朽ちた枯れ木が骨のように見えることから「骨捨て場」!浸食作用は、自然サイクル!

Pocket

朽ちた枯れ木が骨のように見えることから「骨捨て場」!

朽ちた枯れ木が骨のように見えることから「骨捨て場」!浸食作用は、沿岸の自然サイクルの一部!!

 

米サウスカロライナ州南東部、朽ちた枯れ木が骨のように見えることから「骨捨て場」と呼ばれるエディスト島の浜辺。

枯れたオークの枝が、満潮で水面からのぞく。

浸食作用は、沿岸の自然サイクルの一部だ。

かつて稲作で栄えたこの地に広がる湿地帯には、豊かな自然と歴史が今も息づいている。    

行き方ー羽田空港ーチャールストン国際空港=アトランタ経由約16時間ー車で約1時間半。   

NATIONAL GEOGRAPHIC。

これに関連する浸食作用を検索します。

 

 

地層処分から見た侵食作用!

地層処分から見た侵食作用!日本列島では!大きな侵食速度のために, 大きな地形・地質布の変化が!

 

[地層処分から見た侵食作用の重要性]     

-海成段丘を対象とした侵食速度の推定を例に- 藤原 治, 柳田 誠, 三箇 智二, 守屋 俊文

日本列島では最新の地質時代である第四紀において, 活発な地殻変動と大きな侵食速度のために, 大きな地形・地質布の変化が生じてきた。

そして今後もこうした変化は継続し, その結果, 動水勾配や水理地質構造を通じて地下水の流動や水質にも影響が生じると考えられる.。

その影響の評価が安全で現実的な高レベル放射性廃棄物の地層処分の実現可能性を考える上で重要な問題である.。

そのためにまず, 将来数万年間について評価対象地域の最大侵食深や平均侵食深を予測する必要がある.。

過去に生じた侵食の特徴を詳しく統計的に解析することが, 将来の侵食量を予測する上で基礎データである.。

しかし, こうしたデータを得るためには, 調査手法の開発も含めて課題が多い。

将来の侵食量の予測可能性を検討する一例として, 初期形状が比較的正確に推定できる海成段丘を対象に,

開析谷の体積から計算した侵食速度と隆起速度との関係を解析した.。

また, 丘陵などの侵食に関するデータも併せて検討した.。

これらのデータからは, 隆起した陸地の体積のうち侵食される割合は,

一般に離水時 (段丘化) から最初の12.5万年間では10~20%程度である.。

この比率は, その後の10万年では数十%程度に増加し, 最終的に隆起速度と侵食速度は,

丘陵では数十万年, 山地では100万年程度で平衡状態に達する。 

外洋とラグーンをつなぐ流路である潮流口の両端には潮汐三角州ができる!

「地形」のもつ理由!氷期-間氷期サイクルにともなう海水準変動の作用は見逃せない!!

[地形の基礎知識 ~「地形」のもつ理由~]

地形の変わり方

私たちの暮らす日本列島は6852の島からなり、国土の約70%は山岳地帯となっている山と島の国で、

わずか14%しかない平野に人口の約5割が集中しています。

国土の大部分を占める山には、活火山と死火山、山脈、そして風化侵食によって削られ残ってできた山があります。

山が削られて生じた土砂は川を運ばれて海に向かって流れ、海の近くではそれらが積もって平野ができています。

さらに世界中の国の中でも6番目の長さを持つ海岸線は、時に砂浜、時に崖、時には磯と変化に富んでいます。

そして、それらは昔からずっとあるわけではなく、新しいものは最近の数万年、数千年の間に形成されたものです。

私たちの身の回りにある山川、平地、高台、海岸、島、あるいは今居る場所の地形には、

すべてでき方とできる原因となった作用があり、材質である岩石の持つ性質の影響を受けています。

これは隠岐ジオパーク!!

また、地形の形成を語る上では、最近数百万年の間続いている大規模な温暖化―

寒冷化のサイクル(氷期-間氷期サイクル)にともなう海水準変動の作用は見逃せません。

現在の平野を形成したこの変動は、日本周辺でも最大で100m以上の海面の低下と上昇がくり返されているのです。

風景、地形なんて、今さら見るようなものではない、なんて思われるかもしれませんが、

そんな当たり前で普通のものが秘めているストーリーを楽しむこともまた、ジオパークの楽しみ方です。 

隠岐ユネスコジオパークより。

 

 

河成堆積システム沿岸堆積システム!

