宇宙開発と人工知能・AI!コズミックフロント★NEXT!太陽系の外にある未知の惑星2つを、人工衛星が発見した!

Pocket

宇宙開発と人工知能・AI!太陽形の外にある未知の惑星2つを、人工衛星が発見!

宇宙開発と人工知能・AI!コズミックフロント★NEXT!太陽系の外にある未知の惑星2つを、人工衛星が発見した!

 

私たちの地球での暮らしが、劇的に変わろうとしています!

その中心にあるのが人工知能・AIです! 

人間を超える能力に達しつつあります。

特に目覚ましい成果を上げているのが宇宙開発の分野です!

2017年12月、科学者たちが、見つけられなかった未知の惑星を人工知能が発見!

惑星発見!!

惑星を二つ発見したときは興奮しました!

人工知能開発者!

壮大な銀河の進化の仕組みを解明したり、小惑星の危機から回避する研究も行われています。

NASA特別プロジェクト代表!人間の判断が難しい局面を預けることになるでしょう。

人工知能は宇宙開発をどのように変えようとしているのか、その最前線に迫ります!!

宇宙開発を変えるか?人工知能・AI!

File 1 ! 惑星を発見した人工知能とは? 

人工知能が未知の惑星を発見しました!

人工知能が未知の惑星を発見しました!

一体どうやって探し出したんでしょうか?2017年12月!

NASAが重大な発見をしたと発表しました!

太陽系の外にある未知の惑星2つを、人工衛星が発見したというのです。

恒星ケプラー90!

その一つは遥か彼方にある恒星ケプラー90でした!

2009年3月7日!

ケプラー宇宙望遠鏡打ち上げ!

これまでも太陽系の外にある惑星を探してきました。

データは恒星の明るさと変化を捉えています。

恒星の明るさは、惑星の前をよぎる時、落ち込みます!

その変化をとらへて、未知の惑星を見つけたのです!

この見つけ方は従来の方法と同じです。

人工知能の活用で何が変わったのか、今回の発見の立役者は28歳の男性。

天文学者ではありません。

大手Googleのクリフ・シャレーさん!上級研究員 グーグル・プレイングチーム・人工知能開発者!

今まで見落としていた惑星を、人工知能なら探し出せると思った!

人工知能は同じ画像を区別できるようになった。

まず犬の画像を人工知能に読み込ませます。

人工知能が犬の画像を研究してゆきます。

こうして犬の画像を探せと命令すると、人工知能は犬と違う画像を振り落とします。

これを繰り返し行うことで犬の画像を正確に選ぶことができるようになるのです。

画像を正確に見分けられる能力は、天文学にも役立つはずだと、シャルルさんはすぐに行動しました。

まずGoogleでケプラー宇宙望遠鏡について、書いている!

バンダーバーグ博士にたどり着きました。

そこで一緒に研究をやりませんかと、提案!

テキサス大学オースチン校NASAゼーガン特別研究員!

彼はシャルルさんと同じ歳です。

人工知能の専門家と天文学者、2人が分析したデータらを詳しく見てみます。

恒星に惑星があるデータがこの図です。

惑星に恒星が惑星の前を横切る時、明る差が落ち込みます。

しかしデータは千差万別で惑星を見つけるのは至難の技です。

一見しただけでは、見分けがつきません。

これらのデータは全て落ち込んでいますが、惑星が原因ではありません。

このデータは連星をとらへたもの。

二つが重なる遠くの惑星が遮られて暗くなりますが、すぐの明るくなっています。

それは機械のノイズが原因でした。

そこで人工知能を活用することに!惑星にあるデータを学習させます。

次に惑星なし+惑星ありのデータを、訓練をさせる。

三つの惑星があると判断しましたが、正確には一つだけ!

惑星がないと判断した中に、惑星のものが一つあった。

こうした訓練を繰り返して精度を上げていくと、人工知能は96%の確率で、惑星があるデータを選び出せるようになります。

人工知能の分析で今まで外されていた、データも分析できるようになりました。

670個の明るさの小さいデータ、その中から人工知能が二つをピックアップ! 

