南ア・ワイン!いきなり★★★★★!高品質で安い・820円!ケープ・ハイツ・シラーズ!

Pocket

私の29代の五つ星!南ア・ワインで初めての五つ星!


南ア・ワイン!いきなり★★★★★!高品質で安い・820円!ケープ・ハイツ・シラーズ!!

今日は南アフリカ日常赤だけ12本セットの1.「ケープ・ハイツ・シラーズ」の紹介です。

その名は1.「ケープ・ハイツ シラーズ ブティノ」 

フランスで高品質なワインを手掛けるブティノ社が 南アフリカで造り上げたハイコストパフォーマンスなワイン!

適度に凝縮感ある果実味が広がります。

やや強めなアルコールを感じ、ボリュームがあり、力強く旨味豊かなお買い得なシラーズです。

適度に凝縮感ある果実味が広がり、やや強めなアルコールを感じ、ボリュームがあり、力強く旨味豊かなお買い得なシラーズ

【南アフリカワイン】【赤ワイン】「ケープ・ハイツ シラーズ」 [ミディアムボディー] 当店通常販売価格 ¥820 消費税込¥902

[ブティノ Boutinot Ltd.]

ワインを深く愛するレストラン経営者による夢のプロジェクト!

世界の美食が集まる街、ロンドンの高級地区で、レストラン経営で成功を収めた資産家のもとに生まれた創業者のポール・ブティノ氏。

レストラン経営者が追求するワイン「ブティノ」。理由は安くて美味しいから!

自身がワイン愛好家だったポール氏は、やがて父 親の仕事を手伝うようになると、

当時(1970年代)のロンドンで流通していたワインの品質に疑問を抱くようになりました。

そして自らフランスへ出向いて、レストランで喜ばれるワイ ンの仕入れを始めます。

その噂は徐々に広がり、他のレストランからもワインの仕入れを頼まれるようになると、

その思いは「レストランで喜ばれるワイン造り」へと発展します。

飲み 頃でストーリーがあり、リーズナブルな価格のワイン。

その思いは今も変わらず、ブティノ社のワイン造りに反映されています。

エリック・モナン氏は2005年からブティノ社で醸造に携 わり、ワインのスタイルと品質の維持、向上に取り組んでいます。

本拠地であるマコンをベースに、ローヌや南仏へ頻繁に赴き、現地の栽培家と親密な関係を築き上げてきました。

「革 新的なワイナリーでの素晴らしい冒険」と自身が表現するとおり、収穫時期の見極めから最終段階のブレンドまで、

ワイン造りに関する全ての段階での助言・管理に携わります。

週末に は3人の子どもたちとローラースケートをしたり、妻のためにDIYに勤しむ良き父でもあります。

ワイン造りで最も面白いのはその多様性だと、常に新しいブドウ品種でのブレンドや、そ の味わいの表現方法に挑戦しています。

そして最も大切なことは、アペラシオン名称などに関わらず、楽しんでワインを飲むことだとも言います。

彼の一番のお気に入りはやはりフラン スワインで、モンテスのコート・ロティ2006です。

ボディはやや重のケープ・ハイツ・シラーズ。

■タイプ:赤 (Red Wine) ■ボディー:やや重 ■産地:南アフリカ W.O.ウエスタン・ケープ (South Africa)

■ぶどう品種:シラーズ 100% (Syrah) ■生産者;ブティノ

■熟成・醸造:ステンレス・タンク醗酵・熟成 ■アルコール度数:14.5%

2015年ヴィンテージのコメント (2016年2月29日試飲)

ブルーベリー、干しプラムなどを思わせる果実香、燻し香、カラメル香、ナッティーな風味、

カカオの風味、ブラックペッパーなどを感じるスパイス香などが香ります。

口の中に適度に凝縮感のある旨味豊かな果実味が広がります。

このワインは口の中に適度に凝縮感のある旨味豊かな果実味が広がります。

アルコールをやや強めに感じ、ボリュームがあり、酸は比較的穏やかですが、ぼやけたイメージはなく、適度な骨格を備えています。

タンニンはやや強めで、収縮感があり、苦味の要素を強めに感じますが、荒々しいイメージはありません。

余韻は中庸で、やや残糖を意識する果実味が口中に残ります。

適度に凝縮感ある果実味が広がり、やや強めなアルコールを感じ、ボリュームがあり、力強く、旨味豊かなお買い得なシラーズです。

麦ちゃん評価 3.8点  ※麦ちゃん評価とは? 総合評価 木賊太郎さん 50代/男性  評価:5.00 投稿日:2017年04月08日

文句なく旨い。 白はこの価格帯でもそこそこ旨いものがありますが、赤でこの価格でこの品質はすごい。

使い道 実用品・普段使い 使う人 自分用 購入回数 はじめて

ワインブティック・ヴァンヴァンの記事より。

 

 

サクラアワードで金賞受賞の実力者!


革新的なワイナリーで素晴らしい冒険!レストランで喜ばれるワイン造り!サクラアワードで金賞受賞!

 

飲見み頃でストーリーがり、リーズナブル レストラン経営者が追求するワイン 「ブティノ」!

「ブティノ」はロンドンでレストラン経営で成功を収めた資産家ポール・プティノ氏により創られました!

