砂丘が動くように!灼熱の苛烈な地に広がる独特の多様な地形、数々の不思議な奇観!バルハンと呼ばれる月形砂丘は砂漠を移動!!

Pocket

砂丘が動くように!吹き付ける風でダナキル砂漠を少しづつ移動する!

砂丘が動くように!灼熱の苛烈な地に広がる独特の多様な地形、数々の不思議な奇観!バルハンと呼ばれる月形砂丘は砂漠を移動!!

 

アフリカ東部のエチオピアとジンバブエにまたがるアファール低地。

アラビア、アフリカ、ソマリア3つの構造プレートが生む、この地ならではの絶景が広がる。

「バルハン」と呼ばれる月形砂丘は高さ2m、直径6~8mほど。

吹き付ける風でダナキル砂漠を少しづつ移動する。

灼熱の苛烈な地に、広がる独特の多様な地形、数々の不思議な奇観。

3000年前から続く地殻変動は、今もアファールを揺らす。

アフリカ東部のエチオピアとジンバブエにまたがるアファール低地!

行き方ー羽田空港ーアディスアベバ=ソウル経由、約17時間ー車で約9時間。   

日経新聞  NATIONAL GEOGRAPHIC より。

 

ではこれに関する記事を検索します。

 

 

アファール三角地帯!世界最古の石器が発見されたゴナ!

アファール三角地帯!世界最古の石器が発見されたゴナ!!

 

アファール盆地(英:Afar Depression)、またの名をアファール三角地帯(Afar Triangle)

とも言うこの地域は、アフリカの角の付け根に当り、エリトリアからジブチのダナキル窪地(ダナキル砂漠)、

エチオピアのアファール州、そしてソマリアの一部にまたがって存在する地溝が形成した盆地である。

多数の化石人類が見つかる場所であるアワッシュ川下流域(en)を含むアファール地域は、

ヒト科人類(en)の揺籃のうちの一つとして有名である。

世界最古の石器が発見されたゴナ(en)、アウストラロピテクス・アファレンシス(アファール猿人)

の化石標本であるルーシーが発見されたハダール村(en)などがある。

アファール盆地にはアフリカ大陸で最低標高の地点がある。

ジブチに存在するアッサル湖であり、その標高は海面下 155 m ( 500 ft) に達する。

盆地の中に存在するダロル窪地(en)は、地球上で年平均気温が最も高い地域のひとつであり、

3月から9月にかけての乾期は 48℃(118°F)、最も寒い9月から3月にかけての雨季でも 25℃(77°F) である。

アファール三角地帯を流れる川はアワッシュ川(アワシュ川)だけであり、下流の湖ほど塩分濃度が高くなる。

降水量が少なく、広範囲が砂漠地帯(アファール砂漠)となっている。

アファール盆地は、アフリカの大地溝帯、ヨルダン渓谷・紅海と連なる中東の地溝帯、

インド洋中央海嶺につながるカールスバーグ海嶺(英語版)の3つが接し、

地質学上アファール三重点(en)とも呼ばれ、お互いに離れるようにして広がっている地域である。

地質学的には非常に隆起活動が活発な地域であり、世界的に珍しく平地で地面の拡大が起こっている。

陸上として世界で最も低い場所に噴火口を持つダロル火山をはじめとした多数の火山、断層も存在している。

将来もアファール盆地は拡大を続け、数百万年後には海水が流入して海となり、

紅海とつながって次第に東西に拡大していくだろうと考えられている。   

ウイキペディア。

 

 

砂丘群は複数のソリトンではなく、単独のソリトンをエミュレートする!

バルハン=ナミブ砂漠!砂丘群は複数のソリトンではなく、単独のソリトンをエミュレートする!

