日本の絶景の渓谷・渓流30選!日本の綺麗な川で楽しもう!北海道!東北!関東!甲信越!北陸!東海!関西!四国!九州!!

Pocket

あまりにも有名な「高千穂峡」の絶景!


日本の絶景の渓谷・渓流30選!日本の綺麗な川で楽しもう!北海道!東北!関東!甲信越!北陸!東海!関西!四国!九州!!

 

[絶景の渓谷・渓流30選!日本の綺麗な川で夏の行楽や秋の紅葉狩りを楽しもう]    目次

北海道の美しい渓谷・渓流

東北エリアの美しい渓谷・渓流

関東エリアの美しい渓谷・渓流

甲信越エリアの美しい渓谷・渓流

北陸エリアの美しい渓谷・渓流

東海エリアの美しい渓谷・渓流

関西エリアの美しい渓谷・渓流

四国エリアの美しい渓谷・渓流

九州エリアの美しい渓谷・渓流

[北海道の美しい渓谷・渓流]    

「北海道神居古潭(かむいこたん)」   

くからアイヌの人々の聖地とされてきた「神居古潭(かむいこたん)」。

英雄神サマイクルが、アイヌの人々を滅ぼそうとした

魔神ニッネカムイを刀で成敗し、岩に変えたという伝説が残る峡谷です。

現在では、石狩川に白い木製の神居大橋が架かり、道内有数の景勝地として知られる絶景スポットに。

春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪模様といった、四季折々の美しい景色を楽しめます。

また、アイヌ以前の人々が住んでいた

「神居古潭竪穴住居跡」や、

建設当初の駅舎とSLを展示している

「旧神居古潭駅舎」など、歴史を感じる場所が多数点在。

訪れた際には、あわせてチェック!

[東北エリアの美しい渓谷・渓流]   

「青森県奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)」  

 十和田八幡平国立公園内に位置し、十和田湖から流れる唯一の河川である奥入瀬渓流!

十和田八幡平国立公園内に位置し、十和田湖から流れる唯一の河川である奥入瀬渓流。

十和田湖子ノロから焼山まで約14km続く緑あふれる渓流美は、国の

特別名勝及び天然記念物に指定されており、四季折々の自然美を堪能できます。

渓流沿いには遊歩道が整備されており、約4時間半のトレッキングを楽しめます。

「白布の滝」や「雲井の滝」など複数の滝が点在するほか、

樹齢約400年・幹回り約6mのブナ木「森の神」、苔むした岩々など見どころ多数。

特に、紅葉の見頃となる10月中旬~下旬頃は、多くの探勝客で賑わいます。

「岩手県猊鼻渓(げいびけい)」   

岩手県南部のげいびエリアに位置し、砂鉄川が石灰岩を浸食してできた「猊鼻渓」。

両岸には高さ約100mの断崖が約2kmに渡って続き、

その荘厳な景色は「日本百景」に認定されています。

流れが静かなため、舟下りツアーが盛んに行われており、

船頭が竿一本で船を巧みに操りながら唄う「げいび追分」が響き渡ります。

四季折々の景観もすばらしく、特に断崖に藤の花が咲きほこる春は、

鮮やかな紫色の房が幾重にも垂れ下がり、人々の目を楽しませてくれます。

「宮城県鳴子峡 」 

 鳴子温泉郷から中山平温泉辺りまで続く約2.2kmの遊歩道は、春から秋にかけて開放!

大谷川の浸食により創られた、深さ約100mのV字峡谷。

宮城県の名勝に指定されています。

鳴子温泉郷から中山平温泉辺りまで続く約2.2kmの遊歩道は、春から秋にかけて開放。

四季を感じる自然美を眺めながらゆったりと散策できます。

特に紅葉シーズンが人気で、10月中旬から11月上旬にかけて、木々が赤や黄色に色づく姿は絶景。

「鳴子峡レストハウス」に設置された展望台から望む景色も見事です。

 

 

これが「花貫渓谷」です!


関東エリアの美しい渓谷・渓流!わたらせ渓谷鉄道・吾妻渓谷・花貫渓谷・龍王峡・鳩ノ巣渓谷・ 秋川渓谷・養老渓谷!

