学校発・レトルトカレーの郷土愛!若者のアイデアや郷土愛が凝縮したカレーを専門家が選んだ! 地域の特産品をPRするために!

Pocket

1位の「静岡おでんカレー」!


学校発・レトルトカレーの郷土愛!若者のアイデアや郷土愛が凝縮したカレーを専門家が選んだ! 地域の特産品をPRするために!

 

高校生や大学生が開発に関わるレトルトカレーが増えている。

地域の特産品をPRするため、

地元企業との産学連携で味や技術を工夫。

若者のアイデアや郷土愛が凝縮したカレーを専門家が選んだ。

なんでもランキング!

 

 

静岡おでんカレー!東海大学=静岡県!黒はんぺんの絶妙な歯応え!

1位・590ポイント・静岡おでんカレー!東海大学=静岡県!黒はんぺんの絶妙な歯応え!

 

静岡県民のソウルフードと言われるおでんを東海大学海洋学部水産学科の

学生が授業の中でカレーにアレンジした。

海が近く水産物の練り物の製造が盛んな静岡では、濃い口しょうゆの

黒いダシで煮込む独自のおでん文化が根付き、おでん専門の名店も多い。

学生が「余ったおでんは翌日カレーにするとおいしい」と家庭の話をしたことが製品化のきっかけ。

地元企業と共同開発し、延15人の学生が3年かけて基本レシピを練った。

田嶋章博さんは「おでんとカレーの相性が素晴らしく違和感が全くない」と評価する。

全国の「おでんカレー」と銘打ったメニューを食べ比べ、静岡らしさを突き詰めた。

おでんの定番である卵やこんにゃく、だいこん、牛すじ肉入り「具に満足感があり酒のつまみにもなる」富山秀一朗さん。

野口英世さんは「静岡に出掛けた気分で味わえる」と表現する。

「静岡名物の黒はんぺんを全国に流通させたい」と、1年かけて黒ハンペンをカレーに合う硬さに開発。

かまぼこ製作の知識を生かし、レトルト加工後もほどよいかみ応えが残るように試作を重ねた。

現在販売しているのは220年に味を改良した第2弾。

パッケージのおでんのイラスト案も学生が考えた。

① 540円=230g

https://www.ichiiuroko.com/

 

 

草熟北里八雲牛カレー!北里大学=北海道!

2位・580ポイント・草熟北里八雲牛カレー!北里大学=北海道!学生が育てたブランド牛が生きる!!

 

北海道八雲町にある北里大学獣医学部の広大な牧場でのびのびと育った。

八雲牛の赤身を使ったビーフカレー。

牧場に常駐する大学院生や実習で訪れる学生らが牛の育成から出荷までを手がける。

目前の牧草など100%!

自給飼料によるブランド牛で、赤身肉は栄養分も多く、

北里大の附属病院の病院食としても利用される。

学生と教員がカレーに合う肉質や部位を研究、八雲町から程近い函館市にある、

明治創業の老舗レストラン「五島軒」と共同でカレーっを完成させた。

肉の質にこだわっただけに、島本美由紀さんは「肉の部位が白ごはんの食感によく合う」とコメント。

湯浅俊夫さんは「まろやかで食べやすい」と牛肉とのバランスを評価する。

「大切に育てた牛を大事に使っている思いが伝わる」飯塚敦さん とストリート性の高さ高さを称賛する声も目立った。 

① 540円 200g

https://kitasato-life.shop-pro.jp/

 

 

白花豆ごろっと白カレー!十勝産の豆が主役!

3位・550ポイント・白花豆ごろっと白カレー!北海道帯広農業高校=北海道!十勝産の豆が主役!

 

北海道・十勝地方の特産品である白花豆を使った新商品を作ろうと、地元の農協が協力を求め。

3年がかりで販売にこぎつけた。

白いスプール状のルーに粒ごと入った白花豆の食感は一般のカレーのじゃがいもに近い。

「白花豆がちゃんと主役になっていて、白い見た目が美しい」野口さん。

商品の開発を始めた2018年度には、生徒が校内の農場で種まきから収穫まで一連の作業を経験した。

自分たちで育てた豆を使ってスパイスを調合し、豆の皮の有無や加熱具合など試行錯誤した。

「ルーはポタージュよりだがスパイスが効いている」金谷拓磨さん。

小野員裕さんも「インドやネパールのダール=豆 カレーと一線を画する良さがある」と味を評価する。

① 540円 200g

https://dosannko-g.stoars.jp/

 

 

まろやか高原カレー!上乳穴高校=愛媛県!

