琵琶湖が「呼吸不全」!酸素が多い表層と湖底の水が、どうもうまく混ざっていない!

Pocket

この琵琶湖が「呼吸不全」湖底と表層の水が、所によってうまく混ざっていない!


琵琶湖が「呼吸不全」!酸素が多い表層と湖底の水が、所によってはうまく混ざっていない!

 

日本最大の湖である琵琶湖が「呼吸不全」に陥っている。

湖面近くの水が湖底に酸素を届ける深呼吸のような現象が2年つずけて止まってしまた体。

地球温暖化に伴う水温の上昇で、水の循環が滞ったのが一因と専門家は気をもむ。

このまま続くと、酸欠で魚やエビなどの暮らしに深刻な影響を与えかねない。

琵琶湖はどうなってしまたのか。

琵琶湖が「呼吸不全」

約670㎢と東京23区=約627㎢ を上回る広さ。満々と水をたたえた湖面に調査船が浮かぶ。

水中の酸素量や水温を調べるセンサーが降りてゆく。

湖の北西部で水深約90mの7地点を3月に調べたところ、2020年も酸素量は十分に上がっていなかった。

調査した滋賀県琵琶湖環境科学研究センターの岡本高弘・主任専門員は

酸素が多い表層と湖底の水が、所によってはうまく混ざっていない」と話す。

琵琶湖のような深い湖は、春から秋に湖面近くにある表層の水が温まる。

冷たい下層の水と「2層」に分離し、会期から溶け込んだ表層の酸素は湖面へ届かない。

湖底では魚が酸素を消費し、次第に酸素の量が減ってゆく。

1リットル湖水が含む酸素量が2mgを切ると、酸欠で生物が死ぬ危険が高まる

その前に湖底へ1年分の酸素を供給するのが、

冬に起きる「全層循環」と言う現象だ。気温が下がると表層の水が冷える。

比重が増して下層に沈み、表層と湖底の水が混じり合う。

湖底の酸素量は表層と同じく約10mgになる。これを「琵琶湖の深呼吸」と呼ぶ。

京都大学の中野伸一教授は「例年、全層循環は1月中旬から3月中旬ごろまで続く」と説明する。

だが、19年は全層現象が起きたかどうかを1979年の観測開始以来初めて確認できなかった。

温暖化などを理由に「冬に表層の水が十分冷えず、湖底の水と混ざりにくくなる」

と90年代からたびたび研究論文が懸念を示してきた。

世界の平均気温は産業革命前からすでに約1度上がっている。恐れは現実になった。

19年夏以降水深約90mの7地点のいくつかで酸素量が2グラムを下回った。

滋賀県が投入した水中ロボットは、湖底で死に絶えたハゼ科のイサザやヨコエビの姿をとらえた。

異変は20年も繰り返した20年3月下旬の調査でも、酸素量は8.5~9.3mg。

19年よりは上がったが、全層循環を確認できなかった。

温暖化の影響がついに臨界点を超えてしまったのか。

滋賀大学の石川教授は「今は正確なことは言えない」と話す。

滋賀大学の石川教授は「今は正確なことは言えない」と話す!

