驚愕のデイリーワイン・安くて高品質!パンゴリン・カベルネ・ソーヴィニ2018!

Pocket

これが驚愕のデイリーワイン「パンゴリン・カベルネ・ソーヴィニヨン」です!


驚愕のデイリーワイン・安くて高品質!パンゴリン・カベルネ・ソーヴィニ2018!

 

今日は南アフリカ日常赤だけ12本セットの⑦紹介です。

その名は7.「パンゴリン カベルネ・ソーヴィニョン2018」

マン・ファミリー・ワインズ これぞ驚愕のデイリーワイン安けれど高品質!

毎日飲むならこのワインがオススメです。

レストランの方はハウスワインとしてお使い下さい!

[マン・ファミリー・ワインズ MAN Family Wines]

マイバーグ兄弟とホセ・コンデ氏が協力して立ち上げた新興ワイナリー

マン・ヴィントナーズの前身は5世代に渡るケープで最も古い家族経営のワイナリーの一つで、

1947年に一旦ワインの生産を止めブドウを協同組合に販売するようになるまでは、

100年余 に渡りワイン造りをしてきました。

世代は変わり1998年、長男のフィリップ・マイバーグ氏は大学で法律を、

次男のティレル・マイバーグ氏は哲学と法学を勉強していましたが、

もう一度自分達のワイナリーに戻ってワイ ン造りをするという夢を捨てきれず、

とうとうワイン造りに全ての情熱を捧げる決心をしたのです。

そして、2001年彼らに賛同し、同じくワイン造りに熱いパッションを抱く

友人の醸造家ホセ・コンデ氏と共に新たなワイナリーを立ち上げました。

マイバーグ兄弟とホセ・コンデ氏が協力して立ち上げた新興ワイナリー!

自分たちが買いたいと思うようなワイ ン。コスパを追求した、

そして外観のよさをコンセプトにワインは造られます。

ワイナリーの名前「MAN」の由来は彼らの妻の名前、

Marie(マリエ),Anette(アネッタ),そしてNick( ニック)の頭文字です。

そして今や、モダンなスタイルのヴァラエタルに特化したワインが評価され、

生産量17万ケース、輸出国は25カ国と急速に発展を遂げているワイナリーとなりました。

弟のティレル氏と ホセ氏は2人ともワイン醸造家で、

それぞれ自分のブティックワイナリーを持っています。

マン・ヴィントナーズ自体は大規模ワイナリーとなりましたが、

それぞれのブティックワイナリ ーでの経験を生かし、

新しいコンセプトを取り入れるなどしてさらに成長を続けています。

ミディアムボディーでしかも力強さを持ち合わせた膨らみが有りバランス良いカベルネ

【南アフリカワイン】

【赤ワイン】

パンゴリン カベルネ・ソーヴィニョンマン・ファミリー・ワインズ[ミディアムボディー]

ワインブティックヴァンヴァン 1555683 価格:932円 (税込)

■タイプ:赤 (Red Wine)

■ボディー:中庸

■産地:南アフリカ W.O.コースタル・リジョン (South Africa) 

パール地区とステレンボッシュ地区で手摘みされた葡萄使用

■ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニョン90% シラーズ5% メルロ5% (Cabernet Sauvignon)

■生産者:マン・ファミリー・ワインズ

■アルコール度数:14.0%

麦ちゃんの評価基準!

[麦ちゃんテイスティングコメント]

ブラックベリーやプラムを思わせる果実香、ミルキーな要素、埃っぽい要素、カカオの風味、

僅かに杉のような青味の要素が加わります。

口の中に豊かな果実味が広がります。

酸味は適度でぼやけた印象はなくしっかりとした骨格があります。

タンニンも適度なものがありますが、尖った印象はありません。

ミディアムボディーですが力強さも持ち合わせたバランス良い味わいです。

余韻も中庸で申し分ない日常ワインと言えます。

 

 

これがフランスワインだったらいくらになるんだろう・・・??


この美味しさでフランスワインだったらいくらになるだろか?!!

 

これぞ南アフリカが誇る衝撃のコストパフォーマンス!!

『果実味、酸味、タンニンと絶妙なバランスを保っていて、飲んでいて疲れない、そして飽きのこない美味しさ!!』

これがフランスワインだったらいくらになるんだろう・・・

これほど充実した美味しさが990円で楽しめるなんてあり得ない!!