 

[関東エリアの美しい渓谷・渓流]    

「群馬県 わたらせ渓谷鉄道/高津戸峡」   

群馬県桐生市から栃木県日光市足尾町まで、約44.1kmの距離を走る「わたらせ渓谷鉄道」。

日によっては窓ガラスのないオープンタイプのレトロなトロッコ列車が走り、

新緑や紅葉など四季折々の景色を間近に眺めることができます。

また、付近には「関東の耶馬渓」とも称される「高津戸峡」があり、

30分ほどで歩ける歩行者専用橋「はねたき橋」や「高津戸橋」、遊歩道から渓谷美を楽しめます。

特に渡良瀬川両岸が赤や黄色に色づく、秋季の景観が見事です。

「群馬県 吾妻渓谷(あがつまけいこく)」  

 雁ガ沢橋から八ッ場大橋まで約3.5kmにわたる「吾妻渓谷」は、国の名勝に指定された渓谷!

雁ガ沢橋から八ッ場大橋まで約3.5kmにわたる「吾妻渓谷」は、国の名勝に指定された渓谷。

絶壁を切り開いた左岸にはJR吾妻線や国道145号線が走り、

右岸には約1.8km続く探勝遊歩道が整備されています。

年間を通して自然美を楽しめますが、特に、

4月中旬のミツバツツジ、

5月の新緑、

10月下旬から11月上旬の紅葉シーズンがおすすめ。

ハイキングコースは40分ほどですが、

一部アップダウンがあるため登山用の靴で訪れて。

「茨城県 花貫渓谷(はなぬきけいこく)」   

花貫ダムから名馬里ヶ淵(なめりがふち)、小滝沢キャンプ場にかけて続く「花貫渓谷」。

「花貫渓谷ジオサイト」に認定された地域でもあり、

暖温帯と冷温帯が混じり合い、四季折々の見事な景観を作り出しています。

自然豊かな景色はハイキングコースにもぴったり。

特に、紅葉シーズンは人気が高く、赤く色づいた

落ち葉が絨毯のように汐見滝吊り橋を染め、訪れた人々を魅了します。

「栃木県 龍王峡(りゅうおうきょう)」 

  栃木県 龍王峡(りゅうおうきょう)!

約2200万年前、海底火山活動によって噴火した火山岩が、

鬼怒川に浸食され創り出されたと言われている「龍王峡」。

川治温泉から鬼怒川温泉にかけて約3km続く渓谷で、巨大な奇岩と

怪石が織りなす造形美や、龍がのたうつような荒々しい景観に圧倒されます。

また、鬼怒川・川治随一の景勝地としても知られており、

紅葉シーズンにはたくさんの観光客が訪れます。

約7kmのハイキングコースは比較的緩やかなので、

のんびりと自然を楽しみたい人におすすめです。

「東京都 鳩ノ巣渓谷(はとのすけいこく)」   

多摩川が秩父古生層を浸食し創られた、約40mの断崖が500mほど続く「鳩ノ巣渓谷」。

巨岩・奇岩の間を縫うように流れる多摩川は荘厳で、

奥多摩にある渓谷の中でもダイナミックな渓谷美に圧倒されます。

特に、吊り橋(鳩ノ巣小橋)から眺める風景がおすすめ。

新緑や紅葉の季節にはたくさんの人々で賑わいます。

「東京都 秋川渓谷」   

東京から車や電車で約60分の距離に位置し、

あきる野市から檜原村まで約20kmに渡る「秋川渓谷」。

全長約96mの石舟橋から間近に望む景色はすばらしく、

眺めているだけで心も体も癒されそうです。

新緑や紅葉はもちろん、桜やあじさいなど四季を感じる花々も魅力で、

心地よい風を感じながらゆったり散策を楽しめます。

付近には、温泉施設「秋川渓谷 瀬音の湯」や

レストラン「戸倉しろやまテラス」など、散策途中に休憩できるスポットも。

「千葉県 養老渓谷」

  温暖な房総半島の中央部に位置し、「房総の秘境」と称される「養老渓谷」!

温暖な房総半島の中央部に位置し、「房総の秘境」と称される「養老渓谷」。

東京から電車で約2時間と、比較的アクセスしやすい立地にあります。

落差約30m、100mに渡って流れ落ちる房総一の名瀑布「粟又の滝」をはじめ、

日によって水量が異なる「小沢又の滝」や、

いく筋にも分かれて流れる「万代の滝」など、迫力満点の滝はぜひ訪れたいスポット。

その他にも、レトロなトロッコ列車やキャンプ場、宿泊施設などがあり、1日を通して自然を満喫できます。

 

 

この断崖絶壁が清津峡渓谷」です!


甲信越エリアの美しい渓谷・渓流!清津峡渓谷・阿寺渓谷・昇仙峡・西沢渓谷!

