赤ワイン健康法!赤ワインには健康に良いものがあるのか?検証しました!

Pocket

赤ワインとチーズは健康に良い、代表的マリアージュ!!

赤ワイン健康法!赤ワインには健康に良いものがあるのか?検証しました!

 

今日は、赤ワインには健康に良いものがあるのか、を検証してゆきます。ポリフェノールやタンニンには抗酸化作用があって、老化防止で長寿の一因だと言われています。そこで赤ワインは果たして健康に良いのかどうかを調べてゆきます。2018年6月28日のブログで「ワインは赤ワインに限ります!美容と健康によく老化防止になる!」を投稿していますが、それとは視点を変えての記述にしました。

「赤ワインは本当に体に良いか?」に専門家が答えていますので、その紹介から。

「毎晩1杯のワインを飲むと体にいい」という話は良く聞きますが、これは本当なのでしょうか。悪夢のように忙しい1週間を過ごした後は、ゆっくり腰を下ろして、グラスワインでも楽しみたいものです。そんなときはワインを…。適量のワインは、心も体も心地よくしてくれるのは確かです。そして研究によれば、ワインは心臓や脳、筋肉にも良い影響を与える可能性も指摘されています。さらには赤ワインに関して…そこに含まれている成分に、抗がん作用があることを示唆する研究もあります。でも、赤ワインに関するこういった触れ込みはあまりにも大げさではないでしょうか!?そこで、「毎晩一杯の赤ワインが本当に体にいいのか?」ということについて、専門家に意見を聞いてみました。今回は赤ワイン健康説の根拠や、実際に赤ワインが健康に与える影響についてのプロからの意見です。赤ワインは、他のお酒に比べてどう体にいいのか?

毎晩一杯の赤ワインが体に良い!飲みすぎてはいけません!

赤ワインについては常々、ポリフェノールを豊富に含むことが健康に良いとされてきました。このポリフェノールのなかでも、特に健康上のメリットがあるとされるのが、「レスベラトロール」と呼ばれる抗酸化物質。それはブドウの皮に含まれているものです。何故に赤ワインかと言うと、赤ワインは皮も一緒に熟成させるからです!!!

このような抗酸化物質には、一般に心臓病の進行の一因とされる体内の炎症を沈静化する作用があるといいます。しかし、ハーバードT.H.チャン公衆衛生大学院で疫学および、栄養学の教授を務めるエリック・リム氏はこう言います。「赤ワインの健康へのメリットが、ビールやさまざまな蒸留酒など他のアルコールを適量飲む場合のメリットと大きな違いがある訳ではない」とのこと。「(赤ワインに関する)こういった議論が始まった理由は、赤ワインからポリフェノールを取り出して、マウスに投与する研究が数多くあったからです。一部の研究では、すばらしい効果が現れました。問題は人間がこの効果を得るためには、毎晩8〜10本の赤ワインを飲まなければいけないということです」と、リム氏は話します。より可能性が高いのは、必ずしもポリフェノールだけという訳ではなくワインに含まれるアルコールも、健康に対していい影響を与えている可能性があるということです。彼によれば、アルコール摂取についての対照研究のなかでは、適度な量のアルコールを飲む人は、アルコールの種類に関わらず、健康的な血液マーカーを示す傾向があったといいます。

実際、適度な飲酒が、心臓発作のリスクを下げることを示唆する研究は、100以上あると言います。赤ワインは、ランチに食べたチーズバーガーやフライドポテトを帳消しにしてくれる魔法の薬ではありません。どちらかと言えば、健康のための食事の補助的な役割を果たすものでしょう。

赤ワインに含まれるポリフェノールの抗酸化作用が人に良いとされる!

お酒が人々に与える異なる影響については、さらなる研究が必要です。これまでの研究では、赤ワインあるいはアルコール全般が適量であれば、健康に良い影響を与える可能性が強く示唆されています。もちろん、アルコール依存症の病歴がなく、普段から健康的な食事をしていればの話ですが…。アルコールなのに健康的!赤ワインの驚くべき効果とは? 赤ワインにはさまざまな健康効果があるとされています。もちろん、適量を守って——ではありますが。赤ワインの効能と、効果が期待できる飲み方についてご紹介します。

[赤ワインは健康に良い?]