4位・430ポイント・まろやか高原カレー!上乳穴高校=愛媛県!ピーマン食べやすく・食品ロス削減も!

 

森林環境課の生徒6人が地元の特産野菜のピーマンのうち、規格外などの理由で

廃棄されるものを粉末にして活かすことを思いついた。

ピーマン嫌いの子供にも食べてもらえるよう、苦味を抑えることにこだわり、

地元の海産物メーカーに相談して和風だしで仕上げた。

ピーマンらしい鮮やかな緑色を出すために頭を悩ませ、ほうれん草を使う工夫にたどり着いた。

「加工品として扱いづらいピーマンをここまで美味しく仕上げた開発力に拍手」スパイシー丸山さん。

「ピーマンが身近に育った人たちの地元愛を感じる」猪俣早苗さん。

① 540円 180g

https://fmmarche.jp/

 

 

アスメシカレー・花咲徳栄高校=埼玉県!

5位・410ポイント・アスメシカレー・花咲徳栄高校=埼玉県!タンパク質多め・選手の体作りに!

 

「アスメシ」とは運動選手が必要とする高たんぱく、低脂肪の食事である「アスリート飯」を指す。

同校野球部は甲子園で優勝したことがあり、サッカーなどの運動部全般が強豪として知られる。

食育実践科の生徒がメニューを考案し、良い筋肉を作るため鶏肉の量を増やし、カレー1食で1日に必要なたんぱく質のおよそ半分がとれる。

地元加須さんイチジクを使い、自然な甘みを加えた。

「学生ならではの発想。運動部員が食べるイメージが湧く」新井一平さん。 

① 540円 200g

https://shop.kazomarche.com/

 

 

比内地鶏とししとうのプレミアムカレー!

6位・380ポイント・比内地鶏とししとうのプレミアムカレー!秋田=北鷹高校=秋田県!クセになるほろ苦さ・鶏肉の存在感も!

 

家庭クラブの活動の一環として、地域の活性化のために土産品の開発を企画した。

地元北秋田市の特産品であるシシトウに着目した。

当初は菓子を作ろうと試作を重ねたが、シシトウの苦味を活かすにはカレーが最適と方向転換。

同じく地元特産の比内地鶏や玉ねぎ、トマトを煮込み、道の駅や農協の関係者と話し合いながら味を決めた。

「商品名にブランド鶏である比内地鶏の名前が入っているのでインパクトがあり、食べてみたくなる」富山さん。

湯浅さんは「穏やかなのにピリッと来る味」と評価する。 

① 550円 240g

https://www.kitaakita.akita.jp/

 

 

仙台べこタンカレー!牛タンとかまぼこが意外にマッチ!

7位・360ポイント・仙台べこタンカレー!仙台商業高校=宮城県!牛タンとかまぼこが意外にマッチ!

 

仙台名物の牛タンと笹かまぼこが一度に味わえるようにとの斬新なアイデアが実現したカレー。

部活動「商業情報部」の生徒たちが家庭科室でレシピを完成させ、地域PRのために

考案して商標登録したキャラ「べこタン」をパッケージに描いた。

野菜の甘みとスパイシーな後味が特徴で、松宏彰さんは「欧風仕立てのカレーと笹かまの味が合う。

両者を牛タンがつなぎ地域性が生きている」と評価する。

売り上げの一部は東日本大震災の復興に役立ててもらおうと宮城県南三陸町に毎年寄付している。 

① 600円 200g

http://www.yakurai-foods.co/jp/

 

 

おりこうカレー・折尾高校=福岡県!野菜たっぷり・栄養しっかり!

8位・250ポイント・おりこうカレー・折尾高校=福岡県!野菜たっぷり・栄養しっかり!

