用すれば1時間40分ほどで行けます。
周辺一帯は、ブナ・ヒメシャラ・アセビなどの茂る原生林で野鳥の天国です。自然のままの美しさが残る天城連山は、ハイキング愛好家たちの別天地となっていて、大自然がくれる四季の魅力を思う存分体感できます。
昭和天皇も歩かれた御幸歩道、野烏の森があります。
私たちは今でも同窓会があると、有志を募って八丁池ハイキングをするほどの、懐かしい思い出の池なのです。
        八丁池は絶好のハイキングコースです!
       ブナ林で覆われた原生林周辺は野鳥の天国!
         天城連山の中の  天城の瞳です!
          八丁池は  わが心の故郷です!
紅葉で美しい八丁池。
もうすぐこんなに綺麗な紅葉に包まれます!
 

冬の八丁池も素晴らしい。
八丁池の地図。

 

 
以下は最近発売した電子書籍のリンク先と、最下段はブログランキングのリンク先です。
 
6月10日に販売した「最強のEPUB」iBooks版リンク先。

 
 

6月11日に販売した「最強のEPUB」Kindle版リンク先。
「安くて美味しい赤ワイン2015新版」Kindle Pdf Mobi版 5/2に再出版しました。Windowsで快適に読めるようになりました。リンク先は。

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。