琵琶湖のように面積の割に水深が深い湖に、鹿児島県の池田湖がある。

以前は起きた全層現象が今では珍しくなった。

石川教授は続ける「池田湖うかがうと 琵琶湖も臨界点を超えた可能性を考えないといけない」。

現在の琵琶湖の湖底は水温がセ氏9度を超える。

20年前には6~7度だったという。

表層の水も冷えにくぬなったに違いない。

「かつての琵琶湖の姿ではなくなっている」。

重い肺炎で体に酸素が行き届かなくなった患者を診る医療現場のように、

琵琶湖の異変に専門家の心はざわつく。

岡本主任研究員は「全層循環ができなかったのは最も深い=今津沖第一湖盆という

一部だけです」と話す。

大風や強風で湖水が混ざることもあると期待を寄せる。

一方石川教授は「観測の範囲を広げ、精度を上げるべきだ」と訴える。

「推進80m付近など 予想より広い水域で、被害が出ているかもしれない」。

石川教授らが19年秋に調べると、酸素量が少ない水域が琵琶湖の北部と南部で広がっていた。

関係者が恐れるのは環境の悪循環だ。

琵琶湖では合成洗剤の復旧や沿岸の開発などで周辺の川からリンや窒素が流れ込み、

70年代に水質悪化が大きな問題になった。

今回のように固定の酸素が減ると、改善した水質の均衡が崩れる。。

泥や生物の排泄物からリンやアンモニアなどが溶け出し、富栄養化の危機を招く。

アオコも酸欠に手を貸し「魚介類が窒息する」中野教授。

将来に向けて気がかりな情報がある。

水の循環が不十分な為、湖底が酸素不足に!

アフリカのマラウイ湖やタンガニーカ湖では湖水の循環が滞り、

住民の貴重なタンパク源である淡水魚が減ったとされる。

小さな湖であれば湖底に酸素を吹き込めるが、琵琶湖には通じない。

琵琶湖は400万年前の誕生から独自の生態系を育んできた。

いつも変わらぬ姿を見せてきた琵琶湖の異変は、

私達の未来に警鐘を鳴らしているのかもしれない。  

日経新聞 草塩拓郎。

ではこれについてもう少し詳しく調べてみます。

 

 


呼吸を止めたマザーレイク!「異常」でかたずけるべきではない!


呼吸を止めたマザーレイク!「異常」で片付けるべきではない!水と温度の奇妙な関係?!

 

[呼吸を止めたマザーレイク。

「異常」で片付けるべきではない水と温度の奇妙な関係]  

「ついに琵琶湖が深呼吸をしなかった」     

湖の表面の水が沈んで底まで届き、湖全体の水が混ざり合うことを「全循環(ぜんじゅんかん)」という。 

これによって湖内まで酸素が供給されることから「琵琶湖の深呼吸」と呼ばれ、

「マザーレイク」とよばれるこの湖が、多種多様ないきものを育む大切な要因の1つになっている。

注記:『Mother Lake 母なる湖、琵琶湖。

いきもののなかには私たち人間も含まれる。

琵琶湖の水は、水道水として大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、三重県で利用され、

工業用水として大阪市、尼崎市、神戸市をはじめとする臨海工業地帯などに供給されている。

「生水地区のかばた(著者撮影)」

過去12年の全循環の発生日は、1月4回、2月6回、3月2回。

観測開始以来、これまでいちばん遅く全循環が起きたのが2007年で、3月19日だった。

しかし、今年は全循環が起きないのではないかという懸念があり、

著者は3月12日にYahoo!ニュース「今年の琵琶湖は深呼吸をしないのか。

酸素不足は何を引き起こす?」を書いた。

 その後、もっとも遅かった3月19日の記録を越え、ついに4月になってしまった。

そして、4月9日、滋賀県は

「平成30年度冬期の琵琶湖北湖一部水域における全層循環の未確認について」を発表した。

「現時点で水深80m前後までは確認しているものの

(中略)平成30年度冬期には第一湖盆(水深約90m)において確認できませんでした」

 このことを私たちはもっと重く受け止める必要がある。

「水と温度の不思議な関係」   

なぜ今年は全循環が起きなかったのか。

そこでまず、水と温度の関係について考えてみたい。 

水は液体、固体、気体という3つの状態に変化する。

1気圧では、温度が0~100℃のときは液体、

0℃以下のときは固体(氷)、100℃で気体(水蒸気)になる。

1つの物質の固体、液体、気体という3つの状態を、日常生活のなかで確認できる。

これが水の変わった性質だ。

他の物質は、温度や圧力の変化を実験室など特別な環境でつくり出さない限り、

固体、液体、気体への変化を確認することはできない。

湖のなかの水の移動は、温度と関係している。

お湯を沸かしているとき、表面はある程度熱くなっていても、

少し手を入れてみると、まだぬるいことがある。

それは温められた水が表面に上がってきたためだ。水は温まると軽くなって上昇する。

反対に冷えると重くなる。水は冷えると密度が大きくなる。

琵琶湖の全循環は、冷たい空気によって冷やされた表面の水が

沈みこむことにより水が混ざり合う現象だ。

滋賀県の年間降水量!ものすごい違いが見られます!

