天国への階段!コルディリエーラの棚田群!2000年以上前にイフガオ族が神へ捧げものとして造り、文化と共に守り継がれた!

Pocket

天国への階段!コルディリエーラの棚田群!

天国への階段!コルディリエーラの棚田群!2000年以上前にイフガオ族が神へ捧げものとして造り、文化と共に守り継がれた!

 

フィリピン・ルソン島北部のイフガオ州に位置するバナウェ。

ここは1995年、世界文化遺産に登録された「コルディリエーラの棚田群」がある。

人間が自然に寄り添って造り上げたこの壮大な棚田は、2000年以上前にイフガオ族が

神へのささげものとして造ったとされ、今日に至るまでその文化と共に守り継がれてきた。

その美しい姿から「天国への階段」と称され、世界中に知られるようになった。 

行き方ー成田空港ーニノイ・アキノ国際空港=直行便で約5時間ー車で約10時間。   

日経新聞。 NATIONAL GEOGRAPHIC。

 

ではこれを詳しく調べます!

 

 

世界遺産フィリピン・コルディリェーラの棚田で絶景ハイキング!

天国への階段!世界遺産フィリピン・コルディリェーラの棚田で絶景ハイキング!!!

 

[天国への階段!世界遺産フィリピン・コルディリェーラの棚田で絶景ハイキング]    

その美しく壮大なスケールの棚田風景から「天国への階段」とも形容され、

さらに世界七不思議の次に来る「世界8番目の不思議」とも称された

フィリピンの世界遺産コルディリエーラの棚田群。

その棚田の観光はガイド付きのツアーが一般的ですが、実はガイド無しでも楽しめる絶景ハイキングがあるんです。

日帰りで楽しみたい方、棚田の絶景を独り占めしたい方などは必見です。

[2000年は伊達じゃない!圧巻の景観・コルディリエーラの棚田]    

フィリピン・ルソン島北部、山岳地方のイフガオ州に位置するバナウェ(Banaue)。

ここには1995年、世界遺産に登録された「コルディリエーラの棚田群」が存在します。

「コルディレラ」はスペイン語で「山脈」を意味し、山脈に切り拓かれた棚田は、

それを全部つなげると地球半周の約2万kmにも及ぶと言われるとてつもない規模を誇ります。

この美しい景観を人は「天国への階段」と呼んでいます。

[この想像を絶する異次元な棚田群を切り拓いたのは、この地で古くから暮らしている少数民族イフガオ族の人たち。

この想像を絶する異次元な棚田群を切り拓いたのは、この地で古くから暮らしている少数民族イフガオ族の人たち!

今から2000年以上も前からこの地を耕し、ほぼ人の手だけで作り上げたという

人間離れした神業はもはや畏怖の念を禁じえません。]    

コルディリエーラの棚田群に登録されているのは、バナウェ管轄のバタッド村(Batad)とバンガアン村(Bangaan)、

そしてフンドアン地区(Hungduan)、マヨヤオ地区(Mayoyao)、キアガン地区(Kiangan)の5か所。

中でももっとも迫力があり、よく宣材写真で使用されるのはバタッド村の棚田(ライステラス)です。

ここでは棚田横断を伴うトレッキングなどの場合、現地ガイドを雇うことが原則となっていますが、

宿のテラスや展望台などからの観賞だけであればガイドは不要です。

そのため今回は、ガイドを付けるほど奥まで行かなくていいけど宿のテラスからの観賞だけでは物足りない、

というちょっと欲張りな方におススメのセルフ絶景ハイキングをご紹介します。

[目指せ!棚田の山頂へ]     

今回ご紹介する目的地は、バタッド・ライステラスの山頂にある絶景展望台。

ここはガイド無しでもOKのコースです。

村からは約1時間のハイキングで、入口は村の小学校脇の階段です。

特に案内板などはないので迷ったら子どもたちに尋ねてみましょう。

階段を降りきると案内板が立っています。

右へ下りると棚田の麓の村へ、左に行くと展望台方面になります。

ここからも案内板などはほぼ不在ですが、とにかく左にある棚田のてっぺんを目指しましょう。

道は集落の中につながっていることが多く、往々にして民家の庭先を突っ切ります。

ドキドキしますが不法侵入ではないので大丈夫です。

[いよいよ棚田を抜けて山頂へ!]    

