素朴なドルチェが結ぶ縁!セアダスはおろしたペコリーノチーズをかけて!サルディニア島に欧州最古のドルチェと言うスイーツが!

Pocket

フックら黄金色のセアダスは、おろしたペコリーのチーズをかけて!


素朴なドルチェが結ぶ縁!セアダスはおろしたペコリーノチーズをかけて!サルディニア島に欧州最古のドルチェと言うスイーツ!が!

 

地中海に浮かぶイタリア・サルディニア島に「欧州最古のドルチェ」として親しまれるスイーツがある。

小麦粉などで練った生地にチーズで挟んで油で揚げる素朴で愛らしい「セアダス」だ。

東京・自由が丘の希少な専門店「セアダスフラワーカフェ」で味わった。

「チーズが固くなるので、すぐに食べるのが一番美味しいですよ」。

オーナーの花田豊良さん60 おすすめの「コルベッツオロはちみつのセアダス」税抜き1800円 

は直径10cmほどの丸い黄金色の生地に、コルベッツオロ=西洋ヤマモモ 

から取れる濃いべっ甲色のハチミツがたっぷりかかる。

熱々の生地にそっとナイフを入れると、中から塩けのある羊乳のペコリーノチーズがとろり。

「ペコリーノ・サルド」と呼ばれるサルディニアの名産品だ。

サクッとした生地の食感や、ハチミツの特徴的な苦味や甘味と絶妙に絡み合う。

島で昔から用いられるコルベッツオロのハチミツは粘度がとても高く、濃厚だ。

そのまま口にすると甘みの前の強い苦味に驚かされるが、セアダスにかけると熱で苦味の角が取れて味わいをもたらす。

生産量が少なく日本では手に入りにくいが「どうしても欲しかった」という花沢さんは島から直接取り寄せている。

「サルディニアでは大人たちはワインと合わせます」との言葉に誘われ、試してみた。

セアダスには甘いデザートワインを合わせることも多いが、進められたのは

セアダスには甘いデザートワインを合わせることも多い!

琥珀色をした白ワイン「ヴィルナッチャ・ディ・オリスターノ」だ。

酸化熟成という珍しい手法で作られる複雑な味わいのワインで

島では名産品のカラスミや、デザート、チーズと楽しまれる。

昨年始め現地のワイナリーで「コルベッツオロとの

相性の良さを聞いた花沢さんは「色気が加わり、引き立て合う。

この組み合わせは答えが出たね」と満足顔だ。

シンプルなセアダスは「飾り気のない引き算の料理」。

材料や作り方、どこか手を抜くとすぐにわかってしまうという。

破れやすい生地をサクッとあげるため、

油を上から均等にかけ続ける工程は7分間つきききりだ。

「サルディニア島でセアダスは5000年の歴史があると言われています」

と花沢さんは教えてくれた。

島の中央部に点在する数千年前の巨石遺跡「ヌラーゲ」にも焼いて食べた痕跡が残るという。

古くから欧州や中東、アフリカの様々な民族に代わる代わる征服され、

異文化の影響を受け続けた島で、セアダスは歴史をつないできた。

花沢さんがセアダスと出会っとのは東京都内の

サルディニア料理店。50歳を過ぎた頃だ。

花沢さんがセアダスと出会っとのは東京都内のサルディニア料理店!