そう考えると不思議なことがある。

寒い冬の朝、池に張った氷を割ってみる。

なぜ液体の水があるのか?

湖も同じだ。ワカサギ釣りをしようと張った氷に穴をあけると液体の水があり、

魚が元気に泳いでいるのはなぜか? 

なぜグラスに浮かべた氷は水に浮いているのか? 

冷えると密度が大きくなるなら氷はグラスの底に沈むはずではないか?

ここが水の変わったところだ。ほとんどの物質は、液体より固体のほうが重い。

なぜなら液体よりも固体のほうが密度が大きいから。

ミクロなレベルでのぎっしり度が固体のほうが大きいので、固体のほうが重くなる。

ところが水は、固体の氷のほうが液体の水より密度が小さい。

液体の水より氷のほうが分子間のスキマが多い。

グラスに氷が浮かんでいるのは、こういう理由からだ。

水と密度と温度の関係を考えると、

水は約4℃のときにいちばん密度が大きくなる。約4℃の水がいちばん重い。

水がほかの物質のように液体より固体のほうが重かったら、

池、川、湖は底から凍る。そうしたら、私たちの生活などありえない。

地球の水はすべて氷に封じ込められ、池、川、湖は姿を消し、空気は乾燥して雨は降らなくなるだろう。

もちろん、そこにいきものの姿はない。

水が約4℃のときにいちばん重くなるという奇妙な性質が、地球のいきものを生かしている。

おそらく、あのジュエリーブランドは、水のこの性質から名前をつけたのだろう。

「全循環と温度の関係」  もちろん全循環も温度と水の関係が大きく関係する。

「呼吸を止めた」マザーレイク・異常でかたずけるべきでは無い、水と温度の奇妙な関係!!

夏場に温められた湖の水が、秋になって冷たい空気に触れ、密度が大きくなる。

下の層の水より重くなって沈み始める。

さらに秋が深まり気温が下がると、水はより重くなり、より深い所まで沈む。さらに冬が訪れると・・・。

この繰り返しによって、表層の水がいちばん深いところまでたどり着くと全循環の完了となる。

では、今冬にはなぜ全循環が起きなかったのか?

まず、昨夏は気温が高く、湖表面の水温も高くなった。

水は温まりにくいが、一度温まると冷めにくい。

さらにその後の気温も平年より高かったために表面の水温が下がらなかった。

つまり、水は重くならない、沈まない、混ざりにくい、ということだ。

じつは、もう1つ理由がある。

2018年の冬は寒かった。

水温も下がった。

琵琶湖は1月22日に深呼吸した。

その水が湖底に残っていることも、水が混ざりにくい原因になっている。

湖表面の水は酸素を多く含む。その水が沈んでいかないと、酸素の届かない場所が出てくる。

琵琶湖の水深はいちばん深い場所で103メートル。

現在、水深80メートルまでは酸素が届いているが、それより深い場所には届いていない。

滋賀県の発表では、現在、全循環していない水域における酸素濃度は水1リットル当たり5ミリグラム程度。

湖底に生息するエビや貝類などが酸欠状態に陥るとされる

「貧酸素」状態(水1リットル当たり酸素2ミリグラム)にはなっていない。

こんなに綺麗な夕陽に琵琶湖の呼吸不全は感じないが!

しかし、今後の酸素量の増減は予測できない。

強い風により水深80メートルより浅い場所にある水と混ざり合い、

ある程度回復することも考えられるが、一方でさらに低下する可能性もある。

そうなると湖底にすむいきもの、湖全体の生態系、水質などに影響を与えるだろう。

たとえば、下層で無酸素層が発達すると、全リン、特にリン酸態リンの濃度が増加し、

かつてリンが増加して赤潮が発生したようなことが起きる可能性もある。

そして、この現象を「今年の琵琶湖は異常だった」で片付けるべきではない。地球は温暖化傾向にある。

ここ数年、夏の気温が上がり、秋以降も気温があまり下がらない。

それは表面の水温が上がったまま下がらず、湖底に沈んでいかないことを意味する。

今後も温暖化傾向は進むと予測されているので、この現象も続く、もしくはエスカレートしていくだろう。

じつは水温の変化についてきちんとデータをとっている湖は少ない。

水質だけでなく水温についても考える必要がある。

琵琶湖の今後を引き続き注視するとともに、私たちにできることは何かと、あらためて考える必要がある。

これまで日常生活のなかで湖沼を守る活動といえば、汚れた水を流さないことに代表された。

だが、今後は温暖化をこれ以上進めない行動、水温をこれ以上上げない行動、

湖に酸素を供給する活動なども考える必要があるだろう。

私たちは観測史上例のない時代を生きることになった。     

YAHOO! JAPAN 記事より。

 