 

[甲信越エリアの美しい渓谷・渓流]  

「新潟県 清津峡渓谷」   

昭和24年に国立公園に指定された日本有数の景勝地「清津峡」。

閃緑ひん岩や柱状節理の岩肌、エメラルドグリーンに輝く清流が美しく、

黒部峡谷、大杉谷とともに「日本三大峡谷」のひとつに数えられます。

フォトジェニックなスポットとしても知られており、

全長約750mの「清津峡渓谷トンネル」に設置された

3ヶ所の見晴所と終着地のパノラマステーションから望む雄大な景色は、息をのむ美しさ。

また、トンネル自体も2018年に開催された「大地の芸術祭」の際に

全面リニューアルされており、

マ・ヤンソン/MADアーキテクツが手掛けた幻想的な空間を楽しめます。

「長野県 阿寺渓谷(あてらけいこく)」   

「阿寺ブルー」と称されるほど美しい、エメラルドグリーンの清流が景色を彩る「阿寺渓谷」。

ヒノキ美林や切り立った岩が周囲を覆う、自然の造形美を堪能できます。

雨が降ると現れると言われている「雨現の滝」や、

1923年から1966年まで活躍した「森林鉄道」の跡地など見どころ多数。

キャンプ場がある川の上流には、顔を洗うと色白美人になれるという「美顔水」が湧き出るスポットも。

「山梨県 昇仙峡」 

  山梨県甲府市北部に位置し、「日本一の渓谷美」と称される「昇仙峡」!

山梨県甲府市北部に位置し、「日本一の渓谷美」と称される「昇仙峡」

国の特別名勝に指定されており、観光名所として人気の高いスポットです。

長い歳月をかけて自然の力により削り取られた

花崗岩の断崖や奇岩・奇石と清流による渓谷美は、約6kmに渡って続きます。

渓谷沿いには遊歩道が整備されているので、歩いて散策を楽しむのがおすすめです。

散策ルートには、昇仙峡の玄関口にあたる

「長潭橋(ながとろばし)」や最奥部に佇む

「仙娥滝(せんがたき)」など、見どころも多数。

「山梨県 西沢渓谷」   

秩父多摩甲斐国立公園に位置し、国内屈指の渓谷美を誇る「西沢渓谷」。

「日本の滝100選」に指定された「七ツ釜五段の滝」をはじめ、

「竜神の滝」

「恋糸の滝」など

大小さまざまな滝が見どころで、整備された渓谷道から眺めることができます。

平成19年には、森林浴のリラックス効果を実証する

「森林セラピー基地」に認定され、森林セラピーを体験することも可能。

また、四季折々の景観も美しく、

特にシャクナゲや新緑、紅葉などの時期には多くの観光客で賑わいます。

 

 

これがあの黒部川にかかる、「黒部渓谷」です!


北陸エリアの美しい渓谷・渓流!黒部峡谷・鶴仙渓・!

 

[北陸エリアの美しい渓谷・渓流]   

「富山県 黒部峡谷」   

国の特別天然記念物・特別名勝に指定された、日本有数のV字峡谷。

深い谷を縫うようにレトロかわいい「黒部峡谷トロッコ電車」が走っており、

宇奈月から欅平まで約20kmの道のりを、片道約1時間20分かけて進みます。

途中には41のトンネルと21の橋があるほか、

レストランやおみやげショップがある駅もあり、ゆったりとした観光にぴったり。

四季を感じる大自然を楽しむ冒険に出かけてみては。

「石川県 鶴仙渓(かくせんけい)」 

  鶴仙渓(かくせんけい)4月から11月には期間限定の休憩所「川床」がオープン!

山中温泉街に流れる大聖寺川上流の「こおろぎ橋」から「黒谷橋」まで、約1.3kmに渡る渓谷。

S字型のデザインが斬新な「あやとりはし」、総檜造りの「こおろぎ橋」などの橋めぐりも楽しく、

特に紅葉の時期には、北陸随一の渓谷美を求めて多くの観光客が訪れます。

周辺には、松尾芭蕉を祀る「芭蕉堂」や、

九谷焼や尾形光琳の作品を展示した書院造りの

武家屋敷「無限庵」などが点在し、見どころも多数あります。

4月から11月には期間限定の休憩所「川床」がオープン。

弁当やスイーツをいただきながら、風情あるひとときを楽しんで。

 

 

これが「恵那峡」です!


東海エリアの美しい渓谷・渓流!香嵐渓・くらがり渓谷・恵那峡!

