豊かな眠りを求めて!Did you sleep well?!睡眠は科学的にもまだまだわからないことばかりだという!!

Pocket

豊かな眠りを求めて!睡眠は科学的にもまだまだわからないことばかりだという!

豊かな眠りを求めて!Did you sleep well?!睡眠は科学的にもまだまだわからないことばかりだという!!

 

生まれた時から毎日、

誰もが眠りに落ちる。

あなたは最近、

よく眠れていますか?

身近な生活習慣にもかかわらず、

睡眠は科学的にも

まだまだわからないことばかりだという。

自分のとって、良い眠りとはなんなのか。

わからないからこそ、深く見つめ直したい。

そんな試みは睡眠研究から、

一晩眠りながら生演奏を聴く

コンサートまでに広がっている。

 

 

人はなぜ眠るのかという基本的な問いすら未解決なのです」

「どう眠れば」解に近づく!「睡眠はわからないことばかり。人はなぜ眠るのかという基本的な問いすら未解決なのです」!!!

 

額と耳の後ろに1つずつ電極のついたシールを貼る。

この数分もかからぬ作業の後は、眠るだけ。

すると睡眠中の脳波の動きなどを電極が読み取り、浅い睡眠から深い睡眠へと睡眠のステージの移り変わりを30秒単位で記録する。

従来、睡眠の推移を高精度で掴むには病院などの専門施設に入院し、1時間かけて

約20分の電極やセンサーを全身につけて眠り、計測結果は医師が数時間解読しなければならない。

それが今、自宅で簡単にできる。

開発したのは睡眠研究の第一人者、筑波大学教授の柳沢正史さん率いるスタートアップのSUIMIN=東京渋谷区。

手軽に調べられるようになったのは、睡眠の時間と深さを調べることに特化して電極の数を絞り込んだのに加え、

技師による解読を人工知能=AI による自動判定に置き換えたからだ。

病院と同制度と言えなくても、自宅で気軽に眠りを図るサービスは「スリープテック」の名で花盛りだ。

スマートフォンで測る簡易なものだけでなく、フィリップ・ジャパン=東京・港 は脳波から睡眠を読み取るヘッドバンドを発売。

睡眠ベンチャーのニューロスペース=東京・隅田 が2019年に始めた、従業員の

睡眠を専用デバイスで計測する法人サービスの利用者は30社、2千人を超えた。

睡眠の深さや時間などを分析し、「週末にかけて疲れてきているので水曜は早めに寝るか仮眠がお勧め」などアドバイスをしてくれる。

「睡眠に関心を持ち、生活習慣を変えることで睡眠を改善していける」と同社の香山由佳・最高執行責任者は説明する。

とは言え、スリープテックはまだまだ黎明期。本当に恩恵を受けられるのはこれからだろう。

確かに、睡眠のデータは取りやすくなった。そのデータから、例えば、深い睡眠の時間は長く、

途中の覚醒は少なく――と教科書通りに良い睡眠が取れたとわかったとする。

「でも、実際その人はよく眠れたと感じたのか、翌日のパホーマンスは上がるのか。

実は結びつけるのは現状では難しいのです」と柳沢さん。

「睡眠はわからないことばかり。

人はなぜ眠るのかという基本的な問いすら未解決なのです」

睡眠が謎に包まれている理由の一つが圧倒的なデータ不足だ。

これまで人間の睡眠については入院し検査をした人のデータしかなかった。

そこに今、スリープテックサービス利用者の日々のデータが集まり始めている。

柳沢さんはこれまで何万匹ものマウスの睡眠を調べることにより、

人間の睡眠をつかさどる脳内物質など世界的な発見をしてきた。

「これから人間の睡眠のビッグデータを使えるようになる。

睡眠の研究は大きく変わりますよ。」と期待する。

睡眠が個人差の塊だということも、実像の解明を阻んできた。

「必要な睡眠時間は身長と同様に人によって何時間も差があり、調べるのも簡単ではない」

と日本人の睡眠実態に詳しい秋田大学教授の三島和夫さん。