 

海底の酸素不足を探る!


 酸素不足は何を引き起こす?!前年の気温・水温、夏場の気温・水温、台風などで湖水の撹拌が!

 

[今年の琵琶湖は深呼吸をしないのか。酸素不足は何を引き起こす?]  

「琵琶湖の異変」  

今年はまだ琵琶湖が深呼吸をしていない。このままどんどん気温が上昇したら、今年は深呼吸しないかもしれない。

そうなると観測史上初めての出来事となる。水は温度が下がるにつれて密度を増して沈む。

湖の表面が寒風や雪解け水で冷やされると、水は徐々に下降しはじめる。

湖面の水が湖底に向かい、湖底の水が上昇し、対流する。

湖底まで混ざることを「全循環」という。

湖面の水は酸素をたくさん溶かしている。一方、湖底では少しずつ酸素が消費されていく。

全循環が起きると、湖底に1年分の酸素を供給することができる。

そうしたことから別名「琵琶湖の深呼吸」と言われる。

琵琶湖の湖底には魚、エビ、貝類、そのほか微小な生物がたくさん生息しており、

生態系維持のために「深呼吸」は不可欠だ。

このままでは琵琶湖は、生態系に被害が広がる!

それが今年はまだ起きていない(3月12日現在)。

以下は最近の全循環が起きた日である。

2007年3月19日    2008年2月12日    2009年2月23日    2010年2月8日    

2011年1月24日    2012年2月13日    2013年1月29日    2014年2月17日    

2015年2月2日    2016年3月14日    2017年1月26日

2018年1月22日    2019年 ?

琵琶湖環境科学研究センターは、琵琶湖の中でも水深が最も深いとされる高島市沖約3キロの地点で底層

(水深約90メートル)、表層(水深50センチ)の水中の酸素量を示す「溶存酸素濃度」を週1回程度調査している。

水1リットル当たりの酸素がいずれも10~11ミリグラムになったときに全循環が起こったと判断している。

過去12年では、1月に4回、2月に6回、3月に2回。

前年の気温・水温、夏場の気温・水温、台風などで湖水の撹拌が起きたか否か、

そして冬場の気温・水温などによって全循環の日は変わると考えられている。

観測開始以来、これまでいちばん遅く全循環が起きたのが2007年。

この年は記録的な暖冬で、全循環が確認できたのは3月19日だった。

湖底調査で琵琶湖特産のイサザの大量死も確認された。

ワイヤのついた水中ロボットを水深91メートルの湖底まで下ろすとモニターに、

死んで白くなったイサザが映し出された。

数メートルおきに死んでいた場所も見つかった。湖底の酸欠が原因で死んだと考えられている。

もし全循環が起きなければどうなるか。

循環しないことによる様々な影響が懸念される。

2007年のように酸素が減って魚が死ぬ可能性は十分にあるが、他の生物にも影響を与えるので、

湖の生態系のバランスが崩れるなど、それ以外のことが起こる恐れもある。

何しろ初めてのことなので予測は難しいが、一般的には以下のような現象が起きるとされている。

・深底部の低酸素化、無酸素化   

・生息する生物の絶滅    

・溶存酸素濃度の低下とともに還元的になった湖底堆積物からリン(栄養塩類)が溶出し水質悪化     

いずれにしても大きな影響が考えられる。

[温暖化による湖の酸素不足は世界的な傾向]  

ただ、温暖化にともない全循環が途絶えたり、起きない年があったりで、深層無酸素や低酸素の状態が続く湖は海外には多数ある。

温暖化の影響を受けたと報告されている主な湖には以下がある。  

中央ヨーロッパの大型湖沼   気候変動と関連した水温上昇   

全循環パターンの変動   低酸素化    中国雲南省フーシェン湖    

底層の無酸素化    アフリカのタンガニーカ湖

深層から表層への栄養塩の供給が低下し魚類の著しい低下じつは前例は日本にもある。

鹿児島県の池田湖だ。

池田湖は薩摩半島南部に位置する九州最大の湖だ。

面積は琵琶湖よりだいぶ小さいが深い湖だ。

これが鹿児島県の池田湖だ!

