泳がせ釣りの名手の・親友と葉山島へ!10月1日・だが川の状態は・良くない!

Pocket

彼が泳がせ釣りの名手、辻垣さんです。今日は大きな鮎をつって貰いたい思いでした!!


泳がせ釣りの名手の・親友と葉山島へ!10月1日・だが川の状態は・良くない!

 

10月1日親友と葉山島へ!

先月末にデカイ鮎三匹を釣り上げて、その熱気がまだ治らない今日、再び葉山島の何時もの場所へ!

六時には、泳がせ釣りの名手の親友もすでに来ていて、囮を購入して現場に入りました。

周囲にはまだ誰もいません!!

私が下流に折り畳み椅子をセット!

彼は上流に陣取っていざ出陣!!

川を見てすぐに気づいた!

たった三日で水量が少なくなっていて、川面は頼りない面影でした!

頼りないとは、深場が深くなくて石ぞこが丸見え状態!

ここの深場で、先日の9/27に巨大な鮎がかかった瞬間を見た!!この面影は今日は無い!!

これでは釣れないだろー!そうー瞬間に思った!

やむなく仕掛けを、いつものダイワのアヴァンサーに付けて、流れにそっと乗せた!

この囮は泳ぎの名手で何処までも泳ぎまくっていた!

囮には色々あってこのようによく泳ぎまくる者と、もう一匹は流れに送り出してもすぐに、こっちへ帰ってくる!

やはり囮には個性があって、千差万別があるのです!

囮やで見ただけでは、その泳ぎの良さまではわかりません!

彼には、ここの巨大な鮎に立ち向かうべき、PEラインで頑丈さを強調した仕掛けを手渡した。

このPEライン0.3号で、水中糸を強化しました!!

これに満開チラシの8.5号の大きめの針も手渡して完全を図った!!

これが掛が早いといわれる、満開チラシのキツネの8.5号です!

囮屋さんから聞いたPEやメタルは釣れないと言う話を、まだ正確に聞き直していなかった!

何故釣れないのか疑問が残ったままだ!!

それはさておき、二人とも上流に行ったり下流に行ったりを繰り返し、挙句には上下を入れ替えてみたりと色々試したが、一向にアタリすらありません!!

周囲には見渡す限りでは20人ぐらいが一挙に見れますが、ほとんどが鮎竿をしならせていなかった!!

三日前が釣れていたので、こんなに多くの釣り人が来たのに、どうやら今日は皆が釣れないようだ!!

鮎の友釣りも今日で終了かをも思わす—–そんな日でした!!

 

 

写真では分からないが、水量が減りおよそ釣れそうな気配が無い!!


水量が減り!川の状態は最悪!これでは釣れないの・予感が漂っていた!

 

先日川向う岸で10匹以上を釣っていた凄腕の方も来ていましたが、今日は珍しく一向に掛かる気配がなく、今まで見たこともない彼が、何と休んでいました!

彼こそ泳がせ釣りの名手で、先日は10匹以上を釣り上げていましたが、今日は苦戦しています!

それだけ釣れないのです!!

私は釣れない時間を持て余して、折りたたみ椅子でウトウトといつもの居眠り!

だが今日は寝込みを襲う鮎はいませんでした!

先日はここで寝込みを巨大な鮎に襲われた!だが今日は何も起こらなかった!

こちらサイドには高齢の釣り人が、彼の上流に入りました。

が、一向に釣れずに囮が弱り果てて、私の下流で珍しく掛けた方に頼んで鮎をもらって、また上流で粘っていました!

釣れていたのは確か三人だけでした!

私は暇つぶしに釣れた人の数を何匹かを数える癖があり—–習慣になっています!

だが、それを状況判断に役立てています!

周りで釣れ始めるとやがて釣れ出す傾向がありますので、これを大事に見ているのです!

だが今日は渋すぎる、今年はこんな事が実によくありました!

嬉しくないが、それだけ釣れない年なのです!!

釣れないくせに何故巨大な鮎がいるのか、それが不思議です!

これが相模川サ最大の鮎33.7の記録です。

これも相模川の巨大鮎です!!

囮屋さんに聞いてもこれだけ大きな鮎がいるのは、記憶にないそうです!

相模川のポテンシャルが凄いのはこの巨大な鮎でよくわかりますが、ですが釣れません!!

釣れないのでやがて、彼も今日は帰りますと言って帰り仕度を始めましたが、まだ時刻は12時ちょっと過ぎ!

私もこれ以上粘っても釣れないと思ったが、もう少し粘る事にしました!

流れをよく見ても鮎の姿が見えません!

時々キラッと光りが見えますが、これもほんの僅か!

鮎の数が絶対的に少ない上に、ナワバリで追いかけない!!

それが今年というか、何年もヅット続いています。

やがて鮎の友釣りもできなくなる日が来るのでしょう!!!

そんな事を思いながら粘ってみたが、一向にアタリすらなく私も帰り支度に取り掛かりました!!

今年はまだ来れるでしょうか!!

年権者の漁期は10月14日まで!

今日の状態ではこれが最後だと思う—–そんな1日でした!

この後、台風が日本海を通過しますが、雨の量次第で川の状態が改善すれば、まだ少し可能性が残っています!

それに期待しましょう!

今日は家に帰って、大きな囮二匹で赤ワインのお供にするつもりです!!

これは先日釣った八寸の鮎三匹です。私の人生で二度と現れない大物です!!

寂しい限り!

だが今年は囮すら持ち帰れない日々が多くありました!

家を出るとき妻に囮だけは持ち帰ってね!

そう言われたのを思い出していました!!

だが釣りとはこんなものです!!

それが釣り!!

そう慰めるしかありません!

親友に大きな鮎を釣らせたいの思いで来ましたが—–願いは叶いませんでした!!

こんなに大きな鮎が釣れるのは、今後、十年はないと思います!

これから十年も鮎の友釣りができることはないでしょうが、いつ大きな鮎が相模川に現れるのか、興味は尽きません!

そんな思いを巡らせならが、我が愛車インサイトを走らせていました!!

ありがとう相模川!

ありがとう辻垣さん!!

多分懲りもなく、もう一度ここに来るでしょう!

釣れなくても—–それが鮎釣りです!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。