厳選コート・デュ・ローヌ赤6本!濃厚果実味を満載!南仏の天才醸造家ミシェル・ガシエの極旨!南仏地方史上屈指の2010年!

Pocket

厳選コート・デュ・ローヌ赤6本!濃厚果実味を満載!南仏の天才醸造家ミシェル・ガシエの極旨!南仏地方史上屈指の2010年!

厳選コート・デュ・ローヌ赤6本!濃厚果実味を満載!南仏の天才醸造家ミシェル・ガシエの極旨!南仏地方史上屈指の2010年!

 

今回このワインセットを購入しました! 

あとで試飲評価を投稿しますので、それまでお待ちください!!

パーカー100点獲得時価数万円ボーカステルの真隣畑で産まれる稀少極旨に、圧倒的な存在感

★南仏の天才醸造家ミシェル・ガシエの極旨!!

そして!!

南仏地方史上屈指の大当たり2010年!!

ローヌ・ワインの熟成感をたっぷりと楽しめる

希少なヴィンテージワインに、パーカー100点ワインも造ったローヌの

新星が三ツ星レストランとタッグを組み、オーガニックで産みだした極旨!!

さらに!!

≪驚愕の5冠金賞!!≫ジューシーかつエレガント!!

激旨オーガニック・コート・デュ・ローヌに、ローヌらしい

しなやかさな飲み心地と美しい余韻が魅力の激旨!!

飲み応えタップリ!!当店でも屈指の人気産地≪コート・デュ・ローヌ≫の

極旨6本を厳選!!溢れ出る濃厚果実味を満喫してください。   

京橋ワイン。

1本目

ドメーヌ・パトリス・マニ・コート・デュ・ローヌ 2019  Domaine Patrice Magni Cote du Rhone 2019

ドメーヌ・パトリス・マニ・コート・デュ・ローヌ!

色・容量:赤750ml    

ALC:14.5%    

ブドウ品種:グルナッシュ75%、シラー25%    

産地:フランス – コート・デュ・ローヌ地方    

味わい:ミディアム寄りのフルボディ

ラベル表示:酸化防止剤(亜硫酸塩)、安定剤(アカシア)

2本目

ミシェル・ガシエ コート・デュ・ローヌ 2019   

ミシェル・ガシエ コート・デュ・ローヌ 2019!

Michel Gassier Cotes du Rhone 2019

色・容量:赤750ml    

ALC:15%    

ブドウ品種:グルナッシュ・ノワール70%、シラー20%、ムールヴェードル10%    

産地:フランス – コート・デュ・ローヌ地方   

味わい:ミディアム寄りのフルボディ    

ラベル表示:酸化防止剤(亜硫酸塩)

3本目

ドメーヌ・マズール・コート・デュ・ローヌ・カルト・マロン・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2010  

ドメーヌ・マズール・コート・デュ・ローヌ・カルト・マロン・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2010 ! 

Domaine Mazurd Cote du Rhone Carte Marron 2010

色・容量:赤750ml    

ALC:13.5%    

ブドウ品種:グルナッシュ、シラー、マルスラン    

産地:フランス – コート・デュ・ローヌ地方    

味わい:ミディアムよりのフルボディ    

ラベル表示:酸化防止剤(亜硫酸塩)

4本目

ドーヴェルニュ・ランヴィエ・コート・デュ・ローヌ・マルコン・オーガニック 2018  

  ドーヴェルニュ・ランヴィエ・コート・デュ・ローヌ・マルコン・オーガニック 2018!

Dauvergne Ranvier Cotes Du Rhone Rouge Marcon Organic 2018

色・容量:赤750ml    

ALC:14%    

ブドウ品種:グルナッシュ65%、シラー25%、カリニャン10%    

産地:フランス – コート・デュ・ローヌ地方    

味わい:ミディアムよりのフルボディ    

ラベル表示:酸化防止剤(亜硫酸塩)、安定剤(アカシア)

5本目

シャトー・ド・ボスク・コート・デュ・ローヌ・ルージュ 2017

   シャトー・ド・ボスク・コート・デュ・ローヌ・ルージュ 2017!

Chateau de Bosc Cotes Du Rhone Rouge 2017

色・容量:赤750ml    

ALC:14%   

ブドウ品種:グルナッシュ60%、シラー40%   

産地:フランス – コート・デュ・ローヌ地方    

味わい:ミディアム寄りのフルボディ    

ラベル表示:酸化防止剤(亜硫酸塩)

6本目

ロッカ・モーラ コート・デュ・ローヌ 2019  

ロッカ・モーラ コート・デュ・ローヌ 2019 !  

