金星に生命の証拠?ホスファンという成分!JAXAが撮影! 金星でいったい何が?

Pocket


金星に生命の証拠?!


金星に生命の証拠?ホスフィンという成分!JAXAあかつきが撮影! 金星高度50~60km付近でいったい何が?

 

金星の大気中に生命の起源の可能性がある特徴的な成分を検出したと、

京都産業大学や米国、英国などのチームが、英科学誌ネイチャーアストロノミーに14日、発表した。

ホスフィンという成分で、地球では酸素がなくても生きられる沼や湿地などの微生物などによって作られる。

チームは金星に生命が存在する確実な証拠ではないものの、

考えられる他の化学反応では説明がつかず、未知の反応か、生命の可能性があるとしている。

日経新聞。

次にこの件について詳しく検証してみます。

[金星に生命の痕跡か 大気からホスフィン検出]

【AFP=時事】金星の大気から、地球では生命体によって生み出されるガスであるホスフィン(リン化水素)の

痕跡を検出したとする研究論文が14日、英科学誌ネイチャー・アストロノミー(Nature Astronomy)に掲載された。

米航空宇宙局(NASA)のジム・ブライデンスタイン(Jim Bridenstine)長官は、地球外生命体探査史上「最大」の発見だとしている。

【画像】金星大気に存在するホスフィンのイラスト

金星は地球に最も近い惑星だが、日中の気温は鉛が溶けるほど高く、

大気はほぼすべてが二酸化炭素で構成されていることから、しばしば地獄のような環境だと表現される。

論文を発表した研究チームは米ハワイとチリのアタカマ砂漠(Atacama Desert)にある望遠鏡を使い、

金星の表面から約6万メートル上空にある雲の上層部を観測し、ホスフィンの痕跡を検出した。

ホスフィンは地球上では有機物の分解により発生することの多い可燃性ガス。

論文の主執筆者であるカーディフ大学(Cardiff University)宇宙物理学部のジェーン・グリーブズ(Jane Greaves)氏は

AFPの取材に対し、ホスフィンが地球以外の岩石惑星で検出されたのは初めてだと説明した。

研究チームは、ホスフィンの存在が金星上の生命の存在を証明するものでないと強調しているが、

灼熱(しゃくねつ)の金星表面を渦巻く雲は強酸性でホスフィンを即座に破壊することから、

金星にはホスフィンを生み出しているものが存在することが示されたとも指摘。

観測結果は、金星に「変則的かつ未解明の化学現象」が存在する証拠となったと結論付けた。

NASAのブライデンスタイン長官はツイッター(Twitter)に「金星に生命?

りゅうぐうの軌道!

嫌気性生物が生み出すホスフィンの発見は、地球外生命体の存在を示す上でこれまでで最大の進展だ。

NASAは約10年前、地球の上空12万フィート(約3万6600メートル)の高層大気で微生物を発見した。

金星を優先させる時がきた」と投稿した。

金星の大気からリン化水素(ホスフィン)を検出したアルマ望遠鏡とジェームズ・クラーク・マクスウェル望遠鏡

による協調観測は英米日の研究者によるチームが行っています。

国立天文台の発表によると、論文著者の一人、京都産業大学の佐川英夫教授は、

「今回は大気内での化学反応などでは十分な量のリン化水素が作り出せないと結論付けましたが、

もちろん私たちが見落としている、生命由来でない化学反応によってリン化水素が作られている可能性も大いに残されています。

改めて金星を観測し今回の結果を検証することも含めて、結論に達するまでにはまだまだ

課題が残されていると思います。」とコメントしています。

金星探査機「あかつき」を運用する日本として、バイオシグネチャーという魅力的な科学目標を観測するためにも、

あかつき後継機や金星大気サンプルリターン(海外で実際に提案されています)といったミッションへの発展、参加が望まれます。

金星は厚い二酸化炭素の大気(表面で90気圧)がとりまいており、硫酸の雲が50-70 kmの高度に存在するため、

表面の様子を観察することができません。周期243日で逆行自転しています。

金星大気の雲頂部の観測から、4日で金星を一周する強い風が吹いていることがわかり、スーパーローテーションと呼ばれています。

固体の金星の自転からどのように大気が加速されるか、その機構は解明されていません。

硫酸の雲は金星に入射した太陽光の8割近くを反射します。

このため太陽放射のうち厚い大気を通過して固体表面に到達するのは数%です。

しかし、大気量が多く二酸化炭素と雲の温室効果が働くため、大気底の温度は730 Kに達します。

液体の水は存在できず、生命が存在できる環境ではないと考えられてきました。

(「インターネット天文学辞典」より引用)

金星高度50~60km付近でいったい何が起こっているのか?