[パンゴリン・カベルネ・ソーヴィニヨン]

これぞ衝撃のコストパフォーマンス!!

こうゆうワインに出会うと『ワインは価格ではない!!』と改めて感じます!!

もっちりとした果実味が満タンに詰まった南アフリカの超激安ワイン!!

その名も[パンゴリン・カベルネ・ソーヴィニヨン]!!

年々ワインの価格が上がっている中、1000円以下で美味しいワインを探すのが

非常に難しくなっているこのご時世で、この価格!!

この美味しさ!!

はかなり貴重な存在になっています!!

正直、あまり期待もせずにこのワインを飲んでみたんですが、

その充実した美味しさにびっくり!!

その香りはカシス、ラズベリー、プラム、プルーンの

芳醇な果実香にコーヒー、トースト、スパイスが融合した奥深い香り。

その味わいも完熟した黒系果実がぎっしりと詰まっていて、

その果実味を包み込むようにクリーンな酸味とキメの細かいタンニンが存在します。

さらに口当たりも柔らかく、長い余韻が楽しめます!!

これほど飲み応えのある味わいが990円とは、他の激安ワインとは一線を画します!!

果実味、酸味、タンニンと絶妙なバランスを保っていて、

飲んでいて疲れない、そして飽きのこない美味しさです!!

パンゴリンはアフリカ大陸の最南端、南アフリカ共和国で造られています。


 

南アフリカからの輸入は人種差別政策であるアパルトヘイトへの制裁措置から、

長らく禁輸措置が取られていましたが、

1994年にこのアパルトヘイトが廃止された事で輸入障壁も撤廃され、

南アフリカのワインが世界中に輸出されるようになりました。

南アフリカのワインの最大の魅力はその優れたコストパフォーマンス!!

安い人件費のお陰で安くて美味しいワインが造れるといわれています。

例えばもしフランスと南アフリカが同じ手間をかけてワインを造ると、

南アフリカはフランスの3分の1の価格てワインが造れるといいますから驚きです!!

ですからこのワインも990円でご紹介させていただいていますが、

これがフランスワインだったら3000円しても不思議ではないということです!!

また南アフリカは非常にワイン造りに適した気候に恵まれています。

海から吹き上げる冷たい風はブドウにきれいな酸をつくり、

さらに畑を常に乾燥した状態にしてくれますから、

ぶどうが病気になる原因のカビを防ぐことができるので、

農薬の使用を最小限に抑えることができます。

このような気候条件と安い人件費によって

驚くほどのパフォーマンスを兼ね備えたワインが生まれているんです!!

これほどの条件が揃った南アフリカワインは今後さらに注目されるでしょう!!

是非ともこの機会に衝撃のコストパフォーマンスをもつこの激安ワインをお楽しみください!     

Y NS トウキョー 記事より紹介しました。

 

 

銘醸ワイナリー「ニールエリス」と新進気鋭のワイナリー「ジュースデンバーグ」のジョイントベンチャー!


南アフリカの銘醸ワイナリー「ニールエリス」と新進気鋭のワイナリー「ジュースデンバーグ」との新ブランド!

 

南アフリカのお手頃ワイン「パンゴリン」

パンゴリンは、南アフリカの銘醸ワイナリー「ニールエリス」の若手オーナー、ホセ・コンデ氏と、

ステレンボッシュの新進気鋭のワイナリー「ジュースデンバーグ」との

ジョイントベンチャーで生まれた新しいブランド。

天才醸造家として注目を集めるホセ・コンデ氏の眼力で見出されたブドウ園ですが、

以前は精魂込めて育てたブドウのすべてが二束三文の安値で売られ、

ワインのブレンド用の安価なブドウとして扱われていました。

南アフリカの新しい世代の醸造家の手が集結し、

新しく命を与えられて生み出されたワインは、驚愕を覚えるほどの高品質なもの。

パンゴリンとは、マリのように身を丸め外敵から身を守るというユニークな習性を持つ、

南アフリカの特別保護動物に指定されているアリクイの一種のことで、

ラベルのトレードマークにもなっていますが、

現地の言葉では『目を見開くような絶世の美女』という意味があり、

味わいはまさにその言葉がピッタリと当てはまるような美味しさ!!