多少アップダウンのきつい山道を抜けると、いよいよ棚田に出ます。

すでにこの眺め!

ここからは棚田に渡されたコンクリートのあぜ道などをひたすら進みます。

しばらくするとようやく展望台に到着します。

ここではちょっとしたスナック菓子やドリンク、

フレッシュココナッツジュースなどが売られています。

バタッド・ライステラスを一望できる絶景ベンチで、

棚田を観賞しながら疲れを癒しましょう。

しかし実はここはまだ山頂ではないんです。

「この裏に山頂に通じる道があるから足元に気を付けて行くといいよ」

と店の主人に促され、さらに上を目指します。

「気を付けて」の意味を理解します。

垂直の石積みに無造作に岩がはめ込んであるだけの仰天の石段。

バランスを崩さないよう慎重に登っていきます。

高所恐怖症さんにはちょっとNGかもしれないですね。    

[バタッド・ライステラスを独り占め!]    

恐ろしい石段を登った山頂からの眺めはこれ!

バタッド・ライステラスを一望できる絶景ポイントです。

バタッド・ライステラスを一望できる絶景ポイントです!

ここを訪れる観光客は少ないため、もれなく絶景を独り占めできるかも。

もう疲れも吹っ飛びます。

[コルディリエーラの棚田を堪能するにはまずバナウェ政府観光案内所へ]     

コルディリエーラの棚田を楽しむためには、まずバナウェ市内にある政府観光案内所に立ち寄りましょう。

ここで環境税50ペソを支払います。

次に、当案内所で行きたい場所ややりたいことなどを相談するとニーズに応じた提案をしてくれます。

当案内所では各種ツアーやガイド、移動手段の手配をしてくれます。

たとえばバタッド村に行くだけなら、トライシクル(サイドカー付きバイクタクシー)チャーターで1,000ペソ。

これにガイドが付くとさらに900ペソ追加です。

移動費、ガイド料は目的地や内容に応じて異なるため、

詳しくは関連MEMOにあるバナウェ公式サイトをご参照ください。

棚田は田植え期の1~2月、水田が鏡張りとなる3~4月、苗が青々と茂る4~5月、

6~9月には黄色の稲穂が揺れる収穫期で、四季折々の表情を見せてくれます。

また朝や夕焼けなど時間帯によって、一日の間でも変化のある表情にも注目です。

バタッド村にはたくさんの宿泊施設が用意されています。

お時間に余裕があれば、泊りがけでのんびり優雅に、宿のテラスで

お食事などしながら棚田を満喫するのもおすすめですよ。

[バナウェ政府観光案内所(Banaue Municipal Tourism Center)の基本情報]   

住所:Poblacion, Banaue, Ifugao, Philippines   

電話:+63-917-411-6191   

営業時間:5:00~20:00    

アクセス:マニラから出発の場合、

サムパロック地区からオハヤミ・トランス(Ohayami Trans)

あるいはフロリダバス(GV Florida Transport)より

直通バスで所要10~12時間。

バギオ経由の場合はKMS Linesバスなどで所要約6時間。    

LINE  トラベル より。

 

 

耕して天に至る!中央山岳地帯に築かれた棚田群はまさにそれ!

耕して天に至る!フィリピン・ルソン島北部の中央山岳地帯に築かれた棚田群はまさにそれ!!