更なる解明が待たれます。

 

 

生命は宇宙から来た!


地球外生命体探査史上「最大」の発見!!

 

[金星に生命の痕跡か 大気からホスフィン検出]

【9月15日 AFP】金星の大気から、地球では生命体によって生み出されるガスであるホスフィン(リン化水素)の

痕跡を検出したとする研究論文が14日、英科学誌ネイチャー・アストロノミー(Nature Astronomy)に掲載された。

米航空宇宙局(NASA)のジム・ブライデンスタイン(Jim Bridenstine)

長官は、地球外生命体探査史上「最大」の発見だとしている。

金星は地球に最も近い惑星だが、日中の気温は鉛が溶けるほど高く、大気はほぼすべてが

二酸化炭素で構成されていることから、しばしば地獄のような環境だと表現される。

論文を発表した研究チームは米ハワイとチリのアタカマ砂漠(Atacama Desert)にある望遠鏡を使い、

金星の表面から約6万メートル上空にある雲の上層部を観測し、ホスフィンの痕跡を検出した。

ホスフィンは地球上では有機物の分解により発生することの多い可燃性ガス。

論文の主執筆者であるカーディフ大学(Cardiff University)宇宙物理学部のジェーン・グリーブズ(Jane Greaves)氏は

AFPの取材に対し、ホスフィンが地球以外の岩石惑星で検出されたのは初めてだと説明した。

研究チームは、ホスフィンの存在が金星上の生命の存在を証明するものでないと強調しているが、

灼熱(しゃくねつ)の金星表面を渦巻く雲は強酸性でホスフィンを即座に破壊することから、

金星にはホスフィンを生み出しているものが存在することが示されたとも指摘。

解明・宇宙の仕組み!

観測結果は、金星に「変則的かつ未解明の化学現象」が存在する証拠となったと結論付けた。

NASAのブライデンスタイン長官はツイッター(Twitter)に「金星に生命?

嫌気性生物が生み出すホスフィンの発見は、地球外生命体の存在を示す上でこれまでで最大の進展だ。

NASAは約10年前、地球の上空12万フィート(約3万6600メートル)の高層大気で微生物を発見した。

金星を優先させる時がきた」と投稿した。(c)AFP

 

 

双子惑星と言われる金星と地球!


ガス成分はリン原子1個と水素原子3個で構成!生命そのものを発見したわけではありません!!

 

[金星の大気中に生命の痕跡?特徴的な成分発見も生成源は未特定]

英カーディフ大学などの天文学チームが、金星の大気中に生命が存在する証拠になりうるガス成分を発見したと発表しました。

そのガス成分はリン原子1個と水素原子3個で構成されるホスフィン分子で、ホスフィンは

地球上ではペンギンなどといった動物の体内微生物や湿地帯など非常に酸素の少ない

環境に存在する微生物が生成する成分であるとのこと。

もちろん、人工的にホスフィンを生成することも可能ではあるものの、

金星でそれが人工的に生成されているようなことはありえません。

ましてペンギンが金星まで飛んでいって、そこで屁をしたわけでもありません。

そして研究者らは、まだ誰も金星の地表から50kmも上空の

大気成分にそれが含まれている理由を見つけることができていません。

チームは、ハワイ島マウナケア山頂にあるジェームズ・クラーク・マクスウェル望遠鏡を用いて

金星大気中のホスフィンを発見し、さらにチリにあるアルマ望遠鏡(アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計)でその存在を確認しました。

金星の大気は96%が二酸化炭素で構成されているうえ、地球に比べ太陽に近い軌道を周回しているため、地表温度は400℃を越えています。

過去に金星に着陸した探査機はその地表で数分間だけ活動したのち故障しました。

とはいえ、地表から50kmもの高さなら、そこの温度は「シャツ1枚で過ごせる」ぐらいの気温に低下します。

その場に微生物が存在することは可能かもしれません。

金星に微生物が存在することは可能かもしれません!

またホスフィンは光で分解されるため、金星上空50kmでそれが見つかったのなら、どこかに供給源があるはずです。

チームのひとりで米マサチューセッツ工科大学(MIT)の生化学研究者でもあるウィリアム・ベインズ博士は、

金星に存在すると予想される様々な化合物の組み合わせを研究し、

火山や雷、さらには隕石などがホスフィンを生成する可能性を調べました。

しかしそれらの化学反応は、観測された量のホスフィンを生み出すには弱すぎて説明がつかないとのことです。

今回の発見はあくまで「生命体が生成するはずの成分が金星の大気中に見つかった」

というだけであり、生命そのものを発見したわけではありません。

それでもこの発見によって金星に関する研究が活発化することになりそうです。

ちなみに、NASAは2030年代の実現を目指す大規模戦略科学ミッションの立案を科学者らに依頼しています。

そのなかには金星の雲のなかを気球で観測するという提案もあるとのこと。

もしかしたら、十数年後には、火星から生命発見の報が届いているかもしれません。

 

 

生命の起源は他の星から来た!