これくらい眠れば健康、または不眠といった客観的な基準はなく、深い睡眠が取れていなくても健康な人もいるそうだ。

さらに「良い睡眠かどうかは睡眠の量だけではなく、日中の活動やストレスなどいろんな要素も絡んできます」という。

各社が集めるのは睡眠のデータだけではない。柳沢さんは一部の利用すあの日通うのデータも取り始めた。

ニューロスペースではどんな人に、どういう睡眠改善アドバイスをすると効果があるか、という検証を進めている。

三島さんも「大量のデータを解析すれば、、どう眠れば健康パホーマンスに

好影響が出そうか、一般論ではなく個別の解が見えるようになる」と話す。

これまで自分にどんな睡眠が必要か見えないが故に「8時間睡眠が良い」

「深い眠りが大切」といった掛け声があり、教科書通りに眠れない人へのプレッシャーともなってきた。

しかし「8時間ぐっすり眠るのが理想」という考えは、そう昔からあるものではない。

近代になるまで欧州では夜間ぐっすり眠り続けたりはせず、早く寝た後、途中で起きて働いたり人と話したりしていた――-

そう指摘したロジャー・イーカーチ氏著の「失われた夜の歴史」は、日本では15年に出版され話題を呼んだ。

前近代的な生活を送るアフリカの集落も同様とする調査も近年、睡眠研究者から報告されている。

「安全確保の面から夜間に目を覚ますのは動物として普通です」と三島さんはいう。

「人工照明の登場で、遅く寝る分朝まで起きずに眠るスタイルが現れたのでしょう」と推測する。

「夜8時間まとめて寝るのが良いという考えは、日本では明治時代の近代化の中で登場しました」と

日本の睡眠史を研究するケンブリッジ大各准教授のブリギッテ・シテーガさんは解説する。

産業革命後西洋で広まった「機械の稼働に合わせて昼間は寝ずに働き、

夜に8時間眠るのが労働管理上望ましい」との考えを輸入したのだという。

産業の変化に合わせ働き方も変わり、皆が同じ眠り方をする必要は薄れているはず。

スリープテックを追い風に「私にあった眠り」を追求できる日は近づいてきているようだ。

 

 

マックス・リヒターからの招待状!


心と対話、得られる気づき!近年、朝方か夜型かは遺伝子で決まるという研究が次々発表されている!

 

米製薬会社のアッヴィのデンマーク法人では、働く時間を睡眠との兼ね合いで、自ら決めるよう推奨されている。

朝方の社員は、例えば7時半から働き、午後3時に終業する。

一方、夜型社員は数時間遅れて働き始めて事務処理など簡単な作業をし、メインの仕事は午後か夜に回す。

「以前は皆同じ時間に働いていました。

でも各自のリズムに合わせた方が働きやすいうえ、生産性も上がる」と話すのは広報責任者のヤコブ・ホルスト・アンデルセンさんだ。

「私は大量の資料を読み込まなければいけない時は午後早めに仕事を切り上げ帰宅し、夕食後の数時間を当てます。

集中できる時間だからです」

東京医科歯科大学兼任講師の志村哲祥さん=睡眠医学 祥 こうした働き方について「欧米では少しずつ広がっている」と説明する。

近年、朝方か夜型かは遺伝子で決まるという研究が次々発表されている。

志村さんは「人によって寝るのに適した時間帯は6時間違うこともある」と指摘する。

志村さんらの研究では自分に合った時間から3時間以上早く起きた場合、生産性の指標は3割ほど悪化した。

起きている時間も「朝方の人は1日前半、夜型の人は後半に集中力などが上がりやすい」という。

日中の活動が主役で眠りの時間はその余剰と考えがちだが、改める人も目立つ。

特にアスリートなど体を使うプロは睡眠のリズムのパホーマンスへの影響を実感するという。

崩れると「目に見えて集中力が落ち、演奏に支障が出る」と語るのはバイオリニストの千住真理子さん。

「目に見えて集中力が落ち、演奏に支障が出る」と語るのはバイオリニストの千住真理子さん!

