追跡・ファーウエイショック!5G・米中攻防の最前線!通信速度は4Gの10倍!

Pocket

 

 

 

5Gをめぐり米中攻防の最前線!!


追跡・ファーウエイショック!5G・米中攻防の最前線!通信速度は4Gの10倍!!

 

追跡・ファーウエイショック!5G米中攻防の最前線!!

対アメリカ戦略に追われていたファーウエイの会長。

ファーウエイのイメージをどう回復させるかが我々の課題!

いかにアメリカ政府内で信用を築くかがカギです!

従業員19万人ーー売上高13兆円

一企業の存在が世界を大きく動かしている!

トランプ大統領はファーウエイは非常に危険で、

ファーウエイを政治的に排除しなければならない!

次世代の通信規格「5G」が今年世界各地で運用が本格化する!

通信速度は4Gの10倍!

膨大なデータを瞬時にやりとり出来るため、様々な「不可欠な通信インフラ」となっているという!

その代表が「ファーウエイが開発するスマートシティ」です!

5Gを使うことで都市機能をつなぐスマートシティのデジタル技術をすべての人や家庭・組織に提供し、

全てのものが繋がった社会を築き上げます!

5Gを使うことで都市機能をつなぐスマートシティ!!

5Gは軍事技術も飛躍的に高める。

世界の安全保障に、重大な影響を与へかねない!

それに対してアメリカが危機感を強めている!

ファーウエイなどの中国の通信会社がもたらす脅威を

各国政府や企業が考慮するよう求めます。――-アメリカ国務長官。

5Gを制するものが次の時代を制す!

ファーウエイの5Gの導入を検討している国は80を超える。 

そこで揺れる欧州各国に密着取材!

アメリカは中国企業の成功が許せない。

―ー駐ドイツ大使。世界を揺るがすファーウエイショック!!

5Gを巡る最前線を追った!!

 

 

5Gで都市の治安も強化される!


ファーウエイは5Gで世界の最先端をいっている!5Gで都市の治安も強化!

 

ファーウエイのスマートフォンのシェアはアップルを抜き世界第2位。

過去最高益を記録する見込み。

にファーウエイの一大拠点がある。

敷地は東京ドームの26個分で、120万m2。

研究開発費は売り上げの10%で、日本円で1兆円! 

ファーウエイのスマホ「EMUI10」世界第2位!でもつい最近第一位になったそうです!

監視スクリーンで都市全体の状況が瞬時に把握できるようになっている。人々の混雑状況を正確に割り出す。

まさに車からのデータを解析し交通渋滞を解消するなど、ネットワークによって都市全体を管理!

従来と比べ通信速度が大幅に早い5Gによって、このスマートシティの性能が飛躍的に向上。

ファーウエイは5Gの技術で世界最先端をいっている。 

ファーウエイは5Gの技術で世界最先端をいっている。 

G=ジェネレーション=世代 のことです。

1Gが出現してから、3G以降の通信速度が飛躍的に向上。

4Gの10倍です。監視カメラの映像の数も10倍に増え、深のスマートシティには8万台のカメラが監視。

町中の映像が24時間リアルタイムで、5Gによって都市の治安も強化される! 

AIが行う顔認証のおかげで犯人を30分で拘束できました!

これのおかげで事件の発生率は25%減。

ファーウエイの会長ーーデジタル技術をすべての人・家庭・組織に提供しすべてのものがつながった社会を築き上げます。

これが我々のビジョンです。

そして社会の発展に貢献することが大きな目標です。

基地局の小型化で他社より3割やすい。

5Gの通信基地局のシェアはサムスンの21%を引き離して34%で、トップを走っています。

ファーウエイの5Gの各國の通信会社の導入状況は、――-導入決定がロシアやヨーロッパの40カ国。

検討を加えると80カ国を超える。

今、ヨーロッパに攻勢をかけている、最前線工業都市「デュイスブルク」! 

駐ドイツ中国総領事の中国担当はが出迎えた!