 

バルハン(ナミブ砂漠)  

バルハン(バルハン砂丘)は円弧状の砂の稜線をもち均質な砂で構成される砂丘である。

日本では三日月型砂丘とも呼ばれる。

このタイプの砂丘は風下側に面した「角」を2つもち、スリップ・フェイス(風下側の斜面)の

角度は安息角、もしくはおよそ32度である。風上側の斜面は風によって密集しており、15度に達する。

単純なバルハン群は数メートルから100メートルまで広がっていることがある、もしくは2つの角の先の幅も同様である。

単純なバルハン群はより大きくて風で移動することもある合成バルハン、もしくはメガバルハン群となる。

バルハン群とメガバルハン群は何百キロメートルにも亘って広がる砂の尾根に合体することもある。

バルハン群が移動するにつれて、小さな砂丘群が大きな砂丘群に追いつき、

小さな砂丘は大きな砂丘の後方に衝突をしたあと、最後には大きな砂丘のもう一方側に突き抜けて出現する。

このプロセスは互いに直接通り抜ける、光波・音波・水波のように似ているように見える。

詳細なメカニズムは、しかしながら非線形とは大きく異なる。ソリトンとして知られている。

砂丘群は複数のソリトンではなく、単独のソリトンをエミュレートする。砂の粒子は互いをすり抜けない。

小さい方の砂丘が大きな砂丘に追突するとき、風が前方の砂丘の砂を

補充させることなく吹き飛ばさせる一方で後方の砂丘の上に砂を積み立てる。

ついには、後方の砂丘は前方の砂丘と同じ大きさとなり、前方の砂丘はより小さく、

より早く移動する砂丘となって、後方の砂丘から離れてゆく。

(Schwämmle & Herrmann, 2003)

アメリカ合衆国コロラド州のグレートサンドデューンズ国立公園では壮大なバルハン群を見ることができる。  

ウイキペディア。

 

 

塩と大地が織りなす奇観!

塩と大地が織りなす奇観!エチオピア、ジブチに広がるアファール低!!

 

[塩と大地が織りなす奇観]   

エチオピア、ジブチに広がるアファール低地。

三つの構造プレートが生む、この地ならではの奇観に迫る。

文=バージニア・モレル  写真=ジョージ・スタインメッツ

アフリカ東部のエチオピアとジブチにまたがるアファール低地。

アラビアプレート、アフリカプレート、ソマリアプレートと三つの構造プレートが集まり、通常は海底にある

構造プレートの継ぎ目(海嶺)が地表に現れている希有な場所だ。

地殻変動が続くこの地には、噴火を繰り返す活火山、煮えたぎる溶岩湖、鮮やかな色彩を放つ湖があり、

海面下150メートルの湖にはかつて流れ込んだ海水が厚い塩の層を残す。

灼熱の苛烈な地でありながら、独特の多様な地形、数々の不思議な奇観は、訪れる者をとらえて離さない。

3000万年前から続く地殻変動は、今もアファールを揺らしている。   

テレビでも取り上げられることの多いアファール低地。

地球で一番暑い場所としても有名ですが、その奇観ゆえに映画のロケにも使われるとか。

この景観を生み出したのは構造プレート同士の「綱引き」。

大陸を引き裂き、紅海を造ったそのパワーは、やがてこの地の地形に大きな変化をもたらすと考えられています。

どう変わるのかは……、本誌をぜひお読みください。(編集T.T)     

NATIONAL GEOGRAPHIC  より。

 

 

地上で最も暑い場所!「アファールトライアングル」!

地上で最も暑い場所!「アファールトライアングル」!!

 

[世界一暑い灼熱地帯アファールトライアングルで採取できるモノとは]    

地上で最も暑い場所とも言われているジブチとエチオピアにまたがる三角地帯「アファールトライアングル」。 

ここでは私たちの生活にも欠かせないあるモノが取れるらしいです。  

[砂漠にある採掘場]    

アファールトライアングルの中でも最も暑いと言われるダナキル砂漠。 

乾燥した砂漠地帯を進むと、 地面?を掘り返す屈強な男たち。 

何かを瓦のように積み重ねていますが…  

実はこれらは全て、掘り起こした「塩」なんです!  

