私だけの椅子を求めて!my own chair!便利快適だけでなく心も満たす!

Pocket

私だけの椅子を求めて!便利で快適なだけでなく心も満たす!

私だけの椅子を求めて!my own chair!便利で快適なだけでなく心も満たす!

 

在宅勤務が急速に広がり、日本人が家で椅子に座る時間がかつてなく長くなっている。

会社支給の椅子から離れた時、自分はどの椅子に座るのか。

多くの人が改めて考え、十人十色に椅子を選び直し始めているという。

日本における椅子生活の歴史は浅い。

欧米の真似をするのが心がいっぱいの時期もあった。

しかし椅子に対する目は次第に洗練され、便利で快適なだけでなく心も満たすものとして付き合いを深めている。

50年間使い続けられたノルウエーのファルコンチェアー!

これがハンス・ウエグナーの代表作「Yチェアー」!

ハンス・ウエグナーの代表作「Yチェアー」!

これが座面の素材や木材の種類などが自由に変えられるアクタス「スープアームチェア」!

座面の素材や木材の種類などが自由に変えられるアクタス「スープアームチェア」!

バウハウスの流れをくむ独テクタ「B17チェア」!

オフィスチェアの代表格、米ハーマンミラー「アーロンチェア」

 

 

これがノルウエーのファルコンチェアーです!


より快適に座るのは!my own chair!

 

慣れない在宅勤務。

食卓の椅子で長時間働いた腰が悲鳴を上げ、オフィスチェアを購入する人が増える――-ありそうな話だ。

「確かにオフィスチェアも人気ですが、実際に売れた椅子は思った以上に多種多様でした」と東京・新宿の家具店アクタスの担当者は話す。

例えば前年の倍売れて早々に入荷まで数ヶ月待ちとなったのは、昔の靴職人の仕事椅子を基にした「シューメーカースツール」。

背もたれもないスツールは座り仕事には不向きに見える。

だが座ってみると、お尻に合わせて丸く削られた座面が体にフィットして疲れにくい。

お尻の形に合わせて座面を削っていたというデンマーク製のシューメーカースツール。

他にも独テクノ社椅子はパイプ脚のたわみが心地よい。

名作椅子の代表格「Yチェア」や、座面や木材の種類を自由に選べる椅子も人気だという。

自分の生活や体になじむ椅子をそれぞれ選んだ結果、人気が分散したと言えば当然のようにも聞こえる。

しかしこんな椅子の選び方が広まったのは近年のこと。

そもそも日本の一般家庭へ椅子が普及したのは、、戦後になってからだ。

1955年設立の日本住宅公団がいわゆる「DK」の間取りを採用。

寝室とは別に椅子を置くことを想定したダイニングを設けた「食寝分離」の家が急速に増えていった。

「自分たちの生活になじむ椅子をつくろう。

そんな思いはその頃のデザイナーの間にはあったんですよ」と

当時から第一線の椅子職人として活躍する宮本茂紀さんは振り返る。

デザイナーの豊口克平さんによると63年発売の「スポークチェア」は

和風の調度に調和するすっきりした雰囲気だ。

座面を低くすることで畳に座った人と同じ目線を保てる!