惑星ケプラー90i惑星ケプラー80g!

惑星ケプラー90i惑星ケプラー80g!を発見!

それを精密に検証したところ未知の惑星と確認できた!

人工知能による新発見!膨大なデータであっても人工知能が役立つのは間違いありません!

まだ分析できていないデータが20万個も残っている。

この方法で分析を続けていけばもっともっと、惑星が発見できる!人工知能が大きく変える天文学。

それは世界各地にあります。

カリフォルニア大学サンタクルーズ校!

人工知能の天文学者の、マークフェルスタカンパニー准教授。パリ大学、パリ天文台。パリからやってきました。

ここでは銀河の研究を進めています。3年前このプロジェクトがスタート。

プロジェクトを率いるのは!ジョエル・プリマック名誉教授。カリフォルニア大学リターンクルーズ校。 

は人工知能の実力に圧倒された。

銀河の研究者にこれほど人工知能が役立つなんて、私には衝撃でした。

結果にたどり着くスピードが早い。まず銀河を分類する時に人工知能を使いました。

銀河には様々な形があるのですが、人工知能は人間のように、正確にその違いを見分けられた!

今、人工知能を使って進化の過程を解明しようとしています。

アンドロメダ銀河!渦を巻いているのは、帽子のような形のソンブレラ銀河!

個性豊かな銀河がその進化とどのような関係があるのか?これまでは明らかになっていませんでした。

銀河が成長する時に、大量に生み出すメカニズムをわかっていなかったからです!

銀河は時間と共に大きくなると考えるのが自然!だがそれは違っていました!

銀河は短期間で大きくなりますが、大量のガスが圧縮されて、星が生まれます。

小さな銀河が何故巨大ブラックホールを持てるのか?

これを「ブルーナゲット現象」と名付けた。ブルーナゲット現象とは? 

初期の銀河が変化してゆく様子を、シミレーションした画像がこれ。

最初は星がまばらですが、時間と共に、銀河が増えてゆき――渦を巻く銀河へと成長してゆく!

この時銀河の中心で起こっていると考えられるのが、ブルーナゲットです!!

銀河は短期間で急激に大きくなり、その後ガスが中心部に集まり、圧縮されます。

そこに次々と星が生まれます。

生まれたばかりの星は強度が高く、青く見えます!

 

 

その青い塊が、ブルーナゲットと名付けられました!

その青い塊が、ブルーナゲットと名付けられました!この仮説を人工知能を使って裏付けます。

 

まず人工知能に学習させるためのデータはブルーナゲットのものでした。

35種類の銀河の立体モデルをもとに、様々な方向から見た銀河の画像を作りました。

それは人工知能に学習させるためです。

さらに2000万年ごとに変化した、画像も用意して、最終的にデータの数は、数万になりました。

ブルーナゲットの前の銀河、そして中心に強い光を発する塊になるのが、ブルーナゲットになる条件!

さらにブルーナゲットが終わった!この望遠鏡を使って探してゆきました。

人工知能に分析させると、見つかりました!

ブルーナゲット前!

ブルーナゲット!

ブルーナゲット後!

これが人工知能を使って分析した、その観測画像!

人工知能が実際に観測画像を見つけてくれたのは、わずか1年というはやさ!

ブルーナゲットの存在に対しては見解が分かれていましたが、今は多くの学者が支持するようになりました。

なので人工知能を手放せなくなりました!

その後ブルーナゲットを繰り返すと、その中心が「バルジ」になると考えられるようになりました。

かつて天文学者のハップルは――だえん!

レンズ状!

うずまき!

というように進化したと考えていました。

しかしブルーナゲットに注目すると、全く違うシナリオが浮かびます!

銀河の進化は今までと全く逆の銀河の流れでした!

人工知能で銀河の進化の過程が解き明かさせれば、宇宙の成り立ちがわかるはず!!

