独特のフレーバーはトスカーナの空高く輝くそよ風のフレーバーで、生産者が醸し出した!キャンティクラシコ・アマ 2018!

Pocket

独特のフレーバーはトスカーナの空高く輝くそよ風のフレーバーで、生産者が醸し出した!キャンティクラシコ・アマ 2018!

独特のフレーバーはトスカーナの空高く輝くそよ風のフレーバーで、生産者が醸し出した!キャンティクラシコ・アマ 2018!

 

最近新しく購入したワインセットの中の試飲記録を紹介します。

そのワインは「2018年  キャンティ・クラシコ・アマ」 です!

イタリア全土から選び抜かれた生産者が集い、各生産者自慢の

1本が振舞われる夢のようなイタリアワインの祭典、オペラワイン。

2021年度は6月開催予定で、イタリアを代表する偉大な生産者達のワインが競演を果たします。

そこで、今回は先だってエントリーが発表されたトップ生産者が手掛けるワインの中から、

エノテカでも選りすぐりのワインを厳選し、セットならではのお得な価格でご用意しました。

元祖スーパータスカンの美学を受け継ぐ気品溢れる赤ワインをはじめ、

キャンティ・クラシコの巨匠が若樹のブドウで仕立てる親しみやすい1本、ピエモンテの

老舗ワイナリーが手掛けるピュアな果実味が魅力のバルベラまで、

イタリアワインの魅力を堪能できるラインナップです。

ぜひこちらのセットで、イタリアが誇る偉大な生産者が手掛けるワインをご堪能ください。

  キャンティ・クラシコの巨匠。若樹のブドウから生まれる親しみやすい味わい。

その名は「2018年  キャンティ・クラシコ・アマ」 

 / カステッロ・ディ・アマ (イタリアトスカーナ) 通常価格 4,290円(税込)

常に最高とも言えるキャンティ・クラシコを造り続ける、名門カステッロ・ディ・アマ。

こちらは、彼らのフラッグシップワインであるサン・ロレンツォの畑に

植樹されている若樹のブドウを用いて造られています。

ラズベリーやチェリーなどの果実のアロマに、スパイスや土を思わせる深みのあるニュアンス。

滑らかなタンニンに繊細な酸が爽やかな果実味と美しく調和し、ハーブの香りを伴った爽やかな余韻を演出します。

エレガンスと親しみやすさを兼ね備えた1本です。 

【ブドウ品種:サンジョヴェーゼ96%、メルロ4%】

エノテカonline より。

 

 

 


最良のブドウから生まれる、2つのキャンティ・クラシコ!!

巨匠の手腕をお手頃価格で愉しめる、高コスパのキャンティ・クラシコ!最良のブドウから生まれる、2つのキャンティ・クラシコ!!

 

[キャンティ・クラシコ・アマ]    

巨匠の手腕をお手頃価格で愉しめる、高コスパのキャンティ・クラシコ。

若樹から生まれる、活き活きとした果実味が魅力。 4,290円

キャンティ・クラシコ最高峰の生産者であり、トスカーナの

ワイン造りを牽引する作り手、カステッロ・ディ・アマ。

こちらは、彼らのフラッグシップワインである

サン・ロレンツォの畑の若樹のブドウを使用。

よりフレッシュなスタイルで、巨匠の手腕を3,000円台という

価格で味わうことができるお値頃キュヴェです。

[味わい]    

外観はチェリーレッドの色調。

レッドチェリーやラズベリーのフレッシュなアロマに、クローブのニュアンスが重なります。

口に含むと、繊細な酸が赤系果実の風味と綺麗に調和しておりエレガントな印象。

余韻にかけてのドライハーブやミネラルのニュアンスが爽やかさを感じさせます。

バランスの取れたキャンティ・クラシコらしさを感じさせる1本です。

キャンティ・クラシコの真髄を求める「カステッロ・ディ・アマ」

1972年にスタートし、いまやキャンティ・クラシコ最高の生産者であり、トスカーナのワイン造りを牽引する存在でもある、カステッロ・ディ・アマ。

現在のオーナー兼醸造家であるマルコ・パランティ氏は、長年キャンティ・クラシコ協会の

会長を務め、2003年『ガンベロ・ロッソ』誌の

ワインメーカー・オブ・ザ・イヤーも受賞している偉大な人物。

マルコ氏は1980年代、キャンティ・クラシコが『早く飲める安ワイン』という存在だった時代に、

「5年経っても美味しく飲める=熟成するキャンティ・クラシコを造る」と目標を掲げ、

ブルゴーニュ的な『クリュ』ごとに収穫・醸造する方法、

収量を約50%に制限すること、という2つの手法を持ちこむことで、圧倒的に品質を向上させました。

その結果、メルロ100%であるスーパータスカンの「ラッパリータ」や、最上の

単一畑キュヴェ「キャンティ・クラシコ カズッチャ」、「キャンティ・クラシコ ベラヴィスタ」などの、

それまでのキャンティ・クラシコでは考えられないような

上級キュヴェを発表し、世界中から高い評価を受けました。

[最良のブドウから生まれる、2つのキャンティ・クラシコ]    

