南太平洋の島「ツバル」が水没の危機に!海面上昇により!キリバス共和国も同様の危機!!

Pocket

このように綺麗な太平洋の「ツバル」が海面上昇で消滅の危機!


南太平洋の島「ツバル」が水没の危機に!海面上昇により!キリバス共和国も同様の危機!

 

今朝の日経新聞の春秋に出ていた記事が南太平洋の「ツバル」が消滅の淵にあると出ていましたので、調べてみました!

海面上昇で国が水没する? 南太平洋のツバルやキリバス!

[地図]水没の危機があるツバルとキリバス 南太平洋にあるキリバス共和国周辺の海面は過去20年間、毎年数ミリずつ上昇し、水没の危機が叫ばれています。

首都タラワ周辺では2055年までに最大30センチ近く上昇すると予測され、世界銀行はタラワのある島の5-8割が50年までに浸水する恐れがあると警告しています。

そのため、キリバス政府は将来の国民の海外移住も視野に入れているのです。

[フィジーが移住受け入れ表明] 「キリバスが水没したら、フィジーが全キリバス人の移住を受け入れる」

綺麗な海岸線のキリバスのリゾート地!

2月11日、フィジーのナイラティカウ大統領はキリバス政府に対してこう表明しました。

キリバスはすでにフィジーに広大な農地を購入し、塩害でキリバスが耕作不能になる事態に備えています。

今後の対処にも両国が連携して取り組んでいくことでしょう。

海面上昇により、国家消滅の危機が叫ばれているのはキリバスだけではありません。

おなじく南太平洋のツバル、インド洋のモルディブもそうです。

ツバルは、9のサンゴ礁の島からなり、平均海抜は2メートル(最大5メートル)。

人口1万人の国です。この国では海面上昇や地盤沈下などによって、洪水や海水の浸水、塩害などすでに発生しています。

モルディブは国土の80%が海抜わずか1.5メートルで、1000以上の島がありますが、ほぼすべての島の海岸が浸食されているといいます。

モルディブは国土の80%が海抜わずか1.5メートルで、1000以上の島があります。

これらの国々は島国であるため、水の問題もあります。

洪水による地下水の貯蔵タンクの破損や水の塩分濃度の増加なども起き、安全な水の輸入も増えているのです。

モルディブは関連費用としてGDPの27%を費やしているといいます。

日本も人ごとじゃない?

「現在の温暖化ガス排出のペースが続くと2100年までに世界の海面は約1メートル上昇し、

その後10年ごとに約18センチ高くなっていく」気候変動に関する最先端の研究論文が掲載される月刊誌「Nature Climate Change 」は、

2012年6月号でこんなショッキングな論文を掲載しました。

これまでも地球温暖化による海面上昇については数々の指摘がされています。

1990年のIPCC(気候変動に関する政府間パネル)が出した報告書では、

「過去100年間に全球平均地上気温は0.3-0.6度、海面は10-20センチ上昇し、

特段の対策がとられない場合、21世紀末までに全球平均地上気温は約1-3度の上昇し、

全球平均海面水位は65センチ(最大1メートル)の上昇が予測される」としていましたが、その予測の最大値で海面上昇は進んでいることになります。

仮に海面が1メートル上昇すると、どこまで土地が浸水されるでしょうか。

フロリダ州やバングラデシュ、マンハッタンの大半が浸水すると予測されています。

日本では現在の砂浜が90%ほど失われ、東京の西側はほぼ水没してしまいます。

海面上昇によって、国そのものが存亡の危機にひんしている地域もあります。

南太平洋のツバル、キリバス、インド洋のモルディブといった国々です。

水没や海岸浸水の危機にある島々の多くは水も資源もない小国です。

他国からの援助が必要ですが、観光客に対応するための土地開発がさらに島の侵食を誘発している面もあります。

 

 

これはインド洋のモルディブのリゾート!


エリス諸島の島国!ポリネシア人やラピタ人!インド洋のモルディブ同じ!!

 

ツバルは、オセアニアにある国家。南太平洋のエリス諸島に位置する島国である。

首都はフナフティ。イギリス連邦加盟国のひとつ。

[概要] 1978年にイギリスから独立。

イギリス連邦王国の一国たる立憲君主制国家。独立国としては、バチカンの次に人口が少ないミニ国家の一つである。

海抜が最高でも5メートルと低いため、海面が上昇したり、地盤沈下が起こったりすれば国の存在そのものが脅かされることになる。

トップレベルドメインとして割り振られた “.tv” をアメリカ合衆国カリフォルニア州のdotTV社に5,000万ドルで売却。

この売却益を元に、2000年に国連加盟を果たした。

[歴史] 伝統的な衣装を着たツバル人男性(1841年画)

伝統的な衣装を着ているツバル人女性?