ここでは1986年以降、上下層の水の混合がなく、底層水は1990年以降、無酸素状態が続いた。

湖底では好気性生物が死滅し、底泥中の窒素、リンが溶出。

湖沼内の窒素、リンの濃度が上昇し、水質が悪化した。

気温が低かった2006年冬には全循環が確認されたが、底層水の溶存酸素量は回復しなかった。

現在も100メートルより深い場所で無酸素状態が続いている。

湖の中の酸素が減るメカニズム、全循環が起こらなくなるメカニズムは解明されてはいない。

さまざまな要素が関連しあって起きるのであって、気温・水温との関連性はその1つでしかない。

湖の面積、深さ、標高、周辺環境や湖内の生態系などとも関わりがあるだろう。

だが、温暖化が進むにつれ、水面が暖かくなって沈みにくくなり、

湖底にまで酸素が届かなくなる傾向にあるとは言えるだろう。

低温や雪解け水の流入によって琵琶湖の表面温度が下がることを祈りたいが、

天気予報では滋賀県はしばらく温暖な日が続くという。

琵琶湖が心配だし、そのほかの湖にも注目したい。  

YAHOO! JAPAN 記事より。

 

 

琵琶湖産の鮎に影響が及ばないことを祈ります!


鮎には琵琶湖産・海産・人工種苗・河川種苗がある!今後琵琶湖産が酸欠状態で大変心配!!!

 

以下は今日のまとめです。

日本最大の湖である琵琶湖が「呼吸不全」に陥っている。

地球温暖化に伴う水温の上昇で、水の循環が滞ったのが一因と専門家は気をもむ。

このまま続くと、酸欠で魚やエビなどの暮らしに深刻な影響を与えかねない。

琵琶湖はどうなってしまたのか。

私が一番心配しているのは、琵琶湖の鮎が全国に放流用として出荷しているから、その鮎にどのような影響下にあるのかも大変心配です

狩野川の沿岸で園芸栽培をしている方に聞いたのですが、最近の鮎はただ群れているだけで、近ずいた鮎を追い払わない。

縄張りを持たない鮎はもう、鮎ではない!そう思ってしまいます!

琵琶湖で群がる小鮎達!凄い数です!!

果たして琵琶湖の鮎がそのようになってしまったのかが大変気になるところです!

放流する鮎には湖産鮎と海産鮎がありますが、どのように違うかというと桂川の鮎は、琵琶湖の鮎だそうです。

私がかつてブログで投稿しましたが、琵琶湖の鮎は本来は、河川から降ってくる鮎をヤナで捕獲しその鮎から産卵させていたのが、

本来の琵琶湖の鮎の姿で、現在では餌をたらふく与えられた琵琶湖の鮎から産卵させていると聞きました。

ですので、餌をたらふく食べて育った琵琶湖産の鮎は、放流しても縄張りを作らないで、

前記したようにただ群れているだけの鮎になてしまっているようです。

そこで海産鮎について調べてみました。

[海産種苗]  

海で稚魚を採捕し、中間育成したもの。宮崎県や神奈川県などでの生産量が多い。

基本的に天然のアユ資源に依存しているために、年変動が大きく安定した供給が困難

単価は総体に高い。

また、基本的な問題として、資源が過剰な時代ならともかく、

地元の河川に遡上するはずのアユを海で取って放流用に他県に出荷することには、反感が大きい。

琵琶湖が現在酸欠状態で、今後、鮎の育成にも大きな支障が出ているものと思われます。

今後どのような展開になるのか琵琶湖の酸欠問題から目が離せません!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。