惑星上空の雲の成分を採取!生活環境をかき乱し、悪影響を!

 

[英国王立天文学会が金星の大気に生命の存在を示す気体を検知]

英国時間9月14日に開かれた英国王立天文学会の記者会見で、革命的な科学的発見が発表された。

彼らは金星の大気中に、生命の存在を示唆する物質であるホスフィンを検知した。

ホスフィンは、生命の痕跡として知られる気体であり、なんらかの生命が存在する場所にしか存在しない(Sci-News.com記事)。

しかも、少なくとも地球上では、その気体が誤検出された既知の例はない。

つまり、生命の存在結果ではないホスフィンが誤って検出されることはないのだ。

今回の発見は、報道機関や観測筋がどう話をひねろうとも、地球外生命体が確実に存在する証にはならない。

この発見に参加した学者たちはみな同様に認めているが、ホスフィンの作用に関する我々の認識、

特に地球外環境での知識が限られているために生じたケースである可能性も指摘している。

2019年、ホスフィンは嫌気生物によってのみ生成されるとの判断が科学者たちによって示されたが、

彼らの研究はこの地球上に存在するホスフィンに限定されていることは明らかだ。

それをそのまま、銀河系全体に潜在する事例に当てはめることはできない。

また、実際に地球外生命体が直接観察、確認されない限り、それが確かに存在するとはいい切れない。

さらに、検出された気体が本当にホスフィンなのかを検証する必要もある。

セオリツ溶岩円頂丘!

例えば二酸化硫黄と間違えている恐れも、わずかながら存在する。

ただ、科学者たちはその観測結果をいくつもの観測所で確認しているため、

それが実際にホスフィンであるとの強い確証を得ている。

とはいえ、どれだけの量のホスフィンがあれば検出可能なのか、さらに重要なこととして、この発見が我々の

銀河系の中で局所的に検出されたという点を考えれば、これが地球外に

生命が存在する可能性を示す最も有望な証拠であることは確かだ。

この金星の大気中に生命が存在している可能性があるということは、これまで多くの人が考えてきたよりも

生命とはずっと一般的なものであり、銀河系全体に広がっていることを示す強力な指標となり得る。

従来の認識では、金星は生命の存在はとうてい期待できない場所とされてきた。

地表温度は摂氏約480度にも達する。

しかし大気圏上部なら、

(金星に浮かぶ雲の中に見られる紫外線を吸収するスポットの説明としてこれまで有力だった群生する藻類ではなく)

もし、金星上空の雲の中に生息する微生物の存在を確認しようとするならば、いくつもの難題に直面することになる。

技術的な問題ばかりではない。

倫理的な心配もある。

惑星上空の雲の成分を採取するとき、そこに暮らす現地特有の

生物の生活環境をかき乱し、悪影響を与えてしまう恐れがあるからだ。

科学者たちは、地球外環境を地球の微生物で汚染してしまわないよう、細心の注意を払っている。

多くの議論を重ね、きわめて慎重な採取方法または観察方法を導き出すことも重要になるだろう。

 

 

金星に海があった!


岩石惑星においては人間や微生物など生命!人類は数百年前から、金星にも海があり、緑が生い茂り、豊かな生態系!!

 

[金星の大気中に生命が存在か、ホスフィンを検出]

地球では生命からしか作られない気体、金星で発見

日本の金星探査機「あかつき」の赤外線カメラで撮影した金星の雲。

色の濃い高層雲が、明るい中間層雲の輝きを遮っている。

この温暖な中間層雲にホスフィンガスが存在していることが明らかになり、生命の兆候ではないかと話題になっている。

(FALSE COLOR PHOTO BY JAXA / ISAS / DARTS / DAMIA BOUIC)

[画像のクリックで拡大表示]

 金星を取り巻く雲の中に、ホスフィン(リン化水素)が含まれていることが明らかとなり、

生命の存在を示す証拠ではとの議論が持ち上がっている。

9月14日付の学術誌「Nature Astronomy」に、論文が掲載された。

ホスフィンは、生命にとって死に至る有毒ガスであるにも関わらず、地球のような岩石惑星においては

人間や微生物など生命からしか生成されないと考えられている。

第一次世界大戦中に化学兵器として使用されたことがあり、現在も農業や半導体産業で使われている。

自然界では、ごみ埋め立て地や湿地、さらには動物の消化管など、

酸素の少ない環境にすむ一部の嫌気性細菌によっても生成される。

硫化物を食べる生命か

太陽系の第2惑星である金星は、長らく地球の双子と考えられてきた。

太陽系の第2惑星である金星は、長らく地球の双子と考えられてきた!

