驚異のカラフル奇岩地帯!北米大陸誕生の秘密!幻のプレート・ファラロン・プレート!

Pocket

これが驚異のカラフル奇岩地帯!


驚異のカラフル奇岩地帯!北米大陸誕生の秘密!「幻のプレート」ファラロン・プレート!

 

「炎の波」 アメリカ西部奇岩地帯!

あれ!湖の中にもゴツゴツとした岩がいっぱいあります。

「白い塔」謎の白い塔。暑い!

熱風が吹き寄せてきました。

灼熱大地4000km。

北米大陸誕生の痕跡に迫ります!

「幻のプレート」ファラカン・プレートが隆起させた!

悪魔の大絶壁!

驚異のカラフル奇岩地帯!

「北米大陸誕生の秘密!」

アメリカ西部にカラフルな世界が広がっている!

地質学者 アーロン・ジョンソン博士。

アメリカ西部はユニークな地形の宝庫です!

今日は様々な絶景をご案内します。

これは凄い!

赤い岩の奇岩地帯だ!

谷間という谷間が真っ赤!

谷間という谷間が真っ赤!

東京ドーム4000倍!

地の果てまで続く「炎の谷」と呼ばれている。

その中に非常に興味深い岩がある。

それは巨大なお饅頭のよう。

また蜂の巣のようにも見える。

その岩肌を拡大してみると。

大小様々な砂の粒子の砂岩。

比較的大きなグレーの砂粒がある。

これも鉄分が付着して赤くなった。

これが「ファイヤー・ウエーブ」だ!

赤と白の縞模様が波打っている「ファイヤー・ウエーブ」。

これが赤と白の縞模様が波打っている「ファイヤー・ウエーブ」。

赤い層には表面に水が残ったままで、白い層には水が吸収されなくなっている。

白い層は粒子が粗いが、赤い層は粒子が細かい。

元々は全部が同じ赤い色だった。

そこに水が染み込み脱色された。

まさに自然が作り出した神秘の芸術作品! 

ここは日の出と夕陽で実にカラフルに輝く!

この砂漠は太古には海でした。

アメリカ西部は絶えず変化を繰り返してきたのです。

そのことがアメリカ西部をユニークな奇岩地帯にしたのです!

北に行くとこの一帯が太古には海に覆われていた証拠が見れます。

北へ250km地質学者ジェシカ・グレストンさんの案内で。標高2000mに凄い穴があると言う。

地中深くまで続く縦穴の洞窟。これから洞窟の深くに入っていきます。

滑りやすいので足元に気をつけてください。

縦穴の次は横穴が続く。

これが太古の海の痕跡です。

そこにはどデカイ鍾乳石がありました。

この鍾乳石は石灰岩が堆積してできました。

つまりここが海の底だった証!

もう一つ素晴らしいものをお見せします。

狭い穴をくぐり抜けると、そこには絶景が!

あそこを見て、私達はこれを見るためにやってきたのです。

それは超巨大な鍾乳石!!凄い!

地下世界に突如現れた純白の造形美!

その高さは10m!ネバダ州最大の鍾乳石の塔!

これは巨大なウエディングケーキのよう

それにしても標高2000m高地の乾いた砂漠の中にこのような海の痕跡があるなんて!

どう言うことなんでしょう!!

 

 

これが幻のプレート「ファラロン」!


幻のプレート・ファラロン!ファラロン・プレート」はすでに消滅している「幻のプレート」!「デビルズ・タワー」!

 

「幻のプレート ファラロン」の地殻変動です。

とても珍しい動き方で、北米大陸に滑り込んだのです!

「ファラロン・プレート」はすでに消滅しているため、「幻のプレート」と呼ばれています。

北米大陸の西部の地下に新説!それがファラロン・プレート!

2億年前の北米大陸は、ファラロンプレートが北米プレートに潜り込み、海嶺ができた!

そのため広大な範囲が隆起!ファラロンプレートの潜り込みで隆起が起こったのです!!

西海岸から1600km離れたワイオミング州に巨大な不気味な岩山がある!

天を突き刺しているような「デビルズ・タワー」だ!凄いね!

信じられない!

ほとんど垂直に立ち上がっている岩山!これがクライマー憧れの「デビルズ・タワー」!!

