白は社長の色!示す存在感!創業者の鈴木誠一氏の三女でもある!鈴木さんがいつも白い服で決めている!清潔感に直結する白で!!

Pocket

カメリア=つばき の花のついたバレッタが鈴木さんのお気に入り!


白は社長の色!示す存在感!創業者の鈴木誠一氏の三女でもある!鈴木さんがいつも白い服で決めている!清潔感に直結する白で!!

 

日本で上場する企業のうち、代表権を持つ社長が女性の割合は1%=2020年12月、帝国データバンク調べ。

その1人がエステー社長の鈴木貴子さん59 だ。

創業者の鈴木誠一氏の三女でもある。

その鈴木さんが「いつも白い服で決めている」ことは、社内外に知られている。

「きれいな空気を通して暮らしを明るく元気にすることをビジネスにする会社なので、

清潔感に直結する白を身につけていたい」と一貫してきた鈴木さん。

20着前後ある白い服は、素材や織り、デザインが違うため印象が異なる!

21年4月から就任9年目に入る。

イメージ戦略と言われることもあるが、「日本のビジネス界はまだまだ男性社会で、服装と言えば紺やグレーばかり。

自分の存在感をアピールするためにも白は効果的」との思いがある。

とは言え、ユニホームは別としてファッション的に見ると職場での白の着こなしは難しい。

落ち着いた紺や控えめの色の服を選ぶ人が多い職場では白は目立ちすぎるし、少しの汚れも気になる。

店頭でもシャツやブラウスには多いが、スーツやドレス類では白は意外と扱いが少ない。

そんな白をあえて「社長の色」として選ぶ決心をしたきっかけには原風景がある。

少女時代の教科書にあった若山牧水の「白鳥は哀しからずや空の青海のあおにもそまずただよう」の歌だ。

大人になり、素敵な白い服が目に入ると、つい買い込んで着こなすのが嬉しかったという。

社頭就任のが内定した日にたまたまあった、タレントで友人の高橋愛さんに「よく白を着ているけれど、

あなたみたいに似合う人ってめったにいないわ」と言われたことが重なった。

「社長のイメージカラーはやっぱり白」とひらめいた。

自宅のクローゼットには常時20着前後の白いスーツやアンサンブル、ドレスが並ぶ。

一口に白と言ってもウールや化繊、綿などの素材、ツイートやサテン、

ギンガムなどの織りによって表情が異なり、デザインでも印象は変わる。

鈴木さんは、毎朝、その日に会う相手、表彰式や会食などを念頭に、

気温や空模様も考慮しながら「きょうの白」を選ぶ。

「白というルールの中でおしゃれは楽しめます」

食事で汚してしまった時に備え、携帯衣類クリーナーなど応急しみ抜き道具を

必需品とするほか、防虫やクリーニングなど普段のケアは細やか。

それでも変色や変質といった劣化は避けられず、平均寿命は「5年足らずでしょうか」。

そこで気に入った服があればシーズンに1、2着買い足すことにしているが、黒や紺に比べ

新しい白の入荷は少ないため、いくつかのブティックに入荷時の連絡を頼んでいる。

また、膝下5センチという丈や袖など、必ず「お直し」があるという。

その一方手持品のと似た服や、あまり着ないかもしれない服を衝動買いしないように気をつけている。

秘策はブランド名や価額、購入日などを写真と共に、パソコンでデータ化し、

スマートフォンでもすぐに確認できるようにすることだ。

これもある種の経営者感覚と思いきや、「私は昔から何よりムダが嫌いだからです」とにっこり。

全身白にファッションだとブローチや、ネックレス、スカーフなどで個性を演出することも考えがちだが、

鈴木さんにはサイドの髪をスッキリ止めるバレッタ以外、アクセサリーは見当たらない。

白のファッションで社長室に立つ鈴木貴子さん!