「海食台」・「火砕丘」・「火山」・「カルデラ」・「高位段丘」!河成堆積システム沿岸堆積システム!!

 

[用語の解説カテゴリ別]    

地形

埋め立て地   

土砂などを積み上げることによって人工的に造成した土地を指します。

水面に土砂を投入して造成する場合と、内陸地に盛土して造成する場合とがあります。

イラストを見る河成堆積システム沿岸堆積システム

「海食台」

岩石海岸に見られる地形で、海面下に存在する平らな岩の面を海食台といいます。

緩やかに沖側に傾いています。

「火砕丘」   

繰り返し小規模な噴火を起こした火口の周りにできる、円錐形の火山体です。

降り積もった火山噴出物の種類や、山体の形の違いを基準に、スコリア丘、タフリングなどと細分されることがあります。

オアフ島ココヘッドタフコーンの火砕丘

「火山」   

マグマが地表に噴出したり、マグマによって熱せられた蒸気が地表を吹き飛ばしたりしてできる高まりや陥没地形。

写真を見る火砕丘溶岩ドーム溶岩堤防溶岩堤防2安山岩溶岩火山の噴気孔

「カルデラ」   

巨大噴火で地下のマグマが一気に放出されたりすると、支えを失った地表が陥没して数 kmから数十 kmに及ぶ凹地をつくります。

このような巨大な陥没地形をカルデラと呼びます。

鹿児島湾は、姶良カルデラ!

「高位段丘」   

川や海または湖などの周辺で、末端に崖を伴う平坦面が連続している地形を段丘といいます。

平坦面は堆積作用または侵食作用のいずれでも形成され、それぞれ堆積段丘、侵食段丘と区別されることもあります。

段丘の形成時期は、一般に、高い位置にあるものほど古いです。

「砂丘」  

風によって運搬された砂粒がつくった地形的高まりのこと。

砂丘の形を調べると、砂を運んだ風の向きが分かります。

砂丘の砂粒は、川砂や海砂に比べて、風化や摩耗が激しいことが多いです。

イラストを見る沿岸堆積システム

「三角州」    

川の河口に土砂が堆積してできる平坦な地形を三角州 (デルタ) といいます。

ただし、水面下では、海側に向かってあるところから急速に深くなることがあります。

ここをデルタフロントと呼びます。

イラストを見る沿岸堆積システム

これが扇状地と三角州も違いです!