これが天を突き刺しているような「デビルズ・タワー」だ!

煙突のような岩山の柱を次の柱までまっすぐ登ります!

それから右側の大きな亀裂に入り、頂上まで登るのです!

ここを押して割れ目の中に入れて引っ張ると広がりますので、しっかりした手掛りになります。

岩の正体を説き明かす、ミッションを始めます。

タワーのどでかい影を映像に収めておきましょう。

岩の正体をジョンソン博士が教えてくれます。石の中にマグマの由来の鉱物が見えます。

これは「フォノライト」と言う火成岩で、とてもユニークなものです。

海岸から1600km離れたところでマグマの活動!

ファラロン・プレートは浅い角度で内陸奥深くまで進み先端が折れました!

そこにマントルが上昇しマグマを作りました!

その結果できたのが「デビルズタワー」です!

それはポノライトと言う岩石で、冷えて固まる過程で収縮し無数の亀裂が生じます。

こうして何本もの柱を束ねた岩の塊となりました!

やがて周囲の地層が下がりデビルズタワーが現れたのです!

はるか西海岸で潜り込んだものが、1600kmもの内陸まで影響を及ぼしていたのです!

ここは何度来ても興奮します!

こんな凄いものは他では見られません!

クライマーたちは3時間をかけていよいよ頂上に近づいてきました。

すでに体力も消耗していたが4時間で登頂に成功!

あそこに見えるのはデビルズタワーと同じもので「リトル・ミズリー・ビュート」と言う同じような岩山が残った。

この他にもマントルの上昇が異様な山塊を生み出していたのです!

ファラロンの底知れないパワーを今に伝えています。

 

 

ゴツゴツした岩であれは「トゥファ」という石の塔。


地殻変動は乾燥地帯に水の絶景を生み出した!トゥファと言う石の塔!炭酸カルシウムが煙突のように固まりトゥファに!

 

幻のプレートファラロンが隆起させたアメリカ大西部!

激しい地殻変動は乾燥地帯に水の絶景を生み出した!

ユタ州西部にある「ガンディー・スプリングス」

雪解け水が長い年月をかけて石灰岩層を通り抜けてきた!

水温は年間を通して27度。奥には洞窟が続いていると言う!

その壁面を鍾乳石が覆う!

炎の谷をえぐる「スロット・キャニオン」

これが炎の谷をえぐる「スロット・キャニオン」!

稀に降る雨が鉄砲水となり、赤い大地を滑らかに削った!

乾燥の大地にうがたれた美しい水の彫刻!

さらに驚くべきは、奇岩大地が続々登場!

カリフォルニア州リーヴァイニングにある「モノ湖」。

ここにはファラロンプレートの痕跡が残されていました。

地質学者スティーブン・テスタ博士!

ファラロンプレートが消えた後しばらくして、できた興味深い絶景をお見せします。

その絶景とは?王冠のような岩山が異様な姿で立っていた! 

この石を持ち上げてみなさい! 軽い!

こんな巨石が持ち上がるのは、穴がいっぱい空いていて隙間だらけの軽石だからです。

ここにはガスが噴き出した跡があります。この岩を作ったマグマには沢山のガスが含まれていたのです。

今立っているのはかつての噴火口。

消えゆくファラロンが引き起こした火山です。

それはパナロム火口!北の方角に黒い島があります。

これは「ネギット島」です。

あれも今我々が立っている場所と同様に火山の火口!

ネギット島のパンナム火口!

南北40kmに渡って35個の火山があります。

この周辺の火山はファラロンプレートが消えたことでできた遺産!

ファラロンプレートは沈み込んで無くなり、その結果火山活動が起きた。

それがブラックポイントという深い裂け目!

およそ1万3千年前に湖底で噴火が起き堆積物が急激に冷えて亀裂ができた。

そして長い年月の間に亀裂が広がった。

驚きはこれだけではありませんでした。

消えた今でもなおファラロンプレートはモノ湖に影響を及ぼしている。

向こうに面白いものが見えます。

ゴツゴツした岩であれは「トゥファ」というものです。

トゥファと言う石の塔。

それは湖底から立ち上がっている石ノ森

これが湖底から立ち上がっているトゥファと言う石の塔。

これは石灰岩でできていて今尚、成長している。

これもファラロンの仕業で大量の泡が湖面に立ち上っている。

これを見てくださいぶくぶくと泡と水が噴き出しているのがわかります。

一箇所だけでなくあちらこちらから泡が噴き出している。

実はこの泡は二酸化炭素で、湧き水に大量に含まれている

カルシウムと二酸化炭素が化学反応を起こし炭酸カルシウム、つまり石灰岩ができている。

炭酸カルシウムが煙突のように固まりトゥファができる。今尚成長を続けているトゥファ!