 

[「耕して天に至る」。

棚田の風景を形容するのによく使われる表現ですが、フィリピン・ルソン島

北部の中央山岳地帯に築かれた棚田群はまさにそれ。

バナウエ周辺のコルディリェーラ山脈の急斜面に沿って、

「天国への階段」とも呼ばれる壮大な景観が広がります。

コルディリェーラの棚田群は、総面積2万ヘクタールと世界最大規模。

棚田のあぜをつなぎ合わせると2万㎞、地球を半周するほどの長さになるといわれています。

この地に生きる山岳民族のイフガオ族が、標高1,000mを越える高峰の山腹をほとんど人力だけで耕し、

米を作り、昔ながらの生活を2000年以上にわたって守り続けてきました。

人間の営みと自然の調和から生まれ、今に受け継がれてきた

棚田の景観はかけがえのないもので、1995年世界遺産に登録されました。

とりわけ青々と育つ稲や黄金色の稲穂に覆われる棚田群は壮観です。

とりわけ青々と育つ稲や黄金色の稲穂に覆われる棚田群は壮観です!

この山岳地帯の村にも近代化の波は否応なしに押し寄せ、生活の変化や後継者不足による

耕作放棄などから棚田が荒廃、景観の維持管理が行き届かなくなり、

2001年には危機遺産リストに登録される事態に。

そこで「棚田を守ろう」と立ち上がったのが、日本を含む国内外の支援団体。

伝統的な農法による棚田の保全、技術や知識の伝承が図られ、

2012年にリストから解除されて危機を乗り越えました。

棚田の景観とともに、手作業による田植えや稲刈りなど、

昔ながらの農作業風景が次代へ継承されることを願いたいものです。

▲美しい眺めが訪れた者を魅了するバタッド村の棚田   

▲状態の良い棚田が現存するバンガアン   

◆登録名:フィリピン・コルディリェーラの棚田群  

◆登録年:1995年   

◆分類:文化遺産   

◆アクセス:首都マニラからバナウエまでバスで約9時間。

阪急交通社 より。

 

 

森の豊かな湧き水を、用水路をつくって棚田の上まで導き、水田から水田へと水路をつなぐ!


コルディリェーラの棚田群はフィリピン・ルソン島の北部に位置し、世界最大規模と言われている!!!

 

[コルディリェーラの棚田群はフィリピン・ルソン島の北部に位置し、世界最大規模と言われている。

コルディリェーラ山脈の標高1,000mから2,000mの急斜面を埋め尽くし、

まるで天へと至るような景観美から「天国への階段」と呼ばれている。]   

[地球半周分もの畦道]  

棚田とは、水田が一段一段、まるで天を目指すように積み重なっている階段状になった水田で、

山肌を切り拓いて、斜面を少しずつ上へと伸ばしつくられた稲作地のこと。

稲作が盛んな日本でもよく見られる風景だが、フィリピン・コルディリェーラの棚田群のスケールは桁違いだ。

人の手の力だけで、コツコツと積み上げた田んぼの石垣。

そのあぜ道は地球半周分・20,000kmに達すると言われている。

山岳地の険しい環境に棚田を作り上げたのは、イフガオ族という山岳民族。

約2000年も前に海を渡ってこの山間の地に根をおろし、米作りの技術を伝えたと言われている。

文字を持たない彼らは口伝えでその技術を親から子へ、孫へと受け継いだ。

イフガオの人々の営みが長い時間をかけて蓄積し、壮大で美しい風景をつくり上げた。

その価値は世界遺産においても「文化的景観」(人間と自然との相互作用によって生み出された景観)として認められている。

[生命の森から溢れる豊かな水]    

米作りに不可欠な水は、一体どこからくるのか。

答えは、棚田の上に広がる森である。

山頂付近をおおう熱帯雨林、そこが「いのちの森」だ。

山頂付近をおおう熱帯雨林、そこが「いのちの森」だ!