 

 

人工知能で地球を守れるか?!

人工知能で地球を守れるか?!人類の運命を決める選定にも人工知能が関わる日が近づいています!

 

この後が!地球を守る人工知能!宇宙博物記! 

40年に渡り銀河を観測、したのはデービット・クー名誉教授カリフォルニア大学サンタクルーズ校!

500年前に作った板状のもの、これを覗くと、銀河がどれほど膨張しているのか、どれほど離れているのか、分かる!

この板を取り付けた天体望遠鏡で、星の宇宙観測をすると、周りの星の光が遮られ、銀河だけが残ります!

銀河があるところだけ穴が開けられていたのです。

特殊なフィルターを通して光を分解して、成分を分析すると、銀河の距離までがわかります。

銀河を効率よく観測できるよう穴の数を増やしました。これで一度に多くの銀河を観測できる、まさに技術革新でした!

この板で数々の銀河を調査し、銀河研究の礎を築いた!!

その後の技術の進歩で板は使われなくなり、今は、人工知能が活躍する時代に!

クーさんは最新の研究にも取り入れています、今まで12年間かけて分析したことが、今は数時間でわかります。

短時間で新しい発見ができるのでエキサイティングです!穴だらけの板から始まった、銀河への情熱は今も衰えていません!

File 2 ! 人工知能で地球を守れるか?

人工知能で地球を守れるか?

宇宙からの危機に対しても人工知能が活躍しようとしています。

小惑星の地球への衝突の痕跡は、世界各地にクレーターとなって残されています!

現在確認されているだけで天体衝突の痕跡は、170個以上。一度衝突が起これば甚大な被害となります。

記憶に新しい天体の衝突といえば、2013年2月15日!ロシア・チェリャビンスク!

およそ1500人が怪我をし、多くの建物が被害を受けた!

この事件をきっかけに人工知能を使って、小惑星に立ち向かうプロジェクトが、2016年に発足!NASAエイムズ研究所・アメリカカリフォルニア州!

小惑星の危機に対処すべき発足でした。

世界から優秀な人材を集め、新たな人工知能の開発を進めようとしています。ロシアの天体衝突は衝撃でした!

NASAはこれを検知できず、的外れの方向を見ていました。小惑星が接近したら対処するはずでしたが、誰も気づくことはありませんでした!

それにNASAは強い危機感を持つようになりました。

なぜロシアの天体衝突が事前に分からなかったのか、理由はそうした小惑星が膨大にあることです。

火星と木星の間だけで数十万個に、及びます!

詳細なデータが分からないのが実状!

小惑星の中に力を加えなければなりません!

小惑星の軌道がわかれば対策を立てられます。

マイケル・ブッシュ!

形状モデリング担当!NASA・FDL化学委員会!

小惑星は大きくても500kmぐらいしかないため、重力がとても弱く、球体になることができません!

その代わりこのような歪な形になります。

見てください!アヒルのような形に似ています。

2つの岩が重なって不安定な形に見えますが、崩れることはありません!

小惑星の形を特定するために使われる!

アレシポ観測所・プエルトリコ! 

レーダーから発射したデータを小惑星に、反射して帰ってくる電波を調べると、小惑星の表面の凸凹がわかります。

それを繰り返すことで画像を選べます。

データが捉えたある小惑星、刻々と形が変わって見えます。

人工知能で地球を守れるか?

続けてみると小惑星が回転しているのがわかります。

これまではそうした画像を人の手で、小惑星3Dモデルを作っていました!

そのため危険な小惑星を見つけてからわかるまでに、数ヶ月が必要でした!

突然の状況に対するには時間がかかり過ぎていました。

さらに問題なのは、地球の近くにある小惑星が2万個もあるということです!

そのうちレーダーで確認できている小惑星は数百個!

しかもそのほとんどが3Dモデルがありません!

完成しているのは40個ほどです。

3Dモデルを早く作るには人工知能を活用する必要がる!