3千年前に消滅した、ファラロンプレートが今尚、摩訶不思議な造形を作り続けているのです!

 

 

これがベイスン・アンド・レンジの地図!


海面より低い死の谷!デスヴァレーは自然のオーブン!ベイスン・アンド・レンジ!北米全体が引き伸ばされたから!

 

地質学的にとても興味深い場所があります。

それはデスバレーです!

そこにはアメリカ西部を大きく作り変えた痕跡が数多く残されています。

それは海面より低い死の谷!

崖の看板を見てください。あのSEA LEVELのサインの高さが、海面の高さです。

ここはとても低いのです。標高はなんと-85.5m

そこには純白の荒野がどこまでも広がっています。これこそがフットゥ大地の証!!

場所によっては塩の厚みが15cmもあります。その暑さは手のひらほど。

ここはかつては湖で、その水分が全て蒸発して、塩だけになった。暑い!

熱風が吹き付ける!

10時を過ぎると急激に気温が上昇!年間降水量は50mm!でこの暑さ!

独特の地形のため、この山の間は盆地になっているのです。

デスヴァレーは自然のオーブンです!

西側に高い山脈があるので空気の出入りがありません!

標高が低いので強い日差しで暑くなくても熱が逃げられません!

40度以上にもなります!

でも驚きはこれだけではない!

標高差の激しいダイナミックな地形がこの先どこまでも続いている!

「ベイスン・アンド・レンジ」つまり盆地と山脈でその広さは日本の2倍以上です。

全てファラロンプレートの消滅が引き起こしたことです!

ベイスン・アンド・レンジが形成されたのは北米全体が引き伸ばされたからです!

そのことにより岩盤が壊れ沈んだ!

その結果大地が引き伸ばされたいい例です。

あの黒い地層の中に一つだけズリ落ちた場所があるのがわかります。

ベイスン・アンド・レンジができる過程で断層が生まれ上から滑り落ちた!

これがベイスン・アンド・レンジ!

風化であんなにずれることはないのです。

これがテクトニクスというものです。

これは物凄いパワーでこうした証拠を発見するのはとてもエキサイティングなこと!

ベイスン・アンド・レンジのあのギザギザな大地はカラフルな絶景も残していた!!

色の違いは堆積岩に含まれる鉱物の違いです。赤、黄、オレンジは鉄分が含まれています。

色が薄いほど鉄分が少ない!

また炭酸塩が少ないと黒くなります。

地殻が薄くなったので地下から鉱物が上がってきたのです。

アーチイストパレットと名付けられた大地は、大自然の芸術です!

ファカロンプレートが生んだ大自然は先住民の崇拝の対象!!

デビルズタワーの岩肌を熊の爪痕と言い伝えるショーショネ族!

巨大熊に追われた7人の娘は頂に逃げて助かったという。

ショウショネ族の長老ウイリアム・レクレアーさん。

タワーわ我々を創造主とつなげるものです!!

生活に必要なすべてのものを与えてくれます。

食べ物、空気、水などすべてです。モノ湖のほとりに暮らすパイコート族はモノ湖に寄り添い生きてきた!

モノ湖はアルカリミキワバエが生息する場所!

そのサナギは我々の主食でした。

モノ湖はアルカリミキワバエが生息する場所。

初夏トゥファに卵を産み付けるアルカリミギワバエのサナギを乾燥させ食料にしてきた。

味わいがエビみたいで美味しい。悪くないね!

トゥファがなければハエはもう生まれない、卵を産み付ける場所がないからです。

そしてハエを食料とする鳥がたくさん飛来する。

そのアヒルやかもめの卵を人が食べる。

こうして生態系が繋がり生活が成り立ってきた。

 

 

天を衝く二本の石柱!「カセドラル・ロック」すなわち大聖堂だ!


