雪の火山に たたずむ!リング・オブ・ファイアと呼ばれる環太平洋火山帯の一部!岩肌がむき出しの火山がそびえ、雄大な山脈が!

Pocket

雪の火山に たたずむ!リング・オブ・ファイアと呼ばれる環太平洋火山帯の一部!

雪の火山に たたずむ!リング・オブ・ファイアと呼ばれる環太平洋火山帯の一部!岩肌がむき出しの火山がそびえ、雄大な山脈が!

 

ロシア極東、カムチャッカ半島の高地にたたずむ火口湖。

全長1250km、ユーラシア大陸からぶら下がるような形をした広大な半島は、

リング・オブ・ファイアと呼ばれる環太平洋火山帯の一部だ。

岩肌がむき出しの火山がそびえ、雄大な山脈が走る。

火山、地熱が生み出す景観、手付かずの自然を残す野生動物の宝庫。

6つの地域が「カムチャッカの火山群」として世界遺産に登録されている。 

6つの地域が「カムチャッカの火山群」として世界遺産に登録されている! 

行き方ー成田空港ーエリゾボ空港(ウラジオストック経由、約15時間半)ー

ペトロパブロスフスク・カムチャッキーー車で約30分ーヘリコプター利用のツアーなどで現地へ    

NATIONAL GEOGRAPHIC より。

 

 

太平洋の火の輪として知っている人もいれば、太平洋周辺の帯として知っている人もいます!

パシフィックリングオブファイア!太平洋の火の輪として知っている人もいれば、太平洋周辺の帯として知っている人もいます!

 

[パシフィックリングオブファイア]    

この惑星には、他の地域よりも危険が多い地域があります。

したがって、これらの地域には、より危険なものを指していると

思われる、より印象的な名前が付けられています。

この場合、私たちは話します 太平洋の火の輪。

太平洋の火の輪として知っている人もいれば、

太平洋周辺の帯として知っている人もいます。

これらの名前はすべて、この海を取り囲み、非常に高い

地震活動と火山活動の両方が発生する地域を指します。

この記事では、太平洋の火の輪とは何か、それが持つ特徴と、

惑星の研究と知識にとってのその重要性について説明します。

[パシフィックベルトオブファイアとは] 

  円形ではなく馬蹄形のこの地域では、地震活動と火山活動の両方が大量に記録されています! 

円形ではなく馬蹄形のこの地域では、地震活動と火山活動の両方が大量に記録されています。

これは、引き起こされる可能性のある災害のために、このエリアをより危険なものにします。

このベルト ニュージーランドから南アメリカの西海岸全体まで40.000キロ以上伸びています。

また、東アジアとアラスカの海岸の全域を横断し、北アメリカと中央アメリカの北東を通過します。

で述べたように 構造プレート、

このベルトは、

いわゆる太平洋プレートを形成する他の

小さな構造プレートと一緒に太平洋プレートに存在するエッジをマークします 地殻。

地震活動や火山活動が非常に多い地域であるため、危険と分類されています。

[これはどのように形成されましたか?]    

太平洋の火の輪は、構造板の動きによって形成されました。

プレートは固定されていませんが、継続的に移動しています。

これは、地球のマントルに存在する対流によるものです。

材料の密度の違いにより、材料が移動し、構造プレートの移動につながります。

したがって、 年間数センチメートルの変位が達成されます。

人間のスケールでは気づきませんが、評価するとわかります 地質学的時間。

何百万年もの間、これらのプレートの動きは太平洋の火の輪の形成を引き起こしました。

構造プレートは完全に結合しているわけではありませんが、それらの間にはギャップがあります。

それらは通常約80kmの厚さで、マントル内の前述の対流を通過します。

これらのプレートが動くと、それらは分離し、互いに衝突する傾向があります。

それぞれの密度に応じて、一方が他方の上に沈むこともあります。

たとえば、海洋プレートは大陸プレートよりも密度が高くなります。

したがって、両方のプレートが衝突したときに、他のプレートの前に沈むものです。

プレートのこの動きと衝突は、プレートの端に激しい地質学的活動を生み出します。

したがって、これらの領域は特にアクティブであると見なされます。

私たちが見つけたプレートの境界:収束限界。

私たちが見つけたプレートの境界:収束限界!