デュイスブルクのスマートシティの導入にも舵を切った。

決定の根拠はスマートシティのコンセプトです。

「スマートシティ・デュイスブルク」は5Gのネットワークで町全体をつなぎ市役所の業務は全て電子化。

さらに都市機能を飛躍的に向上させる、最先端の都市を目指すことが狙いだ!

中国深のスマートシティを訪れたことが採用の決め手になった!

これがファーウエイの本拠地・深圳の5Gです!!

ファーウエイは一番安い企業でした。

しかも技術は優れていたので採用に何の迷いもありませんでした。

中国政府にとってもデュイスブルクは重要な場所。

スマートシティは中国からデュイスブルクへの投資を増やすために不可欠なもの。

デュイスブルクはドイツと中国が新しいシルクロードを築くために重要な拠点なのです。

それは中国の一帯一路の構築にあります。

一帯一路とはアジアとヨーロッパをつなぐ壮大な戦略で、

一帯一路に沿った大陸縦断鉄道のその終着駅がデュイスブルク。

一帯一路に沿った大陸縦断鉄道のその終着駅がデュイスブルク。

さらに中国は一帯一路に沿ってデジタル・シルクロード構想を打ち出す。

これは中国初の巨大デジタル社会を作り上げる構想だ!

習主席がデジタルシルクロード構想を各国に呼びかけた!

イノベーションは発展を進める重要な力だ!

一帯一路の達成にはイノベーションが欠かせない。

中国にとってファーウエイは民間企業でありながら不可欠な存在だ!

ファーウエイは中国が進めるデジタルシルクロード構想において、

その最前線で通信インフラを進める企業となっている。

ファーウエイなどの通信機器メーカーが、世界シェアを拡大することは中国にとって非常に大きな意味がある。

註 一帯一路とは、2014年11月10日に中華人民共和国北京市で開催されたアジア太平洋経済協力首脳会議で、

習近平総書記が提唱した広域経済圏構想で、中国からユーラシア大陸を経由してヨーロッパにつながる陸路の

「シルクロード経済ベルト」と、中国沿岸部… ウィキペディア

 

 

一帯一路の終着がデュイスブルク!


デュイスブルクがスマートシティを導入!トランプがファーウエイ排除を迫った!

 

中国深で電気自動車を手がけるハイテク企業は、今開発しているのがネット通販で注文を受けると無人で届けることができる「自動運転車」だ。

ファーウエイの5Gを使い研究を進める予定だ。デュイスブルクは中国企業を新たに集めた都市を建設。

「中国貿易センター・ヨーロッパ計画」で敷地面積6万m2で

多くの中国企業がデュイスブルクのスマートシティにとても興味を持っていて、

スマートシティが私達にチャンスをもたらしています。

ネット通販で注文を受けると無人で届けることができる「自動運転車」!!

これもファーウエイのおかげです。町の未来に期待をかけるデュイスブルクは、

企業の閉鎖が相次ぎ人口の減少に歯止めがかからず、市の財政が厳しい状況で、

中国人が投資してくれれば税金が増えるので市の財政が改善される。

それで中国がなるべく多く投資してくれることを願っています。

しかしファーウエイは状態が大きく動き出していた。

それはトランプ大統領がNATO=大西洋条約機構 の首脳会議に出席し、

各国の首脳に対しファーウエイを排除するよう迫った!

各国の首脳に対しファーウエイを排除するよう迫った!

ファーウエイは安全保障上の脅威だ!

イタリアと話したがファーウエイの5Gを採用しないという!

話をした他の国もファーウエイを採用することはないだろー! 

5Gは軍事面を大きく変えるとされている!

ドローンやロボットが瞬時に戦闘の状況を伝える。

情報セキュリティの問題ーアメリカ!

ファーウエイの500種類以上の調査した「ある問題」を発見した。

こちらがわたくし達が調査したファーウエイ機器です。

この機器のソフトウエアに問題が見つかった!

ここにあるのは「ファーウエイ」というアカウントで、パスワードも設定されています。

ファーウエイのアカウントがここにあるべきではありません!