ワイン愛好家だったプティノ氏は当時=1970年代 のロンドンで流通していたワインの品質に不満を抱き、自らフランスに出向きワインの仕入れを始めました。

そして「レストランで喜ばれる」ワインの追求は、「レストランで喜ばれるワイン造り」レストランで喜ばれるワイン作りにまで発展しました。

現在はフランスをはじめ南アフリカやアメリカでもワイン造りをおこなっています。

2005年からエリック・モナン氏が醸造に携わり、ワインのスタイルと品質の維持、向上に取り組んでいますモナン氏は

「革新的なワイナリーで素晴らしい冒険」と表現する通り、常に新しいぶどうでのブレンドや、の味わいの表現方法に挑戦。

あペラシオン名称などに関わらず、楽しんで飲めるワイン目指しています。

飲み頃でストーリーがあり、リーズナブルのブティノ社のワインは、数々のコンクールで受賞し、多くの人に愛されています。

サクラアワードで金賞を受賞=VT2017!

サクラアワードで金賞を受賞=VT2017!

ラズベリーやチェリーやスパイスが香る 溢れるような完熟果実の芳醇な味わい!

プティノ・ケープ・ハイツ・シラーズ!

レストランで喜ばれるワイン造りを目指すブティノが、

南アフリカで手掛けるワイン「ブティノ・ケープ・ハイツ・シラーズ」。

ブドウを除梗せずに使う、「全房醗酵」で造られています。

果肉と果皮と種子、茎も一緒に醸してしまうため、茎由来のスパイシーさなど複雑性を持ち、

奥行きのあるワインとなりますが、ブドウの質の高さとワイナリーの腕の良さが揃ってこそ仕上げることのできる醸造方法です。

ブティノ 南アフリカ/ウエスタン・ケープ シラーズ 100% 辛口 フルボディ 赤 750ml 酒類の総合専門店フェリシティーの記事より。

ブティノ ワインを深く愛するレストラン経営者による夢のプロジェクト!

醸造家 エリック・モナン氏

所在地 2-4 Brook House, Northenden Road, Gatley, Cheadle SK8 4DN, UK

Website http://www.boutinot.com//

取扱いワインを見るこの生産者の関連記事

[飲み頃ワインをレストランで楽しむために] 世界の美食が集まる街、ロンドンの高級地区で、

レストラン経営で成功を収めた資産家のもとに生まれた創業者のポール・ブティノ氏。

飲み頃ワインをレストランで楽しむために!

自身がワイン愛好家だったポール氏は、やがて父親の仕事を手伝うようになると、

当時(1970年代)のロンドンで流通していたワインの品質に疑問を抱くようになりました。

そして自らフランスへ出向いて、レストランで喜ばれるワインの仕入れを始めます。

その噂は徐々に広がり、他のレストランからもワインの仕入れを頼まれるようになると、その思いは「レストランで喜ばれるワイン造り」へと発展します。

飲み頃でストーリーがあり、リーズナブルな価格のワイン。その思いは今も変わらず、ブティノ社のワイン造りに反映されています。

[挑戦を続けるワインラバー] エリック・モナン氏は2005年からブティノ社で醸造に携わり、ワインのスタイルと品質の維持、向上に取り組んでいます。

本拠地であるマコンをベースに、ローヌや南仏へ頻繁に赴き、現地の栽培家と親密な関係を築き上げてきました。

「革新的なワイナリーでの素晴らしい冒険」と自身が表現するとおり、収穫時期の見極めから最終段階のブレンドまで、

ワイン造りに関する全ての段階での助言・管理に携わります。

週末には3人の子どもたちとローラースケートをしたり、妻のためにDIYに勤しむ良き父でもあります。

ワイン造りで最も面白いのはその多様性だと、常に新しいブドウ品種でのブレンドや、その味わいの表現方法に挑戦しています。

そして最も大切なことは、アペラシオン名称などに関わらず、楽しんでワインを飲むことだとも言います。

彼の一番のお気に入りはやはりフランスワインで、モンテスのコート・ロティ2006です。 もっとワインの記事より。

 

 

南ア・ワイン820円ですよ!いきなり五つ星が出てビックリ仰天!


私の試飲記録で!いきなり★★★★★の快挙!恐るべし南ア・ワイン!!!

 

ケープ・ハイツ・シラーズ 凝縮感があり果実味が広がる!

しかもボリューウム感があり力強く旨味豊か!

ウエスタン・ケープから届いた貴重な一本はなんと902円だから驚き!

試飲記録 2019-12-9-11-13

外観:濃いガーネットで黒ワインのようで、シラーズの葡萄の特徴!

アロマ:ベリー系の複雑なアロマが立ち上るが、とてもいい香りで期待が膨らむ!

ボディ:スルスル入る飲みやすいミディアムボディ。

アタック:口に含んだ瞬間—–ツーンと突き抜ける旨味と酸味で、ワインのクオリティの高さが瞬時に分かった!

ストラクチュア:甘味が先行する中で、酸味が自己主張してきて、柔らかな渋みとパーフェクトマッチで、ストラクチュアの高さの証だ!

一口評:南アのワイン大変期待して線を開けました。これが南ア12本セットのトップバッター!

このワインは一口、口にしただけで実に美味いね!

最初の一本から美味くて嬉しい限り!

これは南アのシラーズが期待通りで、オーストラリアに迫るものがある!

このうまさで評価に迷っています—–四つ星++か五つ星かの狭間で!

これで南アワインの期待が持てるのでホッとしました!

迷いは飲み終わるときには晴れて、五つ星に決めた!

二十九代目の五つ星に輝き、しかも南ア初受賞の快挙!!

南ア・ワイン12本もあるので、どうなるかと思っていましたが、期待できる美味さで大安心!

南アフリカ日常赤だけ12本セットを皆様にお勧めいたします!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。