技術も人も—会社ごと買う!迫真・IT人材争奪戦-3!リストは、AI人材の獲得を目的に企業を買収した!

Pocket

IT人材の獲得が難しく、彼らを手に入れるために会社丸ごと買い取る企業も出てきた。


技術も人も—会社ごと買う!迫真・IT人材争奪戦-3!リストは、AI人材の獲得を目的に企業を買収した!

 

日経新聞の記事から技術も人も—会社ごと買う を紹介します。

 

「IT=情報技術 人材の面でも優秀なインドに期待したい」。

このほどインドに進出を決めたユニクロを運営するファースリテイリング会長兼社長の柳井正 70 はこう話す。

3月には新入社員を前に「有明本部で働くIT関連社員のうち、半分をインド人、2〜3割りを中国や台湾の人にする」と将来図を披露した。

出店の軸足を海外に移し、旧来型のアパレルから、多種多様なデータを駆使した「情報製造小売業」へ脱皮を急いでいる。

商品企画から製造、販売に至るまでデータ分析に基づく展開がものをいう。

中でも特に力を入れているのは物流やネット関連の人材獲得だ。

求人検索サイトのインディードでは、ファストリ関連の200件を超える求人案件の中で物流やネット関連が目立つ。

「世界の物流改革」を担う求人募集では、年収の上限を3500万円程度に設定した。

それでも「破格ではないと」と大手転職サイト「デューダ」編集長の大浦昌征也 40 はいう。

中国は店舗など全てデジタルでつながっている。

遅れている日本の小売業は事業モデルを変えようとIT人材の獲得に必死でファストリも例外ではない。

IT人材の獲得が難しく、彼らを手に入れるために会社丸ごと買い取る企業も出てきた。

IT人材の獲得が難しく、彼らを手に入れるために会社丸ごと買い取る企業も出てきた。

京セラコミュニケーションシステム KCCS、京都市 は1月、ITスタートアップの Rist リスト、東京・目黒 を買収した。

買収金額は5億円程とみられている。同社は数十人の開発部隊を抱え、効率よく学習する人工知能 AI を手がけている。

リストの鈴木健聖 27 は週に1、2回、滋賀県の京セラの太陽光パネル工場に出向く。

KCCSと共にAIに画像で製品の最終検査をさせるシステムの開発をしている。

有望なAIの技術を持つリストを買収すれば短期間で開発できるとKCCS社長の黒瀬善仁 58 は期待する。

「リストは、AI人材の獲得を目的に企業を買収した初めての事例」 黒瀬 だ。

買収後、KCCSには医療系企業からのリストのAI技術を使いたいという案件が舞い込んだ。

リストが秘める可能性は想定よりずっと大きいと黒瀬は考えている。

これがリストが導入したシステム。

日本M&Aセンターによると、国内のIT業界のM&A件数は18年に1070件公表ベース と8年連続で増加。

19年も9月末時点で853件と18年を上回るペースだ。

敬称略 日経新聞09年11月7日記事から掲載。

リストとは何?

IT企業とのM&A 資金力がある企業では、AI人材確保のためにM&Aを活用するところも出てきました。

高報酬や好待遇だけでは必要とする人数の確保が難いためです。

たとえば、京セラコミュニケーションシステムは、AI関連のスタートアップであるRist(リスト、東京・目黒)をM&Aにより買収しました。

企業の人材と技術をまるごと取り込むことで、自社の技術やサービス向上、製品強化につなげることを目的としています。

 

 

イノベーションや新たなビジネスモデルの構築、新たな市場の開拓を目指すのが、スタートアップ!


スタートアップも負けない!迫真・IT人材争奪戦-4!フォルシアとは?「見つからない」を解決します!!

 

日経新聞の記事から—–スタートアップも負けない!

2009年国際物理オリンピック金メダル受賞。18年度東京大学院理学系研究科研究奨励賞受賞—–。

ため息の出るような実績を持つ東京大学大学院卒の東川翔 27 が就職先に選んだのは、検索システムのスタートアップ、フォルシア東京・新宿 だった

研究室の友人の多くは大学に残ったほか、国立研究開発法人、大手IT 情報技術 企業などで研究者への道を選んだ。

だが東川は「国の景気が回復しないなか、大企業やアカデミアを選ぶことがリスク」と判断、自らの研究を捨て、裁量と成長が見込めるスタートアップに飛び込んだ。

今は会社で検索エンジンについて学ぶ。初任給は通常の学生より少し高い程度だ。

「不安はあるが、能力が追いつけば解消する。力をつけ、長期的なリターンを狙っている」

「人、環境、やりがいが自分や企業の成長に直結する。だからこそ会社を選んだ」。

今春、東大工学部を卒業した白木光逹 22 はスタートアップのイエラエセキュリティ 東京・千代田区 へ入社した。

イエラキセキュリティのスタートアップ!