「ベル・ロック」!天を衝く二本の石柱!カセドラル・ロック!太陽が消えるその瞬間、逆光の中大聖堂が燃え上がる!

 

逆光の中カラフルに輝く大聖堂!

セドナ・アリゾナ州円錐形の「ベル・ロック」または「スヌーピーロック」とも言う。

セドナは特別な場所なんです。

とても不思議で美しい場所!

地元の人しか知らない場所がある!これは凄い!

天を衝く二本の石柱!!

高さは8mで古代遺跡のよう。

「カセドラル・ロック」すなわち大聖堂だ!

またはパイプオルガンとも呼ばれている。

一時の絶景――大聖堂のシルエット!

これには奇跡の一瞬があると言う!

午後7時、陽を浴びるとシルエットが浮き上がる、まるで印象派の絵画のよう!

この大聖堂は果たして輝くのか?太陽が消えるその瞬間、逆光の中大聖堂が燃え上がっています!

わずか数分の奇跡でした!

これが「カセドラル・ロック」すなわち大聖堂だ!逆光の中大聖堂が燃え上がっています!

ファラロンプレートがアメリカ西部にとても不思議な大地を生み出しました!

プレートが浅く滑り込むと言う現象が実に多様でユニークな風景を生んだのです!

こんなプレートは他には知りません!

地質学的に実に特殊ばプレートなんです!

ファラロンプレートは姿を消し、その後200万年の間多くの火山活動を引き起こした!

これからも私達に自然の力を教えてくれるでしょう!!

驚異のからフィル奇岩地帯

[北米大陸誕生の秘密]

人知を超えた

「そこは大地創造のドラマ眠っていました!」

NHK グレートネイチャー 驚異のカラフル奇岩地帯 放送より。

 

 

これがスレット・キャニオン!プレートが浅く滑り込むと言う現象が実に多様でユニークな風景を生んだ!


プレートが浅く滑り込むと言う現象が実に多様でユニークな風景を生んだ!!!

 

今日のまとめ。

今日のグレートネイチャーは不思議なファラロンプレートの現象にに驚きました。

そのファラロンプレートはすでに消滅している幻のプレートと呼ばれていますが、

それが何と生きているかのように次々と不可思議な現象を引き起こしています。

ファラロンプレートが北米プレートに潜り込み、海嶺ができた!

その海嶺が北米大陸を隆起させて、1600kmも離れた場所に、不気味な岩山デビルズタワーを生み出した。

これだけの止まらず、激しい地殻変動は乾燥地帯に水の絶景を生み出した!

ユタ州西部にある「ガンディー・スプリングス」!

雪解け水が長い年月をかけて石灰岩層を通り抜けてきた!

奥には洞窟が続いていると言う!

その壁面を鍾乳石が覆う!炎の谷をえぐる「スロット・キャニオン」!

稀に降る雨が鉄砲水となり、赤い大地を滑らかに削った!

乾燥の大地にうがたれた美しい水の彫刻!

海嶺が引き起こす地殻変動で水の絶景を生み出したり、北米全体が引き伸ばされ、海面より低い「死の谷」デスヴァレーを生み出したりと。

3千年前に消滅した、ファラロンプレートが今尚、摩訶不思議な造形を作り続けているのです!

ファラロンプレートは沈み込んで無くなり、その結果火山活動が起きた。

3千年前に消滅した、ファラロンプレートが今尚、摩訶不思議な造形を作り続けているのです!

それがブラックポイントという深い裂け目!驚きはこれだけではありませんでした。

消えた今でもなおファラロンプレートはモノ湖に影響を及ぼしている。

向こうに面白いものが見えます。

トゥファという石の塔で湖底から立ち上がった石ノ森。

プレートが浅く滑り込むと言う現象が実に多様でユニークな風景を生んだのです!

逆光の中カラフルに輝く大聖堂=カセドラルロック!

それは円錐形でベル・ロックやスヌーピーロックと呼ばれていて、

そのセドナは特別な場所で、太陽が消える瞬間、逆光の中大聖堂が燃え上がります。

わずか数分の奇跡!!

ファラロンプレートは姿を消しその後200万年の間多くの火山活動を引き起こした!

これからも私達に自然の力を教えてくれるでしょう!!

そのファラロンプレートから目が離せません!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。