 

野菜など様々な食材を30品目とることができるスティックタイプのカレー。

折尾高校の生徒たちの呼称「おりこうせい」にちなみ名付けた。

商品は生活デザイン科が開発し、商業科を中心にイラストや歌で販売促進。

地元のイベントなどには販売ブースを出すよう声がかかるほどの知名度が上がり、2016年の

熊本震災や17年の九州北部豪雨の被災地には生徒の発案でカレーを1千食ずつ寄付した。

スパイスが効いた味は「風味と酸味がクセになる」田嶋さん。商品パッケージにはパンやクラカーにつける食べ方も紹介。 

① 459円 30g×5

https://www.hakatahonpo.com

 

 

信大きのこカレー・信州大学=長野県!シャキシャキ新鮮なかみ応え!

9位・245ポイント・信大きのこカレー・信州大学=長野県!シャキシャキ新鮮なかみ応え!

 

普段は食品を取り扱わない工学部が生んだ、異色の開発カレー。

植物の分解を学ぶ物質化学科の学生が技術力を生かし、レトルト加工後もキノコのシャキシャキ感が残るように加熱の温度や時間を調整した。

山林に囲まれた立地を活かし、収穫翌日の生のブナシメジをふんだんに使い、1食の容量の半分に当たる100g分が入っている。

長野の特産であるリンゴも深い味わいを出す。

松さんは「これほどキノコが主役になったカレーは珍しい。地域食材の魅力を伝えている」と感心する。

島本さんは「きのこ嫌いの子供もチャレンジしてみて」と勧める。 

① 515円 200g

http://akebono-shop.com/

 

 

ごっつんカレー・海洋高校=新潟県!海の幸を主役に・ご飯進む味わい!

10位・240ポイント・ごっつんカレー・海洋高校=新潟県!海の幸を主役に・ご飯進む味わい!

 

水産物の加工から流通までまでを学ぶ食品科学コースの授業で、相撲部の男子生徒3人が手がけたシーフードカレー。

「ご飯が進む食品」がコンセプトだ。

同校の生徒が過去に開発した、地元で水揚げした甘エビを発酵させた「甘えび醤油」を使って香りとコクを出し、数種類のカレー粉を混ぜた。

エビやイカなどの大振りの具材がゴロゴロと入り食べ応えがある。

売り上げの一部は全国大会常連である相撲部の遠征費や合宿所での食費に使う。

「ゆでたパスタやうどんと和えても美味」野口さん。「ネーミングが面白い丸山さん。 

① 518円 180g

② https://www.nousui-shop.com/

 

ランキングの見方 数字は専門家の評価を点数化。商品名、開発に携わった学校名=拠点となった校舎の所在地。

① 1箱または1袋の税込み価額の目安 内容量。

② 販売情報サイトのURL。

写真は鈴木健撮影、スタイリングは島本美由紀。

調査の方法 大学や高校が開発に関わり、取り寄せのできるレトルトカレーを、専門家会の取材をもとに20種類選出。

専門家が試食し、学校や生徒・学生らしさ、地域性、味の3つの観点で順位をつけ、編集部で集計した。 

松浦奈美が担当しました。 

日経新聞。なんでもランキング。

 

それではこれにまつわる研究をします! 

 

 

ご当地カレーはただのカレーじゃない!ハマればハマるほど、なかなかすべて伝えられない…もっと魅力的なのに!

ご当地カレーはただのカレーじゃない!溢れる郷土愛を伝えたい!ハマればハマるほど、なかなかすべて伝えられない…もっと魅力的なのに!

 

[ご当地カレーはただのカレーじゃない!溢れる郷土愛を伝えたい。]    

この度、私が挑戦してきました初のクラウドファンディング。

11月16日の開始日から、12月22日23時まで、たくさんの方々から

ご支援を頂いてきたこの挑戦もあと少しで終わろうとしています。

すでにご支援をいただいたり、情報の拡散にご協力いただいているかとは思いますが、ご当地カレーの

魅力を伝えるため、引いては地方創生のため、ご支援または、情報拡散の形で、お力をお貸しいただければ幸いです。

これまでも、これからも、応援よろしくお願いいたします。 猪俣早苗

[カレー好きでなくてもハマる、ご当地レトルトカレーをもっとたくさんの人と楽しみたい!]    