そう、辺り一面が塩で覆われているのです!

なんと壮大な塩景色! 

この一帯は、塩湖が干上がってできた「塩の採掘場」となっており、

地下1000mまで塩の地層が続いているのだそう。  

そして、ここで採れた塩をラクダ一頭につき200kgほど積んで

2週間かけて取引場まで運ぶそうです。  

ぞろぞろと連なる300頭にも及ぶラクダのキャラバンは圧巻です。

 

 

世界一過酷な地と称されるアファールトライアングルのダナキル砂漠!

世界一過酷な地と称されるアファールトライアングルのダナキル砂漠!!

 

[エチオピア、ダナキル砂漠、エルタアレ火山旅行・ツアー・観光特集]   

世界一過酷な地と称されるアファールトライアングルのダナキル砂漠(エチオピア)には地球とは思えない驚きの絶景が広がります。

エチオピア北東部、エリトリア、ジブチにまたがるアファールトライアングルの中心、ダナキル砂漠。

アフリカの大地溝帯の内部に位置し、海抜マイナス約116メートル。

世界屈指の低地でもあり、「地球上で最も過酷な土地」とも言われています。

砂漠とは言いますが、ここでは砂地だけではなく、地球が創り出した様々な絶景に出会うことができます。

[まるで異世界に来たかのような極彩色に満ちたダロール火山の絶景]    

ダナキル砂漠の大きな見所であるダロール火山(ダロール地区・ダロール地溝帯)には極彩色の絶景が待っています。

塩分や硫黄、カリウムなどを含む温泉が、地表に噴出し、黄色や緑など鮮やかな結晶となり、不思議な奇岩群や間欠泉を形成します。

ダナキル砂漠!まるで異世界に来たかのような極彩色に満ちたダロール火山の絶景!

また、間欠泉の中で結晶化した塩化カリウムが酷暑と長年の年月で干し上がり形成されたのが

ソルト・マッシュルーム。2016年後半からの火山活動活発化に伴い、その色合いはますます鮮やかになったと言われています。

[地球の鼓動を感じる場所、ダナキル砂漠のエルタアレ火山]  

「世界でも最も活発な火山にも数えられるエルタアレの山頂へ」    

太古に始まった火山活動が今も続くエルタアレ火山。

約2時間の登山で山頂へ。山頂付近には複数の火口が口を広げています。

火口の景色は毎年のように姿を変えている為見え方はその都度変わります。

★エルタアレ火山へのトレッキングが楽になりました!

昨シーズンより登山開始地点であるベースキャンプの位置が変わり、

頂上への所要時間がこれまでの片道約4時間から約半分の2時間となりました。

砂利まじりの緩やかな登り道を約1時間、その後、溶岩大地の登り道を約1時間歩くと、山頂付近に到着。

想像よりも楽に歩けたという感想を多くいただいております。

※エルタアレ火山の溶岩はご覧いただけない場合もございます。また、安全の為火口付近に近づけない可能性もございます。

昨今の火山活動の状況を鑑みますと、火山ガスが溶岩湖を覆い溶岩が見られない可能性もございます。

何分自然現象でございますので、ご理解をお願い申し上げます。

[ダナキル砂漠の二大塩湖、アサレ塩湖とアフデラ塩湖]   