「必要ないからです」という素っ気ない返事の真意を正すと、

「取引先や顧客から何か違うと思われたくないのです」と経営者の顔がのぞいた。

長年、白を着こなしてきたきた中でたどり着いた服以外の装いの気遣いを聞くと、メークは

「自然なピンク系とピンクがかったブラウンのアイメークと」という。

ハンドバックはパソコンや書類を入れるための大きめサイズのベージュ系。

靴は白かベージュ系で高さ5センチほどの中ヒールを合わせる。

そして白い装いを格好良く見せるために体型維持の努力も半端ではない。

最低、週2回はスポーツジムに通い、「体幹と筋肉を若々しく保つための

筋トレのほか、全身運動になるピラティラスをします」。

さらに自宅でも朝晩歯磨きをしながら、最低100回のスクワットをする。

新型コロナウイルス渦で会食が減ってトレーニング時間が増え、体重は4キロ減ったとか。

社員の間でも健康管理への自覚が高まり、スリム化する人も少なくないという。

ところで経営者同士の付き合いと言えば一般的にゴルフだが、鈴木さんはゴルフはしない。

「国内ではイチゴやブドウ狩り狩り、ノルウエーではサーモンツアーなど、

その他特有の風習を知って親交を深めさせてもらっています」。

そのお礼には自身の趣味の陶芸を生かし、手製のビールジョッキを贈る。

1日の最後は香りが持続する素焼きのアロマストーンに

「お気に入りのアロマを数滴垂らすと熟睡できます」とのこと。

フランスでは女性たちのおしゃれの仕上げと癒しは、香りだ。

社長として厳しい仕事をこなす鈴木さんだが、睡眠前に好みの芳香で癒されていると聞き、和まされた。

ジャーナリスト  堀江瑠璃子 山田麻那美撮影 日経新聞。

 

ではこれに関連する研究をします。

 

 

ビジネスの心理に影響する「色」の力とは?「なりたい自分」につながるテーマカラーを決める!


ビジネスの心理に影響する「色」の力とは?!「なりたい自分」につながるテーマカラーを決める!!

 

[ビジネスの心理に影響する「色」の力とは?]    

皆さんは、普段の仕事や生活の中で「色」をどれくらい意識していますか? 

政治家などが、大衆の前で演説するときは赤のネクタイを締めて情熱的でパワフルなイメージを与える、

討論会の際には青のネクタイで知的さ、冷静さを演出する…といった話は皆さんも聞いたことがあるかと思います。

こうした人間心理に影響を及ぼす色の力は、仕事のさまざまな場面でも活かせます。

そこで、企業やビジネスパーソン向けにもカラーコンサルティング、ブランディングを手がけるカラーキュレーター(R)

・七江亜紀さんに、色の活用法を教えていただきました。

[「なりたい自分」につながるテーマカラーを決める]    

まずは、自分がどうありたいのか、人からどう見られたいのかを色に置き換えてみましょう。

その色をネクタイやシャツなどのファッション、ハンカチ、名刺入れ、スマホカバー、ファイル、文具などの小物に取り入れます。

自分が見ていて元気になれる色、好きなスポーツチームのチームカラーなどを選んでもいいですが、

決め手に欠ける場合は、次のような色の効能を意識してみてはいかがでしょうか。

・人に威圧感を与え、怖がられてしまう人   →優しさを与えるピンク、和むオレンジ。心が温かくなり会話が弾む。   

・内向的で人と接するのが苦手な人 →赤。「攻めのキャラクター」を演出できる。黄色やオレンジも、人と積極的に関われる。

・一見クールで、とっつきにくい印象を持たれるが、お酒を飲めば冗談も言うような人  →黄色。普段から明るく開放的になれる。   

・仕事はデキるけれど、感情的になりがちな人  →青。クールダウンし、冷静に対処できる。  

・人と人の間に立ち、調整役を務める人  →緑。バランサーとしての素質を引き出してくれる。  

・時間にルーズだったり、身なりに無頓着だったりする人  →白。自分を律する色で、清潔感をもたらす。   

・高度な専門性で勝負したい人  →黒。

高級感があり、「本物」に見せる効果があり、プロフェッショナル感が際立つ。

 

 

仕事のシーンに応じて、効果的な色を使い分ける!