「昔は睡眠を削って練習をしなきゃーと思っていましたが、睡眠の方がずっと大事」と言い切る。

試行錯誤で眠れる方法を編み出した。

まずは1日の終わりの全身運動だ。

プールで1kmほど泳ぐ。「どんなに疲れていても、です。

バイオリンを弾き続けた後の局所的な疲れは寝つきに悪影響」。

午後11時の就寝時は耳栓やアイマスクをつけ情報を遮断する。

「ゆっくり息を吸って吐き、呼吸の音だけを聞くようにすると

眠りに落ち、翌朝6、7時には自然に目覚めるようになりました」。

風邪をひくことも減り、何より「朝すっきり起きて『きょうもやれる』と前向きに1日を始められます」と話す。

さらに「睡眠中に得る気づきは少なくない」と千住さん。 

ドビュッシーの「月のひかり」は宇宙をイメージして弾く。

イメージの膨らみにくいテーマだが、ある夢で「亡き母と宇宙に行きました。

私が地球へ帰ろうとすると母は『私はこっち』と反対方向へ。

その夢で懐かしく、鮮やかで美しいイメージがわっと広がった」という。

「心の底で考えていることが夢で形になるのか、わからないですが」 

「近代社会で眠りは日中の生産性や健康のためとの考え方が浸透していますが、地域や時代によって

捉え方は様々です」と睡眠文化研究会理事として睡眠と文化の関わりを調べる

立教大学名誉教授の豊田由貴夫さん=文化人類学 は解説する。

パプアニューギニアでは夢で誰かに迷惑をかけたら起床後、その相手に実際謝るという。

夢での出来事も日中と同様に重んじる考え方は、西洋近代以外の文化圏では多く

「夢のイメージをもとに歌や踊り、彫像など様々な文化を生んできました。

日中の活動のために仕方なく寝ると考えるより、楽しさもありますよね」と豊田さんは話す。

暮らしに楽しみや気づきを与える。そんな眠りの一面に光が当り始めている。

東京国立近代美術館が2月まで開催した「眠り展」は死の暗示、目覚めの期待など

東京国立近代美術館が2月まで開催した「眠り展」!

眠りの様々な側面を表示し、幅広い年代の来客者でにぎわった。

英ロンドン博物館は新型コロナウイルス渦が人々の心に与えた影響を表すものとして、

市民がこの間に見た夢を聞き取るプロジェクトを始めた。

極め付は作曲家マックス・リヒターさんのコンサート「SLEEP」だ。

会場はシドニーのオペラハウスやアントワープの聖母大聖堂。

観客はベットで眠りながら公演を聴く。

ゆったりとした低音で夜に始まる楽曲は8時間以上続き、静かに立ち昇る朝日のような明るい調べとともに、朝方締めくくられる。

なぜこんな公演を、とリヒターさんに尋ねると「無防備で夢うつつの状態で聴く音楽は、感情に訴える力が非常に強い。

そんな時自らの心と対話し、他の観客とも対話してもらう試みです」。

公演を記録したドキュメンタリー映画も3月に公開になった。

公演終了後、ある人は「子守唄の中で眠ったような優しさを感じた」という。

リヒターさんは「高度に工業化された世界に、24時間オンラインというプレッシャーも加わった。

我々は自らを生産的か、活動しているかという軸で評価しがちだが、何もしない時間にも力があるんです」という。

眠りは活動や生産ばかりを求める社会への抗議でもある。

さてあなたはどう眠りますか。   

高倉万紀子 鈴木健撮影。 日経新聞。

 

では睡眠にまつわる研究をします!

 

 

良い睡眠ってどんなもの?質を高めるために今すぐ出来る事!就寝3時間前には夕食を済ませる!

良い睡眠ってどんなもの?質を高めるために今すぐ出来る事!就寝3時間前には夕食を済ませる!温かい飲み物で眠気を促す!

 

[良い睡眠ってどんなもの?質を高めるために今すぐ出来る事]    

毎日の睡眠、しっかりとれていますか?

寝ているはずなのに元気が足りないと感じるときは「質の良い睡眠」が不足しているときかもしれません。

栄養バランス・運動習慣とあわせて、毎日の元気の源は「睡眠の質」。

睡眠の質を上げることで、スポーツや仕事、日常生活の中で様々なメリットをたくさん感じられるようになりますよ。

[「よい睡眠」3箇条]    

「寝つきがよい」「ぐっすり眠る」「寝起きすっきり」。

あなたの睡眠は3つすべて当てはまっていますか?