イタリア本土は何度も訪れていたが、

初めて渡った島で今も続く味に「本物のを見つけた」。

素朴な姿や歴史にも姿を動かされた。

作り方を島のシェフや家庭のママ=お母さん に学び、2013年に店を開いた。

若い頃ケーキ店やパン店で働いた経験もあり、パートナーの岡部亜紀子さん47 と

島を毎年訪れてはレシピを研究し、

マンマ直伝の食事系のメニューなども加えてきた。

島を知るほどに歴史の重みと島の人の誇りも感じる。

現地の新聞には「東京に”セアダス専門店”?」

などと驚きをもって報じられた。

店には日本在住者だけではなく現地からも島の人が訪れ、

店内の白い壁は感謝の書き込みでいっぱいだ。

「うちのマンマにも習いに来て」と連絡も相次ぎ、

「日本よりもサルディーニアで知られているんです」と岡部さんは笑う。

コロナ渦においては、島へのエールが評判となった。

イタリア全土がロックダウン=都市封鎖 した昨年春先、花沢さんは店の

フェイスブックに「Fora=頑張れ」の言葉とともに、

島の人や景色を描いたイラスト約150枚を順次アップした。

すると、地元紙が再び何度も取り上げ、見知らぬ人からもメセージが届いた。

「大事なものがいっぱいある島なんです。

海は綺麗で、中央には山と羊。多様な文化が交錯し、

人も分け隔てなくおせっかいで優しいんんですよ」と花沢さん。

19年には日本在住の島出身者で作る「日本サルディニア協会」の事務所が店に移り、

島のアーティストの演奏会を行うなど伝統・文化の発信拠点にもなっている。

素朴なドルチェの結ぶ縁は、海外との縁が薄れる今も潤いをもたらしている。 

 

素朴なドルチェの結ぶ縁は、海外との縁が薄れる今も潤いをもたらしている!

日経新聞 小沢一郎 竹邨章撮影。

 

ではドルチェとセアダスについて詳しく調べます。

 

 

揚げたセアダス!


セアダス・サルデーニャの伝統的なデザート!ペコリーノ・サルドを詰め物として入れる!!

 

セアダス(Seadas)あるいはセバダス(Sebadas)はサルデーニャの伝統的なデザートである。

ふつうは直径8~10センチほどある大きなセモリナのダンプリングにペコリーノ・サルドの

チーズとレモンピールあるいはゼストを詰め、

たっぷりの熱したオリーヴオイルかラードで揚げたものである。

蜂蜜や砂糖、あるいは塩をかけて食べる。 

揚げたセアダス。

原語の単数形は「セアダ」(seada)あるいは「セバダ」(sebada)である。

日本語では複数形に基づく「セアダス」という表記も多い。

[材料]   

セアダスの生地

これがセアダスの生地!   

セモリナで作った生地を、大きめのラビオリに似た丸い形に整える。

中には、主にサルデーニャの羊であるサルダ種の

羊乳から作ったペコリーノ・サルドを詰め物として入れる。

チーズはペコリーノ・ロマーノやリコッタを使うこともある。

チーズはレモンのピールあるいはゼストで味付けする。

オリーヴオイルなどで表面が黄金色になるまで揚げ、

鍋から出して熱いままデザートとして出す。

油はラードなどを用いることもある。

蜂蜜と粉末グラニュー糖をかけて食べる。  

ウイキぺディア。

 

 

これが伝統菓子’’セアダス”です!

伝統菓子’’セアダス”をご存知でしょうか?!素敵すぎる「セアダスフラワーカフェ」!

 

[世界最古のデザートを味わえる!

自由が丘の「セアダスフラワーカフェ」とは]    

イタリア・サルデーニャ島のヨーロッパ最古のデザートと

言われている伝統菓子’’セアダス”をご存知でしょうか?

サルデーニャ島でしか食べることのできない”セアダス”を自由が丘の

セアダスフラワーカフェ」というカフェで味わうことができるのです。

スイーツ好き必見です。

[’’セアダス”とは]    

‘’セアダス”という食べ物をご存知でしょうか?

”セアダス”とは、イタリアの地中海に浮かぶ

サルデーニャ島に5000年前から存在する

ヨーロッパ最古のデザートと言われています。

セアダスはサルデーニャ島に5000年前から存在するヨーロッパ最古のデザート!

紀元前3000年発祥と思うとかなり長い歴史で、世界最古と言われることも。

自家製生地に2種類のチーズを挟んで揚げ、たっぷりの

ハチミツをかけた熱々のでデザートで、ワインとの相性が最高です。

サルデーニャ島でしか食べることのできない伝統菓子を、

なんと東京都にある自由が丘で本格的に味わうことができるのです。

サルデーニャ島に行かなくても、まるで気分はイタリアです!

