多彩なデザイナー、サンローランの申し子!今年はサンローランが自分のブランドのコレクションを発表し60年の節目! !

Pocket

パリ市立美術館にある「ラウル・デュフィ」による「電気の精」を背景に展示されたサンローランのドレス!


多彩なデザイナー、サンローランの申し子!今年はサンローランが自分のブランドのコレクションを発表し60年の節目! !

 

イヴ・サンローランの展覧会が、5月半ばまでルーブル美術館などパリの6つの美術館で開催されている。

題名は「美術館におけるイブ・サンローラン」だ。

その名前すら知らなかった若者たちが初日から入場待ちで長蛇の列を作り、

「各艦長から感謝の言葉が届き、熱い思いに打たれた」と語るのは監修者の1人、

ファッションデザイナーのステファン・ジョンソンさんだ。

今年はサンローランが26才で自分のブランドの第1回コレクションを発表してから60年の節目。

展覧会の監修者は3人で、美術史科のムーな・メクアールさんが美術館の作品を、

ステファンさんがそれに関連する服を選び、ピエール・ベルージェ=イブ・サンローラン財団の

理事長マディソン・コックスさんが最終決定する共同作業で行われた。

中でもステファンさんの役割は重要だ。何より、サンローランの服を熟知している必要がある

インテリアとデザインがテーマの雑誌「カバーナ」編集者でもあるステファンさんがサンローランについて本を作る際、財団を訪れた。

コックスさんはその見識の深さに驚き、即座に展覧会の服の監修を依頼したという。

見たことのないアイデアを求められ、ステファンさんとメクアールさんは

「複数の美術館で各所蔵品に対応する服の展示」を提案した。

パリではルーブル美術館のほか、

ピカソ美術館、

パリ市立近代美術館、

ボンピドゥー・センター、

オルセー美術館、

イヴ・サンローラン美術館でで開催。

10月にはポルトガルでの巡回も決まった。

各美術館の作品にサンローランの服を対応させる形式で、モードとアートという、にて入るが異なる二種の創造物の関係性を探る面もある。

ピカソやモンドリアン、マティス、モネ、ブルーストなどの作品を通じて、アートとファッションの対話が感じられる。

「サンローランは悲壮なまでにアートを愛好した」とコックスさんは解説する。実際、そのコレクションアートと切り離せない。

決して布の上に絵を書いたり、イラストをプリントするわけではない。

ピカソの絵に描かれた服は、サンローランの手にかかると線が立体になり、服の構造を持ち、女性たちの姿勢や動きを楽しく包む。たちの動きを楽しく包む。

展示会の趣旨は、単にサンローランの服を賞賛するものではない。

1人のデザイナーがクリエイティブに変化し続けたクリエイティブに変化し続けた家庭を示すものだ。

特にイブ・サンローラン美術館には友人500人を撮った写真、

スケッチ、

膨大な蔵書、

インペリアル様式の家具や骨董もある。

ステファンさんとサンローランとの設定は幼少時に生まれた。

「彼と共同製作者ピエールベル自絵師に出会ったことこそ、人生の大きな贈り物。

友情を通じて多くを学んだ」とステファンさんは語る。

パリに住む母親に手を引かれ、アトリエに通った8才の頃からサンローランに憧れ始めた。

その驚くほどの真剣さが通じ、14才で出会ったベルジェ氏により、毎回ショーに招かれるように。ステファンさんはサンローランの服について「ショーで深く学んだ」という。

ファンションのデザインの道は深い技術と多くの秘密があり、自分にはできないかもしれない、と思いもした。

しかし、サンローランの「ファッションは忘れよ、自分独自の様式に没頭するのが良い」というアドバイスに従った。

ペルジェ氏らはステファン氏らを「サンローランの申し子」と呼んだ。

そのステファンさんは1986年、イタリアのミラノの自身のブランド「ステファンジャンそん」を立ち上げた。

ステファンさんの服作りの基本の考えは「昔作った服も、未来の服である」というもの。

自分のアーカイブを見ながら作る、過去を見ながら現在の服をイメージするという手法だ。