睡眠の質は体温調節や体内修復・成長に関連するホルモン分泌と相関関係があります。

これらは体内の代謝活動促進・自律神経のバランスを整える要素となります。

睡眠の質を向上させるほど、疲労から心身を回復させる効果があります。

肉体疲労はもちろん、脳のように目に見えない部分に蓄積した疲労を取り除くことは睡眠の大きな効果です。

成長促進・健康維持はもちろん、ダイエット・美容促進・スポーツのパフォーマンスアップなど様々な効果をもたらします。

[睡眠の質を向上させる方法]   

それではここから、睡眠の質を上げるための方法をいくつか紹介していきます。

寝る直前まで仕事やトレーニングを行っていると、交感神経が優位になり、寝付きにくくなります。

自分が取り入れやすいことから気軽に始めてみましょう!

「就寝3時間前には夕食を済ませる」    

就寝時には消化活動が終わっていることが理想的です。食事後すぐに寝てしまうと、

体は消化活動を優先するため、内臓が休息する時間が短くなります。

同じ睡眠時間でも、眠りが浅くなったり疲れが抜けにくくなったりします。

帰宅から就寝までの時間がどうしても短くなりがちなときは、消化の良いものを少量摂るだけにとどめておきましょう。

「温かい飲み物で眠気を促す」   

温かい飲み物は、内臓から体温上昇を促します。

体温が下がり始めるときに自然な眠気がおきるので、睡眠前のリズムをつくるのにおすすめです。

安眠効果を高めるためにノンカフェインのものを選びましょう。

特におすすめするのは以下の3つです。

是非試してみてくださいね。

●白湯   

胃腸に負担をかけずに、体を温めることができます。

●生姜湯    

体を温める効果のあるショウガで体の末端まで温めて睡眠の質を高めます。

市販のものは砂糖が多く配合されていることもあるので、白湯+ショウガパウダーなどの組み合わせがおすすめです。

●カモミールティー    

カモミールティーはヨーロッパで古くから不眠症対策に使われていたとされ、心身をリラックスしてくれる香りが特徴です。

カモミールティーから立つ蒸気(湯気)は鼻づまりの改善をもたらし、睡眠時に口呼吸になりやすいのを防ぎます。

交感神経から副交感神経優位へ切り替えるときにとても効果的とされています。

寝酒として一時的に眠りに入りやすくなると言われるアルコールですが、実際には睡眠が浅くなるといわれています。

さらに、利尿作用によってトイレに行く回数が増えるため、ぐっすりと眠る妨げになる場合もあります。

また、ご存知の方も多いと思いますが、コーヒーや紅茶、緑茶、栄養ドリンクなど、

覚醒作用を持つカフェインを含む飲食物は、入眠や深い睡眠の妨げとなります。

就寝前3~4時間(敏感な人は5~6時間)は避けましょう。

 

 

ぬるめの入浴でリラックス!休日の生活サイクルを整える!

ぬるめの入浴でリラックス!休日の生活サイクルを整える!適度な運動は熟睡を誘います!

 