大きさは地球とほぼ同じで、似たような重力と構造を持つ岩石惑星だ。

人類は数百年前から、金星にも海があり、緑が生い茂り、豊かな生態系が栄え、

生命にとって地球に次ぐ第2のオアシスとなりうるのではと期待してきた。

ところが科学が発達すると、実際には地球上の生物にとって金星は危険で非情な世界であることが明らかになった。

表面温度は480℃にも達し、表面気圧は分厚い大気に圧迫されて地球の90倍以上もある。

大気のほとんどは二酸化炭素から成り、硫酸を含んだ雲がこの星全体を覆っている。

それでも、金星の表面でなく、気候が穏やかな雲の中なら生命が存在できるのではという考えは、60年近く前からあった。

1967年、カール・セーガンとハロルド・モロウィッツは「金星の表面環境に生命が存在するとの仮説は非現実的だが、

金星の雲となると話は全く別だ」と、科学誌「Nature」に寄稿している。

金星の雲には生命の基本材料が含まれており、雲の中間層の気温と気圧は地球によく似ている。

「半袖で過ごせる気候ですし、おいしい食べ物もたくさんあります」と、

米ウェスリアン大学の惑星科学者マーサ・ギルモア氏は解説する。

 

 

灼熱の惑星=金星!


金星は地球に最も近い惑星、日中の気温は鉛が溶けるほど高く、二酸化炭素で地獄のような環境!

 

今日のまとめ!

金星の大気中に生命の起源の可能性がある特徴的な成分を検出したと、京都産業大学や米国、英国などのチームが、

英科学誌ネイチャーアストロノミーに14日、発表した。

ホスファンという成分で、地球では酸素がなくても生きられる沼や湿地などの微生物などによって作られる。

チームは金星に生命が存在する確実な証拠ではないものの、考えられる

他の化学反応では説明がつかず、未知の反応か、生命の可能性があるとしている。

金星は地球に最も近い惑星だが、日中の気温は鉛が溶けるほど高く、

大気はほぼすべてが二酸化炭素で構成されていることから、しばしば地獄のような環境だと表現される。

金星の表面から約6万メートル上空にある雲の上層部を観測し、ホスフィンの痕跡を検出した。

ホスフィンは地球上では有機物の分解により発生することの多い可燃性ガス。

NASAは約10年前、地球の上空12万フィート(約3万6600メートル)の高層大気で微生物を発見した。

金星を優先させる時がきた」と投稿した。

金星探査機「あかつき」を運用する日本として、

バイオシグネチャーという魅力的な科学目標を観測するためにも、あかつき後継機や

金星探査機「あかつき」を運用する日本!

金星大気サンプルリターン(海外で実際に提案されています)といったミッションへの発展、参加が望まれます。

金星は厚い二酸化炭素の大気(表面で90気圧)がとりまいており、硫酸の雲が50-70 kmの高度に存在するため、表面の様子を観察することができません。

米航空宇宙局(NASA)のジム・ブライデンスタイン(Jim Bridenstine)長官は、地球外生命体探査史上「最大」の発見だとしている。

金星の大気中に生命が存在する証拠になりうるガス成分を発見したと発表しました。

そのガス成分はリン原子1個と水素原子3個で構成されるホスフィン分子で、ホスフィンは

地球上ではペンギンなどといった動物の体内微生物や湿地帯など非常に酸素の少ない

環境に存在する微生物が生成する成分であるとのこと。倫理的な心配もある。

惑星上空の雲の成分を採取するとき、そこに暮らす現地特有の生物の

生活環境をかき乱し、悪影響を与えてしまう恐れがあるからだ。

科学者たちは、地球外環境を地球の微生物で汚染してしまわないよう、細心の注意を払っている。

人類は数百年前から、金星にも海があり、緑が生い茂り、豊かな生態系が栄え、

生命にとって地球に次ぐ第2のオアシスとなりうるのではと期待してきた。

金星に生命の起源があるとは大変驚きました!

金星には海があり緑が生い茂り豊かな生態系が栄えているとは、期待するしかないでしょう!

これからのさらなる探査でどこまで迫れるかが、期待されます!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。