森の豊かな湧き水を、用水路をつくって棚田の上まで導き、水田から水田へと水路をつなぐ。

上から下へ、自然の力で水を流れ落とし、万遍なく田をうるおしている。

フィリピンはもともと東京の倍近い降水量があり、森は多くの雨水を蓄える。

森から養分を吸収した水は棚田に少しずつ流れ込み、石や土でつくられた壁の隙間や水路を通って別の水田に流れていく。

急斜面という地の利により水が行き渡るため、今でもポンプなど機械は使われていない。

先人の知恵が生んだ独自の灌漑技術と伝統的な生活は、自然との調和を大切にした農法を長きに渡って守り続けてきた。

森は、水を蓄える天然のプール。

山の民は精霊が住む森を崇め、こうした灌漑技術によって棚田を支えてきたのだ。

[一時は危機遺産になるも、受け継がれる伝統]    

米作りに不可欠な水は、一体どこからくるのか。

答えは、棚田の上に広がる森である。

山頂付近をおおう熱帯雨林、そこが「いのちの森」だ。

森の豊かな湧き水を、用水路をつくって棚田の上まで導き、水田から水田へと水路をつなぐ。

上から下へ、自然の力で水を流れ落とし、万遍なく田をうるおしている。

フィリピンはもともと東京の倍近い降水量があり、森は多くの雨水を蓄える。

森から養分を吸収した水は棚田に少しずつ流れ込み、

石や土でつくられた壁の隙間や水路を通って別の水田に流れていく。

急斜面という地の利により水が行き渡るため、今でもポンプなど機械は使われていない。

先人の知恵が生んだ独自の灌漑技術と伝統的な生活は、

自然との調和を大切にした農法を長きに渡って守り続けてきた。

森は、水を蓄える天然のプール。

山の民は精霊が住む森を崇め、こうした灌漑技術によって棚田を支えてきたのだ。   

EBARA より。

 

 

都会に住んでいる方は、パッとイメージが思い浮かばない方も多いのではないでしょうか!

棚田と聞いてどんな光景を思い浮かべますか?都会に住んでいる方は、パッとイメージが思い浮かばない方も多いのではないでしょうか!!!

 

[天国への階段!世界遺産「フィリピン・コルディリェーラの棚田群」]     

棚田と聞いてどんな光景を思い浮かべますか?

都会に住んでいる方は、パッとイメージが思い浮かばない方も多いのではないでしょうか。

棚田とは斜面を利用して稲作をする稲作地のことです。

フィリピンには「天国へ上る階段」と呼ばれているフィリピン・コルディリェーラの棚田群があります。

世界遺産にも登録されているコルディリェーラの棚田群は、フィリピンの山岳部に暮らす

少数民族イフガオ族によって、2000年以上手入れされ続けてきました。

この記事では世界遺産「フィリピン・コルディリェーラの棚田群」の魅力と見所についてご紹介します!

ぜひ、フィリピン観光の参考にしてくださいね。

[フィリピン・コルディリェーラの棚田群とは?]    

フィリピン・コルディリェーラの棚田群は、フィリピンのルソン島北部に広がるコルディリェーラにある棚田です。

「コルディリェーラ」とはスペイン語で「山脈」の意味。その名の通り、棚田は山の中にあります。

棚田の総延長は20000キロメートルを超え、世界最大規模の棚田と言われています。 

フィリピン・ルソン島に暮らす山岳民族であるイフガオ族によって造られたという

フィリピン・ルソン島に暮らす山岳民族であるイフガオ族によって造られたという!

「コルディリェーラの棚田群」は、1995年に世界文化遺産に登録されました。

今では世界から観光客が訪れる人気の観光スポットとなっています。

昨今は棚田の管理者不足による景観の乱れが危惧され、一時は危機遺産にも登録されましたが、

国内外からの支援により現在は危機遺産リストからの削除を果たしました。

[フィリピン・コルディリェーラの棚田群へのアクセス]    

日本からフィリピン・コルディリェーラの棚田群へのアクセスは、日本・成田空港から

フィリピンの首都マニラへの直行便が運航しているので、こちらを利用するのが一般的です。

フライト時間はおよそ4時間半です。

マニラからは、バナウェまでの長距離バス、レンタカー、ガイド・ドライバーさん付きの

ツアーを予約する方法から、ご自身のお金と時間に合わせてチョイスすると良いでしょう。

ただ、長距離バスの場合およそ10時間ほどかかりますので、観光までに多少の体力を奪われるかもしれません。

棚田についてからの体力を残しておきたい人は、バス以外の方法をオススメします。 

バナウェからはトライシクルという乗り物で、1時間程で棚田につきます。    

Skyticket  より。

 

 

フィリピンで「天国へ昇る階段」と呼ばれる畑が美しすぎる!