現在カステッロ・ディ・アマでは、実に10を超えるワインを生産していますが、

最も重要とされているのが、フラッグシップワインである

『サン・ロレンツォ キャンティ・クラシコ グラン・セレツィオーネ』。

アマが所有する畑のうち上級キュヴェの単一畑を除く、約65haの畑から高樹齢の樹を選び、

一般的な量の半分以下という超低収量で栽培、本当に良いブドウだけを厳選して造られており

、2010年から制定されたキャンティ・クラシコの最上級格付けである

「グラン・セレツォーネ」の名に恥じない素晴らしいクオリティを有しています。

こちらは初ヴィンテージとなった2010年が世界屈指のワイン専門誌として有名な

ワインスペクテーター誌の2014年トップ100ワインにおいて6位にランクイン。

しかも、イタリアワインとしてトップ10内へ唯一ランクインするという快挙を成し遂げました。

そして、そのサン・ロレンツォの 「弟分」とも言うべき、もうひとつのワインがこちらの、キャンティ・クラシコ・アマです。

カステッロ・ディ・アマでは1996年より、長期的な品質保持のため、

樹齢を重ねすぎた樹を若樹に植え替えるよう畑の整備を行ってきました。

その若樹も植樹から20年ほどが経ち、ワインに仕立てられる品質の果実を実らせるまでに生育しました。

ただ現段階ではまだサン・ロレンツォには使用できる

水準ではないことから、よりカジュアルなこのキュヴェが誕生しました。

アマならではの格式はそのままに、よりフレッシュで

爽やかなスタイルのワインに仕上がっています。

[アロマティックかつ味わいのバランスに優れた出来栄え]    

外観は朱色を含んだルビーレッドの色合い。

グラスに注ぐとラズベリーやチェリーなどの果実のアロマが瞬時に広がり、

スパイスや土のような深みのあるニュアンスも漂ってエレガントな印象。

口当たりは柔らかく、滑らかなタンニンに酸味が

アクセントとなって爽やかさな余韻を演出しています。

アロマティックかつ味わいのバランスに優れた出来栄えとなりました。      

ENOTECA online より。

 

 

1972年にスタートし、いまやキャンティ・クラシコ最高の生産者であり、トスカーナのワイン造りを牽引する存在でもある!!

1972年にスタートし、いまやキャンティ・クラシコ最高の生産者であり、トスカーナのワイン造りを牽引する存在でもある!!

 

[巨匠の手腕をお手頃価格で愉しめる、高コスパのキャンティ・クラシコ。]   

ワイン 赤ワイン 2018年 キャンティ・クラシコ・アマ / カステッロ・ディ・アマ イタリア トスカーナ キャンティ 750ml

[キャンティ・クラシコの真髄を追い求める、「カステッロ・ディ・アマ」] 