はじめまして。

ご当地レトルトカレーマニアの猪俣早苗です。

日本で唯一のご当地レトルトカレー専門店「カレーランド」を運営しています。

ハマったキッカケは、お土産でもらったご当地レトルトカレーでした。

いくつかもらったカレーの中に「絶対自分じゃカレーに入れないよ!」というビックリカレーがありました。

例えば、島根県のしじみカレーやいちじくカレーです。

具材選定の意外な面白さに加え、まだ見ぬ商品に出会うため、宝探しのように美味しいカレーを探す楽しさに、すっかり魅了されました。

カレーを探しに旅に出るほどになり、旅先でまた美味しいものに出会うという事も楽しくて、どんどんハマっていきました。

今では1600種類以上を食べ、様々なメディアでその魅力を伝えたり、イベントを開いてご当地レトルトカレーの輪を広げています。

ご当地カレーの面白さ、溢れる郷土愛を自分だけではなく、もっと多くの人に伝えたい。

そのために商品のストーリーや生産者を紹介するホームページを作ることを決意しました。

こだわり抜いたホームページにするためクオリティにはこだわりたいと思っています。

このプロジェクトそのものが、ご当地カレーのまだ見ぬ世界へいざなう知っていただく機会になればという願いもあります。

みなさま、どうかご支援のほどよろしくお願いいたします!

[ ハマればハマるほど、なかなかすべて伝えられない…もっと魅力的なのに!というもどかしい思いが大きくなっていきました。]    

私は4年前から、ご当地カレーの魅力を商品として販売しながら伝えるため、西浅草で実店舗を構えています。

実店舗はスペースの関係で限られた商品しか取り扱えません。

仕方なく新しく魅力的なカレーを見つけたら、既存のものを減らすという方法をとっています。

また、中には「県内のみで販売したい。」という思いのカレーもあります。

様々な事情で、短い間しか販売していないものもあります。

どんなカレー好きの人だって、出会えるカレーの数には限界があります。

正直なところ、店頭やメディアではすべてを伝えきれないのが現状です。

ご当地カレーはただのカレーの種類の一つにしか見られていません。

少しずつファンは増えていますが、まだまだ一般の人の知名度は

地方の名産品を使っているからちょっと高くてレアなだけじゃないの?」

とか「ご当地ものって結局企画もの?」と思われています。

 

 

実際にカレーを販売している会社の皆さんです!ご当地の魅力を伝える同士として!


カレーの中にはこだわりのエピソードや地域の魅力もつまっています。 そこまで知ると、いつものカレーも違って見えます!!

 

[カレーの中にはこだわりのエピソードや地域の魅力もつまっています。

そこまで知ると、いつものカレーも違って見えます。]    

ご当地レトルトカレーは味を楽しむのはもちろん、カレーの背景にあるストーリーを受け取り、

素材の作り手や作られた地域を応援することに繋がるという独特の楽しみがあります。

背景を知って食べるとより美味しいし、その地域に興味をもち足を運べば、また新たな発見があります。

――――例えば、北海道のさらべつ和牛ビーフカレー。

牛肉、ジャガイモ、ニンジンと見た目はごく普通のビーフカレーですが、その牛肉の秘密を知るとさらに魅力が増します。

さらべつ和牛は、年間約65頭ほどしか出荷されません。

松阪牛の約4,000頭と比べるとその希少性が分かります。

今まで全国各地の素牛として旅立つことが多かった更別村の希少価値の高い地域ブランド牛なのです。

――――例えば、群馬県のプラムカレー。群馬県でプラムが栽培されていることを知っている人って、なかなかいないと思います。

群馬県上野村でプラムが作られていると知ったら、ちょっと上野村を知りたくなりませんか?群馬県内で人口最少の村で作られたプラムを使ったカレーなのです。

そう聞くと、見る目が変わりませんか?実際に作り手の皆さんからは、食材へのこだわりだけでなく、地域の良いところなどをたくさん聞きます。

さらに、もっと分かれば行ってみたいという気持ちになるかもしれません。

 

 

地域ブランドを守るための購買や訪問は、地域を応援する手段としてとても分かりやすいと思います!