仕事のシーンに応じて、効果的な色を使い分ける!営業やチームワークにも効果。色で親近感や一体感を生み出す!

 

[仕事のシーンに応じて、効果的な色を使い分ける]    

なお、テーマカラーとまでは設定しなくても、場面ごとに色の特性を活かしてみてはいかがでしょうか。

シーンごとに、一例をご紹介します。

●「やる気スイッチ」を押すなら、赤ペンで書く  

朝一や疲れているときの会議・商談など、エンジンがかからないとき、集中できないときは、赤い色を使って「やる気スイッチ」を押しましょう。

ノートに赤ペンで字を書くのです。ペンを赤に替えると、文字を綴るうちにだんだんエネルギーがわいてくるもの。

また、新しいアイデアが浮かんだときも、赤ペンで一気に書くとエネルギーを持続させられます。

●作業環境を整え、効率を上げるなら、デスクは青色で統一    

デスクが散らかっているせいで、資料などが行方不明になりがち、あるいは落ち着かない…という人は、机の上のグッズを青や紺で統一してみてください。

青には「片付け」効果があります。寒色系の色は冷静沈着でクールな気分になるので、片付かないデスクをうるさく感じ、自然と「片付けよう」という気になるのです。 

反対に、赤やオレンジなど暖色系のグッズが置いてあると気分的には明るくなれますが、気持ちが緩んで、散らかっていても「まぁ、いいか」となりがちです。

しかも、デスクがカラフルでにぎやかだと、周囲の人が話しかけやすい雰囲気になり、雑談を振られたり雑用を頼まれたりする回数が増えることも。 

その点でも、青を用いて知的でクールな印象を演出すると、周囲の人が気安く話しかけにくくなる分、自分の仕事に集中して進められる効果が期待できます。

●早く終わらせたい仕事は黄色の付せんにメモ    

やることリスト」を付せんにメモしている人も多いことでしょう。

やることの中でも、すぐに終わらせたい仕事には、黄色いポストイットを活用するのがお勧めです。

やるべき作業を黄色いポストイットに書き込んで、パソコンなどに貼っておきましょう。 

黄色は子どものように無邪気な色なので、人を落ち着かない気分にさせます。

そのため、早くがしたい一心でポストイットに書かれた行動をとるようになるのです。

●デスクトップの壁紙は、弱みを補うカラーに    

デスクの上で大きな面積を占めているパソコンのデスクトップ。

そこで、壁紙やスクリーンセーバーは「自分の弱い部分を補える色」を基準に選んでみてはいかがでしょうか。

「最近、落ち着きがないな」と感じているなら→青や紺のように、クールダウンさせる色    

周りの人とうまくコミュニケーションがとれていないなら→黄色やオレンジ    やる気が出ないとき→赤

●部下や後輩に注意したり叱ったりするときは黄色、ベージュ    

黄色やベージュは相手に親近感を抱かせる色。部下や後輩に厳しく注意したり

叱責したりしなければならないときも、これらの色が持つ「お友達感覚」を利用することで、

必要以上に部下や後輩を委縮させることなく、「同じ目線に立っている」という感じを与えながら伝えることができます。

相手も素直に耳を傾けられるでしょう。   

なお、赤は、部下のやる気を引き出して仕事を応援するときにはふさわしい色ですが、

叱るときには相手を委縮させてしまいます。黒も威圧感を与えます。

ただし、何度注意しても態度を改めない相手に対し、「本気の怒り」を

見せる場合は赤・黒が効果的です。ここぞというときに使ってください。

 

 

「チームカラー」を設定するのもお勧め!

営業やチームワークにも効果。色で親近感や一体感を生み出す!「チームカラー」を設定するのもお勧め!

 

[営業やチームワークにも効果。色で親近感や一体感を生み出す]    

これまでお伝えしてきたとおり、色によって自分の印象をコントロールし、対人コミュニケーションに活かすことができます。 

自分のテーマカラーを決める以外に、相手に応じて色を合わせるのもいいでしょう。

例えば、取引先などの会社を訪問する際、皆さんはどのようなファッションを選びますか? 