「ぬるめの入浴でリラックス」    

熱めのお湯に長く入ることは体の覚醒を誘ってしまうため、就寝に必要な体温変化を得にくくなります。

高温のお湯は体の負担も増大するため、38度ほどのぬるめのお湯に5~30分つかってみましょう。

体をじっくり温めることで、緊張をほどきリラックス効果を期待できます。

「リラックスできる音楽を聴く」    

ヒーリングミュージックと呼ばれる、副交感神経が優位になる音楽はリラックス効果が期待できます。

川や海などの水のせせらぎ、クラシック音楽など気に入ったものを見つけてみましょう。

「朝食はしっかり食べ夕食にはタンパク質を」    

朝食は、体を目覚めさせると同時に、日中動くためのエネルギーとなります。

夕食のメニューをタンパク質中心にすることで、食べたタンパク質が体の

修復材料や良質な睡眠に不可欠なセロトニンの材料となります。

セロトニンの材料となるトリプトファンは、体内では作ることができず、食物から摂ることが必要な必須アミノ酸です。

トリプトファンを摂取すると脳内でセロトニンに分解されます。

肉や魚、卵や乳製品など必須アミノ酸を多く含む良質なタンパク質を積極的に摂取しましょう。

「休日の生活サイクルを整える」     

寝たはずなのに疲れが抜けていない、眠気が取れていないと感じたときは要注意です。

休日には2度寝、3度寝と繰り返し、夜眠れなくなるようなサイクルを繰り返していると夜型化の促進を招きます。

ウィークディに睡眠不足のまま朝早く起きなければならなくなると、さらに疲れが抜けにくくなってしまいます。

睡眠の質、そして睡眠不足による生活リズムの乱れは注意力や作業効率の低下を招くこともあるので、

運動・トレーニング中の怪我や故障の発症リスクともなりえるでしょう。

「室温・光で心地よい空間を作る」   

室温や湿度を季節に応じて調整しましょう。

暑すぎたり寒すぎたりして体温調節がうまくいかないときは寝つきが悪くなることが多くあります。

また、部屋の明るさは不安にならない程度に暗くしましょう。

朝の光とのコントラストがあるほど覚醒しやすくなります。

「自分に合った寝具選びを」   

就寝中の発汗、温度変化に対応できるよう吸湿性・放湿性の良いものに加え、体型に合ったものを選びましょう。

体のS字カーブ(後頭部~首・胸、胸~腰)がバランスよく支えられるものが快眠につながります。

枕の高さ・起きたときに首や肩が凝っている、胸の筋肉が張るなど筋肉の緊張が取れていないときは、枕と頸椎のカーブが合っていないかもしれません。

好みの高さでも、実は体に合っていないことも多くあります。

専門店で自分の首のカーブの角度を計測してもらいましょう。

敷き布団(ベットマット)の硬さ体に対して、柔らかすぎると腰痛の原因になり、硬すぎると骨が当あたって

痛く感じたり、血流が悪くなってかえって寝つきが悪くなったりする原因になります。

実際に店頭で寝て試したり、短期間のレンタルサービスなどを利用して、適度な硬さを持ったものを選びましょう。

就寝前の喫煙は避ける カフェインと同様、たばこに含まれるニコチンには覚醒作用があります。

入眠の妨げになったり浅くなったりするため、疲れが抜けにくくなってしまいます。

アプリなどを使ったリズムづくり睡眠中の状態を記録してくれるアプリや活動計などが多数リリースされています。

睡眠の深さに合わせて起きやすいタイミングでアラームを鳴らしてくれる機能など、

眠りのリズムを作りやすい手助けをしてくれます。

「適度な運動は熟睡を誘います」    

日中に運動を行うと、生活のリズムにメリハリが出て、自然な眠気から睡眠につなげることが期待できます。

そのため中途覚醒が少なくなり、熟睡することが多くなるでしょう。

動きすぎて興奮状態で眠れないときは、オーバートレーニングになっている可能性があります。

自分の生活リズムに合わせて運動強度も調整するとより深い眠りを得られるでしょう。

睡眠と運動は密接に関係します。詳しくはこちらをご覧ください。

「睡眠と運動の関係性とは?良質な睡眠で運動パフォーマンスを向上させよう!」

「質の高い睡眠で毎日を快適に」    

疲れが抜けにくいときやトレーニングの効果を感じにくいときは、今までの自分の眠りを振り返ってみましょう。

良質な睡眠でしっかり体を回復させ、トレーニングや試合に臨むと、良い結果が待っているかもしれません!

睡眠の質を高めたいとお考えの方はこちらの記事もご覧くださいね!     

glico より。

 

 

質の良い睡眠を手にいれよう!心地よく眠るための安眠・快眠方法!

質の良い睡眠を手にいれよう!心地よく眠るための安眠・快眠方法!質の良い睡眠とは、ずばり「身も心(脳)もしっかり休息できる睡眠!!

 

[質の良い睡眠を手にいれよう!心地よく眠るための安眠・快眠方法]    

質の良い睡眠とはどういう睡眠? 熟睡するためには何をどうしたらいい?

安眠・快眠方法を知ることで、質の良い睡眠を手に入れましょう。

リクエストされた URL はこのサーバーで見つかりませんでした。 その他の詳細は不明です。

良質な睡眠をあなたに ~眠りの専門店すやすや堂

「よく寝た。目覚めもすっきり!」と感じるときもあれば、

「ぐっすり寝たはずなのに、疲れが抜けた感じがしない…」ときもあります。

同じように寝ているはずなのに、何が違うの?