「アフリカのウユニ塩湖!?アサレ塩湖」   

『アフリカのウユニ塩湖』ともいわれるアサレ塩湖。

ここ数年はエルニーニョの影響でダナキル砂漠のシーズンである11-2月にも水が塩湖に張っていました。

水が張っていない時も湖面に独特の塩の模様が現れ、この様子もウユニ塩湖にそっくりです。

近隣にはアファール族というイスラム教徒の遊牧民が住み、

この白い大地からキャラバンで巨大な塩塊を都市へ運び出します。

運が良ければ、塩湖を渡るラクダの隊列にも出会えるかもしれません。

「死海のように塩分濃度が高いアフデラ湖で浮遊と温泉体験!」    

ダナキル砂漠のあるアファール盆地の南部に位置するアフデラ塩湖。

面積約100平方キロメートル、海抜マイナス102メートルのこの湖はその名の通り、濃度が高い塩湖です。

アフデラ湖からアフデラの村にある蒸発池へ塩水が汲み上げられ、ここで塩が作られます。

ここでは死海のようなような浮遊体験もできます。

また、脇には川湯のような温泉があり、入浴(水着着用)も出来ます。

トレッキングの後の体が休まります。

[ユーラシア旅行社で行くダナキル砂漠ツアーのこだわり]    

ダナキル砂漠、夜と朝2回の火口見学チャンス!ガスマスクも無料で貸出!

◆ 酷暑を避けて比較的涼しい時間帯に登山へ、夜と朝2回の火口見学チャンス!  

◆最大14名様の少人数限定でのご案内です。   

◆トレッキングの際の荷物はラクダに任せて身軽に登山!ガスマスクも無料で貸出!  

◆四輪駆動は 全席窓側のお席をご用意!  

◆テント泊は可能な限り少なく、 そしてより快適に!(アハメッド・エラ泊)

世界一過酷な地でなるべく無理なくご旅行出来るよう、お手伝い致します!

1.テント・野天泊は最小限にしてダナキル砂漠を効率よく巡ります。  

2.寝袋は日本からのご持参は不要!現地でご用意します。  

3.テント泊は現地でお一人様一基テントをご用意します。(アハメッドエラ)  

4.テント内部には簡易ベッドとマットレスをお一人様一つずつご用意。(アハメッドエラ)  

5.シャワールーム、簡易トイレを設置します。(アハメッドエラ)  

6.ダナキル砂漠ツアー中は専属コックが同行して料理をその場でご用意。  

7.カメラ・ビデオの充電が可能なコンセントをご用意。(数には限りがあります。)     

ユーラシア旅行社 より。

 

 

バルハンと呼ばれる絶景!3つの構造プレートが生み出した!

バルハンと呼ばれる絶景!3つの構造プレートが生み出した!!

 

今日のまとめ。

アフリカ東部のエチオピアとジンバブエにまたがるアファール低地。

アラビア、アフリカ、ソマリア3つの構造プレートが生む、この地ならではの絶景が広がる。

「バルハン」と呼ばれる月形砂丘は高さ2m、直径6~8mほど。

吹き付ける風でダナキル砂漠を少しづつ移動する。

灼熱の苛烈な地に、広がる独特の多様な地形、数々の不思議な奇観。

3000年前から続く地殻変動は、今もアファールを揺らす。

バルハン(バルハン砂丘)は円弧状の砂の稜線をもち均質な砂で構成される砂丘である。

バルハン(バルハン砂丘)は円弧状の砂の稜線をもち均質な砂で構成される砂丘である!

単純なバルハン群は数メートルから100メートルまで

広がっていることがある、もしくは2つの角の先の幅も同様である。

単純なバルハン群はより大きくて風で移動することもある

合成バルハン、もしくはメガバルハン群となる。

バルハン群とメガバルハン群は何百キロメートルにも亘って広がる砂の尾根に合体することもある。

バルハン群が移動するにつれて、小さな砂丘群が大きな砂丘群に追いつき、小さな砂丘は

大きな砂丘の後方に衝突をしたあと、最後には大きな砂丘のもう一方側に突き抜けて出現する。

このプロセスは互いに直接通り抜ける、光波・音波・水波のように似ているように見える。

自然界は変化に富んだ地域があり、今日のバルハンもその代表の一つ!

これにはアラビア、アフリカ、ソマリア3つの構造プレートが生む、この地ならではの絶景が広がる。 

この目で一度でいいからその絶景を見てみたいものです!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。