小惑星の99%以上が正確な形すらわかっていない、危機的な状況です。

打開するために呼びっ出されたのが、ジェディ・ライシさん!

デ・タサンス担当!NASA FDL A I技術委員!

は人工知能のエキスパートです!

一番の課題は小惑星のサンプルデータが不足していること!

そこでパソコン上で小惑星の3Dモデルを作ることにしました。

ライシさんが作った3Dモデルは数百万個に及びました。

シミレーションによる3Dモデルとは、実在する小惑星ではありません。

人工知能に学習させるために必要でした。

レーダーで観測された画像も作りました。

これらをもとに小惑星の形を特定してゆきます。

そのプロセスとは? 実際のレーダー画像から分析を始めます。

まず画像のノイズなどを取り除き、それを3Dモデル画像レーダーと比べます。

似た形のものが見つかりました。

人工知能はこの3Dモデルを小惑星に近いものだと判断します。

最後は実際の大きさなどを比べ、微調整し、小惑星の形を特定します。

人工知能を使うと小惑星の形は数秒でわかる。人間では何日もかかっていましたので、それを比べると大幅な短縮です。

これで小惑星が突然地球に現れてもすぐに形がわかります。

次の課題は衝突の危機から逃れるために、最も有効な対策を打ち出すこと。そこでも人工知能を活用しようとしています。

地球に向かってくる小惑星を発見した時、ジェームスバー代表!NASAフロンティア・ディベロップメント・ラボ EDL! 

どのように対処したら良いのか、あまり時間はありません!

特に大きなものなら形を特定し、どこに落ちるか把握する必要があります!

そしてどうやってその軌道を変えるのか、決断しなくてはなりません!

人工知能が軌道を変える方法を検討したのは次の三つ!

対策3! 核ミサイル!小惑星を爆破する方法!地球への影響も多くできれば避けたい対策!

対策1!動力牽引!小惑星の近くに無人の宇宙船を送り込み、重力によって引き寄せ軌道を変える!

リスクが一番少ないのが利点ですが、場所によっては10年も時間がかかってしまいます。

対策2!宇宙船衝突!宇宙船を小惑星にぶつけて軌道を変える方法!

対策3! 核ミサイル!小惑星を爆破する方法!地球への影響も多くできれば避けたい対策!

それらの方法を80万通り想定し、人工知能に検討させると次のような結果になりました!

重力牽引!宇宙船衝突!核ミサイル!

重要なのは小惑星の大きさと、衝突までの時間の違いで、最適な対策を選ぶ必要がある!

人工知能によってそれが明らかになりました!

様々な要因が絡んだ、複雑な状況で、人間では直ぐに判断が下せないような時、

これからは人工知能が人間の意思選定を助けてくれるようになる!

人工知能で地球を守る機能はさらに、本格化してきました!

人類の運命を決める選定にも人工知能が関わる日が近づいています!

 

 

宇宙で活躍するAIロボット!人工知能は宇宙最強のパートナー!

宇宙で活躍するAIロボット!人工知能は宇宙最強のパートナー!その特徴は見る能力!!

 

この後は!

宇宙で活躍するAIロボット! 

宇宙の街紀行!

訪ねたのはアメリカ・ドリッピング・スプリングス!豊かな自然のライマーズランチ公園です!

この公園を管理しているのはこの街の有名人!マイケル・ブリュースターさん!

トラヴィス郡公園スパーバイザー!

あれが星の観測所で、手作りで観測所を作りました。

見えてきたのは大きな望遠鏡。

彼が設計し、施設が完成するまで3年もかかった。

ここに至るまでには長い物語があります!

今から25年前、当時は自分の望遠鏡を公園に持ち込み、皆に見てもらいました。

もっと大きな望遠鏡で皆に見てもらいたい!

夏は週3回の天体観測の日がありましたが、すぐに予約で一杯になり、大人気でした!

月がこんなに大きく見える!