よく、「質のよい睡眠」という言葉も聞きますが、質の良い睡眠と悪い睡眠は何が違うのでしょうか。

[質の良い睡眠ってどういうこと?]   

 睡眠時間は同じなのに、目覚めたときの気分が違う。

その差を生む、睡眠の質って何なのでしょう?

「質の良い睡眠とは、ずばり「身も心(脳)もしっかり休息できる睡眠」

質の良い睡眠とは、ずばり「身体も心(脳)もしっかり休息できる睡眠」です。

睡眠の質には、時間以外にその深さも影響します。

レム睡眠、ノンレム睡眠という言葉をご存知の方も多いと思います。

レム睡眠(Rapid eye movement)は浅い眠りで、身体は休息できていても、

脳は活発に動いている状態で、このタイミングに目覚めるとすっきりと目覚められます。

ノンレム睡眠(Non-rapid eye movement )は深い眠りで、この段階では、

身体も脳も休息できている、いわゆる「ぐっすり」寝ている状態です。

浅い眠りから深い眠りに移行するまでに4つの段階があり、大脳を効率よく休ませるためのメカニズムが存在します。

ノンレム睡眠の状態では、起こされてもなかなか起きられず、脳がすぐには覚醒できないため、寝ぼけたりします。

ヒトの睡眠周期は、ノンレム睡眠からレム睡眠の終わりまで約90分。

この周期を4~5回繰り返し、徐々にレム睡眠の割合が増え、朝を迎えます。

身体だけでなく脳の休息のために、身体のメカニズムに添って、その人に合った無理をしない生活を送ることが大切です。

1日の約3分1を占める睡眠時間。ぎりぎりまで寝ていても目覚めがすっきりせず、起きてすぐに朝食も摂らずに、慌てて会社や学校に行く。

頭がしっかり回らないうちに始まる仕事や授業で疲れてしまう。その日の気分もスッキリしないまま帰宅。

こんな毎日を過ごしていると身体にも脳にもストレスが溜まり、身体のどこかに痛みが出たり、憂鬱な気分になったりすることもあります。

身体的にも精神的にも健康でいるためには質の良い睡眠はとても重要です。

「質の良い睡眠を手に入れる快眠方法を知りたい」  

夜はぐっすり熟睡して、朝にはすっきり目覚めたい!

でも、忙しい毎日を送っていると、なかなか思うようにいかない…。

快眠方法を知りたい人が多く、快眠グッズの売れ行きが好調ということは、それだけ質の良い睡眠を求めている人が多いことの証です。

なぜ、快眠できない人が多いのでしょう?

「快眠を妨害しているものってなんなの?」   

良い睡眠を得るために必要なのは、良い睡眠環境と、寝る前に心と体を落ち着けてリラックスできていること。

でも、仕事や勉強、育児、人間関係など私たちの頭を悩ます出来事はたくさんあります。

それだけでなく、暑さ寒さ、湿度、騒音など外部からの影響を受けることもあります。

自分が不快に感じていることは何かを考えて、できる限りそれを改善することが快眠へと結びついていきます。

 

 

起きる時間でリズムを作ろう!


しっかり安眠・熟睡する方法!夏も、冬も快眠には気温が大切!睡眠のリズムを作る!朝をすがすがしい気持ちでむかえられますように!

 

[しっかり安眠・熟睡する方法]     