男性も女性も、派手すぎず、清潔感のあるファッションを心がけるでしょう。また、相手の業界特性に応じて、堅めのイメージにしたり、華やかさを演出したりすることもあるかもしれません。

それらも大切ですが、さらに色で相手の心を動かしましょう。 

昨今、多くの企業は「コーポレートカラー」を意識するようになっています。

そこで、初めて訪問する企業では、その企業のコーポレートカラーをもとに使う色を決めるのです。

同系色のネクタイを締め、同系色のクリアファイルや文具を使うといったようにです。

「うちの会社のカラーと同じですね」と言ってもらえれば一気に距離が縮まります。

相手が明確に意識しないまでも、相手が普段から見慣れている色を身に着けていることで、親近感や共感を抱いてもらいやすくなります。

共感を生み出すという点では、自社内でチームを編成した際に、「チームカラー」を設定するのもお勧め。

チームに仲間意識や一体感を持たせ、モチベーションアップにつなげたいときは、メンバーで話し合ってチームカラーを決めてみてはいかがでしょうか。

皆で使用するファイルやペン、付せんの色などを統一してみましょう。

テーマカラーにチームのロゴを入れたTシャツやバッジを作ると、さらに連帯感が強まるでしょう。

また、「戦隊シリーズ」のように、メンバーにカラーを割り当てて、その役割を意識してもらう手もあります。

赤=情熱を持って引っ張る、刺激を与える 青=冷静に全体を見て意見をまとめる 

緑=中立的存在として意見が分かれたときにバランスをとる 黄=空気を明るくするムードメーカー ピンクやオレンジ=温かく見守り、支える…など。

――何気ない色遣いが、意外と人の心理に影響を与えるものです。簡単に取り入れられますので、ぜひ色を戦略的に活用してみてください。  

七江亜紀氏/色のひと(R)カラーキュレーター(R)

それぞれの色が持つ普遍の魅力を組み合わせ、独自の価値基準で、これからの新しい生活価値を提案する、ライフスタイル・クリエイター。

企業やビジネスパーソンを対象とし、ファッション、食、インテリア等ライフスタイル全般のカラーコンサルティング、ブランディングを行う。

「色」を視覚だけに頼らず五感全てを通してイメージできるように、さまざまなものの価値向上を図る。

また多くのメディアにて監修、大学や講習会でも講師業を行う。クチコミで広まったサロン「Lustre(ラスタ)」には全国から多くの女性たちが訪れている。

著書に『色はビジネスの武器になる』(祥伝社)『色は無言であなたの心を動かしている。』

(大和書房)『愛される色 オトナ世代の色えらび』(講談社)など。     

リクナビ NEXT ジャーナル より。

 

 

色が人にもたらす印象、心理効果を理解して、ビジネスシーンに活かそう!


色が人にもたらす印象、心理効果を理解して、ビジネスシーンに活かそう!!!

 

[色が人にもたらす印象、心理効果を理解して、ビジネスシーンに活かそう!]    

「色は人に「印象」を与える効果がある」   

ビジネスマンの皆さんは、「色」について深く考えたことはありますか? 

実は人間という生き物は、自分が思っている以上に、色にコントロールされているのです。

「この俺が色に操作されてるって?そんな単純じゃないわよ」と思ったそこのあなた!

意識していない所で、色は確実にあなたを動かしているのです。

例えば「赤」という色。 

お店のタイムセールや「期間限定!」

「激安キャンペーン!」といった広告には赤色が使われることが非常に多いのですが、

これは、赤という色が活力を与えたり、アドレナリンを分泌させ興奮を促したり、

より感情的で衝動的な気分にさせるという特性をうまく利用しているのです。

「衝動買い」なんて言葉は、まさにそのままの意味合いですね。一方「青」という色は、反対に気持ちを落ち着かせる効果があります。

駅や踏切などに青いライトを取り付けたところ、夜の飛び込み事故が8割削減されたというデータもあるほど。

8割という数字は、とても偶然では作れない数字ですよね。さて、仕事・ビジネスでは、社内、社外問わず多くの人と関わりあっています。

ということは、それぞれの色が人に与える印象・心理効果や、心理効果を理解することで、ビジネスシーンにおいてもっとコミュニケーションを加速させたり、信頼関係の構築に役立てることができるはずです。

今回は、それぞれの色が人に与える印象・心理効果をご紹介した上で、ビジネスシーンに活かせる色の使い方をご紹介します! 