これらの制限では、構造プレートが互いに衝突します。

これにより、重いプレートが軽いプレートと衝突する可能性があります。

このようにして、サブダクションゾーンと呼ばれるものが作成されます。

XNUMXつのプレートが他のプレートの上に沈みます。

これが発生するこれらの地域では、この沈下によって

マグマが地殻を通って上昇するため、火山の量が多くなります。

明らかに、これはすぐには起こりません。 それは何十億年もかかるプロセスです。

これが火山のアーチが形成された方法です。

 

 

発散限界!らは収束したものとは完全に反対のものです。 これらでは、プレートは分離状態にあります。 毎年少しずつ離れて、新しい海面を作ります!

発散限界!らは収束したものとは完全に反対のものです。 これらでは、プレートは分離状態にあります。 毎年少しずつ離れて、新しい海面を作ります!

 

発散限界。

それらは収束したものとは完全に反対のものです。

これらでは、プレートは分離状態にあります。

毎年少しずつ離れて、新しい海面を作ります。

変換制限。

これらの制限では、プレートは

分離も結合もせず、平行または水平方向にのみスライドします。

ホットスポット。

プレートの真下にある陸生マントルが他の地域よりも気温が高い地域です。

これらの場合、熱いマグマは表面に上昇し、より活発な火山を生み出すことができます。

プレートの限界は、地質学的活動と火山活動の両方が集中している地域と見なされます。

このため、太平洋の火の輪に非常に多くの火山や地震が集中しているのは普通のことです。

問題は、海で地震が発生し、それに対応する津波を伴う津波が発生した場合です。

このような場合、2011年の福島のような災害を引き起こす可能性があります。

[パシフィックベルトオブファイアアクティビティ]    

お気づきかもしれませんが、火山は地球全体に均等に分布していません。

まったく逆です。

お気づきかもしれませんが、火山は地球全体に均等に分布していません!

それらは、地質学的活動がより大きな地域の一部です。

この活動が存在しなければ、火山は存在しなかったでしょう。

地震は、プレート間のエネルギーの蓄積と放出によって引き起こされます。

これらの地震は、私たちが太平洋の

火の輪地域に沿って位置している国でより一般的です。

そして、それはこの火の輪です 地球全体の

すべての活動的な火山の75%を集中させます。

地震の90%も発生します。

多数の島々とアルキペラゴが一緒にあり、暴力的で

爆発的な噴火を起こすさまざまな火山があります。

火山のアーチも一般的です。

それらは、沈み込みプレートの上にある火山の連鎖です。

この事実により、世界中の多くの人々がこの火の帯に魅了され、恐れを抱いています。

これは、に起因するものです 彼らが行動する力は

途方もないものであり、実際の自然災害を解き放つことができます。

ご覧のとおり、自然は私たちを驚かせ続けるものであり、

太平洋の火の輪には多くの火山的および地質学的な出来事があります。   

ダイレクト出版 より。

 

 

迫りくる巨大地震・火山噴火「リング・オブ・ファイア」の脅威!

迫りくる巨大地震・火山噴火「リング・オブ・ファイア」の脅威!!

 

[迫りくる巨大地震・火山噴火「リング・オブ・ファイア」の脅威(前)]    

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏

このところ世界各地でマグニチュード7を

超える巨大な地震が相次いで発生している。

過去100年の世界における巨大な地震の

発生頻度を調べてみると意外な事実が判明する。

それは1900年から2000年まではマグニチュード6を超える

地震の数は年間10件を超えることがほとんどなかった。

ところが01年以降、今日に至るまで多い時には年間70件、

平均すると30件以上もの巨大な地震が発生している。

[脅かされるバヌアツ]    

地震や火山の噴火には「自然界の怒り」のようなものを感じる。

我が国を襲った阪神淡路大震災や東日本大震災はいうに及ばず、直近では17年夏以降、

カリブ海からアメリカ各地を襲った巨大ハリケーンの爪痕が癒えない間に、

メキシコでは巨大地震が相次いで発生するという有様だ。

メキシコでは1985年にマグニチュード8.0の地震が起き、3万人が死亡した。

そのため、メキシコ政府は同じ悲劇を繰り返さないために、

世界初の地震予知・警報システムを開発。

そのかいあって、2017年に発生したマグニチュード8.1と7.1の

巨大地震に際には、発生の危険を知らせる警報が作動し、

多くの国民が安全な場所へ避難することができた。

ほんの数分しか避難の時間はなかったようだが、

その数分が生死を分けたといわれる。

日本でも同様の警報システムが必要であることは論を待たない。

 火山噴火や地震が起きない日はない。

17年末には、インドネシアのバリ島や南太平洋に位置するバヌアツでの火山噴火の恐れが高まったとの警告が相次いだ。

その結果、バリ島では観光客が激減し、バヌアツでは住民の7割が緊急避難を余儀なくされる事態へ。

実際、17年秋以降、バリ島ではマグニチュード6.1の地震も発生し、ついには火山噴火となった。

こうした自然災害は大きな経済的損失をもたらし、インドネシア・ジョコ政権にとっては頭痛のタネとなっている。

なぜなら、世界的なリゾート地であるバリ島には年間500万人もの外国人観光客が押し寄せていた。

しかし、今回の53年ぶりのアグン山(標高3,142m)の大噴火でバリ島の玄関口である国際空港は閉鎖。

1日あたり400便超が欠航した。

ホテルのキャンセルも続く。現時点での経済的損失は

[2,000億円に達する模様だ。]    