安眠・熟睡するためにできること、一つずつ考えていきましょう。

「食事やアルコールはお早めに」    

お腹がすいていると、なかなか眠れない。

それにおなかがいっぱいになると眠くなる。

だからといっておやすみ前に食事をとると、胃腸に血液が集まるので頭がボーッとして眠くなるのですが、

胃や腸が活動するので、たとえ眠れたとしても、眠りが浅くなり、熟睡できませんし、消化のためにもよくありません。

またアルコールの量が増えると、睡眠後半に浅い眠りが増えてしまい、夜中に目覚めやすくなります。その結果睡眠の質が悪くなってしまいます。

食事や飲酒は寝る2~3時間くらい前に終わらせておくことをおすすめします。

食事の時間が遅くなってしまった、お腹が空いてどうしても眠れないときなどは、うどんやお粥といった

消化の良いものを食べるか、ホットミルクを飲むなど、胃腸に負担をかけないものにしましょう。

「夏も、冬も快眠には気温が大切」    

夏の夜更けに汗だくで目が覚めたり、冬の寒さに夜中に布団をかけなおしたり。

快適な室温でないと、朝までぐっすり、快眠するのは難しくなってしまいます。

また季節によって快適と感じる気温は変わります。寝室は常に自分が心地よいと感じる気温に設定するようにしましょう。

ただし、パートナーや家族と寝ていると、心地よいと感じる気温が違って、暑かったり寒かったりします。

そういう時は、パジャマや寝具で調整しましょう。

「寝室の明るさを調整する」   

人間の体は夕焼けに近いオレンジ色の照明の下では、眠るための準備を始め、朝起きたときに

太陽の光を浴びると、脳や体が活性化して活動の準備を始めるといいます。

寝る部屋が明るいと目を閉じていても、光を感じ、脳が時間を勘違いしてしまい、体内時計が乱れてしまいます。

寝るときはオレンジ色の間接照明にしたり、できるだけ部屋を暗くして、眠れそうだなと

思ったら、あるいはタイマーを使ってライトを消す。それだけでもかなり熟睡できます。

「パジャマ・寝具にこだわる」   

眠る時に毎日パジャマに着替えることで、それが習慣化し、自然に眠気がやってきます。

そんな大事なパジャマはできるだけゆったりとして、締めつけのないものを選びたいもの。

だからといって身体に合わない大きすぎるものを選んでしまうと、寝返りなどを打つたびに、よじれて、かえってしめつけの原因になってしまうことも。

ゆったりめでも、身体にあったものを選びたいですね。

また、朝までぐっすり眠るためには、寝具の寝心地も重要。自分の好みにこだわって選んでください。

寝具やパジャマは、素材や機能も豊富にあるので、季節ごとにあったものを選ぶと、夏の暑さ対策、冬の寒さ対策にもなります。

寝心地や肌触りの良い寝具に触れる、包まれるだけで、ほっとします。それだけでもかなりリラックスできちゃいます。

「呼吸を整える」   

呼吸と睡眠の関係はとても大きいものがあります。

口呼吸はイビキ原因となりますし、のどが乾燥し、自分自身にも、一緒に寝ているパートナーにもメリットがありません。

歯や舌、あごの力を抜き、歯を食いしばらないようにしながら、口を閉じて鼻でゆっくり大きな呼吸をすることが大事です。

「睡眠のリズムを作る」   

毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きる規則正しい生活は、身体のリズムも整い、質の良い睡眠につながります。

でも、仕事やプライベートの予定などで、毎日同じ時間にきちんと寝るというのは難しい…。

だから、就寝時間にあわせて、起床時間を変えて、睡眠時間を確保するという方も多いのではないでしょうか。

この方法では、かえって寝つきが悪くなり、睡眠の質も悪くなってしまいます。

規則正しい生活にするためには、まず朝は毎日、同じ時間に起きる習慣を身につけること。

自然なリズムを作ることで、自分にあった睡眠がとれるようになり、睡眠の質があがっていきます。

[安眠・快眠グッズやお気に入りの寝具で良い眠りをサポート]    

あなたの快眠をサポートしてくれる、安眠・快眠グッズや寝具、取り入れてみませんか?

「安眠環境を簡単に実現してくれるグッズ」   

同居している家族がいたり、あるいはお部屋の間取りの都合で、睡眠環境をなかなか

理想の状態に近づけられないなら、こんなグッズはいかがでしょうか? 