[「SEADAS FLOWER CAFFE(セアダスフラワーカフェ)」]    

「セアダスフラワーカフェ」は自由が丘から徒歩5分程度の

ところに位置し、外国のような雰囲気が漂っています。

先ほど紹介したサルデーニャ島の伝統菓子

’’セアダス”とオリジナルのハンドメイドリースの専門店です。 

テラス席もかなり素敵ですよね。

天気の良い日には、テラス席でのんびりとランチやセアダスを楽しむことがおすすめです。

開放的で、日常の忙しさを忘れさせてくれます。

[気になる’’セアダス”のお味は…]    

中を割るとほぼ空洞ですが、 チーズがとろりと溶け出して蜂蜜との相性が抜群です。

チーズと蜂蜜のコンビネーションは最強ですよね。

蜂蜜は有機ハチミツであったり、チーズも蜂蜜もサルデーニャ島産で

あったりと、かなり本場に近い味わいなんだとか。 

甘い系のものからおかず系のシアダスがあり、メニューは豊富。

お値段は1000円~1500円程度で、

甘めのデザートワインと一緒にいただくのが、本場の楽しみ方です。

また、ワインが苦手な方も有機コーヒーなどもあるので、楽しめます。 

熱々サクサクの生地に包まれたとろとろチーズ。

熱々サクサクの生地に包まれたとろとろチーズ!

考えただけで幸せですよね。

ほどよい蜂蜜の甘さがたまりません。

ヨーロッパ最古のデザートを食べてみたくなりませんか?

[あの川越シェフも絶賛!] 

川越シェフも「中のチーズの良さ、生地の厚み!

  川越シェフも「中のチーズの良さ、生地の厚み。これぐらいがいいと僕も思いました。

使っているハチミツも、すごくコクがあるのに、サラッとキレのあるおいしさ。

人に言いたくなるメニューですね」と大絶賛し、100点満点に近い99点と評価したんだとか。

ますます気になります。

[リースも素敵すぎる!]    

また、セアダスだけではなく、リース専門店でもあります。

店内撮影NGで伝えることはできませんが、お店の前の瓶でできたリースもかわいすぎます。

お花にとらわれず、テーマに合わせた素材で作ったリースの専門店で、

ユニークでかわいいリースがたくさん置いてあります。

ずっと眺めてしまうくらい、見ていて楽しめます。

[いかがでしたか?]    

自由が丘で世界最古のスイーツを手軽に楽しめるなんてステキですよね。

チーズ好きの方にはぜひ食べてもらいたいです。

以上、素敵すぎる「セアダスフラワーカフェ」についてでした。    

RETRIP より。

 

 

ドルチェとは?!イタリア語で、甘いお菓子全般!

ドルチェとは?!イタリア語で、甘いお菓子全般!日本では高級感のある甘い洋菓子を指す!

 

[デザート・スイーツ・ドルチェの違いって何?]    

日本では、甘い食べ物を「甘味」と呼ぶことがあります。 

そして、今や日本語になりつつある「デザート」「スイーツ」「ドルチェ」なども同じように

甘いものを指すことが多いですが、もともとの意味や内容が少しずつ異なるのをご存じでしょうか。 

この記事では、よく似ているけど微妙に違う「デザート」「スイーツ」「ドルチェ」の違いについてまとめました。  

[デザートとは?]    

デザートとは、食事の最後に出てくるお菓子や果物のことです。 

もともとは、フランス語の「dessert(デセール)」が語源で、

これの英語読みが「dessert(デザート)」になります。

日本で「デザート」といえばケーキや果物などのイメージですが、ナッツなどが提供されることもあるそうです。

[スイーツとは?]   

スイーツ(sweets)はイギリス英語で、本来は子ども向けのアメやガム、グミなどの甘いお菓子を意味します。

一方、日本では、大人向けのちょっと高級な洋菓子を指す言葉として浸透しています。

最近では「コンビニスイーツ」など、身近な洋菓子にもよく使われています。

こちらは、日本でいう「甘味」とほぼ同じ意味と考えていいかもしれません。

[ドルチェとは?]    

ドルチェ(dolce)はイタリア語で、甘いお菓子全般を指します。 

また、「甘い・やさしい・やわらかい」という意味もあり、女性に対する誉め言葉として使われることもあります。 

ドルチェには、パンナコッタやジェラードなどのほか、

パネトーネ(パンの一種として分類されることもあるクリスマスのお菓子)なども含まれます。

ドルチェとは日本ではちょっと高級感のある甘い洋菓子を指すことが多いです!