 

[東海エリアの美しい渓谷・渓流]   

「愛知県 香嵐渓(こうらんけい)」   

愛知県豊田市、矢作川支流巴川に位置する「香嵐渓」。

春の山野草、夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色と四季を通して渓谷美を楽しめます。

特に紅葉の時期が人気で、約4,000本のモミジが赤や黄色に色づく光景は圧巻。

毎年11月には「香嵐渓もみじまつり」が開催され、ライトアップを実施。

日中とは異なる幻想的な光景を眺めてみては。

「愛知県 くらがり渓谷」   

景勝地としても知られている「くらがり渓谷」!

愛知県岡崎市にある本宮山県立自然公園の一部で、

景勝地としても知られている「くらがり渓谷」。

市内屈指の紅葉スポットで、見頃になると

渓谷が赤や黄色に染まり、荒々しい岩肌とのコントラストを一望できます。

また、テント村やコテージ、ログハウスなどの施設が充実しており、

渓谷沿いでは川遊びやキャンプを楽しむことも。

「自然観察会」や「手ぶらバーベキュー」といった

各種イベントも定期的に開催されています。

「岐阜県 恵那峡」   

約80年前、大井ダムを建設した際に木曽川の

急流をせき止めたことでできた人造湖で、大正9年、

地理学者の志賀重昴(しが しげたか)により「恵那峡」と命名され、

公園内には記念碑が建っています。

両岸には奇岩や怪石が並び、遊覧船に乗って渓谷を巡る「恵那峡クルーズ」が人気。

桜や新緑、紅葉など四季折々の景観を楽しめ、

初冬から春先には翼を休めにきた渡り鳥の姿を見ることも。

また、遊覧船の乗船場付近にある「さざなみ公園」には散策路が整備され、

約200本の桜やツツジ、藤などが渓谷を彩ります。

 

 

あまりにも有名な「大歩危・小歩危」です!


関西・四国エリアの美しい渓谷・渓流!みたらい渓谷・祖谷渓・大歩危・小歩危・寒霞渓・安居渓谷・中津渓谷・!

 

[関西エリアの美しい渓谷・渓流]   

「奈良県 みたらい渓谷」   

が透けて見えるほど美しいエメラルドグリーンの清流が流れる「みたらい渓谷」。

吊り橋の上からは、大きな岩や流れ落ちる滝を間近に見ることができます。

春は新緑、秋は紅葉など、四季折々の景観を楽しめるのも魅力のひとつ。

川沿いに遊歩道が整備されているので、ハイキングがてら訪れてみては。

[四国エリアの美しい渓谷・渓流]   

「徳島県 祖谷渓(いやけい)」   

「日本三大秘境」のひとつに数えられ、紅葉の名所として知られている「祖谷渓」。

渓谷の間には、かつて平家の落人たちが架けたとされる「かずら橋」があります。

現在はワイヤーで補強されていますが、当時は、

万が一追っ手に見つかってもすぐに切り落とせるよう、

あえて切りやすく落ちやすい設計にしていたんだとか。

歩く度にギシギシと音が鳴り、非常にスリリングな体験ができます。

山が色づく秋はもちろん、つつじや山藤、こいのぼりなど爽やかな光景に出会える春もおすすめ。

ドライブやウォーキングを楽しみながら、秘境探索に出かけてみては。

「徳島県 大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)」   

四国山地を横切る吉野川が約2億年かけて創り上げた渓谷で、

大理石の彫刻を思わせる奇岩が約8kmに渡って続く「大歩危・小歩危」。

四季折々の景観を楽しめる渓谷美は見事で、国の天然記念物・名勝にも指定されています。

また、日本一の激流と称される場所でもあり、ラフティングの名所としても知られています。

水しぶきを浴びながら絶景を巡るスリリングな川下りを体験してみては。

ゆったりと風景を眺める「大歩危峡遊覧船」もおすすめです。

「香川県 寒霞渓(かんかけい)」 

  「日本三大渓谷美」のひとつに数えられる「寒霞渓」!