1972年にスタートし、いまやキャンティ・クラシコ最高の生産者であり、

トスカーナのワイン造りを牽引する存在でもある、カステッロ・ディ・アマ。

現在のオーナー兼醸造家であるマルコ・パランティ氏は、長年キャンティ・クラシコ協会の会長を務め、

2003年『ガンベロ・ロッソ』誌のワインメーカー・オブ・ザ・イヤーも受賞している偉大な人物。

マルコ氏は1980年代、キャンティ・クラシコが『早く飲める安ワイン』という存在だった時代に、

「5年経っても美味しく飲める=熟成するキャンティ・クラシコを造る」と目標を掲げ、

ブルゴーニュ的な『クリュ』ごとに収穫・醸造する方法、収量を約50%に制限すること、

という2つの手法を持ちこむことで、圧倒的に品質を向上させました。

その結果、メルロ100%であるスーパータスカンの「ラッパリータ」や、

最上の単一畑キュヴェ「キャンティ・クラシコ カズッチャ」、

「キャンティ・クラシコ ベラヴィスタ」などの、

それまでのキャンティ・クラシコでは考えられないような

上級キュヴェを発表し、世界中から高い評価を受けました。

現在カステッロ・ディ・アマでは、実に10を超えるワインを生産していますが、

最も重要とされているのが、フラッグシップワインである

『サン・ロレンツォ キャンティ・クラシコ グラン・セレツィオーネ』。

アマが所有する畑のうち上級キュヴェの単一畑を除く、約65haの畑から高樹齢の樹を選び、

一般的な量の半分以下という超低収量で栽培、本当に良いブドウだけを厳選して造られており、

2010年から制定されたキャンティ・クラシコの最上級格付けである

グラン・セレツォーネ」の名に恥じない素晴らしいクオリティを有しています。

こちらは初ヴィンテージとなった2010年が世界屈指のワイン専門誌として有名な

ワインスペクテーター誌の2014年トップ100ワインにおいて6位にランクイン。

しかも、イタリアワインとしてトップ10内へ唯一ランクインするという快挙を成し遂げました。

そして、そのサン・ロレンツォの 「弟分」とも言うべき、

もうひとつのワインがこちらの、キャンティ・クラシコ・アマです。

カステッロ・ディ・アマでは1996年より、長期的な品質保持のため、

樹齢を重ねすぎた樹を若樹に植え替えるよう畑の整備を行ってきました。

その若樹も植樹から20年ほどが経ち、ワインに仕立てられる品質の果実を実らせるまでに生育しました。

ただ現段階ではまだサン・ロレンツォには使用できる水準ではない

ことから、よりカジュアルなこのキュヴェが誕生しました。

アマならではの格式はそのままに、よりフレッシュで爽やかなスタイルのワインに仕上がっています。

[アロマティックかつ味わいのバランスに優れた出来栄え。]   

外観は朱色を含んだルビーレッドの色合い。

グラスに注ぐとラズベリーやチェリーなどの果実のアロマが瞬時に広がり、

スパイスや土のような深みのあるニュアンスも漂ってエレガントな印象。

口当たりは柔らかく、滑らかなタンニンに酸味がアクセントとなって爽やかさな余韻を演出しています。

アロマティックかつ味わいのバランスに優れた出来栄えとなりました。

2018 CHIANTI CLASSICO AMA / CASTELLO DI

ブドウ品種:サンジョヴェーゼ(96%)、メルロ(4%) 

熟成期間:バリック樽にて熟成  

アルコール度数:13%  

飲み頃:~2030年    

ENOTECA より。

 

 

カステッロ ディ アマ キャンティ・クラシコ アマ!

カステッロ ディ アマ キャンティ・クラシコ アマ!イタリアワインとしてトップ10に唯一ランクインしていることからも、評価の高さが伺えます!

 

[カステッロ ディ アマ キャンティ・クラシコ アマ/AMA CHIANTI CLASSICO CASTELLO DI AMA ~おすすめワインリスト~]    