フィリピンで「天国へ昇る階段」と呼ばれる畑が美しすぎる!「コルディリェーラの棚田群」の絶景と歴史!!!

 

[フィリピンで「天国へ昇る階段」と呼ばれる畑が美しすぎる!

「コルディリェーラの棚田群」の絶景と歴史]    

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの

絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。

今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。

本日は「コルディリェーラの棚田群」をご紹介します。

[コルディリェーラの棚田群ってこんなところ]    

フィリピンで最も大きいルソン島北部中央の山岳地帯が

コルディリェーラ地域で、これはスペイン語で「山脈」を意味しています。

フィリピンは16世紀にスペインの植民地となっていたため、

スペイン語の名前がついていると考えられます。

コルディリェーラは標高1000m超の山々が連なっていますが、

その斜面に造られた棚田は世界最大規模の面積を誇っていることで有名です。

総延長が地球半周よりも長いそうですよ。

棚田が天へ伸び上がっていくような景観は、「天国へ昇る階段」と称されています。

とても美しい風景ですが、マニラからバスで8~10時間かかるためなかなか大変です。

[棚田を守る人々・イフガオ族]    

イフガオ族は、紀元前1000~前100年頃にかけてこの田畑を造りはじめたそうです。 

そして今も受け継がれるこの棚田は、実に2000年の歴史を有しているのですから驚きですね。

なので、彼らは紀元前3世紀よりも前にここにやってきたのではないかと考えられているそうです。

彼らが築いた独自の文化は、稲作と密接な関係にありました。

彼らが口承でのみ伝える歌「ハドハド」は彼らの思想や農業についてのもので、世界無形文化遺産にも登録されています。

また、棚田をどれだけ所有しているかによって貧富の差が生まれたのだそうです。

そして彼らは稲作の民族らしく高床式住居に住んでいます。どこか日本と通じるものを感じますね。

[棚田のしくみ]    

この棚田はどのように出来上がったのでしょうか。元々雨が多いフィリピンですので、山々にもたくさん雨が降ります。

雨量は東京の1.5~2倍もあるそうです。

その雨が地中にしみ込み、山の養分を含んで棚田へと流れ込みます。

そして田には雑草が生い茂り、生物が住み、その死骸や糞が天然の肥料となって栄養を与えてくれるというわけです。

そして、棚田の切れ目から水が下へと流れ、水が循環していきます。

また、急斜面に造られた棚田は幅が2,3mほどしかありません。

そのため農業用の機械を持ち込むこともできず、人間の手のみが唯一の手入れの手段となりました。

それが2000年もの間守られているのですから驚きです。

[コルディリェーラの棚田の絶景]    

Green rice paddies in the north of Luzon Island, Philippines   

コルディリェーラの棚田群は各地に点在していますが、それぞれ独特の景観を持っています。

「天国へ昇る階段」とされているのは、山奥のバタッド村の景観です。

「天国へ昇る階段」とされているのは、山奥のバタッド村の景観です!

天空へと伸びる階段のような棚田群は、水をたたえた時期が最も美しいです。

そのまま天国へ昇っていけそうな錯覚に襲われます。

また、フンドアンの棚田はなだらかな土地にあるため、一見平野にあるような感じがします。

一方、川で二分された渓谷の両岸に作られたキアンガンの棚田の景観も面白いですよ。

遠くから見るのも良いですが、近くに行ってイフガオ族の

人たちが農作業をする様子を見てみるのもおすすめです。

日本ではもう見られない懐かしい農作業の風景が見られますよ。

[危機遺産リストへの登録と解除]    