技術者によって放置されたのか、意図的かはわかりませんが、

ただパスワードを知って――-ここに組み込まれている人は誰でも機器の一部を密かにアクセスできます。

これが「バックドア」につながる弱点だと考えています。

 

 

バックドアとはソフトウエアの情報を引き出したり遠隔操作が出来ること!


バックドアとは!情報を引き出し遠隔操作をすること!!

 

バックドアとはソフトウエアの情報を引き出したり遠隔操作が出来ること!

ファーウエイのソフトウエアに一つにつき100個を超える弱点が見つかったと言う! 

これまでに何十万もの製品を評価してきましたが、

ファーウエイの製品は他社に比べてリスクが高いと言わざるを得ません!

ロバートストレイヤー国務次官補代理は――-中国政府は、

ファーウエイなどの企業に対してバックドアを加えることを支持できます。

そこから各校の重要インフラを妨害し、許可なくデータを抜き取ることができるのです!

アメリカが中国を警戒するのは、中国に国家情報法という法律があるから!

これは国家の情報を支配し協力しなければならないということを、義務付ける法律!!

アメリカの懸念は「ソフトウエアのバックドア」だ!

アメリカの懸念は「ソフトウエアのバックドア」だ!

中国に政府が情報を求めたときに、この情報をもとに、中国政府はファーウエイに国家機密を抜き取られるということだ!!

中国では政府と企業の間に境界線がなく、政府が命令すれば、企業は従うしかありません!

ファーウエイのような企業を信用することができないため取引は避けるべきです! 

ファーウエイはアメリカの懸念にどう答えるのか!!

私たちはファーウエイの会長に質問をぶつけた!

バックドアの指摘についてどう考えているのか? 

ファーウエイがバックドアを提案することはありません!

各国政府とバックドアを設けないという協定を結んでいます!

これまで中国政府から情報の提供を求められたことはなく、求められても応じません!

と強く反論!!

政府からバックドアの要請があっても強く拒否するとファイウエイの会長!

調査方法に問題があり、重大な弱点を発見したとは言えない! 

独・メイ首相はファーウエイを排除しないという方針です!

ポンペイオ長官はドイツに対して改めてファーウエイを排除するよう求めた!!

中国企業は次世代通信網を構築しようとしている! 

ドイツの情報機関の長官も

「中国の共産党の影響下にあるファーウエイを完全に信用できない」と言っている! 

その三日後ドイツの連邦議会が新たな動きを見せた! 

5G導入に関する公聴会を開いた!

ファーウエイドイツ代表も呼ばれた! 

ファーウエイを政治的に排除する必要があると思います!

技術的な安全性を担保するには、他の企業も検討すべきだ!

質問はファーウエイという一企業に集中した!

中国の法律によるとファーウエイが当局から情報の提供を求められればそれに従うしかありません! 

ファーウエイは利用者データを入手することはできません。

中国の法律は中国国内にだけに適用されます!

しかし中国の法律には「国外でも適用できる」とあります。

ドイツにも適用されるのではないですか?

違います私たちはドイツの法律に縛られています。

5Gは現在の鉄道、水道、電気、電話などのインフラをひとまとめにしたくらい、重要な通信インフラとなるのです。

中国の政治的な成果を求めようと手荒な手段に出たこともが、過去にあったため、そうした事態に備えておきたいのです。

註 バックドアとは、直訳すれば「裏口」または「勝手口」のこと。

防犯・犯罪学などでは、「正規の手続きを踏まずに内部に入ることが可能な侵入口」を指している。

この記事では、主にコンピュータセキュリティの用語としてのバックドアについて述べる。 ウィキペディア

 

 

ファーウエイ製品に対する、米の「撤去交換法案」が可決!


アメリカのファーウエイ製品!米の「撤去交換法案」が可決!オレゴン州が反発!

 

ファーウエイのスマートシティの導入を決めているデュイスブルク!

中国の5Gの導入を検討しているデュイスブルクのヨハネス・フルークさんにも変化が!