[デザート・スイーツ・ドルチェの違い]  

デザートは、食後に食べるお菓子や果物のことで、ナッツなど甘くないものも含まれます。 

ただし、デザートは基本的に食事とセットで、食事とは別に単独で食べる「おやつ」はデザートと呼びません。

スイーツは、イギリスでは子ども向けのアメ・ガム・グミなど駄菓子のようなものを意味しますが、

日本ではちょっと高級感のある甘い洋菓子を指すことが多いです。 

そしてデザートとは異なり、食後だけではなく「おやつ」として食べることもあります。 

ドルチェは、イタリア語で甘いお菓子全般を指します。 こちらも、食べるタイミングは食後に限りません。 

なお、「ドルチェ」は女性への誉め言葉として使われることが多いので、

イタリアの方と話をする際には意味を取り違えないようにしなければなりません。

[まとめ]    

デザートは、食後に食べるお菓子や果物のこと。甘いとは限らない。  

スイーツは、日本では高級感のある甘い洋菓子を指すことが多い。 

ドルチェは、甘いお菓子全般を指す。女性への誉め言葉としても使われる。

食後であれば、どんなものでも「デザート」でOKです。

それが甘い洋菓子であれば、「スイーツ」でも大丈夫です。 

ドルチェは、イタリアの甘いお菓子以外に使うと「違う!」

といわれる可能性があるので、自信があるものだけに使うようにしましょう。

キニナルネット より。

 

 

熱々の生地にそっとナイフを入れると、中から塩けのある羊乳のペコリーノチーズがとろり。


コルベッツオロはちみつのセアダスには・大人たちはワインと合わせるそうで気になります!!

 

今日のまとめ。

地中海に浮かぶイタリア・サルディニア島に「欧州最古のドルチェ」として親しまれるスイーツがある。

小麦粉などで練った生地にチーズで挟んで油で揚げる素朴で愛らしい「セアダス」だ。

チーズが固くなるので、すぐに食べるのが一番美味しいですよ。

コルベッツオロはちみつのセアダスには、 丸い黄金色の生地に、

コルベッツオロ=西洋ヤマモモ から取れる濃いべっ甲色のハチミツがたっぷりかかる。

熱々の生地にそっとナイフを入れると、中から塩けのある羊乳のペコリーノチーズがとろり。

「ペコリーノ・サルド」と呼ばれるサルディニアの名産品だ。

サクッとした生地の食感や、ハチミツの特徴的な苦味や甘味と絶妙に絡み合う。

「サルディニアでは大人たちはワインと合わせます」との言葉に誘われ、試してみた。

セアダスには甘いデザートワインを合わせることも多いが、

進められたのは琥珀色をした白ワイン「ヴィルナッチャ・ディ・オリスターノ」だ。

「サルディニア島でセアダスは5000年の歴史があると言われています」と花沢さんは教えてくれた。

セアダスはサルデーニャの伝統的なデザートである。

ふつうは直径8~10センチほどある大きなセモリナのダンプリングに

ペコリーノ・サルドのチーズとレモンピールあるいはゼストを詰め、

たっぷりの熱したオリーヴオイルかラードで揚げたものである。

蜂蜜や砂糖、あるいは塩をかけて食べる。

 

サルデーニャ島でしか食べることのできない”セアダス”を自由が丘の「セアダスフラワーカフェ」というカフェで味わうことができるのです。

スイーツ好き必見です。サルデーニャ島に行かなくても、まるで気分はイタリアです!

サルデーニャ島の伝統菓子’’セアダス”とオリジナルのハンドメイドリースの専門店です。’’セアダス”のお味は…   

中を割るとほぼ空洞ですが、 チーズがとろりと溶け出して蜂蜜との相性が抜群です。

チーズと蜂蜜のコンビネーションは最強ですよね。

ドルチェとは?  ドルチェ(dolce)はイタリア語で、甘いお菓子全般を指します。  

ドルチェには、パンナコッタやジェラードなどのほか、

パネトーネ(パンの一種として分類されることもあるクリスマスのお菓子)なども含まれます。 

なお、「ドルチェ」は女性への誉め言葉として使われることが多いので、

イタリアの方と話をする際には意味を取り違えないようにしなければなりません。

今日はイタリアサルディニア島のドルチェとセアダスについて研究してきました。

ドルチェは欧州最古のスイーツとして親しまれる。

一方、セアダスは丸い黄金色に生地に西洋ヤマモモから取れるハチミツがタップリかけられる!

サルディニアでは、大人たちはワインと合わせるそうで気になります!

セアダスは甘いデザートと合わせるのが多いようです!

今日はサルディニア島のドルチェとセアダスについて勉強できて良かったと思っています!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。