Rocca Maura Cotes du Rhone 2019    

色・容量:赤750ml    

ALC:14%    

ブドウ品種:グルナッシュ40%、シラー40%、カリニャン20%    

産地:フランス – コート・デュ・ローヌ地方    

味わい:ミディアム寄りのフルボディ   

ラベル表示:酸化防止剤(亜硫酸塩)、安定剤(アカシア)

セット内容: 赤750ml x 6本

■1:ドメーヌ・パトリス・マニ・コート・デュ・ローヌ 2019

■2:ミシェル・ガシエ コート・デュ・ローヌ 2019

■3:ドメーヌ・マズール・コート・デュ・ローヌ・カルト・マロン・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2010

■4:ドーヴェルニュ・ランヴィエ・コート・デュ・ローヌ・マルコン・オーガニック 2018

■5:シャトー・ド・ボスク・コート・デュ・ローヌ・ルージュ 2017

■6:ロッカ・モーラ コート・デュ・ローヌ 2019

 

 

コート・デュ・ローヌ(Côtes du Rhône)は、フランス南部にあるワインの広域AOC名である!


コート・デュ・ローヌとは!!! 

 

コート・デュ・ローヌ(Côtes du Rhône)は、フランス南部にあるワインの広域AOC名である。

いわゆるローヌワインの生産地の内、地区名や村名AOCのないワインに与えられ、

その範囲はローヌ川に面するローヌ、

ロワール、

アルデシュ、

ドローム、

ヴォクリューズ、

ガールの6県に及び、

南北200km, 東西100km以上に及んでいる。

ローヌのワインは、赤はシラー、白はヴィオニエ種のぶどうを

主体として作られる北部地区と、多数の品種を混醸して作られる

南部地区では香味がかなり違うが、栽培面積で南部地域が圧倒的に多いため、

コート・デュ・ローヌはほとんどが南部の特徴を持ったワインといってよい。

しかし、この地方では有名なネゴシアンであるギガルのワインのように、

あえて伝統的なローヌのワインである北部の

特徴を出した「コート・デュ・ローヌ」を作っているところもある。

地域内で比較的良質なワインを作る16の地区は、

「コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ」というAOCを名乗ることができる。

味わいは、スパイスのような香りがあり、アルコール度数は高いが、

味わいとしては軽いものが多く、

価格も2008年2月現在、千円弱から千数百円で買えるものが多い。

フランスのパリでも、カフェやビストロなど気軽に入れる飲食店には、

これをおいてあるところが多く、テーブルワイン並みの価格で、

品質の安定したワインが飲めることから、人気が高い。   

ウイキペディア

 

 

コート・デュ・ローヌはボルドーに次ぐ生産量を誇り!南フランスを代表する生産地! 

コート・デュ・ローヌはボルドーに次ぐ生産量を誇り!南フランスを代表する生産地! 

 

フランスの中でもボルドーに次ぐ生産量を誇り、南フランスを代表する生産地であるローヌ地方。

地中海に注ぐローヌ河に沿って数々の銘醸地が連なりますが、

この中でローヌ全域を指す地方名アペラシオンとして存在するのが、

A.C.コート・デュ・ローヌです。

その魅力は、凝縮した果実味とほのかなスパイスの

風味、ローヌらしいコクのある濃厚な味わいを

若いうちから気軽に楽しむことができること。

ブルゴーニュにおけるA.C.ブルゴーニュのように、

お手頃な価格で優れた名品を見つけることができる

お買い得アペラシオンです。

こちらのページでは、トップ生産者が造る

コート・デュ・ローヌのオススメ銘柄をご紹介!

いずれも2,000円台~3,000円台までという価格ながら、

ローヌワインの美味しさを存分に楽しめる驚くべきクオリティを誇るラインナップ。

ぜひこの機会にコート・デュ・ローヌの魅力を楽しんでみてはいかがでしょうか。

[コート・デュ・ローヌとは?]    

南フランスを代表する生産地であるローヌ。

フランスの中でもボルドーに次ぐ生産量を誇り、地中海に注ぐローヌ河に沿って数々の銘醸地が連なります。

北部と南部に大きく分かれており、コート・ロティやエルミタージュといった銘醸地が連なる北部は、

主にシラー種から造られる引き締まったボディが魅力の力強い味わいのワインが有名。

一方、シャトーヌフ・デュ・パプを代表とする南部ではグルナッシュが主に使用され、

造られるワインはたっぷりとした果実味と甘味を備えた丸みのある味わいが特徴です。

その中でもA.C.コート・デュ・ローヌは、ローヌ全域を指す地方名アペラシオン。

その範囲は南北200km、東西100km以上に及び、ローヌ全体のワイン生産量の約半分を占めています。

ブルゴーニュにおけるA.C.ブルゴーニュのように、お手頃な価格で優れた名品を見つけることができるのが魅力。

フランスのパリを始めとするカフェやビストロにも置いてあるところが多く、世界中で広く親しまれています。

[コート・デュ・ローヌの主なブドウ品種]   

「・シラー」 

これが「・シラー」の葡萄です! 