ファーウエイによるデュイスブルクのデジタル化に専門家が懸念を表明!

ファーウエイへの反発が広がり始めていたのだ!

ファーウエイが自社製でサイバー上のスパイ活動を可能にしているのではないか―――-と世界で懸念が広がっている。

アメリカから流れてくる情報は具体的なものは何もありません。こんなのばかりです!

憶測にしか、過ぎないのです。こんな推測や警告が常に出され続けます!

ドイツでファーウエイに対して逆風が強まる中、中国政府がさらなる一手を打った。

中国政府が急遽訪問したのだ。

大使は中国政府とファーウエイとの繋がりはないと、問題を否定。

ファーウエイが中国政府や共産党と関係があるというのは根拠がない!

中国政府は外国で集めたデータを提供するよう求めたことはなく!

ファーウエイがバックドアからデータを中国の情報機関に提供することもありません。

アメリカは中国企業の成功が許せないのだ!

さらに中国がいくつかのハイテク分野で、

アメリカを差し置いてトップの座に就いたことをアメリカが認めないのだ!

”ファーウエイ排除につながる決定を下した場合、中国政府は黙って見過ごすわけにはいかない”と警告した。

ヨーロッパで問題となっているのは安全保障だけではない!

ファーウエイが導入されることで民主主義や人権が脅かされるのではないか、という懸念も広がっている!

近年、アジアや諸国やアフリカ諸国と中国との関係が強められている国が多い。

さらにハンガリー、ベラルーシュといった東ヨーロッパの旧社会主義国も目立つ!

その中セルビアが世界から懸念されている! 

今、中国との結び付けを急速に強めているからだ!

この間、中国との合同軍事演習を始めて行った。

民主主義が脅かされる、スマートシティへの反発!

 

民主主義が脅かされる、とスマートシティへの反発!

セルビア政府はファーウエイのスマートシティをベオグラードに導入!

その狙いはコストの安さと中国技術への期待があるとみられている。

今後、5Gの導入によってカメラの台数が飛躍的に増える可能性がある。

ファーウエイはセルビアにとって重要な戦略的パートナーになっています。ーーセルビア通信相 談!

スマートシティを導入するきっかけとなったのは、パートナーシップ協定を結んだことでした。

私たちはスマトシティを既に実行しています。 

ところが市民には不安が広がっている。

市民に広がっているファーウエイへの脅威!!

この抗議活動は民主主義を守ろうとして、ここに集まった。

それはある出来事に直面したからだ!

管理者はあのカメラで数回撮影しただけで誰か確認できる。

監視カメラは町の中心部で犯罪を減らすために使うなど、

適正なる目的で使えば、私たちにとってもメメリットがあります。

でも政権や公安当局は監視カメラを「本来と違う目的で悪用」している。これでデモが行われるようになった!!

私達の目標は、誰がカメラの映像を見ているのか、その映像がどこへ送られるのか、

そもそもカメラが何故設置されたのか、情報をクリアにすることです。

それまではファーウエイ製のカメラに対する講義デモを続けようと思っています!

ファーウエイショックが広まる中、世界にファーウエイ排除を迫っているアメリカ!

それに従ったのはオーストラリアや日本などに止まっている。

ファーウエイはアメリカ戦略を協議!ファーウエイのイメージをどう改善させるのかが、我々の課題だ!

いかにアメリカ政府間との信用を築くかが鍵です!

米中関係のせいでファーウエイに懸念を抱く議員の数が増えています。

我々にとって今、必要なことは政策立案者たちに会ってファーウエイことを正しく理解してもらうことです。

米議会では既に設置されたファーウエイ機器を撤去し

他社の製品に交換させるための「撤去交換法案」が可決

「撤去交換法案」に署名したトランプ大統領!

本案により通信業者が信頼できない機器を交換出来るようにする!

この法案がアメリカ地方で思わぬ波紋を広げているのが、「オレゴン州」だ!

これが我々の基地局です。

ここにファーウエイの機器があります。

他社の製品でファーウエイに匹敵するものはありません! 