beautiful view of house and village in rice terrace    

スペインによる植民地化、アメリカの占領下にあっても守られてきた棚田ですが、

世界遺産に登録されて以降、環境破壊と後継者不足によって棚田の状態は悪化してしまいました。

そのため、コルディリェーラの棚田群は世界遺産の中でも危機遺産リストに登録されてしまったのです。 

Dragon’s backbone rice terraces and traditional village, Ping’An, Guangxi, China

そのため、国内外の支援や伝統的な農業技法の伝達に再び力を入れ、

2012年に危機遺産リストからみごと解除されました。

他にも有名な世界遺産が危機遺産リストに載せられていますが、

ここから外れることは本当に難しいことなのです。

コルディリェーラの人々が伝統を守ろうとする強い姿勢は、

2000年の時を超えてこれを受け継いできた力の源なのでしょう。

[壮大な歴史を感じて旅をしよう]    

いかがでしたか。ただ息を呑む絶景に心焦がすだけではなく、その背景にある

歴史を簡単にでも理解することで、世界遺産巡りはより楽しくなります。

「コルディリェーラの棚田群」への渡航をぜひご検討ください。    

tabiyori  より。

 

 

2000年かけて作られた天国への階段「コルディリェーラの棚田群」?!

2000年かけて作られた天国への階段「コルディリェーラの棚田群」?!ルソン島の北部中央にあるバナウェ渓谷に位置する!!

 

[2000年かけて作られた天国への階段「コルディリェーラの棚田群」?]    

農耕山岳民族が約2000年前から作り上げたコルディリェーラの棚田群、

天国への階段と呼ばれる圧巻の光景をご紹介!

天国への階段と呼ばれるコルディリェーラの棚田群は、

フィリピン最大の島であるルソン島の北部中央にあるバナウェ渓谷に位置する。

標高1000メートルを超える峰々が多く存在する大地に、イフガオという

農耕山岳民族が約2000年前から作り上げた棚田の高さは、

なんと1500メートルあり、すべての棚田を伸ばすと

20,000kmを越え、地球半周分の長さにもなります。

とても美しい風景です。  

季節が変わるとまた違った美しさを感じることができます。

2000年かけて作られた天国への階段「コルディリェーラの棚田群」。

歴史ある階段を是非とも登ってみたいですね。     

Tabit Life より。

 

 

特に夕陽に照らされた時の美しさは、人が手間暇かけて造ったからこそ、そのように美しいのでしょう!

特に夕陽に照らされた時の美しさは、人が手間暇かけて造ったからこそ、そのように美しいのでしょう!!

 

今日のまとめ。

フィリピン・ルソン島北部のイフガオ州に位置するバナウェ。

ここは1995年、世界文化遺産に登録された「コルディリエーラの棚田群」がある。

人間が自然に寄り添って造り上げたこの壮大な棚田は、2000年以上前にイフガオ族が

神へのささげものとして造ったとされ、今日に至るまでその文化と共に守り継がれてきた。

その美しい姿から「天国への階段」と称され、世界中に知られるようになった。 

耕して天に至る!天国への階段!世界遺産フィリピン・コルディリェーラの棚田で絶景ハイキング!

フィリピン・ルソン島北部の中央山岳地帯に築かれた棚田群はまさにそれ!  

コルディリェーラの棚田群はフィリピン・ルソン島の北部に位置し、世界最大規模と言われている! 

棚田と聞いてどんな光景を思い浮かべますか?

都会に住んでいる方は、パッとイメージが思い浮かばない方も多いのではないでしょうか! 

フィリピンで「天国へ昇る階段」と呼ばれる畑が美しすぎる!

「コルディリェーラの棚田群」の絶景と歴史! 

2000年かけて作られた天国への階段「コルディリェーラの棚田群」?!

ルソン島の北部中央にあるバナウェ渓谷に位置する!

今日は、フィリピン・ルソン島にある世界文化遺産「コルディリエーラの棚田群」を紹介しましたが、いかがでしたか? 

美しい棚田群に圧倒されたのではないでしょうか? 

これは2000年以上も前に神への捧げもの、として作られたというから驚きです! 

「天国への階段」と称されていますが、まさにその通りの美しさでした!

特に夕陽に照らされた時の美しさは、人が手間暇かけて造ったからこそ、そのように美しいのでしょう!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。