「それぞれの色の心理効果」    

それでは、それぞれの色が具体的にどのような印象を人に与えるのでしょうか?今回は、代表的な7色の色彩をご紹介しましょう。

「赤色」  

  赤色の与える印象・心理効果:やる気を出す、エネルギーに溢れる、興奮する、食欲増進、怒り——!

与える印象・心理効果:やる気を出す、エネルギーに溢れる、興奮する、食欲増進、怒り、

情熱的になる、衝動的になる、生命力に満ち溢れる、熱さを感じる、暴力的、怒り、

赤といえば、間違いなく一番目立つ色ですよね。

一番最初に生まれた色で、「はじまりの色」とも言われているようです。

人に元気を与えたい時や、行動的にさせたい時に使うと、効果的です。

タイムセールやバーゲンセールで赤が多用されているのも納得ですね。

ただその一方で、危険・暴力的といった印象を与えたり、怒りを表現している色とも言われるなど、

マイナスイメージも強い色ですので、使いどころを間違えると逆効果になってしまう危険性もあります。

「青色」

「青色」の与える印象・心理効果:冷静にさせる、集中力を高める、食欲を抑える、リラックスさせる——!   

与える印象・心理効果:冷静にさせる、集中力を高める、食欲を抑える、リラックスさせる、

涼しさ・冷たさを感じる、気品がある、誠実さ、真面目さ、不安を与える、悲しみ・寂しさを与える。

赤が情熱を与える色ならば、青は反対に冷静さを与える色として有名です。

前述の通り、青いライトを置くと事故が減ったというデータもありますし、気分を落ち着かせたり、リラックスさせる効果が強いようです。

また、誠実さを与える色とも言われており、企業のロゴに世界一使われている色と言われています。

ただその一方で、寂しさや不安感を与えるという効果もあるので、

「これから気合いれていくぞ!」という時にはなるべく見たくない色ですね。

 

 

黄色!活動的にさせる、注目させる、活力を与える、明るさ、 陽気さ、軽快さ、アクティブさ!

黄色!活動的にさせる、注目させる、活力を与える、明るさ、 陽気さ、軽快さ、アクティブさ!

 

「黄色」    

与える印象・心理効果:活動的にさせる、注目させる、活力を与える、明るさ、 

陽気さ、軽快さ、アクティブさ、素直さ、友好的、緊張を与える、危険、

黄色といえば、最も明るい色、視覚的にインパクトを与える色として知られています。 

赤色と似て、ポジティブな印象を与えますが、同時に友好的、純粋さというイメージも与えます。

しかしこれも赤色と同様に、危険を通知したり、警告というイメージも与えるので、 信号機や、工事現場のランプの色にも使われています。

「緑色」

   「緑色」の与える印象・心理効果:リラックスさせる、目を休める、緊張を抑える、環境にやさしい—–!

与える印象・心理効果:リラックスさせる、目を休める、緊張を抑える、環境にやさしい、

エコ、ストレスを抑える、自然を連想させる、保守的緑といえば、「目に優しい」、「リラックス効果を与える」ことで有名ですよね。

安心感を与えるという効果もあるので、IT企業をはじめとした。

無形のサービスを提供する企業のロゴに使われていることも多いようです。

また、目に優しいという特性を活かし、オフィスにも緑を取り入れている企業が多いですね。

「オレンジ」 

「オレンジ」の与える印象・心理効果:暖かさ、元気にさせる、食欲増進、フレンドリー、カジュアルさ—–!  