ツバルに人類が到達したのは紀元前のことと考えられる。

トンガやサモアなど西ポリネシアから航海カヌーでやってきたポリネシア人あるいはラピタ人がこの島々の最初の居住者である。

ヨーロッパ人が訪れたのは、1568年にスペインから来たアルバロ・デ・メンダーニャ・デ・ネイラ (Alvaro de Menda-a de Neira) が最初である。

植民は行われなかったが、奴隷貿易業者や捕鯨船員などがしばしば訪れていた。

1850年から1875年に、住民は労働者としてハワイやタヒチ、ペルーなどに強制連行された。

そのため諸島の人口は急激に減少した。

ツバルは、1892年にエリス諸島という名前で、イギリスの保護領のギルバートおよびエリス諸島の一部になった。

1915年に、北部ギルバート諸島(現・キリバス)とともにイギリスの植民地ギルバート・エリスとなった。

1974年に、植民地内の人種の違いから、ポリネシア人の多いエリス諸島はミクロネシア人の多いギルバート諸島(のちのキリバス)との分離を投票で決めた。

そしてエリス諸島は、ツバルという名でイギリスの植民地として分離した。

フナフティがツバルです。

1978年10月1日、イギリス連邦の一員かつ英連邦王国として独立が認められた。

1987年には国際連合の最貧国リストに掲載された。

1991年、プロテスタント(イギリス国教会)系であるツバル教会を国教にする法律が可決された。

1995年の独立17周年記念日には国旗の図案を変更したことがある。

一般公募約300点の中から赤・青・白の3色で構成された国章を左に、旧国旗の黄色の星を白に変更した星を右側にあしらった、

学生フィレモニ・パッシのものが選ばれた。

これは海面上昇問題に際し英国が冷淡な態度をとったことに抗議したものと思われ、

当時の首相はイギリス連邦脱退をも前提としていたが、1997年には政権交代により旧国旗に戻される。

「沈む」[ツバル] 海岸侵食と洪水は深刻な問題であり、京都議定書の採択と時を同じくしてツバルが注目された。

「沈む」[ツバル] 海岸侵食と洪水は深刻な問題!

地球温暖化による海面上昇でまもなくツバルが沈むかのようなセンセーショナルな報道がされた結果、有名人が多数訪問するなど注目が集まった。

ツバル政府の中には地球温暖化被害者として大国や大企業に訴訟を起こすべきとの主張もあった。

しかし、2010年代の調査ではむしろ面積が増加した。

海岸侵食と洪水の原因は、米軍が埋め立てた沼地に人口が集中し浸水したこと、

生活排水が増加し有孔虫(殻が堆積することで海岸を補強する)が減少したことなどに原因があったとみられている。

もっとも本当に海面上昇した場合にこのように弱体化した海岸が脆弱であることには変わりがないと言われる。

 

 

これがツバルのフナフティ!


ツバルの首都はフナフティ!遠く離れたツバルには観光客が訪れない!関西電力が太陽光発電を設置!!

 

[経済] 首都フナフティ

ツバルには天然資源がほとんどないため、その収入の多くは海外の援助に頼っている。

主要な産業は、漁業と観光業である。

ただし、ツバルは他の国から遠く離れた場所にあるため、あまり多くの観光客は訪れない。GDPの3分の2以上をODAに頼っている。

政府のおもな財源は、切手とコインの発行、および海外で働く労働者からの送金である。

1,000人ほどのツバル人がナウルでグアノ(リン鉱石)の採掘に従事している。

もっとも、ナウルではグアノ資源が減ってきたため、徐々に労働者を帰還させるようにしている。

また、1987年にオーストラリア、ニュージーランド、イギリスにより設立され、

日本がサポートしている国際信託基金から、相当な収入を毎年受け取っている。

ツバルのおもな収入源としては、1988年の漁業協定によるアメリカ政府の支払い、台湾を外交承認する見返りとして得ている援助金も挙げられる。

外国の援助への依存を減らすために、政府は公共部門の改革を行い、その中にはいくつかの政府機能の民営化と職員の7パーセント削減も含まれている。

1998年から、ツバルはアメリカの電話番号の”900番”回線(日本でのダイヤルQ2にあたる)の国内使用料による収入を得ている。

2000年には、トップレベルドメイン名の “.tv” をリースすることで、収入を得るようになった。

これらの新しい技術からのロイヤリティーにより、今後10年はかなり収入が増えると見られる。

商品の輸出が輸入のほんの一部である現状で、継続的な収入として位置づけられるのは、

漁業、通信に関わるライセンス料、海外の労働者からの送金、公的な無償援助などの移転所得、海外資産の投資収入になると見込まれている。

必要な電力はツバル電力公社がディーゼル発電でまかなっているが、

関西電力が2007年5月28日に5,000万円をかけて出力40kWの太陽光発電設備を首都フナフティのサッカー場に設置すると発表し、

同年9月着工、2008年2月に運転開始した。

この電力で、ツバル約1,700世帯のうち50世帯の電力がまかなえる予定で、

温暖化被害の象徴である国に新エネルギー技術を伝える設備が設置されることになる。

 

 


ツバルの国旗!


