釣れ無いのに何故・葉山島?!大きいのと小さい鮎の・差は歴然!大きくないと面白くないからだ!

Pocket

今日9月24日の葉山島最上流のテトラが綺麗です。


釣れ無いのに何故・葉山島?!大きいのと小さい鮎の・差は歴然!大きくないと面白くないからだ!

 

今日もまた懲りずに葉山島へやってきました。

こんなに釣れないのに何故ここへ来るのか?

鮎の友釣りと言うのは、大きい鮎と小さい鮎では、その釣りの醍醐味が全く違う!!

10匹の小さい鮎を釣るよりも1匹の大きい鮎の方が断然面白い?!!

これは鮎の友釣りをしなければ、その違いが分かりません!!

だから大きな鮎を夢見て、ここへ何度も何度も足を運ぶのです!

それは大きな鮎を釣った喜びから—–もう抜け出せなくなっているからです!!

今日も葉山島の囮やさんに到着したのは早朝六時!

囮二匹を購入して、一匹は天然物にして、最上部の何時もの場所へ!

ここが私の定番の場所。何時もの折りたたみ椅子をセット!

周りを見渡してもまだ誰もいません!

早速、ダイワのナイアードの鮎竿に仕掛をつけて、囮に鼻環もつけて、流れに乗せると元気よく流れの中に消えて行った!!

今日こそ釣れてくれ、そんな願いを込めて流れに乗せたのでした!

だがだが、やはり今日も釣れない時間だけが過ぎて行きました!!

そんな中、何かアタリらしき感覚が—–囮が浮き上がった!

が、引き寄せてみるとなんと、チラシ針が無くなっているではないか??

このチラシの三本掛けが無くなっていた!

これはどう言うこと!!

掛かった鮎がチラシ針だけを持ち去ってしまったのだ!

迂闊にも針のかけ方が、甘すぎて抜け落ちたと考えるのが—–又してもドジなことをしたものです!!

その後下流にいつも入る彼が今日は来ない。

そこは釣れる場所で定評があり、彼は粘りに粘っていつもその場所で釣っているのだが、今日はこない日!

私は釣れないこの場所から、下流に約50m移動して、テトラポットが沈む場所にやってきた。

このテトラの周りは深くて、見た目より流れがキツイ!!真ん中のテトラのえぐれに根掛かりした!!

テトラの周りを入念に流してみたが、そんな簡単には釣れない!

彼が時間に時間をかけてやっと釣り上げるのですから、簡単に釣れないのは当然です!

だがそんな中、テトラの深場に根掛かりしてしまった!

テトラに近ずいて根掛かりを、外しにかかったが、テトラの周りは見た目よりズット流れが強くて、足を掬われそうです!

テトラの根元にやっと近ずく—–深さはかなりで、ベストの半分が水の中!

足先で根掛かりを外そうとしたが、中々外れない。

テトラの足元がエグれていて、そこに、どうやら根掛かりしているらしい!!

さらに足を伸ばして根掛かりを外そうとした時、プッツリ糸は切れて囮は流れに消えてしまった!!

鮎竿の先で目印が風に流されて空中をさまよっていた!

水中糸のPEラインと鼻環糸のチチワのつなぎ目が、見事に切れていた!

囮が一匹になってしまい心細い、それも天然の囮で、よく掛かるが何回も釣り回すとすぐに弱ってしまい、回復しない欠点がある!

この釣れないこの場所で、次をかけるのは大変な事態です!!

いつもの場所で上流に行ってみたり、下流を試みてみたりとするが、何も来ないし、アタリすらこない時間が過ぎて行った!!

9月9日の台風15号の影響がまだ残っていて水量が多いい!!

囮は次第に弱りだして、錘をつけても、浮き出して流れに乗らなくなってしまった!!

これではもう友釣りは、出来ない!!

下流に移動しようと思ったが、この弱った囮では、友釣りにならない!