座面を低くすることで畳に座った人と同じ目線を保て、

椅子に慣れていなくてもあぐらをかいて座れるよう座面は広い。

「でもそいう提案は復旧しなかったし、作る側からも『日本にあったものを』という

意識は薄れていった」と宮本さん。

スポークチェも72年には廃盤となった。

70年代を迎える頃には日本も豊かになってきた。

優美な曲線や緻密な曲線で彩られた西洋の伝統的な椅子は憧れの存在だったが「欧州あたりの専門誌を見て、

本格的な椅子を作ってみたいという気持ちが強くなっていた」と家具王手マルニ木工の社史は記録する。

ロココ調をモチーフに同社が68年に発売した猫脚の「ベルサイユシリーズ」は家具史に残るヒットとなる。

多い時には月1万脚近くが売れ、勢いは20年も続いた。

「若い夫婦が月賦で買っていた」マルニ木工。

ダイニングチェはテーブルとセットの4脚など、ソファーもテーブルと合わせた応接セットだ。

売り手が提案するものを皆がそろって頑張って買う、そんな時代が続いた。

だがその流れは2000年ごろから少しずつ変わってきた、と見る向きが多い。

18年にオープンした東京・新宿の「『腰の椅子』Awazaギャラリー」は、日本人の体つきに合わせて椅子を設計し、

さらに高さや奥行きのサイズなどを購入者の体に合わせて調整する椅子専門店だ。

「長く家にいるうちにどんどん椅子が自分に合っていない気がしてきて」と話す女性客に「足がしっかり床につくものがいいですよ。

こちらは座面41cm。

隣は1cm高いので試してください」と代表でデザイナーの井上昇さんが薦める。

「多いのは一脚だけ買うお客さん。

椅子は人数分をテーブルとセットで買うものではなく、一人一人が体や暮らしに合わせて選ぶものになってきました」と井上さんは話す。

テーブルを囲む椅子が全部違うデザイン、という家も増えてきたという。

一度は廃盤となったスポークチェアも95年に「新しい時代の和風の主張」として復活し、2000年代に入って以降はそれまでの倍以上売れるようになった。

これが豊口克平さんデザインの天童木工のスポークチェアです!

一人一人が自分の目で椅子を選ぶようになった日本人は、今また、新たな局面に入っている。

「『食寝分離』の次は『食寝分離』が課題となる」と空間デザインが専門で千葉工業大学教授の橋本郁子さんは話す。

「働くための椅子は食卓椅子とは別に用意した方がいい」。

難しいのはこれまで手本としてきた西洋も働く椅子については正解を持っていないということだ。

ノルウエーの著名デザイナー、ピーター・オプスヴィック氏は著書で「現代の事務椅子は座り仕事の労働者ではなく

中産階級の食卓椅子をモデルとしており、長時間座るのには適していない」と解説する。

自分の好みの椅子を選んでも、それだけで問題は解決しない。

「長時間座るのに完璧に合った椅子はないですよ」と椅子研究で知られる武蔵野美術大学名誉教授の島崎信さんは話す。

「でも途中で立って姿勢を変えたりクッションを挟んだり、工夫すればずいぶん快適になる。

うまく付き合ううちに体も慣れるし、椅子への愛着もわきますよ」。

椅子の選び方になじんだ先に、日本人は椅子との付き合い方を考えるときに来たようだ。

 

 

持ち主の心も支える!

持ち主の心も支える!my own chair!

 