ミラノのブティックには、30年前の服から新作まで一緒に並ぶ。制作年は異なっても。如何様にも組み合わせて切ることができる。

昔からのなじみ客が並び続け、皿のその娘世代が加わり、一つのコミュニティーのような雰囲気を醸す。

それは継続的にサンローランに服を仕立ててもらう母親と、アトリエにかゆった自身の体験に通じる。

サンローランの「オートクチュールは布が作る」「服は動作から生まれる。

人の動きを考えずして作られた服は良い服とは言えない「この布を知り尽くす必要がある」という言葉は、ステファンさんの服作りにも重なる。

生地をぬの目に対して45°で用いるバイアス使いの服は、極力切り過ぎず、縫いすぎづに作られている。

中には1本の縫い目のみでできている服も。布の自然な性質を知っているからこそできる作りだ。

頭の中で立体を浮かべ、そのイメージに沿ってカットを考え、次に机に置いた平面状の布に何の印を入れることもなく、ハサミを入れる。

ステファンさんは3次元の把握が特に得意だ。

つるした状態ではエプロンのように布がかかっているようにしか見えないのに、

身に付けると生き生きとした生命力が生まれる。その変化の大きさに驚く。

素材も上等なシルクサテンやダブルのカシミヤジョゼットなどを使う。

肌に触れたときの感触が良いからだ。

こうしたセンスを買って、雑誌「カバーナ」は、ステファンさんを編集顧問に迎えた。

ステファンさんの誇張のない美意識を取り入れることで、媒体全体が落ち着いた内容になる。

ほかにも、余暇を過ごすモロッコのタンジールで若者に手作り家具の製作を導入する。

入手しやすい木の枝などを用いる椅子などは、すでにミラノにも固定客がいる。

今回の展示会の監修は彼に撮って創造性に関わる活動のひとつ。

淡々と伸び伸びと生きるステファンさんは、大量生産・大量消費など従来のファッションビジネスとは一線を画し活躍するデザイナーのロールモデルともいえる。  

ジャーナリスト 矢島みゆき

 

 

フランス領アルジェリア出身のファッションデザイナー。世界的ファッションブランド「イヴ・サンローラン」の創業者!!

フランス領アルジェリア出身のファッションデザイナー。世界的ファッションブランド「イヴ・サンローラン」の創業者!!

 

イヴ・サン=ローラン(フランス語: Yves Saint-Laurent 発音例、1936年8月1日 – 2008年6月1日)は、

フランス領アルジェリア出身のファッションデザイナー。

世界的ファッションブランド「イヴ・サンローラン」の創業者。

クリスチャン・ディオールの愛弟子として経験を積み、

ココ・シャネルや

ポール・ポワレとともに20世紀のフランスのファッション業界をリードした。

2002年の引退まで40年にわたり活躍し、

「モードの帝王」と呼ばれた。

[外部リンク来歴]

[生い立ち]

1936年8月1日11時15分、フランス領アルジェリアのオランで、

保険会社で働くフランス人の中産階級の両親の家庭に生まれた。

幼い頃にフランスのパリ17区へ引っ越し、1953年、

17歳の時にファッションデザイナー養成校

「パリ・クチュール組合学校

(エコール・ド・ラ・シャンブル・サンディカル・ド・ラ・クチュール・パリジェンヌ)」に入学した。

IWS主催のデザインコンクールドレス部門にてカクテルドレスを発表し、最優秀賞を受賞。

IWS主催のデザインコンクールドレス部門にてカクテルドレスを発表し、最優秀賞を受賞!

ドレスの縫製はユーベル・ド・ジバンシィが行った。

尚、毛皮部門の最優秀賞受賞者はシャネルのデザイナーとなるカール・ラガーフェルドであった。

審査員であったヴォーグのディレクターミッシェル・デブリュノフは、

無名だったイヴのポートフォリオを見て、友人である

クリスチャン・ディオールの新作と同じAラインの線が描かれていることに驚き、すぐさまイヴを彼に紹介した。

そして、独創的かつ想像力に富んだイヴのデザインは、ディオールに非常に強い感銘を与えた。

[抜擢]