与える印象・心理効果:暖かさ、元気にさせる、食欲増進、フレンドリー、カジュアルさ、フランクさ、健康的、社交性、トラウマを蘇らせる。

赤と黄色を合わせた色なだけあって、暖かさや、エネルギッシュなイメージを与えます。

赤や黄色は良くも悪くもインパクトの強い色ですが、オレンジはより中性的な印象があるので、

コミュニケーションを加速させる色として、これもまた緑と同様に、ロゴなどのデザインや、

オフィスの会議室にしばしば取り入れられているようです。

「紫色」

   「紫色」の与える印象・心理効果:上品さ、神秘的、アーティスティック、エキゾチック—–! 

与える印象・心理効果:上品さ、神秘的、アーティスティック、エキゾチック、感覚を敏感にさせる、

魅力的、妖しさ、近寄りがたさ、不気味さ日本では古くから、紫は「高貴な色」として知られています。

かの聖徳太子が定めた「冠位十二階」では、色によって階級が分けられていたのですが、

紫は最も位の高い色として位置されているということもあり、格式の高い色として知られているようですね。

しかし、見る人によってその印象が大きく変わる色でもあり、人によっては、

「不気味」、「気持ち悪い」「悪趣味」といった

マイナスイメージも強くもたれている色とも言われていますので、ビジネスとして使う場合には注意が必要です。

 

 

「白色」の与える印象・心理効果:清潔さ、純粋さ、シンプル、爽快感—–!


白は、単体では清潔感、純粋さを与えますが、他のさまざまな色と組み合わせることで、より効果を発揮しま!!

 

「白色」   

与える印象・心理効果:清潔さ、純粋さ、シンプル、爽快感を与える、神聖さ、平和の象徴、

目新しさ、敗北感、無気力さ無彩色である白は、単体では清潔感、純粋さを与えますが、

他のさまざまな色と組み合わせることで、より効果を発揮します。

黒地に白色の組み合わせは、シンプルながらもより強い印象を与えることができますし、

最近はシンプルなデザインがトレンドでもあるので、黒と白を基調とした

色使いは、多くのホームページやロゴで見かけることができます。

「黒色」

   「黒色」の与える印象・心理効果:高級感、重厚感、スタイリッシュ、シンプル、圧倒的な存在感—–!

与える印象・心理効果:高級感、重厚感、スタイリッシュ、シンプル、圧倒的な存在感、

暗さ、絶望、不安な気持ち、恐怖、黒は高級感や重厚なイメージを与えます。

また、大人な雰囲気も与えるので、高級なお店にもよく取り入れられていますね。

パソコンやゲーム機といったデバイスも、以前はシルバーや白が使われていることが多かったのですが、

高級感・重厚感を出すという意味合いで、最近は黒がトレンドのようです。

ただ、黒はその暗さから、不安を与えたり、恐怖を与える効果もあるので、使い所を間違いないようにしましょう。

[色の効果をビジネスに活かそう!]    

それでは次に、色の効果をどのようにビジネスシーンに落とし込めるかを考えていきましょう。

「企画書編」 

プレゼン資料、企画書では、ズバリ色の使い方がモノをいう世界です!

パワーポイントなどを使用したプレゼン資料、企画書では、ズバリ色の使い方がモノをいう世界です。

黒のテキストずくしでは、せっかく作りこんだ提案資料もなかなか目に留まらせることはできません。

そこで、目的に沿った色を使っていきたい所なのですが、

色選びをする時に重要なのは、企画書やプレゼン資料を見せる際、「相手にどういう印象に与えたいか?」を考えることです。

例えば、「クライアントが自社の製品・サービスについてまったく知らない、

あるいは無形のサービスなので、まずは信用を獲得するところから始めたい。」

ということであれば、青を基調とした色使いをすることで、

相手に誠実さ、真面目さを伝えることができるでしょう。逆に、

「ある程度サービスの内容を知っているクライアントに対して、商品・サービスの良さを強く訴えたい。」

「社内プレゼンにおいて、自分の熱意を周りの社員に伝えたい。」ということであれば、

赤やオレンジをベースとした色を使うことで、情熱、アクティブさ、あるいは親しみやすさを与えることができるでしょう。

プレゼンを通して相手に与えたいイメージを事前に考えておくことで、おのずと使いべき色が見えてくるはずです。

そしてここで注意!