 

 

これが葉山島最下流の流れです。以前来た時に比べ流れは強かった!


囮が弱り友釣りが出来なくなった!囮屋さんで次の囮を購入!下流に移動!

 

そこで考えた!

このまま帰っても、一匹しか無いので帰っても、私の食べる分が無い!!

それではと囮やさんに戻って囮を購入!

やはり天然の囮にした!

もう釣る時間もそんなに無いので、この天然物で十分と考えた!

最近の囮はデカくて、20cmは優にある!!

一番下流に移動して見ると、見慣れた人達だけだった!!

支度を整えている最中に、常連の凄腕の方が流れの中から大きな鮎を釣り上げた姿が実に美しかった!!

この流れから、常連の凄腕の方が大きな鮎を釣り上げた!

それを見て釣れるぞと、勇気づけられた!!

やはり釣れる人がいると言う事は、釣れる時間帯だ!!

仕度を整えて三人が釣っている一番上に挨拶をして、入れて頂いた!

今日の水量は以前とは全然違う!

台風で水量が増えていて、流れが以前とは歴然と違う!

しっかりしないと流れに流されそうです!!

下流の一人が抜けると自然と、下の人が下流に移動しながらの釣りになっていた!

私の位置では流れが強すぎて、釣れる気配がないので、下流に移動できれば好都合!!

やがて下に移動して私が一番釣れている、私の好きな場所にやって来た!

その時だった「ガツガツと強いアタリ」が来た!!

私がかけたのはこの辺りで、ガツンとしたアタリがあった!!

多分今日初めてのアタリだろー!!

流れが強く、そこでかけたので気分は満点!!

流れに乗った鮎は強い引きになるので、私は急流の鮎釣りが一番好きだ!!

流れが強いので、なかなか上がってこない!

やがて囮が顔だけ出したが、掛かった鮎はまだ見えない!

さらに力を込めて引き抜きにかかると、釣れた鮎の顔が見えたので、渾身の力を込めて引き抜いた、タモ網でキャッチしないで、上流に着水させた!

引き抜いてみると流れで強く抵抗した割には、小ぶりの鮎がタモ網の中で息ずいていた!

囮よりズット小ぶりだが黒々としていて綺麗な追い星が見えた!!

今日1日の初釣果がこの一匹でした!!

今の天然の囮はこの時期になると色合いが変わって、何か「落ち鮎の風情」になっている筈だが、こいつはまだ黒ずんでいて綺麗だった!!

その後も練ったが腰が痛くてもう釣りにならない!

これで引き上げる事にした!

最近特に腰痛がひどくそれで、折りたたみ椅子が離せないでいるのです!

そういえば名人級の彼が声を掛けてきた、今年は釣れないし面白くない。

この前、多くは釣れないが、面白い釣りができた日を懐かしそうに話していたのが印象的でした!!

ここでもそんな日があったのかと、私も先日穂先を折ったデカイ鮎のことを考えていた!!

多分同じ日ではないかと!!

この日もこの後ここで又、トラブルが発生!!

石ころだらけの上に置いた車が、アクセルを踏んでも発進できない!!

車を降りて石を退けて再度試みるが、どうしても動かない!

周りの人が集まってきて車を押してくれるが、動き出さない!

前回も同じ轍を踏み、発信しやすいように前向きに止めたのだが、大きな石がバンバーをコスリア上げていて、発信できないのだ!

やっとの事でバックして、大きな石を外してなんとか脱出に成功!!

いつも押してくれるあの名人級の人が手招きで、もうここに止めないで、向こうに止めようと促してくれた!

丁重に挨拶して—–途中で、車を止めないようにして、この石だらけの道を脱出し、ここを後にした!!

今日もまた最後の最後にトラブルに巻き込まれてしまった!

ここに車を止めた自分がいけなかったと反省仕切りで、家路に着いた!!

次の葉山島では凄い発表がありますので、ご期待下さい!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。