ローヌ北部のエルミタージュやコート・ロティで知られるブドウ品種。

小粒で皮が分厚いため、ワインにはブドウの皮や種由来の

濃厚な色とスパイシーな風味、そして凝縮感のある味わいが生まれます。

豊富なタンニンと美しい酸を備えており、ブラックオリーブや

黒胡椒などのスパイシーな風味が感じられる複雑味が特徴です。

「・グルナッシュ」  

これが「・グルナッシュ」の葡萄です! 

地中海周辺地域で広く栽培されており、ローヌ地方では

ムールヴェードル、

シラー、

サンソーなどとブレンドされる品種。

樹齢の高いブドウからはより凝縮した風味が得られ、

古樹が多数あるシャトーヌフ・デュ・パプでは偉大なワインが生み出されています。

口当たりは力強くも、酸やタンニンは穏やか。

豊潤で果実味たっぷりとした味わいが魅力です。

「・ヴィオニエ」   

ヴィオニエはローヌ北部が原産のブドウ品種。

コンドリューやシャトー・グリエなど高級白ワイン用の品種である一方で、

今ではその華やかな個性が注目され、

ラングドックやカリフォルニアなどでも栽培される人気の品種です。

穏やかな酸とボリュームのある口当たりで、ピーチやアプリコットに

アカシアやオレンジなどの華やかな香りと厚みのある味わいが特徴です。

「・グルナッシュ・ブラン」   

グルナッシュ・ブランは、グルナッシュ・ノワールが白に変化したもの。

柑橘類やハーブ類の香りに、フェンネルやアニス、メロンや白いネクタリンが感じられます。

高いアルコール度と穏やかな酸を特徴とし、厚みがあり豊満な味わいが魅力です。

 

 

タルデュー・ローラン!ローヌ随一の目利き!


エノテカ・オンラインイチ押しの生産者とおススメ銘柄!タルデュー・ローラン 錚々たる高評価を獲得するローヌ随一の目利き!

 

[エノテカ・オンラインイチ押しの生産者とおススメ銘柄]    

タルデュー・ローラン 錚々たる高評価を獲得するローヌ随一の目利き

南フランスのローヌ全域で圧巻のコレクションを手掛ける

「ローヌで最も優れたネゴシアン」

タルデュー・ローラン

ローヌで最も優れたネゴシアン「タルデュー・ローラン」!

そのコレクションは、各アペラシオンの特徴を見事に表現しているとして、

有名評価誌にてあのDRCやルロワ、ラヤスと並ぶ最高評価をネゴシアンとして唯一獲得。

数多くの3ツ星レストランにもオンリストされています。

ルシアン・ル・モワンヌ ブルゴーニュの鬼才が手掛ける極上のコート・デュ・ローヌ」    

ブルゴーニュのトップネゴシアンとして名高い、ルシアン・ル・モワンヌの当主、ムニール・サウマ氏。

時に畑の所有者よりも深くテロワールに精通し、ブルゴーニュワイン

を語らせれば右に出るモノはないと言われるほど。

そんなサウマ氏が、ローヌのシャトーヌフ・デュ・パプで

妻のロテム夫人とともに設立したのが「ロテム&ムニール・サウマ」。

彼らが手掛けるワインは、リリース直後から

パーカーポイント90点以上の高得点獲得をはじめ、

各ワイン評価誌が軒並み高評価。

その実力の高さを証明しています。

ギガル コート・ロティに君臨する北部ローヌの盟主」 

  ギガル コート・ロティに君臨する北部ローヌの盟主!

1946年の創業ながら現在ではローヌ北部最大の生産者に躍り出たギガル。

ギガルのワインは、ワイン・アドヴォケイト誌にて100点満点を過去20回以上も獲得、

また2代目のマルセル・ギガル氏がイギリスのワイン専門誌「デキャンター」にて

「マン・オブ・ザ・イヤー2006」に輝くなど、

ローヌの帝王としてその地位を不動のものとしています。

彼らのワインの最大の魅力は、一貫した高いクオリティ。

こだわり抜かれた栽培と醸造により、安定した高い品質を

確実なものとしている為、上級キュヴェのコート・ロティはもちろんのこと、

手頃なワインでもそのクオリティの高さを実感することができるのです。

「ファミーユ・ペラン 「南ローヌ最高のワイン」ボーカステルを所有する名門」   

シャトーヌフ・デュ・パプの生産者として名高いペラン・ファミリー。

彼らが所有するシャトー・ド・ボーカステルは、ロバート・パーカー氏が

「南ローヌ最高のワイン」と評し、フランスのワイン専門誌ル・メイユール・ヴァン・ド・フランスでは最高の三ツ星評価を獲得しています。

南ローヌの主要アペラシオンに300ha以上の畑を所有。

古くからテロワールの本質を表現するにあたり、最適で唯一の方法は

有機ブドウ栽培であると考え、個々の品種が

最も適したテロワールを見極め、オーガニック栽培を実践しています。      

ENOTECA online より。

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。