File 3 ! 人工知能は宇宙最強のパートナー!

人工知能は宇宙最強のパートナー!

ドイツ南部の街、ヴェスリング!ドイツ航空宇宙センター!

ロボットメガトロニクス研究所!ここでは様々なロボットの開発を進めています!

現在力を入れているのは人工知能を備えたロボット!

その最新形がミール博士が手がける★Justin=ジャスティン

繊細に動かせる手!最新の人工知能を備えています。その特徴は見る能力! 

トニール・リー博士!ドイツ航空宇宙センター!

彼の目にどう写っているか、あちらの画面でお見せします。

ジャスティンは自分で行動を決めてゆくことが出来ます。

ジャスティンが目指すのは火星に降りて、人間に変わって作業を行うことです!

ただし火星は遠くて、地球から電波が届くのは数分後!

現場で非常事態が起こった場合には手遅れになる!

その為自律的に行動できる、人工知能が組み込まれています。

2018年3月!国際宇宙ステーションISSと結んで実験が行われました!

パートナーはスコット・ティングル宇宙飛行士!SSから地上にいるジャスティンに指令を与えました! 

具合の悪い太陽パネルを本来の状態に戻せ!

後はジャスティンが自分の行動を決めてゆきます。

まずは太陽パネルの向きを修正、パネルの掃除まで始めました。

実験は無事成功しました。ジャスティンは自分で任務を決め実行します。

ジャスティンが自律的に行動できる秘密は体のあちこちに隠されていました!

指の先まで知能があるようなものです!

こうしてジャスティンは不足の事態が起こっても作業が続けられます。

さらに火星などの探査では期待されています。

私たちの目的は人工知能同士が宇宙飛行士を助けること!

ジャスティンは惑星においてこのような任務を行います!

その時宇宙飛行士は全てをまかすことが出来ます。

2018年3月!フランス・ボルドーに、実戦間近のAIロボットがあります。

宇宙に近い状態で作業実験が奥なわれています。ドイツ・インメンシュタートで、このロボットが開発された。

ヨロッパの大手宇宙工機企業!

エアバス・ディフェンス・アンド・スペース社です!直径32cmの★CIMON =サイモン!

重さ9kgの球体型!液晶モニターが顔の役割を果たし、高度の会話ができる人工知能を内蔵!

サイモンとはクルーインターバクティルモバイルコンパニオン!

ティル・アイゼンパークCIMONプロジェクトの開発責任者!

つまり宇宙船の乗組員とやりとりできるアシスタント!

サイモンはカメラを見てスピーカーで話します。顔で全てを表現できます!コミュニケーションを深めながら仲間意識を高めるのが狙いです!

2016年6月29日! 

CIMON打ち上げ!

サイモンは宇宙へと向かいました!

ISSで実証実験を行うため!

パートナーはアレクサンダー・ケルスト宇宙飛行士!

彼はドイツの宇宙飛行士です!

サイモンは無道空間を自由に動き回れます!

実験の時はアシスタントを務め、音声と文字で伝へます。

宇宙空間で複雑な実験を完璧にやり遂げるには、宇宙飛行士の大きな負担です!

コミニュケーションができるAIロボットでその負担を減らそうとしています!

今後サイモンを改良し、宇宙飛行士の心の動きまで読み取る計画です!

AIロボットが一緒にいてくれれば宇宙飛行は楽しく過ごせると思います!

クリスチャン・カラッシュ博士!ドイツ宇宙航空センター!

サイモンは宇宙飛行士の潤滑油のような存在になるのです!!

狭い空間で作業する場面でも、サイモンがいわばポジティブになれます。

宇宙で人間が滞在する時間が長くなる中、人工知能はますます重要なパートナーとなってゆきます!!

様々な場面で活躍する人工知能は、今後宇宙で大きく活躍する場面が見えてきました!

人間と宇宙の新しいあり方!その1ページを人工知能が開こうとしています!!

コズミックフロント★NEXT!宇宙開発を変えるか?人工知能・AI!