1つの資料の中に、あまりに多くの色を使ってしまうと、ゴチャゴチャしてとてもわかりにくい印象を与えてしまいます。

テーマカラー(基調となる色)を1つ決めたら、その色をサポートできる色(アソートカラー)、

アクセントとして使う色(アクセントカラー)を選び、基本的にはその3色を使いまわしていきましょう。

一般的に、アソートカラーやアクセントカラーは、テーマカラーの濃淡や、

対照的な色を選択するのが無難です。

[コーポレートカラー編]    

コーポレートカラーは、企業や組織を象徴する色です。

ロゴを始め、製品のパッケージやWebサイトのベースカラー、あるいは

会社の制服・ユニフォームにも使われるでしょうから、企業のイメージ戦略やコンセプトにそのまま影響します。

非常に重要な色選びと言えますね。これだけ重要な色選びなので、つい慎重になってしまうでしょうが、

前提として、色が与える影響というのは、一長一短です。

例えば赤色は、熱意に溢れる、情熱的、先進的というイメージを与えますが、

反対に怒りや暴力的といった側面を持っていますし、緑色であれば、

エコ、目に優しいという面がある一方、保守的で、勢いを抑えるという効果も持っています。

なので、あまり深く考えすぎず、「自分達は色を通して何を一番表現したいか?」

を明確にすれば、自然とそれに合った色を選ぶことができるはずです。

[色の効果を活用してイメージアップを]    

いかがでしたか?インターネットの爆発的な波及に伴い、一方通行的な広告の力が弱まってきている現代、

ブランディングはビジネスやマーケティングにおいて最も重要な戦略です。そして、ブランディング戦略を成功させている企業は、

すべからく「色」の重要性を理解し、ブランディング・イメージ戦略に役立てています。

色が与える印象・心理効果を理解し、あなたのビジネスに合ったイメージカラーを決めてくださいね。    

ユニホームタウン より。

 

 

色が人にもたらす印象は非常に大事なことで、これを参考に色の使い方を研究してゆきましょう!

 色が人にもたらす印象は非常に大事なことで、これを参考に色の使い方を研究してゆきましょう!!

 

今日のまとめ。

白は社長の色!

示す存在感!

創業者の鈴木誠一氏の三女でもある!その鈴木さんが「いつも白い服で決めている」! 

「 きれいな空気を通して暮らしを明るく元気にすることをビジネスにする会社なので、

清潔感に直結する白を身につけていたい」と一貫してきた鈴木さん。

21年4月から就任9年目に入る。イメージ戦略と言われることもあるが、「

日本のビジネス界はまだまだ男性社会で、服装と言えば紺やグレーばかり。

自分の存在感をアピールするためにも白は効果的」との思いがある。

ビジネスの心理に影響する「色」の力とは?!「なりたい自分」につながるテーマカラーを決める! 

仕事のシーンに応じて、効果的な色を使い分ける!営業やチームワークにも効果。色で親近感や一体感を生み出す! 

営業やチームワークにも効果。色で親近感や一体感を生み出す!

「チームカラー」を設定するのもお勧め! 

色が人にもたらす印象、心理効果を理解して、ビジネスシーンに活かそう! 

黄色!活動的にさせる、注目させる、活力を与える、明るさ、 陽気さ、軽快さ、アクティブさ!

素直さ、友好的、緊張を与える、危険、黄色といえば、最も明るい色、視覚的にインパクトを与える色として知られています! 

白は、単体では清潔感、純粋さを与えますが、他のさまざまな色と組み合わせることで、より効果を発揮しま! 

今日は白は「社長の色」示す存在感!

について記述してきましたが、色が人にもたらす印象は非常に大事なことで、

これを参考に色の使い方を研究してゆきましょう!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。