地域ブランドを守るための購買や訪問は、地域を応援する手段としてとても分かりやすいと思います。

 

背景を知ることがそのキッカケになるのだとしたら、キッカケを増やしていきたいと考えました。

地方創生という言葉が叫ばれている昨今、地域でも重要な「食材」がキッカケで人と地方が結びつくことは、ひいてはその地方の活性化にも繋がると考えます。

[伝えきれない魅力やご当地愛をまるごと伝える場としてのHPが欲しい!]    

今回のプロジェクトでは、皆さまからご支援いただいて「ご当地レトルトカレー協会」を法人化しオフィシャルサイトを開設します。

カレーそのものの情報だけでなく、素材のこと、地域のことまで伝えられる、ご当地レトルトカレーの情報サイトにしたいと思っています。

カレーを探すだけでなく、カレーで繋がる旅先を探す場にもなればと考えています。

お店で色々な話をしてカレーを購入し食べた後、そのカレーが作られた地域に行って美味しいもの見つけたよ。

と教えてくれるお客様もいます。写真を見せてもらったり「今度行ったら食べてごらん。」と教えてもらったりすることは、とても嬉しいことだと気づきました。

そうやって、カレーをキッカケにまだある美味しいもの探しに、

まだ見たことのない景色を見に出かけて欲しい!

という思いを込めたHPにしたいのです!

 

 

東北カレー探しの旅がきっかけで訪れた、岩手県の久慈!


[ご当地レトルトカレーは地域を伝える1つのツールとなり、その地域を盛り上げることに繋がります!]    

 

全ての都道府県からご当地レトルトカレーは発売されていて、約2000種類のカレーが入れ替わりながら流通しています。

これだけあれば、例えば「まだ知らない地方を知りたいけどどうすればいいのか・・・」という方でも、

知らなかった特産品、知らなかった地名をカレーで知るということができます。

カレーをキッカケにその土地に興味がわくかもしれません、行ってみたくなるかもしれません。

1番身近な「食べること」が地域を盛り上げることに繋がります。

大きな課題に感じてジブンゴトにできなかったことでもカレーを通して日常的に関われるって素晴らしいことです。

カレーを食べたくなるだけでなく、作られた土地を訪れたくなる。

食べることのその先へ進める、そんなHPで地域を盛り上げていきたいと思っています。

 私も、カレーを探しに行った時には地元感のあるものを食べます。

いつも新しい発見があるし、地元の人との会話も楽しんでいます。

あなたもまだ見ぬ地域の魅力へ、ご当地カレーの世界へ足を踏み入れてみませんか?

そんなきっかけとなるHPをぜひ作りたいと思っています。

ご支援、応援のほどよろしくお願いいたします!   

プロフィール  猪俣早苗さん!

プロフィール  猪俣早苗  

1500種類以上のご当地レトルトカレーを食べ、ご当地レトルトカレーマニアとしてメディア出演多数。    

READYFOR より。

 

愛媛八幡浜 日野出豚カレー!

地元愛スパイスを食べ比べ!愛媛ご当地レトルトカレー大集合!愛媛県産大洲のいもたきカレー!愛媛八幡浜 日野出豚カレー!

 

地元愛スパイスを食べ比べ!愛媛ご当地レトルトカレー大集合 Vol.2  

(提供元:えひめリビング新聞社)