白木はサイバー攻撃を防ぐ「ホワイトハッカー」のトップ人材が集まるセキュリティ・キャンプの修了生だ。イエラエはフルフレックス勤務で1日数時間で仕事を終えてもいい。

成果を出せば1年で1000万円以上の昇給や、20才代で年収一千万円になることもある。

「引く手あまたの人材にはこれくらい当たり前」と代表取締役の牧田誠 37 は話す。技術者には使うパソコンも本人に選ばせる。

ただ、破格の優遇を示してもスタートアップに飛び込む人は少数派だ。

理系人材の採用支援を手がけるPOL 東京・千代田 などによると、

情報系専攻の大学院生324人のうち、従業員数が29人以下のスタートアップを希望すると答えた学生の比率は10%にすぎない。

外交人はなおさらだ。日本のIT企業のスタートアップは知名度が低い。

人材サービスのビズリーチ 東京・渋谷 は、米スタンフォード大など13カ国37人の大学生・大学院生を招き、開発イベントのハッカソンを9月に開いた。

新技術や新サービス、商品の開発、及びプログラマーやWebデザイナーの育成の場として「ハッカソン」が注目。

日本までの渡航費用はすべて同社が負担。

社長の南壮一郎 43 は、「世界の優秀な人材を招くには当然の投資」と話す。

企業のあり方を超売り手市場が急変させている。 敬称略 日経新聞19年11月8日の記事より掲載。

スタートアップとは?

短期間で、イノベーションや新たなビジネスモデルの構築、新たな市場の開拓を目指す動き、または概念です。

法人(会社)そのものを指すものではなく、「起業」や「新規事業の立ち上げ」という解釈が一般的です。

元々、アメリカ・シリコンバレーにおいて、多くみられる現象でしたが、

日本においても個人投資家(エンジェル投資家)やベンチャーキャピタル(VC)が積極的に投資する対象として、注目されています。

また、人的・時間的コストを削減しやすいIT・インターネット業界での立ち上げが多い傾向がみられます。

一定程度の成果を出すことで、個人投資家やVCから資金調達を行い、本格的なサービスの構築やビジネス活動の拡大、収益向上などのフェーズに移ることが一般的です。

フォルシアとは?

「見つからない」を解決します!

フォルシアは、各社の課題を解決した知見を集積し、他社の成長にも貢献できる共通基盤をライセンス提供しています。

フォルシアは見つからないを解決します!

条件が複雑になればなるほど実力を発揮しますので、大量で複雑なデータを保持するサービスに幅広く応用が可能です。

イエラエセキュリティとは?

株式会社イエラエセキュリティはスマートフォンアプリやWebサービスのセキュリティ診断業務に特化したホワイトハッカーで構成されたセキュリティ脆弱性診断企業です。

ハッカソンとは何?

新技術や新サービス、商品の開発、及びプログラマーやWebデザイナーの育成の場として「ハッカソン」が注目を浴びています。

チームでゼロからモノ作りに取り組むことにより、技術力の向上だけでなく、他メンバーとのコミュニケーションが生まれるなどのメリットがあることなどが、

注目されている理由です。

ハッカソンとは?

ソフトウェア開発分野のプログラマやグラフィックデザイナー、ユーザインタフェース設計者、

ハッカソンはソフトウェア開発分野のプログラマやグラフィックデザイナー、ユーザインタフェース設計者!

プロジェクトマネージャらが集中的に作業をするソフトウェア関連プロジェクトのイベントである。ウキペディア。

IT関連の分野では、優秀な人材を確保するためには、技術も人も、会社ごと買う!

それでなければ熾烈な企業間競争では生き残れない!生き残りをかけて、優秀なAI人材を確保するために会社ごと買収する。

これだけ巨額の投資をしてでもIT人材の争奪戦を勝ち抜かなければ、企業は生きていけない時代に突入した!

又、スタートアップとは短期間で、イノベーションや新たなビジネスモデルの構築、新たな市場の開拓を目指すのですが、

個人が企業を選ぶ時—–人、環境、やりがいが自分や企業の成長に直結するのを、選ぶ。

このようにスタートアップの概念で選択先を絞り込む傾向が見られます。

現代の目まぐるしく変化するIT関連企業は、来る日も来る日も企業存続のために、新たなAI技術者の獲得に目を光らせている!

世界で生き残るために、IT関連企業で必要な、優秀なAI技術者の争奪戦は、熾烈さを増しながら、延々と続く!!

また個人が企業を選ぶときには、環境や、やりがいが自分の成長に直結する企業を選ぶ傾向が見られます!

企業と個人間での熾烈な争奪戦は永遠に続きます!!

今日で迫真・IT人材争奪戦を終了します!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。