30の小島が フナフティ環礁!この珊瑚礁の劣化が原因!!!

 

[気候変動] フナフティ島の海岸 約30の小島がフナフティ環礁をつくる

ツバルのような海抜の低い地域は、海面上昇に対して脆弱であり、しばしばセンセーショナルにメディアに取り上げられる。

ツバルの水没の危機という状況は、地球規模の要因(地球温暖化および海面上昇)と地域規模の要因(土地の使用条件・社会経済条件。

植生の管理のしかたや住民の数や住まい方)の複合によるものである。

ツバルの環礁州島の問題は、単純に「海面上昇による水没」だけによるものではない。

水面が上昇してもそれに見合うスピードでサンゴ礁が砂礫をどんどん供給してくれれば即海面下に沈みこんでいく事態にはならないが、

あいにくとサンゴ礁が砂礫を供給する能力が落ちている(サンゴ礁の劣化)。

これがフナフティ環礁!

これは地球規模の要因である地球温暖化によってサンゴが白化するという現象のためで、

サンゴ礁が劣化し、地形を作る能力や、島を形づくる砂礫を供給する能力も落ち、砂礫の供給が海面上昇に追いつかなくなっている。

さらにサンゴ礁の劣化は、地球温暖化だけでなく、ツバルの環礁国の人口増加・経済成長・ライフスタイルの変化によって、

従来行われてきた伝統的な土地の管理の仕組みや植生を管理するしくみが崩壊することによっても起きている。

これらの要因がツバルの州島地形を安定化していた自然の機能を損ねている。

このように、ツバルの環礁州島の水没危機は地球規模・地域規模の環境ストレスが複合して起きている。

[海面上昇に対する脆弱性] 海抜の低いツバルは、海面上昇に対してもともと脆弱であり、

水没までに至らずともそれによってもたらされる危機は何も新しい問題ではない。

こうしたサンゴ礁の島は水が浸透しやすく、地下には植物の根が張る淡水レンズと呼ばれる淡水部分があるが、

これは比重差によって浸透した雨水が海水の上に薄くレンズ状に浮いただけの構造である。

第2次大戦中にアメリカ軍によってフナフティに滑走路が建設されたときには、

サンゴ礁の基層の一部が壊されたためにこうした淡水レンズの塩水化が起こっている。

また、1972年にフナフティがサイクロン「ベベ(Bebe)」に襲われたときには、ほぼすべての家が壊れ、

農作物が塩害を受ける、サンゴ礁の膨大なかけらが海岸を埋め尽くすなど、きわめて大きな被害を受けた。

このサイクロンの被害は結果的に首都フナフティの人口を急増させ、滑走路の周辺などかつて湿地であった低地へも人家が拡大することになった。

南太平洋に浮かぶツバル!

第二次世界大戦中にフナフティに建設された滑走路は珊瑚礁の破片を用いた埋立地であるため、

これを維持するためにはたゆまない工事が必要であるが、それは行われていない。

埋立地の経年劣化による地盤沈下およびこれから起こるかもしれない海面上昇に対するフナフティの脆弱さは、

このような市街地の拡大によって招かれたものであることが過去の土地利用などの分析によっても示されている。

こうした市街地の一部は春秋分に近い時期に発生する、通常より大きな大潮で満潮時に地中から湧き出してくる水によって0.6メートルまで浸水する。

特に強風が吹く2月を中心として発生する大潮は大きくなり、南太平洋では「キング・タイド(king tide)」と呼ばれている

ウイキペディアより。

今日は南太平洋の「ツバル」が海面上昇などで消滅に危機にあるを取り上げました。

実は日本の最東端の南鳥島も珊瑚礁の島ですが、サンゴ礁が荒波で浸食され消滅の危機にあり、実は人ごとではないのです。

これが珊瑚礁で作られた南鳥島!この島もほっておけないので、日本政府が対策中です!

南鳥島は日本国の島では唯一、他の島と排他的経済水域を接していない島でもあり、

南鳥島とEEZ!

日本の排他的経済水域=EEZ  を守り抜く為に、沈まないための方策を重ねています。

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。