「大臣の椅子」といえば、意味するのはもちろん椅子ではなく大臣の職そのものだ。

「椅子を見るとその持ち主が想像できることから、椅子は道具の域を超えて持ち主の

象徴という役割を持つようになったんです」と武蔵野美術大学の島崎さん。

だからこそ人は時に、椅子の特別の愛着や感慨を持つ。

吉田茂の懐刀、白洲次郎は吉田が生前使っていた椅子を引き取り、皮が破れかけても愛用したという。

そろそろ張り替えてはと、椅子職人の宮本さんはある時尋ねた。

「吉田さんの汗が染み込んだ椅子を張り替えるとは何事だと叱られましてね。

同じ皮のままつ使い続けられるように一旦皮を剥がして裏打ちをして補修しましたよ」。

1980年ごろの話だったろうかと、宮本さんは振り返る。

思い入れのある椅子を使い継ぐ文化は欧州には根付いているが、当時の日本では珍しかっただろう。

だが椅子生活が定着し、こうした文化は日本でも広がってきた。

東京・目黒「Vise」に入るとミッドセンチュリーの名作椅子やクラシックなビロードソファーが並ぶ。

一見おしゃれなアンティーク家具だが、12年のオープン以来ここでは売っていない。

「むしろこれから求められる家具を見直す店なんじゃないかと思ったんです」と代表の西原弘貴さんは話す。

「50年くらい前に買った家具をご本人やお子さんが直しに来る例が増えています」と西原さん。

店では張り替えだけの補修ではなく、テーブルのサイズを部屋に合わせて作り替えたりと、家具を使い継ぐ相談に応える。

さいたま市の建築士、長嶺麻衣子さんは今年に入り、軽井沢に別荘で愛用する革張りのラウンジチェアを西原さんに補修してもらった。

購入して、50年土台の木まで裂け始めたが「できるだけ元の雰囲気のまま補修してもらえないかと相談したんです」。

裂け目は特殊な材料で接着、欠けた部分は似た材料の木を埋め込み、最大限原型を残した全体補修が行われた。

椅子はもともと永峰さんの祖父のものだった。

幼い頃学校から帰ると、仕事を終えた祖父は椅子に横たわり庭を眺めていた。

祖父の死後、椅子は父が受け継ぎ軽井沢の別荘に移された。

父もまたテラスで眼前の緑を見上げながら、コヒーを片手に椅子と共にあった。

今また自分もしばしば別荘を訪れ、仕事のことなどつらつら考えながらこの椅子に身を沈める。

「祖父も父もいろんな悩みと共にこうやって心を鎮めていたんだな、自分も年をとるにつれしみじみ思うんです。

元気だった祖父や父を一番近くに感じさせてくれるのがこの椅子なんです」。

座るための道具にとどまらない、椅子との深い関係。それは使い継がれた椅子との間にあるわけではない。

「生まれてくれてありがとう 君の居場所はここにあるからね」――-。

こんなメッセージとともに送られる椅子がある。

元北海道副知事の磯田憲一さんを中心にした「君の椅子」プロジェクトは、

子供が生まれた際にその子の名前を入れた椅子を職人に手作りしてもらう取り組みだ。

自治体が地域で誕生した新生児に贈ったり、個人が自分の子や孫に注文したりする。

「赤ちゃんの頃から自分の椅子だって意識があったみたい。

常に生活の一部でした」。

東京都内に住む中西晴香さんの長男、創一朗君6 と弟の悠二朗くん3 は晴香さんの父からこの椅子を贈られた。

この兄弟が創一朗君6才 と弟の悠二朗くん3 才!

絵を描くとき、テレビを見るとき、兄弟の定位置はそれぞれの「君の椅子」だ。

そんな椅子が昨年、1ヶ月ほど家から消えた。

かんしゃくを起こした創一朗が座っていた椅子を投げ、座面から真っ二つに割れてしまったのだ。

「びっくりしたし悲しかった。

しばらく僕の椅子を借りたりしたんだけど、やっぱり他の人の椅子はちょっと違うんだね」と創一朗は振り返る。

幸い椅子は製作者のもとで修理され、中西家に戻ってきた。

「自分が座る場所があることは子供に安心を与えてくれる。

その椅子を壊してしまったことで息子もまた成長したし、家族の椅子への愛着も深まりました」春香さん。

プロジェクトは支持を広げて15年目を迎えた。

これまで4千近い椅子が作られた。

「通学生の子にとってはもう椅子の役目は果たさないですからね。

物を飾るなど、別の姿で家の中にあるみたいですよ」と磯田さん。

そのうち椅子の存在は意識されなくなるかもしれない。

「それでいいんです」と磯田さんは言い切る。

「生きていればいい時ばかりじゃない。

その時傍の椅子が目に入り、自分の生を喜んでいた人たちがいたことを思い出してくれたら」。

椅子は持ち主の体ではなく心を支えるよりどころとなるはずだ。

日本人が本格的に椅子を使い始めて100年足らず。

かつて日本人になじむ椅子作りにデザイナーらは心を砕いた。

彼らの思う道筋とは違っていたかもしれないが、椅子は我々の暮らしと心になじみつつあるだろう。

日経新聞 高倉万紀子  鈴木健撮影。

 

次に椅子の選び方について記述します。

 

 

椅子の選び方!椅子選び・4つのポイント!

椅子の選び方!椅子選び・4つのポイント!!

 

椅子の選び方

HOW TO CHOOSE CHAIR   

[自分にぴったりの椅子と出会うには?押さえておきた選び方のポイントとおすすめのチェアを解説]

椅子やチェアには、デザインや形状、カラー、サイズ、機能などによってとにかくたくさんの種類があるので、

その中から自分の求めている商品を探し出すのは一苦労。

そこでここでは、最適の椅子やチェアを見つけるために押さえておきたい選び方のポイントを解説するとともに、

LOWYAで人気のおすすめ商品をご紹介します。

[椅子選びで失敗しないために考えたい4つのポイント]

自分に合った椅子やチェアを選ぶためには、次の4つのポイントをしっかりと押さえておくことが重要です。

【ポイント1】

使用シーンは?

