地球の割れ目!ジンバブエ/ザンビア!立ち上る水煙は20km先まで見える!

Pocket

地球の割れ目とはこのことです!


地球の割れ目!ジンバブエ/ザンビア!立ち上る水煙は20km先まで見える!

 

地球の割れ目。ジンバブエとザンビアの国境、ザンベジ川の中流にポッカリと口を開けた「地球の割れ目」ビクトリアの滝。幅2km、落差108mという規模を誇る。

最大で毎分2億リットルの水が流れ落ち、立ち上る虹のかかった水煙は20km先からも見ることができる。

下流には幅の狭い渓谷がいくつも連なり、かつて滝がそこのあったことを示している。

滝は数10万年の年月をかけて玄武岩の大地を侵食し、少しずつ上流へと移動してきた。

ザンベジ川のヴィクトリアの滝はザンビアからジンバブエに流れてゆきます。

かつて地元のバントゥー系民族はこの滝を Shungu na mutitima と呼んでおり、その後この地にやって来たマタベレ族 (Matabele) は aManz’ aThunqayo と呼んだ。

バツワナ人 (Batswana) とマコロロ人 (Makololo) は「雷鳴の轟く水煙」という意味の「Mosi-oa-Tunya」と呼んでいた。

ヨーロッパ人としてはイギリスの宣教師であり探検家でもあるデイヴィッド・リヴィングストンが1855年に見たのが最初だったと信じられている。

そこでイギリス人は当時のイギリス女王の名 Victoriaを冠して「Victoria Falls」と呼ぶことを行いはじめた。→#植民地時代以前の歴史

現在、ジンバブエにおいては「ヴィクトリアフォールズ」、ザンビアにおいてはモーシ・オワ・トゥーニャ(Mosi-oa-Tunya、

「雷鳴のする水煙」という意味)が公式名称である。

世界遺産登録名はこの2つを併記している。

落差と幅の両面から見た滝の規模としては、イグアスの滝と並んで世界最大である。

この大迫力が世界三大瀑布の一つ「ビクトリアの滝」です。

この2つの滝に匹敵する規模の滝は他には無く、たとえばナイアガラの滝もこの2つと較べるとかなり小さい。

また、増水期の水量においてもイグアスと並んで世界最大級である。

なお、落差世界一はエンジェルフォール(ベネズエラ)の978m、幅世界一はイグアスの滝(アルゼンチン、ブラジル)の約4000mである。

「山火事でも起きているのでは?」と見紛うような水煙が垂直に800-1000mほど立ち上がっているのが数km先からも見える。

滝壺へと落下する膨大な水が空気を巻き込みつつ時速150kmにも達するので、滝壺付近では風速20mもの風が吹いている。

詳細[編集] 滝はザンベジ川の途中にある。上流は砂岩の上に堆積した平坦な玄武岩の層を流れている。

川には木で覆われた小島が点在し、滝に近づくにつれてその数が増してくる。

通常、滝を形成するはずの山地、断崖、渓谷などは一切見られず、滝の周囲数百kmにわたって平原が広がっている。

ヴィクトリアの滝近辺には玄武岩層にできた7つの峡谷 (Gorge) があり、それぞれ名前が付けられている。

そのうち最も上流にある First Gorge はヴィクトリアの滝そのものである。

立ち上る水煙に虹がかか流のがヴィクトリアの滝そのもの!!