「自然堤防」   

河川の流路に沿って形成された地形的高まりのこと。

河川が氾濫した際、あふれ出た土砂が堆積することで形成されます。

砂と泥の互層からなることが多いです。

イラストを見る河成堆積システム

「湿地」   

淡水・汽水・塩水にかかわらず冠水する水深6mまでの水域。

湿地のうち植生に覆われているものを湿原と呼びます。

写真を見る泥炭層

「鍾乳洞」   

石灰岩地帯の地下にできた洞穴で、石灰洞とも呼ばれます。

洞穴は、二酸化炭素を含む弱酸性の地下水が、石灰岩を溶か(溶食)したり、侵食したりすることでできます。

洞穴内部には、つらら石や石筍(せきじゅん)などの鍾乳石が沈殿していることがあり、幻想的な地下空間の景色を楽ませてくれます。

「人工改変地」    

人工的に地形を変えたところ。干拓地、埋立地、盛土(堤防・線路など)、ボタ山、ズリ山、遺跡などがあります。

「扇状地」    

山地や丘陵の谷口を頂点とし、低地に向かって砂礫が堆積した扇状の地形のこと。

立体的に見ると、半円錐形をしています。

日本は急峻な山地が多く、湿潤地域であるため扇状地が多数見られます。

また火山活動が主な成因となっている扇状地もあります。

イラストを見る扇状地堆積システム

「蛇行河川」    

曲がりくねった流路をもつ河川。

平野部のゆるやかな流れの河川に一般的です。

流路が頻繁に変わることはありませんが、蛇行は次第に大きくなります。

あまり大きくなりすぎると近道となる新たな流路ができて、屈曲部分は取り残され、三日月湖になります。

写真を見る蛇行河川  

イラストを見る河成堆積システム沿岸堆積システム

「中位段丘」    

川や海または湖などの周辺で、末端に崖を伴う平坦面が連続している地形を段丘といいます。

平坦面は堆積作用または侵食作用のいずれでも形成され、それぞれ堆積段丘、侵食段丘と区別されることもあります。

段丘の形成時期は、一般に、高い位置にあるものほど古いです。

「低位段丘」   

川や海または湖などの周辺で、末端に崖を伴う平坦面が連続している地形を段丘といいます。

平坦面は堆積作用または侵食作用のいずれでも形成され、それぞれ堆積段丘、侵食段丘と区別されることもあります。

段丘の形成時期は、一般に、高い位置にあるものほど古いです。

「泥火山」   火山地帯で水蒸気が泥や砂を噴き上げ、高まりになっているものを泥火山といいます。

また、泥ダイアピルが地表 (海底も含む) に顔を出しているものも泥火山と呼びます。

写真を見る泥火山

「中州」    

川の中で周りの川岸から切り離された島状の陸地で、主に砂や礫からできています。

網状河川にふつうに見られます。

写真を見る中州  

イラストを見る扇状地堆積システム

「波食棚」   

岩石海岸に見られる地形で、満潮時に水没し、干潮時に現れる平らな岩の面を波食棚または波食台といいます。

ほぼ水平か沖側にわずかに傾いており、その沖側の端は小さな崖になっています。

写真を見る隆起波食棚

「バッドランド」   

侵食により多数の谷が刻まれ、岩肌がむき出しになった土地をバッドランドといいます。

乾燥地帯や火山灰台地のように保水の悪い地盤にできます。

写真を見る花こう岩のバッドランド

「浜堤」    

海岸の陸側に、海岸線に沿って形成された地形的高まりのこと。

砂、礫からなることが多いです。

 

「ファンデルタ」    

ファンとは扇状地、デルタとは三角州のことを指します。

つまり、扇状地がそのまま海または湖へ接しているもので、山から海または湖までの距離が短い場合に形成されます。

写真を見るファンデルタ (ミニチュア版)

イラストを見る沿岸堆積システム

これがファンデルタの解説図!

「噴気孔」   

火山活動によるガス (噴気) が放出される孔。ふつう、ガスは空気と混ざり合ってすぐに冷えてしまいますが、

噴火直後の火山の場合、噴気孔からのガスの温度は700℃以上にも達することがあります。

写真を見る火山の噴気孔

「網状河川」    

いくつもの浅い水路と砂州からできている河川。

勾配の大きい、河川の上流部にできることが一般的です。

流路が頻繁に代わり、いったん堆積した土砂を再び流し去るので、泥が堆積しにくい河川です。

 

 

日本列島の地殻変動の図解!


日本列島では、活発な地殻変動と大きな侵食速度のために, 大きな地形・地質布の変化が生じてきた!!

 

以下は今日のまとめです。

米サウスカロライナ州南東部、朽ちた枯れ木が骨のように見えることから「骨捨て場」と呼ばれるエディスト島の浜辺。

枯れたオークの枝が、満潮で水面からのぞく。

浸食作用は、沿岸の自然サイクルの一部だ。

かつて稲作で栄えたこの地に広がる湿地帯には、豊かな自然と歴史が今も息づいている。 

日本列島では最新の地質時代である第四紀において, 活発な地殻変動と

大きな侵食速度のために, 大きな地形・地質布の変化が生じてきた。

日本列島では、活発な地殻変動と大きな侵食速度のために, 大きな地形・地質布の変化が生じてきた!

今後もこうした変化は継続し, その結果, 動水勾配や水理地質構造を通じて

地下水の流動や水質にも影響が生じると考えられる。

その影響の評価が安全で日本列島は6852の島からなり、

国土の約70%は山岳地帯となっている山と島の国で、

わずか14%しかない平野に人口の約5割が集中しています。

国土の大部分を占める山には、活火山と死火山、山脈、

そして風化侵食によって削られ残ってできた山があります。

山が削られて生じた土砂は川を運ばれて海に向かって流れ、

海の近くではそれらが積もって平野ができています。

さらに世界中の国の中でも6番目の長さを持つ海岸線は、

時に砂浜、時に崖、時には磯と変化に富んでいます。

地形の形成を語る上では、最近数百万年の間続いている大規模な温暖化―寒冷化のサイクル

(氷期-間氷期サイクル)にともなう海水準変動の作用は見逃せません。

現在の平野を形成したこの変動は、日本周辺でも最大で

100m以上の海面の低下と上昇がくり返されているのです。

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。