椅子選びにおいてもっとも重要なポイントの1つが、使用シーンをしっかりとイメージしておくこと。

どのようなときにどのような用途で使うかによって、椅子の形状や使われている

素材、サイズ、デザイン、機能など、さまざまな面で選択すべき商品が変わってくるからです。

・デスクワークや作業用として

リビングではなく自室や書斎に置くための椅子、主にパソコン作業や事務作業などで使う

デスクチェアなどを探しているなら、デザインにこだわったものや多機能なものよりも、

シンプルで自分の体にフィットする使い心地のいいものを選ぶのがおすすめです。

仕事中はついつい作業に没頭してしまうことも少なくないので、使い心地のよさを追求することで、

長時間座り続けても体への負担を軽減できます。

・リビングでのくつろぎ用として

リビングに置いて、テレビや映画を見たり、読書やティータイムを楽しんだりなど、

くつろぐ目的で椅子を使用したい場合は、リラックスすることをメインに考えて作られた、機能性の高いものがおすすめ。

ハイバックチェアやヘッドレスト・アームレスト・フットレスト付きの椅子などは、特にくつろぎ向きといえます。

・食事時などに使うダイニングチェアとして

主にダイニングチェアとして使いたい椅子を探しているなら、使いやすさはもちろんですが、デザインにもこだわったおしゃれなものがおすすめです。

ダイニングテーブルはお部屋の中でも特にメインのインテリアとなるので、ダイニングチェアもテーブルに合ったお部屋の雰囲気を壊さないものを選びましょう。

【ポイント2】

素材は?

椅子に使われている素材は、触り心地や座り心地に直結するほか、質感の違いによって見た目にも影響します。

椅子によく使われている素材は、主に以下の3種類です。

ファブリック(布張り)

椅子に使われている素材としてはもっとも一般的で、デスクチェアなどを中心に広く採用されています。

やわらかな触り心地と質感が特徴です。

レザー

高級感や重厚感を醸し出す素材。

応接室のソファなどに使われているのを見たことがある方も多いのではないでしょうか?

使い込むほどに味が出てくるのは本革ですが、お手入れに気を遣うというデメリットも……。

そのため最近では、お手入れが簡単な合皮のPVCレザーやPUレザーも一般的になりつつあります。

合皮とはいえ見た目にも本革と遜色なく、本革より安価である点も魅力です。

・メッシュ

こまかな網目のようになっている素材で、通気性が高いためさらりとした触り心地が特徴です。

汗をかきやすい夏場やエアコンの効いた冬場の屋内でもムレにくいことから、年中快適に座れると人気を集めています。

【ポイント3】

最適な背もたれは?

背もたれは座り心地を左右するため、椅子の中でも特に気をつけておきたい重要な部分といえます。

高さや形状、機能など、さまざまなポイントを考慮しましょう。

<背もたれの高さで選ぶ>

ローバックとハイバックの違い!

・ローバック

デスクチェアの中ではもっとも一般的なタイプで、背もたれが肩と背中のちょうど真ん中あたりの高さになります。

椅子に座るときは背もたれに寄りかからず自立したい、シンプルな椅子がいい、といった方におすすめです。

・ハイバック

背もたれが頭の高さまであり、背面全面を広くカバーしてくれるタイプです。

フィット感に優れているので、デスクチェアとしてはもちろん、くつろぐためのチェアとしても最適です。

・ミドルバック

ローバックとハイバックの中間くらいの高さ、ちょうど肩のあたりくらいまで背もたれがあるタイプです。

くつろぎすぎないジャストな高さで、作業用にもおすすめです。

<背もたれの機能と形状で選ぶ>

・リクライニングタイプ

背もたれを後ろに倒して、角度を数段階に調節できるタイプです。

シーンや用途に合わせて、いつでも好きな角度に調節できます。

・ロッキングタイプ

ロッキングもリクライニングと同じく、背もたれが後ろに倒れるようになっています。

しかし、リクライニングと異なるのは、ある角度で固定されるのではなく、

体重のかけ方によってゆらゆらと揺れるような仕様になっていること。

柔軟性があるので、いつでも体にフィットしやすい特徴があります。

一般的なのは背もたれのみロッキングが採用されているものですが、商品によっては、

背もたれが座面とともに後ろへ倒れるような仕様になっているものもあります。

・S字形状

背もたれが直線的ではなく、背中のラインに沿うようにゆるくS字状のカーブを描いているタイプです。

正しい姿勢を保ちやすいため、長時間に及ぶデスクワークもラクラクこなせます。

【ポイント4】

アームレストは必要?