この First Gorge はほぼ滝の幅と同じ長さを持つ峡谷であり、滝は川幅そのままに First Gorge の長さいっぱいに垂直に落下していく。

滝の幅は1708m、落差は最も高い中央付近で108m、最も低い西の端でも80mある。First Gorge に落下した水は、

その唯一の出口である幅110m、長さ150mの短い峡谷を通って次の峡谷 (Second Gorge) へと流れ出していく。

ヴィクトリアフォールズ橋はこの Second Gorge に架けられた橋である。

滝の淵には、水量が多い時期でも水没しない島が2つある。

西の端近くにある Boaruka Island (Cataract Island) と、中央付近にあるリヴィングストン島 (Livingstone Island) である。

これにより滝の流れは3つに分割され、西から順にそれぞれ Devil’s Cataract (Leaping Water)、Main Falls、Rainbow Falls と呼ばれている。

このうち最大の落差を持つのは Rainbow Falls である。水量が少ない時期にはさらに島が増え、それによって滝のカーテンが細かく分割される。

水量について[編集] ザンベジ川流域は11月末から4月初めまでが雨季、それ以外の時期が乾季であり、それに2ヶ月ほど遅れて滝の水量が増減する。

4月と11月では水量に10倍もの違いがある。

これは著名な滝の中で最も極端な増減であり、最大水量に対して年間平均水量が少ないことの理由となっている。

Victoria Falls from the air 1972.jpg Victoria5.jpg

噴煙を上げる雨季の滝(1972)と乾季の滝(2003)

 

 

太陽光に照らされて光り輝く「ヴィクトリアの滝」!


ヴィクトリアの滝は!どちらの国からも訪れられます!ジンバブエは滝の迫力を楽しめる!

 

増水期[編集] 滝の水量が多くなるのは4月をピークとして2月から5月までで、噴煙は高さ400m、

ときには800mまで立ち昇り、50km離れたところからでも見ることができる。

満月の夜には月明かりで虹が見えることがある。反面、この時期は滝の見物には必ずしも向いていない。

満月の夜には虹に照らされるヴィクトリアの滝。

立ち上る水煙にかかる虹が美しい!

噴煙が多すぎて滝壺はおろか滝本体を見ることも困難であり、滝の正面にある遊歩道には噴煙がシャワーのように降り注ぐ。

崖の淵まで行くと、立ち昇ってきた噴煙によって「下から上に雨が降ってくる」ような状態となり、

とくにザンビア側にある Knife-Edge Bridge ではっきりと体感できる。

渇水期[編集] 滝の水量が少なくなるのは11月をピークとして9月から1月までである。この時期は滝全体を見渡すことができ、滝壺まで見ることができる。

滝の淵にある小島が大きくなり、数も増えてくる。

噴煙が少ないため島の地表が乾き、ザンビア側からは滝の淵にできた小島に徒歩で渡ることができるようになる。

また、滝壺に降りることができるのもこの時期である。

ヴィクトリアの滝[編集] ザンベジ川がザンビアとジンバブエの国境になっていることから、

その途中にあるヴィクトリアの滝にはどちらの国からも訪れることができる。

この写真はジンバブエから見たヴィクトリアの滝!

どちらの国にも滝を取り囲むように有料の自然公園が整備されている。

公園は高い柵で囲まれており、公園に入らなければ滝に近づくことができない。

いずれも遊歩道や展望台を備えているが、遊歩道には柵の無いところが多いため、断崖の先端まで行くことも可能である。

2つの国は滝と渓谷で隔てられているため、公園内での行き来はできない。

ザンビア側とジンバブエ側の両方を見るにはヴィクトリアフォールズ橋の国境を越える必要がある。

互いの入場口は2kmほど離れている。

[ザンビア側の遊歩道] ザンビア側からは主に First Gorge 峡谷の北側、すなわち滝の上流および下流の東側の一部を訪れることができる。

地球の割れ目はこのように下流まで続きます!

落ちていく水を上流側から間近に見ることができるのはザンビア側だけである。

水量の少ない時期には滝の断崖を歩くこともできる。

上流側は滝の迫力からは想像もつかないほど流れがゆるやかであり、川遊びも可能である。

下流からは滝を正面から眺めることもできる。

ただし、ザンビア側から見えるのはもともと水量が少ない滝の東側であり、渇水期には滝が枯れて単なる断崖にしか見えなくなることもある。

ジンバブエ側からは主に First Gorge 峡谷の南側、すなわち滝の下流の大半を訪れることができる。

滝を正面から見ることができるうえ、西側は水量が多いため渇水期でも滝の迫力を楽しめる。

とくに、ヴィクトリアの滝を象徴する Devil’s Cataract や Main Falls はジンバブエ側でしか見ることができない。

反面、増水期には噴煙で滝がほとんど見えないこともある。 以上はウイキペディア。

 

 

このように珍しい虹がかかります!