今回おすすめするワインはこちら。

キャンティ・クラシコの頂点を極めたと称される「サン・ロレンツォ キャンティ・クラシコ グラン・セレツィオーネ」の造り手が手掛ける一本。

将来サン・ロレンツォに使用される予定の若い樹から採れる葡萄から作られています。

サン・ロレンツォ2010年は、ワイン専門誌ワインスペクテーターが選ぶ2014年トップ100ワインにおいて6位に選ばれています。

イタリアワインとしてトップ10に唯一ランクインしていることからも、評価の高さが伺えます。

このキャンティ・クラシコ アマにも、造り手の高い能力がよく表れています。

赤系果実の香りと僅かなスパイスのニュアンス。

若々しい果実味と酸味を感じますが、やわらかなタンニンとの調和が素晴らしく、気品が感じられます。

この気品はブルゴーニュのピノ・ノワールから作られるハイレベルなワインにも通ずる、心地よい気品です。

特徴的な身体意識は、センター(細径軸・中径軸)、中丹田、温球、側軸(サイド・センター)です。

細径軸は美しい天性のクオリティで気品を感じさせます。これがブルゴーニュのワインとの共通点です。

中径軸は顔よりも少し下から地下まで抜けています。

この中径軸の効果によって、味わいの各要素が美しく調和しているのでしょう。

中丹田は大きいですが、品のよいまとまり感があります。

温球も大きく縦長で顔の辺りまでありますが、心地よい温かさです。

地下から中丹田辺りの高さまで、第2側軸が通っています。

これは骨格と安定感を生むものですが、強すぎない通り方をしています。

そうすることで、タンニンのやわらかさを生み、

全体のバランスを取りつつ飲みやすい味わいにしています。

料理にも合うハイレベルなキャンティですので、ぜひお試しください。

冒頭でも紹介させていただきましたが、この造り手の

サン・ロレンツォ キャンティ・クラシコ グラン・セレツィオーネも素晴らしいワインです。

気品とパワーを兼ね備えており、長期熟成も可能です。

ちなみに、「グラン・セレツィオーネ」は2013年より新たに設けられたリゼルバよりも格上の呼称です。

キャンティ・クラシコでは、収穫から12ヶ月で出荷可能、アルコール度数12%という規定です。

それがキャンティ・クラシコ・リゼルバでは収穫から24ヶ月、アルコール度数12.5%という規定。

さらにグラン・セレツィオーネでは収穫から30ヶ月以上、アルコール度数13%以上、

自社畑のブドウを100%使用、などのより厳格な規定があります。

今日までにこのグラン・セレツィオーネに認定されたワインは、

キャンティ・クラシコ全体の約5%です。このことからも品質の高さが伝わりますよね。

一般的な味わいなどの詳細は、インポーター資料より抜粋します。

《キャンティ・クラシコの名門、カステッロ・ディ・アマ。

現在のオーナー兼醸造家であるマルコ氏は、長年キャンティ・クラシコ協会の会長を務め、

2003年『ガンベロ・ロッソ』誌のワインメーカー・オブ・ザイヤーも受賞。

マルコ氏は、キャンティ・クラシコが『早く飲める安ワイン』という存在だった時代に、

「5年経っても美味しく飲める=熟成するキャンティ・クラシコを造る」と目標を掲げ、

収量を約50%に制限し、畑の特徴を活かすため、

ブルゴーニュ的な『クリュ』ごとに収穫・醸造する方法を取り入れました。 

彼が目指したのは、「キャンティ・クラシコ」のワインを造るのではなく、

あくまで「カステッロ・ディ・アマ」のワインを造ること。

キャンティ・クラシコの名に頼らず、自身の名に恥じない品質のワインを作ることを目指しました。

このような努力により、ワインの品質は劇的に向上し、

アマのワインそしてキャンティ・クラシコは世界的に高い評価を獲得。

 

 

ステッロ・ディ・アマは、キャンティ・クラシコの地位を復活させた、イタリアが誇る名生産者なのです!


キャンティ・クラシコの地位を復活させた、イタリアが誇る名生産者なのです!!!

 