1955年、19歳の時にファッションブランド「ディオール」に就職。

ディオールはイヴの母親に「僕はあなたの息子を立派に成功させるために雇った」と言った。

1957年10月、ディオールは次のコレクションでイヴを連れ出すことを望んだものの、

イヴはまだ若かったため、周囲はもう少し待たなければならないと伝えた。

しかし、同年にディオールが死去したことにより、21歳という若さでディオールの主任デザイナーを任されることとなった。

1958年のイヴのディオールにおける最初のコレクションに

トラペーズライン(ブランコ線)と呼ばれる従来に比べてより広くより短く、

裾の線がちょうど膝をカバーするくらいの台形のデザインを発表した。

秋のパリ・コレクションにはこのラインを採り入れたデザインの服を発表した。

新聞はその日一番大きな見出しに「イヴ・サンローランはフランスを救った。

偉大なるディオールの伝統は続きます」と書いた。

若いデザイナーのイヴがショーの最後にバルコニーに現れた時、群集から大きな歓声が上がった。

イヴはディオールの為に6つのデザインを発表した。顧客は既にイヴのデザインを崇拝していた。

当時、イヴの多くの作品を買う顧客の中には、

62歳のイギリスのウィンザー公爵夫人の名前もあった。

ところが、1960年、イヴはアルジェリア独立戦争で戦っていたフランス軍に徴兵された。

ディオールの当時のオーナーであったマルセル・ブサックが右翼であったこともこの徴兵の理由の一つであった。

20日後に軍隊内のいじめの影響でストレスを被ったイヴはフランスの精神病院施設に収容され、

後年、イヴは自身の薬物依存や鬱の起源はこれらの体験にあったと語っている!

神経衰弱のために、電気ショック療法を含む精神医学的な治療を受けた。

後年、イヴは自身の薬物依存や鬱の起源はこれらの体験にあったと語っている。

[独立]

イヴ・サンローランのブランドロゴ

1961年11月14日、神経衰弱の完治とともにディオールを去ったイヴは、

恋人で資産家のピエール・ベルジェ(英語版)の出資により自身の

オートクチュール(仕立服)メゾン「イヴ・サンローラン(YSL)」を創設し、活動を開始。

1966年、プレタポルテ(既製服)ライン「イヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュ」を発表し、

パリにブティックを開設。最初のコレクションのミューズとしてフランス公爵の娘ルル・ド・ラ・ファレーズ(フランス語版)を起用した。

その他にもアングロ・アイリッシュのモデルベティ・カトルー(フランス語版)や、

ブラジル系でアメリカ外交官の父とフランスの装飾家の母を持つタリタ・ポル(フランス語版)、

フランスの代表的な女優のカトリーヌ・ドヌーブもランウェイに立った。

同年、ドヌーブの出演映画『昼顔』の衣装もデザインした。ドヌーブは現在でも[いつ?]サンローランの香水や化粧品の広告モデルを担当している。

1970年代後半から1980年代初期までブランドの紹介役を務めたのは

イギリスのロンドン社交界の名士であり資産家であったダイアン・キャサリー・ヴァンデッリであり、

ヨーロッパのジェット族(余暇を持て余す有閑階級)と上流階級に絶大な人気を得た。

1989年、ファッションブランドとして初めてパリ証券取引所に上場した。

1993年、パリのオートクチュールコレクションにて「金の指ぬき」を意味する「デ・ドール賞」を受賞。

2001年には、フランスのジャック・シラク大統領よりレジオンドヌール勲章コマンドゥール(司令官、3等)を授与された。

1999年、プレタポルテラインのリヴ・ゴーシュとビューティーラインのボーテをグッチグループに売却。

[引退]

ピエール・ベルジェ イヴ・サン=ローラン財団

2002年1月22日のパリでのオートクチュールコレクションを最後に引退。

その後はモロッコのマラケシュの自宅でほとんどの時間を過ごした。

同年10月31日、パリ16区アベニューマルソーのオートクチュールメゾンが閉店。

「彼以上の才能を持つデザイナー後継者を将来にも見つけることは不可能であり、

イヴ・サンローランのオートクチュールメゾンは歴史に幕を閉じた」と言われた[誰?]。

2007年12月6日、ニコラ・サルコジ大統領からレジオン・ド・ヌール勲章グラントフィシエ(大将校、2等)を授与された。

2008年6月1日、享年71歳で癌のため逝去し、6月5日にパリで告別式が行わた。

ドヌーブやサルコジ大統領夫妻ら800人が参列し、フランスだけでなく世界中のマスコミで大きく取り上げられた。

遺灰は、マラケシュのマジョレル庭園(英語版)に撒かれた[5]。

[評価]