作り手のこだわりがギュッと詰まった「ご当地レトルトカレー」。

ご当地食材のカレーを食べ比べて、愛媛を応援しましょう。

県外の方へのギフトにもおすすめです。

◇「愛媛県産大洲のいもたきカレー」  

具だくさんの和風味カレー  大洲郷土料理「いもたき」とカレーのコラボ。

サトイモ、鶏肉、コンニャク、シイタケなど具だくさんで煮込んだ深いコク。  

入手方法/マルナカ、大洲まちの駅あさもや、大洲産直市愛たい菜、

大洲道の駅清流の里ひじかわほか 問:サンフーズ TEL(0893)25-4450

◇「宇和島水産高等学校監修 鯛媛カレー」 愛媛育ちの鯛を骨まで食べられる

高校生が開発したカレー。

愛媛の真鯛のアラでダシをとり、大きめのカマがゴロゴロ。

カルシウムもたっぷり。  

入手方法/TEL、WEB、愛顔の食卓ほか 問:島原本舗 TEL(0895)27-2345

◇「愛媛八幡浜 日野出豚カレー」  

柑橘風味が香る柔らかいポーク 八幡浜のブランド豚「日野出豚」のロース肉を、

八幡浜産みかんジュースで漬けこみ、フルーティーな味わい。

入手方法/アゴラマルシェ、WEB 問:アゴラマルシェ TEL(0894)35-6565

◇「Bistoroプレミアムセレクション 杵つき餅カレー」 

カレーの中でのびーる餅を実現 3日間煮込むシェフの人気カレーと、

大洲産のもち米で、毎朝杵でつくできたて餅をコラボ。

ご飯を炊く手間いらず。

要冷蔵。  

iyomemo より。

 

 

 


やはり静岡出身だけに1位の静岡おでんカレーは黒ハンペンの絶妙な歯応えだとか!やはりこれを食べてみたいです!

やはり静岡出身だけに1位の静岡おでんカレーは黒ハンペンの絶妙な歯応えだとか! やはりこれを食べてみたいです!!!

 

今日のまとめ。

高校生や大学生が開発に関わるレトルトカレーが増えている。

地域の特産品をPRするため、地元企業との産学連携で味や技術を工夫。

若者のアイデアや郷土愛が凝縮したカレーを専門家が選んだ。なんでもランキング! 

1位・590ポイント・静岡おでんカレー!

東海大学=静岡県!

黒はんぺんの絶妙な歯応え! 

2位・580ポイント・草熟北里八雲牛カレー!北里大学=北海道!学生が育てたブランド牛が生きる! 

3位・550ポイント・白花豆ごろっと白カレー!北海道帯広農業高校=北海道!十勝産の豆が主役! 

4位・430ポイント・まろやか高原カレー!上乳穴高校=愛媛県!ピーマン食べやすく・食品ロス削減も! 

5位・410ポイント・アスメシカレー・花咲徳栄高校=埼玉県!タンパク質多め・選手の体作りに! 

6位・380ポイント・比内地鶏とししとうのプレミアムカレー!秋田=北鷹高校=秋田県!クセになるほろ苦さ・鶏肉の存在感も! 

7位・360ポイント・仙台べこタンカレー!仙台商業高校=宮城県!牛タンとかまぼこが意外にマッチ! 

8位・250ポイント・おりこうカレー・折尾高校=福岡県!野菜たっぷり・栄養しっかり! 

9位・245ポイント・信大きのこカレー・信州大学=長野県!シャキシャキ新鮮なかみ応え! 

10位・240ポイント・ごっつぁんカレー・海洋高校=新潟県!海の幸を主役に・ご飯進む味わい! 

ご当地カレーはただのカレーじゃない!溢れる郷土愛を伝えたい!

ハマればハマるほど、なかなかすべて伝えられない…もっと魅力的なのに! 

カレーの中にはこだわりのエピソードや地域の魅力もつまっています。


地域ブランドを守るための購買や訪問は、地域を応援する手段としてとても分かりやすいと思います。

[ご当地レトルトカレーは地域を伝える1つのツールとなり、その地域を盛り上げることに繋がります!]

地元愛スパイスを食べ比べ!愛媛ご当地レトルトカレー大集合!

愛媛県産大洲のいもたきカレー!

愛媛八幡浜 日野出豚カレー!

そこまで知ると、いつものカレーも違って見えます!

今日は高校生や大学生が関わった、レトルトカレーについて記述してきました! 

若者のアイデアのカレーを専門家が評価して選んだものが、ランキングに選ばれました! 

カレーと聞くと、いかに日本人がカレーが好きなのかがよくわかりました!

実に様々なカレーがあって、食べたくなりました! 

やはり静岡出身だけに1位の静岡おでんカレーは黒ハンペンの絶妙な歯応えだとか! 

やはりこれを食べてみたいです!

 

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。