カステッロ・ディ・アマは、キャンティ・クラシコの地位を復活させた、イタリアが誇る名生産者なのです。 

現在カステッロ・ディ・アマでは、単一畑から造られる最上級のキャンティ・クラシコ

『カズッチャ』や『ベラヴィスタ』、イタリア最高峰のメルロ100%のワイン

『ラッパリータ』を手掛ける一方、サンジョヴェーゼとトスカーナ由来ではないブドウが

ブレンドされたワイン『イル・キウーゾ』や『ハイク』など、 実に10を超えるワインを生産しています。

いずれも高得点を得る素晴らしい出来栄えのものばかりですが、アマの基本精神はより良いキャンティ・クラシコを生み出すこと。

その為最も重要とされているのが、ワイナリーの名を冠したフラッグシップ・ワインである

『カステッロ・ディ・アマ キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ』。

畑の面積からいえば年産平均45万本造れるところを、実際はその半分以下の15~20万本。

これは本当に良いブドウだけを使い、収穫量を低く抑えてワインを造っているからこそ。

『キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ』は、まさにキャンティ・クラシコにこだわり抜いた

アマの理想が詰め込まれた1本なのです。アマの敷地内には、

著名なアーティストたちによるアート作品が無数に存在しています。

そのアート達は、2000年より始まったサイトスペシフィック・アートプロジェクトの

一環で、アートでアマのテロワールを表現するというもの。

毎年異なるアーティストにアマという土地を実際に訪れてもらい、

その雰囲気を把握したうえで作品が手掛けられます。

マルコ氏は、「醸造家の仕事はオーケストラの指揮者のようなもので

与えられるブドウ(=楽曲)は一緒。

しかし、醸造家の解釈や感受性次第で、作品(=ワイン)は変わってくる。

これはアーティストにも同じことが言え、アマという土地で生まれる作品、

それはすなわちワインを造っていることと同じ。

ワインには現代的な味覚が必要であるために新しいことを恐れてはならないし、新しい解釈も必要。

こうしたことはすべてアートと共通する。」と語っており、現在でもこの活動は続けられています。

 1972年にスタートし、いまやキャンティ・クラシコ最高の生産者であり、

トスカーナのワイン造りを牽引する存在でもある、カステッロ・ディ・アマ。 

カステッロ ディ アマ キャンティ・クラシコ2015キャンティ・クラシコの頂点、サン・ロレンツォの弟分。

若樹から生れる、活き活きした果実味が魅力の格式とカジュアルさを兼備した1本。   

 カステッロ・ディ・アマでは1996年より、長期的な品質保持のため、

樹齢を重ねすぎた樹を若樹に植え替えるよう畑の整備を行ってきました。

その若樹も植樹から20年ほどが経ち、ワインに仕立てられる品質の果実を実らせるまでに生育しました。

ただ現段階ではまだサン・ロレンツォには使用できる水準ではないことから、

よりカジュアルなこのキュヴェが誕生しました。

アマならではの格式はそのままに、よりフレッシュで爽やかなスタイルのワインに仕上がっています。

 サン・ロレンツォで改めてその実力を世界に知らしめた、

カステッロ・ディ・アマ の手腕を3,000円台という

価格で味わうことが出来る、非常にお買い得なワインです。》     

BODY AWARENESS OF WINE より。

 

 

この独特のフレーバーはトスカーナの空高く輝くそよ風のようなフレーバーで、このワインを作るキャンティ・クラシコの最高の生産者が造り出した独特なフレーバー!

この独特のフレーバーはトスカーナの空高く輝くそよ風のようなフレーバーで、このワインを作るキャンティ・クラシコの最高の生産者が造り出した独特なフレーバー!!試飲評価・★★★★++!

 

「2018年  キャンティ・クラシコ・アマ」  

常に最高とも言えるキャンティ・クラシコを造り続ける、名門カステッロ・ディ・アマ。

こちらは、彼らのフラッグシップワインであるサン・ロレンツォの畑に植樹されている若樹のブドウを用いて造られています。

ラズベリーやチェリーなどの果実のアロマに、スパイスや土を思わせる深みのあるニュアンス。

滑らかなタンニンに繊細な酸が爽やかな果実味と美しく調和し、ハーブの香りを伴った爽やかな余韻を演出します。

エレガンスと親しみやすさを兼ね備えた1本です。 

【ブドウ品種:サンジョヴェーゼ96%、メルロ4%】

試飲記録 2021-06-20―22-24

飲み比べ相手はパーカー90点ワイン「ロッシェ・デ・ビュイ 2015」産地は南仏ルーション・モリーセッタ!

飲み比べ相手はパーカー90点ワイン「ロッシェ・デ・ビュイ 2015」産地は南仏ルーション・モリーセッタ!

葡萄の品種はグルナッシュ+シラーのブレンドワイン!

外観:グラスに注いだ時にその色合いを見て、このワインはいいワインだと思った!

それはルビーレッドの明るい色合いで、トスカーナのワイナリー生産者の力を見せつけられたのです!

アロマ:ワインのコルク栓を抜いた時に、放った葡萄のアロマは、いい香りを抱いていて、いいワインはこうでなければと思いました!

その葡萄のアロマの香りは、ベリー系のカシスの良い香りを高らかに放っていた!

ボディ:このワインの飲み応えは十分にあって、そのボディの素晴らしさを表していた!

そのボディはフルボディの飲み応えでこのワインのクオリティの高さを表しています!

アタック:口に含んだ時に、このワインの特徴で強いフレーバーは、それがこのワインの最大の特徴になっています!

そのフレーバーはトスカーナの空高く輝くそよ風のようなフレーバーでした!

これがこのワインの評価の高さを表しています!その評価は四つ星++の高評価!

ストラクチュア:この独特の強いフレーバーはやはり強めの酸味とタンニンの渋みを伴っていて、そのバランスは良いストラクチュアだ!

このストラクチュアがこのワインのクオリティの高さだろうか!

一口評:飲み比べでは「ロッシェ・デ・ピュイ 2015」 のワインはすでに日にちが経っていて十分にデキャンタ効果が現れていてその美味さには、かないませんでした!

このワインは前記したように、この独特のフレーバーは

トスカーナの空高く輝くそよ風のようなフレーバーで、このワインを作るキャンティ・クラシコの最高の生産者が造り出した独特なフレーバーで、

このワインの評価が高いのはその生産者が熟成させたワインだからです!

そのフレーバーはサン・ロレンツォの畑の空高く打ち上げられた独特のフレーバーで大変美味しくいただけました!!

今日の料理は「タコの絡み揚げ」でそれとは良いマリアージュでした!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。