椅子を選ぶときにはあまり意識しないかもしれませんが、チェアにとってアームレストは、実は非常に大事なパーツなのです。

両腕の重量は、意外なことに体重のおよそ16%をも占めています。

体重が50kgの方なら、両腕だけで8kgもある計算です。

椅子にアームレストが付いていない場合、長時間の作業中などもずっと、8kgの負荷が肩にかかり続けることになります。

そのため、アームレストという肘を置く場所があるだけで、座位のときに体にかかる負担をずいぶんと減らすことができるのです。

特に仕事用や作業用として椅子を購入しようと考えている方は、アームレストはあったほうがいいといえるでしょう。

LOWYA 記事より。

 

 

椅子選びで失敗しないために考えたい4つのポイント!

自分にぴったりの椅子と出会うには!椅子選びで失敗しないために考えたい4つのポイント!

 

今日のまとめ!

在宅勤務が急速に広がり、日本人が家で椅子に座る時間がかつてなく長くなっている。

会社支給の椅子から離れた時、自分はどの椅子に座るのか。

多くに人が改めて考え、十人十色に椅子を選び直し始めているという。

日本における椅子生活の歴史は浅い。欧米の真似をするのが心がいっぱいの時期もあった。

しかし椅子の対する目は次第に洗練され、便利で快適なだけでなく心も満たすものとして付き合いを深めている。

自分の生活や体になじむ椅子をそれぞれ選んだ結果、人気が分散したと言えば当然のようにも聞こえる。

しかしこんな椅子の選び方が広まったのは近年のこと。

そもそも日本の一般家庭へ椅子が普及したのは、、戦後になってからだ。

1955年設立の日本住宅公団がいわゆる「DK」の間取りを採用。

寝室とは別に椅子を置くことを想定したダイニングを設けた「食寝分離」の家が急速に増えていった。

「自分たちの生活になじむ椅子をつくろう。

「生きていればいい時ばかりじゃない。

その時傍の椅子が目に入り、自分の生を喜んでいた人たちがいたことを思い出してくれたら」。

椅子は持ち主の体ではなく心を支えるよりどころとなるはずだ。日本人が本格的に椅子を使い始めて100年足らず。

かつて日本人になじむ椅子作りにデザイナーらは心を砕いた。

彼らの思う道筋とは違っていたかもしれないが、椅子は我々の暮らしと心になじみつつあるだろう。

自分にぴったりの椅子と出会うには?押さえておきた選び方のポイントとおすすめのチェアを解説。

椅子選びで失敗しないために考えたい4つのポイント。

【ポイント1】

使用シーンは?

椅子選びにおいてもっとも重要なポイントの1つが、使用シーンをしっかりとイメージしておくこと。

【ポイント2】

素材は?

椅子に使われている素材は、触り心地や座り心地に直結するほか、質感の違いによって見た目にも影響します。

【ポイント3】

最適な背もたれは?

背もたれは座り心地を左右するため、椅子の中でも特に気をつけておきたい重要な部分といえます。

高さや形状、機能など、さまざまなポイントを考慮しましょう。

【ポイント4】

アームレストは必要?

椅子を選ぶときにはあまり意識しないかもしれませんが、チェアにとってアームレストは、実は非常に大事なパーツなのです。

今日、家で過ごす時間が長くなり、椅子で過ごす生活になっています。

そこで椅子についての歴史とその使い方うを調べてきました!

そこで椅子選びが重要になってきます。

自分の生活に合わせた椅子を選んで快適に過ごせれば、素晴らしい暮らしにつながります。

椅子の大事さを再確認して、時代に合わせた生活が望まれます!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。