瀬戸内海国立公園を代表する景勝地であり、「日本三大渓谷美」のひとつに数えられる「寒霞渓」。

約1300万年前、火山活動によってできた安山岩や集塊岩が風雨に浸食され作られた

多種多様の奇岩や大岩壁からなる、見事な渓谷美を楽しめます。

ロープウェイから眺める四季折々の景観は素晴らしく、年間を通して多くの観光客が訪れています。

実写映画『魔女の宅急便』や映画『八日目の蝉』のロケ地にもなりました。

「高知県 安居渓谷(やすいけいこく」   

約1,287haの広大な原生林に囲まれた安居渓谷県立自然公園。四季を通して美しい風景を楽しめ、

特に、青みを帯びた断崖や奇岩・巨岩が錦に染まる紅葉が魅力です。

「みかえりの滝」「飛龍の滝」などの見どころも多数あり、

約2kmの範囲で回れるので散策しやすいのがうれしいポイント。

新緑の季節にはアメゴの放流が行われ、釣りを楽しむ人々で賑わいます。

「高知県 中津渓谷」 

 滝の、自然の造形美が至る箇所で見られる「中津渓谷」!

「四国の水辺八十八ヶ所」に認定されているスポット。

渓谷を流れる川や中津明神山に降る雨など「水」の力により長い時間をかけてつくられた

自然の造形美が至る箇所で見られ、

特に「雨竜の滝」や「紅葉滝」、

「竜宮渕」などの「仁淀(によど)ブルー」は必見です。

渓谷の入口から「石柱」までの約2.3kmの道のりは

遊歩道が整備されており、年間を通して自然美を楽しめます。

また、渓谷の入口には温泉宿泊施設「中津渓谷ゆの森」もあり、

散策の後は食事や温泉を堪能するのもおすすめです。

 

 

多良岳県立公園の南東部に位置し、多良岳に水源を発する「轟渓流」!


九州エリアの美しい渓谷・渓流!轟峡・轟渓流・菊池渓谷・高千穂峡・白谷雲水峡!

 

[九州エリアの美しい渓谷・渓流]   

「長崎県 轟峡・轟渓流(とどろききょう とどろきけいりゅう)」   

多良岳県立公園の南東部に位置し、多良岳に水源を発する「轟渓流」。

虹をかけて流れ落ちる落差約50mの

「楊柳の滝」や、

落水時の爆音が印象深い

「轟の滝」など、

大小約30の滝が連なる県下有数の清流は、

名水の郷として親しまれています。

日本自然百選や名水百選、水源の森百選など恵まれた自然環境には、

蛍やカジカ、ヤマメなどさまざまな動植物が生息。

滝を眺めながら自然散策を楽しんでみては。

「熊本県 菊池渓谷」 

天然生広葉樹に覆われ、その間をぬうように流れる菊池川の景観は、日本森林浴の森百選に選定!  

阿蘇外輪山の北西部にある「菊池渓谷」は、

標高約500~800mに位置し、約1,180haの広大な面積を持つ自然休養林。

天然生広葉樹に覆われ、その間をぬうように流れる菊池川の景観は、

日本森林浴の森百選、

日本の滝百選、

新くまもと百景などに選定されています。

春は新緑、秋は紅葉と四季折々の変化を楽しめるほか、

特に夏は水温が平均13度と低く、

「天然のクーラー」と称され避暑地としても人気。

川のせせらぎや小鳥のさえずりに耳を傾けながら川遊びを楽しむ人々で賑わいます。

「宮崎県 高千穂峡(たかちほきょう)」   

1934(昭和9)年に国の名勝・天然記念物に指定された高千穂峡。

約80~100mの断崖が約7km続き、渓谷内には、

日本の滝100選に認定された名瀑「真名井の滝」があります。

遊歩道も整備されていますが、より自然を感じたいなら貸しボートがおすすめ。

頭上から降り注ぐ、落差約17mの迫力満点の滝を間近に望めば、心も体もリフレッシュできそうです。

また、撮影スポットとしても人気が高く、多くの写真家が訪れています。

「鹿児島県 白谷雲水峡(しらたにうんすいきょう)」  

 屋久島の標高約600~1,050mに位置する自然休養林エリア「白谷雲水峡」!

屋久島の標高約600~1,050mに位置する自然休養林エリア。

人と森林が触れ合うレクリエーションの森に指定されており、

体力に自信がない人でも気軽にトレッキングを楽しめるのが魅力です。

推定樹齢1000年を超える屋久杉をはじめ、

照葉樹林や約600種の苔やシダなどの植物が生い茂り、

滝や清流が流れる原生的な森の中で森林浴を満喫して。

「太鼓岩」までのトレッキングコースの途中には、

映画『もののけ姫』のモデルになったと言われている「苔むす森」が。

さまざまな苔に覆われた幻想的な光景は一見の価値ありです。   

Rakuten Trabel より。

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。