コズミックフロント★NEXT!

宇宙開発を変えるか?

人工知能・AI

NHK BS 終わり!

 

 

人工知能に地球に降る隕石を、何処かへ向かわせて地球を守ることなど、本当にできるのでしょうか!

人工知能に地球に降る隕石を、何処かへ向かわせて地球を守ることなど、本当にできるのでしょうか!!

 

今日のまとめ。

人工知能は宇宙開発をどのように変えようとしているのか、その最前線に迫ります!!

宇宙開発を変えるか?人工知能・AI!人工知能が未知の惑星を発見しました!

一体どうやって探し出したんでしょうか?人工知能が大きく変える天文学。

それは世界各地にあります。

銀河には様々な形があるのですが、人工知能は人間のように、正確にその違いを見分けられた!

今、人工知能を使って進化の過程を解明しようとしています。銀河は短期間で大きくなりますが、大量のガスが圧縮されて、星が生まれます。

これを「ブルーナゲット現象」と名付けた。ブルーナゲット現象とは? 初期の銀河が変化してゆく様子を、シミレーションした画像がこれ。

最初は星がまばらですが、時間と共に、銀河が増えてゆき――渦を巻く銀河へと成長してゆく!

この時、銀河の中心で起こっていると考えられるのが、ブルーナゲットです!!

銀河は短期間で急激に大きくなり、その後ガスが中心部に集まり、圧縮されます。そこに次々と星が生まれます。

生まれたばかりの星は強度が高く、青く見えます!

その青い塊が、ブルーナゲットと名付けられました!

ブルーナゲットの前の銀河、、そして中心に強い光を発する塊になるのが、ブルーナゲットになる条件!

さらにブルーナゲットが終わった、!

これ望遠鏡を使って探してゆきました。

人工知能に分析させると、見つかりました!

ブルーナゲット前!

ブルーナゲット!

ブルーナゲット後!

これが人工知能を使って分析した、その観測画像!

人工知能が実際に観測画像を見つけてくれたのは、わずか1年という早さ!

ブルーナゲットの存在に対しては見解が分かれていましたが、今は多くの学者が支持するようになりました。

その後ブルーナゲットを繰り返すと、その中心が「バルジ」になると考えられるようになりました。

かつて天文学者のハップルは――だえん!レンズ状!うずまき!というように進化したと考えていました。

しかしブルーナゲットに注目すると、全く違うシナリオが浮かびます!

銀河の進化は今までと全く逆の銀河の流れでした!

人工知能で銀河の進化の過程が解き明かさせれば、宇宙の成り立ちがわかるはず!!

ロボットメガトロにクス研究所!ここでは様々なロボットの開発を進めています!

現在力を入れているのは人工知能を備えたロボット!その最新形がミール博士が手がける★Justin=ジャスティン!

繊細に動かせる手!最新の人工知能を備えています。

その特徴は見る能力!

宇宙空間で複雑な実験を完璧にやり遂げるには、宇宙飛行士の大きな負担です!

コミニュケーションができるAIロボットでその負担を減らそうとしています!

今後サイモンを改良し、宇宙飛行士の心の動きまで読み取る計画です!

AIロボットが一緒にいてくれれば宇宙飛行は楽しく過ごせると思います!

宇宙で人間が滞在する時間が長くなる中、人工知能はますます重要なパートナーとなってゆきます!!

様々な場面で活躍する人工知能は、今後宇宙で大きく活躍する場面が見えてきました!

人間と宇宙の新しいあり方!

人間と宇宙の新しいあり方!

その1ページを人工知能が開こうとしています!!

人工知能はとにかく今後の使い方が途方もなく増えてゆくでしょう!

人工知能に地球に降る隕石を、何処かへ向かわせて地球を守ることなど、本当にできるのでしょうか!

人工知能のますますの活躍が、今後増えて行き私たちの楽しみが増えてゆくのです!

人工知能・AI今後これから目が離せません!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。