ここにあるすべての機器はファーウエイ製です。

法案が通ったら全ての機器を捨てる事になるでしょう。

色々な意味で回避したい事態です。

本当にファーウエイの安全性の問題なのか納得していません! 

私には米中貿易戦争の中での政治的な理由に思えてならないのです!

 

 


世界に広がるファーウエイショック!


世界に広がるファーウエイショック!これが世界に何をもたらすのか!!

 

ファーウエイの幹部は新たな一手を打ち出した!

アメリカではデジタル格差がよく話題になる。

住んでいる場所によって決まり、将来の成功をも左右する。

今、地方で十分なインターネットサービスを受けられない人は、2400万人に上るとみられています。

5Gの整備も遅れるかもしれません。

時間が経つにつれ議員たちは現実を突きつけられるでしょう!

ファーウエイを事実上排除されるとみられる日本。

日本はエリクソンやノキアなどを使うと決めた。

ファーウエイ会長が訪れてその選択を見直すよう説得を続けている!

デジタル技術を日本でうまく応用し、日本経済の健全な発展に貢献したいと思います。

デジタル技術を日本でうまく応用し貢献したいと会長は語る!

ファーウエイの5GやAIの技術を使えば、日本はデジタル新時代で必ず優位に立っています!

世界に広がるファーウエイショック

これが世界に何をもたらすのか??

米中のこの研究をしているハーバード大学のG・アリソン教授は中国が握ろうとするハイテク覇権で、世界秩序が大きく揺らぐ! 

5Gは中国を目覚めさせました。中国の成長は目ざまあしいものがあり、すぐににアメリカのライバルではなく、追い抜く存在になるでしょう! 

こうした中国の台頭によって、世界はパワーバランスの見直しを迫られるようになるのです!

中国はアメリカや日本が考えるような、民主主義体制を取るつもりはなく、政治的自由を与えることもないでしょう。

だからこそアメリカやヨーロッパや日本のように、

プライバシーなどの個人権利や民主主義といった価値観を共有する国々と中国との間で、

バランスをとりながら新たな世界秩序を模索してゆくしかないのです!

2020年5Gが世界世界を覆い尽くす時代がもう始まっている!!

追跡 ファーウエイショック

5Gの米中攻防の最前線 !

NHK BS より聞き取り記事 終わり!

 

2020年5Gが世界世界を覆い尽くす時代がもう始まっている!

今日はファーウエイショックと5Gの米中攻防の最前線を調べました。

世界にとってファーウエイの5G=次世代通信機器 の使い方いかんで、その国が大きく台頭するなど、

可能性が計り知れないものがあって、この問題の大きさにから目が離せませんし――-死活問題です!

日本が何故ファーウエイ排除をするのか理解できません!

日本企業はファーウエイの製品との大きい関わり合いがあって、

企業の成長戦略で欠かすことのできないパートナーではないでしょうか!

ファーウエイのスマホにはGoogleが無い!!

安倍政権はアメリカに配慮しすぎではないでしょうか!

日本政府は自国の企業のためにももっと、企業業績を見つめ直せなければ――-日本の将来は無いと言えます! 

5GやAIは今後世界を変えて行く巨大な情報戦略機器です。

私はこの「5GやAI」は日本が最も得意とする技術分野で、むしろ世界をリードして行くのが日本の存在だと言えるでしょう!!

私には5GやAIを使った限りない技術発展が見えます!!

時代は今や5Gの時代です!!

日本の技術者が最も得意としなければならないのが、この分野ではないでしょうか!

今からでも遅くない、巻き返しを計って世界をリードできる技術者を確保・向上し続けて欲しいと思います!!! 

IRなどに惑わされている時代ではありません――-時代は5Gのスマートシティの時代に突入しています!!

どう見ても時代はIRではないでしょう「5GやAI」の時代です!!

目を覚ませ安倍政権!

石破の意見にも耳を傾けよう!!

そうすればの日本の未来は捨てたものではないはずだ!!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。