探検家デビット・リビングストンが命名!イグアス・ナイアガラと並び世界三大瀑布!!

 

アフリカ南部、ジンバブエとザンビアの国境でたけり狂う巨大な飛瀑。

1855年、この滝に到達した探検家デビッド・リビングストンが、母国イギリスの女王にちなんで「ビクトリア」と命名。

滝幅約1,700m、落差約108mの威容を誇り、南米のイグアス、北米のナイアガラと並ぶ世界三大瀑布の一つに数えられています。

落下口がほぼ一直線なので、滝はまるで1枚の水のカーテンのように見えますが、実はデビルズキャタラクトをはじめとした6つのパートに分かれています。

滝の迫力を体感するなら、水量がピークに達する雨季がおすすめ。

空高く上った水煙が豪雨のように降り注ぎ、耳をつんざく轟音ははるか彼方まで響き渡ります。

現地ではモシ・オア・トゥンヤ(雷鳴の轟く水煙)と呼ばれ、畏怖の対象だったというのもうなずけます。

滝の全容を見るなら乾季に訪れるか、ヘリコプターに乗って上空から観察するのがいいでしょう。

ほかにもラフティングやリバークルーズなど、多彩なアクティビティが用意されており、

なかでもザンベジ川に架かる鉄橋からのバンジージャンプは落差約111mとスリル満点です。

バンジージャンプは落差111mとスリル満点!

下流に連なるジグザグ状の険しい渓谷はかつての滝の跡。長い歳月の間に川の浸食によって滝は少しずつ上流へと移動してきました。

現在あるのは8つ目の滝ですが、それも数万年後には姿を消し、また上流に新たな滝が誕生するとも。

地球の創世を思わせるこの“滝の化石”は、時代とともに生まれ変わり、私たちに壮大な自然の歴史を教えてくれているのです。

世界三大瀑布のひとつ、ヴィクトリアの滝。

ヴィクトリアの滝(Victoria Falls)は、アフリカ大陸中南部にあるジンバブエ共和国とザンビア共和国の国境に位置する滝で、

ユネスコの世界遺産でもあります(1989年登録、自然遺産)。

なお、世界遺産への登録物件名としては、ザンビアでの呼称も併記され、

「モシ・オ・トゥニャ / ヴィクトリアの滝」(Mosi-oa-Tunya / Victoria Falls)が正式なものとなっています。

ヴィクトリアの滝は、最大落差108メートル、滝幅1,708メートルという非常に規模の大きな滝で、

ナイアガラの滝(アメリカ、カナダ)およびイグアスの滝(アルゼンチン、ブラジル)とともに「世界三大瀑布」とも呼ばれています。

これだけのスケールですから水量もとてつもなく、乾季の最も少ない時期でも毎分1,000万リットル、雨期の最大時では毎分5億リットルにもおよびます。

その壮大な自然の奇蹟を一目見ようと、年間30万人以上の観光客がこの滝まで訪れます。アフリカ中南部でも有数の観光スポットだといえるでしょう。

 

 

滝のすぐ脇のデヴィルズ・プールでくつろぐ人々、怖くて見て要られません!


地形が非常に興味深い!人間の力を超えた崇高なもの!デヴィルズ・プールは最も刺激的!