[有色人種モデルの起用]

生前、親交の深かったナオミ・キャンベルは「彼はファッションの王様だった」と語っている。

また、イヴが亡くなった際に「私が彼に『イヴ、私はヴォーグ誌の表紙になれないわ。

黒人の女の子を起用しないみたいなの』って言ったら、彼は『僕にまかせておいて』って答えてくれたの」というエピソードを明かしている。

実際に後日、ナオミは黒人モデルとして初めて仏版ヴォーグ誌の表紙を飾った。

このことから、「彼はプレタポルテを生みだし、初めてランウェイに有色人種を起用した。

私のキャリアにおいて、極めて重要な人物よ。

初期の仕事のひとつを与えてくれた人でもあるの」と感謝の言葉を述べている[6]。

ナオミ以外にも初期の黒人スーパーモデル、

ムーニアはフランスのラジオ局のインタビューに対し

「彼のおかげで、肌の色に対する誇りをもつことができた」とコメント。

アフリカ出身のダイヤ・グェイェもイヴの協力によって

国際的なキャリアをスタートすることのできたモデルの1人であり、

「彼は天才だった。

世界全体にとって大きな損失よ。兄というよりも、父のようだったわ」と死を悼んだ。

日本人では1990年代に川原亜矢子を起用し、

パリ・コレクション以外にもワールドカップのショーなどに登場させた。

ローランの人生を描いたドキュメンタリー映画『イヴ・サンローラン』にも川原は登場している。  

ウィキペディア。

 

 

 

イヴ・サンローラン!

イヴ・サンロLogo of Yves Saint Laurent SAS.svgーラン
イヴ・サンローラン
商号
サンローラン・パリ
現地語社名
Yves Saint Laurent SAS
種類
子会社SAS
業種 アパレル産業
設立 1961年11月14日
(オートクチュールライン)

1966年9月26日
(プレタポルテライン)
創業者 イヴ・サン=ローラン
ピエール・ベルジェ英語版
マック・ロビンソン英語版
本社 フランスの旗 フランス パリ
事業地域
世界
主要人物
エディ・スリマン
アルベール・エルバス
トム・フォード
製品 バッグアクセサリー
売上高 12億1000万ドル(1996年)[1]
親会社 ケリング
ウェブサイト www.ysl.com/ja-jp
イヴ・サンローラン・ボーテ
現地語社名
Yves Saint Laurent Beauté
種類
子会社
業種 美容産業
設立 1978年
創業者 イヴ・サン=ローラン
ピエール・ベルジェ英語版
本社 フランスの旗 フランス パリ
事業地域
世界
製品 化粧品香水
親会社 ロレアル
子会社 ステラ・マッカートニー
オスカー・デ・ラ・レンタ
エルメネジルド・ゼニア
ウェブサイト www.yslb.jp
イヴ・サンローランフランス語: Yves Saint Laurent略称: YSL)は、

フランスファッションデザイナーであるイヴ・サン=ローランと、

恋人で資産家のピエール・ベルジェ英語版によって、

1961年に創設された世界的高級ファッションブランド

ケリング傘下で既製服を販売する「サンローラン・パリ」と、

ロレアル傘下で化粧品を販売する「イヴ・サンローラン・ボーテ」がある。

[概要]

1961年オートクチュール(仕立服)メゾンとして誕生するも、

2002年イヴ・サン=ローラン引退をもってオートクチュールラインが終了したため、

現在は1966年に開設したプレタポルテ既製服)ラインと、

1978年に開設したメイクアップラインの二大展開となっている。

2013年にクリエイティブ・ディレクターエディ・スリマンのもと、

プレタポルテラインの名称が「イヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュYves Saint Laurent rive gauche)」