今のところバリ島では死傷者は出ていないが、1963年の噴火では1,600人の命が失われた。

その記憶は鮮明で、すでに地元住民は10万人以上が安全地帯に避難している。

現地の専門家の見立てでは「これからさらに大きな噴火が起きる可能性が高い」とのこと。

インドネシアの政府機関である国家災害管理庁(BNPB)は、

「今後数週間に渡り溶岩、火山灰、硫黄、二酸化炭素が噴き出る恐れがある」と警告する。

 

 

自然現象ではない災害!こうした異常とまでいえそうな巨大地震や火山の噴火の頻発現象は単なる自然現象とは言い難いのではないか!

自然現象ではない災害!こうした異常とまでいえそうな巨大地震や火山の噴火の頻発現象は単なる自然現象とは言い難いのではないか!

 

[自然現象ではない災害]    

こうした異常とまでいえそうな巨大地震や火山の噴火の頻発現象は単なる自然現象とは言い難いのではないか。

何らかの人工的な要因が隠されていると疑ってみる必要もありそうだ。

というのも、巨大地震が発生するたびに、歴代の駐日アメリカ大使から

「アメリカが開発した地震予知装置や後付けが簡単にできる耐震装置を買わないか」

との申し出が繰り返し行われているからである。

曰く「今後30年以内に東京でマグニチュード

8程度の大地震が起こる確率は50%と見積もられている」。

つまり、アメリカ政府の説明によれば、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の

地球物理学者ボロック教授の率いる研究グループでは

「数カ月先の地震を正確に予知できる技術を開発している」とのこと。

「数カ月先の地震を正確に予知できる技術を開発している」とのこと!

アメリカの対日売り込み攻勢は北朝鮮からの攻撃を想定した

迎撃ミサイルシステムだけではないことだけはたしかである。

 これこそ「戦争も自然災害もビジネスチャンス」という発想に他ならない。

その点、思い出されるのが、アメリカのコーエン元国防長官による1997年4月の記者会見での発言である。

「遠く離れた場所から電磁波を通して地震や火山の噴火を引き起こすことができる」というわけだ。

実はこうした自然災害を人工的に引き起こす環境兵器は国連でもアメリカ議会でも使用禁止が長年検討されてきた。

しかし、今日に至るもそうした法案は成立していない。

『プラネット・アース』の著者バーテル博士の説によれば、

「現在世界各地で観測されている巨大地震のうち7割は

地下核実験や人工的な要因が引き金となって引き起こされている」という。

 日本人の常識では考えられないことであろう。

しかし、国連総会ではこうした事態を重く受け止め76年以降、毎年のように環境改変兵器の開発、

および使用を禁止する条約案が提出されてはいるものの、いまだ可決されるには至っていない。

 こうした提案が相次いでなされている背景には現実に地震や津波を引き起こす兵器の開発が進んでいるからである。

我々日本人は台風にせよ地震や火山噴火を自然災害と頭から信じ込んでいる節があるが、

こうした国際政治や軍事技術のぶつかり合う現実から目を背けているわけにはいかないだろう。

<プロフィール>  

浜田 和幸(はまだ・かずゆき)

浜田 和幸(はまだ・かずゆき)氏!

 

国際未来科学研究所主宰。

国際政治経済学者。

東京外国語大学中国科卒。

米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。

新日本製鉄、米戦略国際問題研究所、米議会調査局等を経て、現職。

2010年7月、参議院議員選挙・鳥取選挙区で初当選を果たした。

11年6月、自民党を離党し無所属で総務大臣政務官に就任し、

震災復興に尽力。外務大臣政務官、東日本大震災復興対策本部員も務めた。

今年7月にネット出版した原田翔太氏との共著『未来予見~

「未来が見える人」は何をやっているのか?21世紀版知的未来学入門~』

(ユナイテッドリンクスジャパン)がアマゾンでベストセラーに。     

D NetlB-News より。

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。