 

[ヴィクトリアの滝周辺の自然] ヴィクトリアの滝は地形的にも非常に興味深い滝です。

滝が形成されるためには当然ながら高低差がなければなりませんから、通常は周囲に山地や断崖が必要となります。

ところが、ヴィクトリアの滝の周囲は数百キロメートルにわたって平原が広がっているのです。

滝の部分だけが例外的に、垂直に切り立った峡谷となっており、まるで滝のためだけに存在しているかのようです。

滝という自然物は、どこの国でも古来より神秘性をもって語られてきたものですが、ヴィクトリアの滝を見れば、

まさしく人間の力を越えた崇高なものを感じることができるのではないでしょうか。

[ヴィクトリアの滝の歴史] ヴィクトリアの滝の周囲には、少なくとも300万年ほど昔から人類の祖先が住んでいたことがわかっています。

この土地から、ホモ・ハピリスと呼ばれる原人が使っていた石器が出土しているためです。

また、ほかにも5万年前のものや12,000年前のものなど幅広い時代のものが見つかっており、ずっと人類が歴史を重ねてきた土地だということでもあります。

ヨーロッパにこの滝が知られるようになったのは、19世紀にスコットランドの探検家、デイヴィッド・リヴィングストンが発見してからでした。

20世紀になると観光地としても発展を見せるようになり、峡谷のひとつにはヴィクトリアフォールズ橋も架けられました。

当時はザンビア、ジンバブエともにイギリス領だったこともあり、ヨーロッパからの観光客はすでに非常に多かったようです。

ところが1960年代から70年代にかけては、現在のジンバブエで内戦が勃発し、滝の周囲は立ち入り禁止となってしまいます。

観光客も大幅に減ってしまいました。

世界遺産の維持にとって、いかに国際情勢が大きな影響をもたらしているかを象徴するようなエピソードです。

1980年代になって情勢が安定してからは、また観光地としての人気を取り戻しています。

ラフティングやフィッシングのほか、ヴィクトリアフォールズ橋からのバンジージャンプなども人気です。

【デヴィルズ・プール】 デヴィルズ・プール(Devil’s Pool)はヴィクトリアの滝観光のなかでも、最も刺激的なスポットです。

これは、滝の淵ぎりぎりのところに自然にできたプールで、まさしく滝が流れ落ちるその瞬間を目と鼻の先で見ることができるのです。

これ!流されたらアウトだ!!

ヴィジュアル的なインパクトも大きいため、ここで記念写真を撮ろうとする観光客も後を絶ちません。

水量が多い時期は危険なため入ることができませんが、9月から12月ごろには誰でもプールに浸かることができます。

【ヴィクトリアフォールズ橋】 ヴィクトリアフォールズ橋(Victoria Falls Bridge)は、ヴィクトリアの滝のすぐ隣にある峡谷、

セカンド・ゴージに架かっている橋です。

1905年に作られた橋で、ヴィクトリアの滝を見るスポットとしては非常にポピュラーです。

これがヴィクトリアフォールズ橋!

ここはザンビアとジンバブエの国境でもあります。

観光地化が進んだ20世紀初頭からずっと代表的なスポットでしたが、1980年代以降はこの橋からのバンジージャンプという新たな魅力も加わっています。

壮大な滝を眼下に見下ろしながら100メートル以上の高さから飛ぶ体験は、ここでしかできないものです。

地球の割れ目にざっくりと造られた地形的に非常に興味深い滝が「ヴィクトリアの滝」。

私はこの地形が魅惑的で惹かれるものがあり取り上げました。

2019年5月28日の投稿した「モコナの滝・世界一長い滝」こちらはウルグアイ川にある滝で地形的にも似通っていて、勘違いするほど似ています。

デブルス・プールは最も刺激的なスポットで、滝の淵ギリギリにできた自然のプール。

ヴィクトリアフォールズ橋は滝のすぐ隣にある渓谷セカンド・コージにかかっている橋で、ビクトリアの滝を見るために掛けられた橋。

滝から登る水煙は20km先から見えるほどすごいのです。

世界にはこのように凄い地球の割れ目があるのに驚きであり、興味深いものです!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。