から「サンローラン・パリSaint Laurent Paris」へと変更され、

ロゴも斜体から原点回帰と言えるブロック体のヘルベチカへと一新された

メイクアップラインの「イヴ・サンローラン・ボーテYves Saint Laurent Beauté)」では、

名称とロゴの変更を取り入れず、1963年にアドルフ・ムーロン・カッサンドルが制作し、

ブランドアイコンとして長年親しまれてきた「YSL」のロゴをほぼ全商品に使用している

プレタポルテラインはフランスのケリンググループ

メイクアップラインはフランスのロレアルグループ

アイウェアラインはイタリアサフィログループ英語版

それぞれライセンスを保有し、独自のルートで販売している。

[沿革]

創業初期
1990年代
  • 1993年 – サノフィ・ボーテに買収される[6]
  • 1997年 – リヴ・ゴーシュの男性服のアーティスティック・ディレクターにエディ・スリマンが就任
  • 1998年 – エディ・スリマンが率いるジーンズブランド「サンローラン」を発表
  • 1999年 – 秋冬コレクションから、リヴ・ゴーシュの女性服のデザイナーにアルベール・エルバスが就任。
  • サン=ローランはオートクチュールラインに専念する
  • 1999年 – ピノー・プランタン・ルドゥート(以下 PPR)がサノフィを買収。
  • これに伴って、リヴ・ゴーシュとボーテがPPR系列下のグッチに売却され、グッチグループ傘下となる。
  • サン=ローランとオートクチュールラインはPPRグループ傘下として残る。
2000年代
  • 2000年 – アルベール・エルバスがリヴ・ゴーシュの婦人服のデザイナーから退任。
  • 続いて、エディ・スリマンが男性服のディレクターから退任。
  • 2001年 – 春夏コレクションより、リヴ・ゴーシュのデザイナーにトム・フォードが就任
  • 2002年1月22日 – サン=ローランがオートクチュールのデザイナーから退任。
  • 2002年10月31日 – パリ16区アヴェニューマルソーのオートクチュールメゾンを閉店し、オートクチュールラインを閉鎖。
  • 2003年11月 – トム・フォードがリヴ・ゴーシュのデザイナーから退任]
  • 2005年 – リヴ・ゴーシュのクリエイティブ・ディレクターステファノ・ピラーティが就任
  • 2008年 – ボーテがロレアルによって買収され、ロレアルグループ傘下となる
2010年代
  • 2012年 – ステファノ・ピラーティに代わって、エディ・スリマンがリヴ・ゴーシュのクリエイティブ・ディレクターに再就任[3]
  • 2012年 – リヴ・ゴーシュを「サンローラン・パリ(以下 サンローラン)」へと改名
  • 2013年 – PPRがグッチグループを解体し、ケリングへと商号変更したことで、サンローランはケリンググループ傘下となる。
  • 2016年 – エディ・スリマンに代わって、アンソニー・ヴァカレロがサンローランのクリエイティブ・ディレクターに就任

[評価]

[脚注]

[脚注の使い方]
  1. ^ Groupe Yves Saint Laurent – Company Profile, Information, Business Description, History, Background Information on Groupe Yves Saint Laurent” (英語). Reference for Business. 2014年3月21日閲覧。
  2. ^ a b c Saint Laurent サンローラン” (日本語). VOGUE GIRL. 2021年10月10日閲覧。
  3. ^ a b エディ・スリマン率いるイヴ・サンローランが「サンローラン パリ」として再出発を発表” (日本語). FASHION PRESS (2012年6月23日). 2021年10月10日閲覧。
  4. ^ イヴ・サンローランの新ロゴ、フェイスブック上で賛否両論?” (日本語). AFPBB News (2012年7月31日). 2021年10月10日閲覧。
  5. ^ モードの帝王「イヴ・サンローラン」の歴史とメイクアップライン誕生話” (日本語). Cosme Land. 2021年10月10日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h Yves Saint Laurent イヴ・サンローラン” (日本語). FASHION PRESS. 2021年10月10日閲覧。
  7. ^ ロレアル、YSLボーテを買収” (日本語). FASHIONSNAP.COM (2008年2月1日). 2021年10月10日閲覧。
  8. ^ イヴ サンローランのブランド名がサンローラン パリに改名” (日本語). THE FASHION POST (2012年6月22日). 2021年10月10日閲覧。

[外部リンク]

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。