1989年に世界保健機構(WHO)のMONICAによって報告された、「アジアに比べ、動物性脂肪を多く接種する食習慣のある欧米において冠動脈疾患による死亡率が高い。しかし、欧米諸国の中でも、指折りに動物性脂肪を接種しているはずのフランスのみ、この傾向が当てはまらなかった」という指摘——いわゆるフレンチパラドックスは、全世界にセンセーショナルな衝撃を与えました。

[赤ワインの健康効果]フレンチパラドックスの仕組み redwine2 動物性脂肪には飽和脂肪酸が多く、飽和脂肪酸を多く接種する食生活を続けると、冠状動脈性心臓病に罹りやすい——といわれています。しかしフランス人は、欧米諸国の中でも肉類、チーズ、バターなどの摂取量が多いにもかかわらず、どういうわけか、動脈硬化患者の比率が少なく、心臓病の死亡率も低いのです。このパラドックスを解く鍵が、フランス人が好む赤ワインだと考えられています。赤ワインに含まれるポリフェノール、中でも「レスベラトロール」という成分に、動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用があるため、フランス人は食事中にワインを飲むことで、飽和脂肪酸の影響を相殺してしまっているというわけです。かつ、ワインを飲むだけで血中脂肪の燃焼が促され、新たに脂肪細胞が作られるのを遅らせる効果もあるとのこと。なんだか良いことづくめの赤ワインです。

効果はフレンチパラドックスの他にも…… また、赤ワインに含まれる成分にも、健康効果が指摘されています。たとえば硫黄には、肝臓の機能を高める効果が。ヨードには、動脈の老化を防ぎ、血圧をコントロールする効果があり、カリウムは、塩分過多の人に多い弱い脳血管を強固にするとされています。その他にも、精神的効果も指摘されています。そもそも、適度なアルコール摂取には、リラックス作用があります。何故、アルコールを飲むとリラックスするのでしょうか? その構造は、①脳内のタンパク質トリプトファンからつくられるセトロニンには、高揚感を促すはたらきがある。

②アルコールにはセトロニンの分解を妨げる効果がある。③ゆえに、リラックスすると、分析されています。さらに、赤ワインに含まれるリンは不安神経症に効果ありとされ、またカルシウムにも精神安定効果があるとされています。

 

赤ワインには多くのビタミン、ミネラル、ポリフェノールが含まれていて体内の抗酸化作用を促す。

赤ワインを適量飲むと!ミネラル、ビタミン、ポリフェノール!の抗酸化作用があるそうです!

 

ダイエットにも効果的?赤ワインの香りは嗅覚器官を刺激し、消化酵素を含んだ唾液を分泌させるはたらきがあります。また、酸味は胃酸の生産を促します。このような効果がある赤ワインを飲むことで、ホルモンの生産を促され、腎臓と肝臓にはたらきかけて、小腸の消化過程に必要な液の生産が助けられます。結果として、便通がよくなり、ダイエットにも効果があるとされています。なにごとも適量を守って、のこと!!!

[ワインの健康効果] 1ワインの健康効果。 2美味しくワインを飲む為に–  3ワインのおつまみ。  4血圧変化のメカニズム

ワインはブドウに含まれている成分をほとんどワインの中に取り入れている為、多くのミネラル、ビタミン、ポリフェノール、が含まれており、体内の抗酸化作用、血圧降下、殺菌作用、抗ガン作用等、多くの効果 が期待されます。食品に含まれていますビタミン、ミネラル、ポリフェノール等は通常人体に30〜40%しか吸収されませんが、ワインに含まれていますこれらの成分は100%人体に吸収されると言われています。

赤ワインに含まれているビタミン、ミネラル、ポリフェノールは100%体内に吸収される!

今日は赤ワインの健康法について検証してきましたが、多くのことが健康に良いとの報告がありました。赤ワインを嗜む身として嬉しい限りです!赤ワインは皮ごと熟成されますが、その皮の中に「レスベラトロール」と呼ばれる抗酸化物質が含まれていて体に良い重要な要因の一つです。その効果はワインはぶどうに含まれている成分を、ほとんどワインに取り入れているために、多くのミネラル、ビタミン、ポリフェノールが含まれており抗酸化作用、血圧降下、殺菌作用、抗ガン作用など多くの効果が期待されています。しかも、食品に含まれている成分は通常人は、30-40%しか吸収できませんが、ワインだと100%吸収されるからです。これは凄いことです!!ワインは楽しい!人生でワインほど素晴らしいものはない!更に更に健康にも良い!ワインは良い事だらけ!!ですが、待った—–!ただし適量のワインを嗜んだ時だけ!を肝に命じて下さい!私は一日おきにグラス一杯の赤ワインです!!これだと健康に弱い私には最適な飲み方だと、自負しています!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。