目元をやさしく温めながら心地よい眠りへ。

「寝心地が良い自分に合った寝具とは?」   

包み込まれるような低反発マットレスのやわらかさが気持いい人も、適度に反発して

寝返りもうちやすい、高反発マットレスの弾力性が気持いいという人もいます。

寝心地がいいと感じるポイントはひとそれぞれ。

お気に入りの寝具を用意すれば、寝ることが楽しみにも、リラックスにもつながります。

「肌触りを左右するカバーは、素材や機能にこだわって」  

直に接するものだから寝具を包むカバー類にもこだわりたいもの。

部屋干し対応のカバーなら、梅雨時や花粉の時期の部屋干しでも、

抗菌防臭機能+生乾き臭の元となる菌の増殖抑制機能で、臭いが気になりません。

吸汗、速乾のシーツなら、蒸し暑い夏の夜の寝汗対策におすすめ。

寝苦しさを抑え、朝まで快適に眠れます。

また、人は寝ている間にかなりの量の汗をかきます。

できればこまめな洗濯で、いつも清潔にしておきたいですね。

「パジャマにもある快適機能」    

パジャマと一口にいっても、素材がいろいろあります。

夏の暑い時期は汗を吸って、一晩中快適、綿100%のパジャマがおすすめ。

サッカー生地のものなどは、肌にべとつかず、寝苦しい夜も快適です。

洗濯にも強いので、こまめに洗濯して、いつでも気持ち良い眠りに。

ちょっと贅沢、シルクのパジャマは、その保湿性、保温性からセレブにも人気。

肌触りもよく、肌が敏感な方でも安心です。夏は涼しく、冬はあったかな優秀素材。

冬の寒い時期は、フリース素材のパジャマなら、布団に入った時に、ひやっとせず朝までぬくぬくで眠れます。

[朝をすがすがしい気持ちでむかえられますように]    

今回は、心も身体もリフレッシュできるよう、毎日の睡眠の質をあげるためにできることをまとめました。

眠れなくて困っている、眠りに就くための方法をお探しの方はこちらの

記事へ熟睡できた朝は、目覚めもすがすがしく、一日を活動的に過ごせます。

そうした一日を送ることで、夜また気持ちよく眠れる。

そんな毎日が早くあなたにおとずれますように。

※記事内容については 丞心堂鍼灸院 副院長 土 彩貴 先生に監修いただきました。 

※文中睡眠グラフについては、『好きになる睡眠医学 第2版』著者 

すなおクリニック 院長 内田 直先生 並びに、出版社 株式会社 講談社に許諾を得て、掲載しています。   

cecile より。

 

 

寝る部屋は暗い方が、身体も休息しやすいんです!


私は早朝散歩に備えて、夜の8時半には寝るようにします――そして翌朝に起きるのは2時半です!神社の階段を580段は健康に大変良い!

 

今日のまとめ。

生まれた時から毎日、誰もが眠りに落ちる。

あなたは最近、よく眠れていますか?

身近な生活習慣にもかかわらず、睡眠は科学的にもまだまだわからないことばかりだという。

自分のとって、良い眠りとはなんなのか。

わからないからこそ、深く見つめ直したい。

そんな試みは睡眠研究から、一晩眠りながら生演奏を聴くコンサートまでに広がっている。

「どう眠れば」解に近づく!

「睡眠はわからないことばかり。

人はなぜ眠るのかという基本的な問いすら未解決なのです」! 

心と対話、得られる気づき!

近年、朝方か夜型かは遺伝子で決まるという研究が次々発表されている! 

良い睡眠ってどんなもの?質を高めるために今すぐ出来る事!

就寝3時間前には夕食を済ませる!温かい飲み物で眠気を促す! 

ぬるめの入浴でリラックス!

休日の生活サイクルを整える!

適度な運動は熟睡を誘います! 

質の良い睡眠を手にいれよう!

心地よく眠るための安眠・快眠方法!

質の良い睡眠とは、ずばり「身も心(脳)もしっかり休息できる睡眠! 

しっかり安眠・熟睡する方法!

夏も、冬も快眠には気温が大切!

睡眠のリズムを作る!

朝をすがすがしい気持ちでむかえられますように!

今日は睡眠について研究してきました。 

睡眠はとても大事です!

人生を楽しくするのも、良い睡眠を取ることから得られます。 

私は早朝散歩に備えて、夜の8時半には寝るようにします――そして翌朝に起きるのは2時半です!

腰の痛みがあるため早めに起きて、ストレッチと四つ玉で腰回りをじっくりと

養生してから、新聞を読み、やがて4時半には散歩に出かけます。

そして神社の階段を580段登り、その後散歩をして家に帰るのは6時過ぎです。

これが私の健康法で、10年近く続いています!

以前は走っていましたが今は、もう走れないのでこの早朝散歩が私の元気に源です!

夜の眠りはまずまずよく眠れていると思います! 

自分の健康法は自分で見つけましょう!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。