コストパフォーマンスの高さをぜひ一度お試しください。

【パンゴリン】 カベルネ ソーヴィニヨン 750ml・赤 【Pangolin】 Cabernet Sauvignon

商品番号 :10004402   価格:847円 (税込)

酒宝庫 MASHIMO 記事より紹介。

 

 

濃厚でありながら、口当たりの柔らかな丸みをおびたタンニンと、心地の良い燻製香を持つ風味!


濃厚で口当たりの柔らかなタンニンと心地の良い燻製香を持つ風味!!

 

南アフリカ産、飲み飽きしないフルボディーのお買い得カベルネ 

このワインについてカベルネソーヴィニヨン100%。

濃厚でありながら、口当たりの柔らかな丸みをおびたタンニンと、心地の良い燻製香を持つ風味が特長。

飲み飽きのこない、フルボディータイプのカベルネです。

南アフリカが誇る、コストパフォーマンスの高さを証明するワインです。

生産者について  

パンゴリンは、南アフリカで名を馳せるワイナリー「ニール・エリス」のホセ・コンデ氏が、

同じく南アフリカで新進気鋭のワイナリー「ジュステンバーグ」と共に造る新ブランド。

安価ながらもハイレベルなワインとして、大注目を集めています。

「パンゴリン」とは、南アフリカに生息している絶滅危惧種の動物で、

ラベルにもその動物が体を丸めた姿が描かれています。

南アフリカ産、飲み飽きしないフルボディーのお買い得カベルネ

このワインについて

カベルネソーヴィニヨン100%?

濃厚でありながら、口当たりの柔らかな丸みをおびたタンニンと、心地の良い燻製香を持つ風味が特長。

飲み飽きのこない、フルボディータイプのカベルネです。

南アフリカが誇る、コストパフォーマンスの高さを証明するワインです。

生産者について

パンゴリンは、南アフリカで名を馳せるワイナリー「ニール・エリス」のホセ・コンデ氏が、

同じく南アフリカで新進気鋭のワイナリー「ジュステンバーグ」と共に造る新ブランド。

安価ながらもハイレベルなワインとして、大注目を集めています。

「パンゴリン」とは、南アフリカに生息している絶滅危惧種の動物で、

ラベルにもその動物が体を丸めた姿が描かれています。

ドラジェ記事より。

Pangolin Cabernet Sauvignon   パンゴリン カベルネ・ソーヴィニヨン

基本情報

ワイン名 Pangolin Cabernet Sauvignon

生産地 South Africa > Western Cape > Coastal Region

生産者

Pangolin (Neil Ellis) (パンゴリン)

品種 Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Merlot (メルロ), Shiraz (シラーズ)

スタイル Red Wine

以上はVinica 記事より紹介しました。

 

 

試飲評価は★★★★++の高評価!


チリの・エミスフェリオ・カベルネ・ソーヴィニヨン2018と互角!!試飲記録★★★★++の高評価!!

 

南ア・ワイン8.「パンゴリン カベルネ・ソーヴィニヨン2018」のパンゴリンはシラーズ2018に続き2本目

評価は同じ四つ星++でした。

葡萄の品種:カベルネ・ソーヴィニョン90% シラーズ5% メルロ5%

試飲記録   

2020-03-18-20-22  チリワイン・エミスフェリオ・カベルネ・ソーヴィニヨン2018と飲み比べ。

これが飲み比べの、チリカベの「エミスフェリオ」です。

外観:見た目には濃いルビーレッドの綺麗な色合い。 

アロマ:ベリー系の複雑なアロマですが喉でその複雑味の香りがよくわかりませんでした! 

ボディ:飲みやすいミディアムボディ。 

アタック:口に含んだ時、甘味と酸味が口を覆い、そのうまさで評価は高い! 

ストラクチュア:酸味がこのワインの最大の特徴で、渋みもやわらかく、バランスが良くなっていた!

このバランスの良さがこのワインのストラクチュアの高さだ! 

一口評:南アとチリワインの試飲対決でしたが、この対決はチリワインとほぼ互角でした!

鶏肉の杏煮とのマリアージュでしたが相性の良さが光りました!

評価は高く四つ星++!!

南アのワインはこれで10本目ですが、

これらのワインの評価がどれも同じように高い上に安く、ヨーロッパで大人気の秘密です!!

尚、葡萄の品種がカベルネ・ソーヴィニヨン+シラーズ+メルロとカベルネ・ソーヴィニヨン100%

と違う表記がありましたが、Vinicaで調べ直しましたが、上記に記述したように、ブレンドが正しいようです。

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。