南ア・ルックアウト・カベルネ!冷やして美味しい赤ワイン!南アの名門が手掛ける!

Pocket

南アフリカの名門が手掛けるワイナリー「ルックアウト・カベルネ・ソーヴィニヨン・シラーズ2018」


南ア・ルックアウト・カベルネ!冷やして美味しい赤ワイン⑤!南アフリカの名門が手掛けるワイナリー!

 

暑い季節だからこその楽しみ方! 冷やして美味しい赤ワイン5本セット!

「ムシムシと暑い日でも美味しく赤ワインを楽しみたい!」そんな方必見!

エノテカオンラインでは、これから本格的に訪れる暑い季節にピッタリな

冷やして美味しい赤ワイン5本セットをご用意しました。

今回は、イタリア、アメリカ、ニュージーランド、南アフリカの4ヶ国から5本をセレクト。

いずれもしっかりとした果実味がありながらも、

冷やしても渋みを感じず、さらに華やかなアロマが魅力のワインです。

ぜひこの夏も、ヒンヤリと冷えた美味しい赤ワインを片手に、

楽しいワインライフをお過ごしください。

  南アフリカの名門が手掛けるワイナリー。

華やかな果実味とスパイス風味が広がる1本。

その名は「ルックアウト・カベルネ・ソーヴィニヨン・シラーズ2018」

/ レオパーズ・リープ  通常価格 1,800円 (税抜)

レオパーズ・リープは近代的な設備を備えた南アフリカ有数のワイナリー。

ワイン専門誌でも高評価を獲得しています。

こちらのルックアウトは、毎日の食卓で楽しむことをコンセプトに造られたシリーズです。

ラズベリーやブラックベリーの赤・黒系果実の豊かな香りと、オークのスパイス感やふくよかなコーヒーのニュアンス。

華やかな味わいが広がり、徐々に白コショウなどのスパイスやイチゴの穏やかで繊細な風味が感じられます。

【ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、シラーズ、サンソー

以上。

 

 

国内屈指の銘醸地で造られるカベルネ・ソーヴィニヨンとシラーズ、サンソーを使用!


南アのルックアウト・カベルネ・ソーヴィニヨン+シラーズ+サンソーのブレンドワイン!

 

  その名は「ルックアウト・カベルネ・ソーヴィニヨン・シラーズ」  

1,800円(1,980円 税込)

南アフリカの名門ルパート家が手掛ける、近代設備を備えるワイナリー。

黒系果実の豊かな香りと穏やかで繊細な風味が心地よい1本。 

南アフリカ有数の銘醸地フランシュホークを拠点とするワイナリー、レオパーズ・リープ。

ルックアウトシリーズは、毎日の食卓で愉しんでいただくことをコンセプトに造られたシリーズ。

こちらの赤ワインは、華やかな香り、徐々にスパイシーな風味が感じられ巧みな味わいをお愉しみいただけます。

南アフリカ、コスパ抜群!

南アフリカのワインを試してみました。

想像以上にフルーティーで飲みやすかったです。

今度はバーベキューや家飲み用に買いたいです!

[味わい]  

ラズベリーやダークベリーの赤・黒系果実の豊かな香りと、オークのスパイス感やふくよかなコーヒーのニュアンス。

口に含むと、ラズベリーの華やかな味わいが広がり、

徐々に白コショウなどのスパイスやイチゴの穏やかで繊細な風味が感じられ、

心地良く余韻に響きます。食事と好相性で、トマト料理を中心に幅広く合わせられる優秀な一本。

少し冷やしても美味しく召し上がれます。

[商品情報]  

ルックアウトシリーズは、レオパーズ・リープのシリーズの中でも毎日の食卓で愉しんでいただくことをコンセプトに造られた、

最もコストパフォーマンスが良く、気軽に愉しめるシリーズです。

こちらのルックアウト・カベルネ・ソーヴィニヨン・シラーズは、

国内屈指の銘醸地で造られるカベルネ・ソーヴィニヨンとシラーズ、サンソーを使用。

発酵後、伝統的な上部開放式のフレンチオーク樽で9ヶ月熟成し、

その際クリカージュ(樽の中へ酸素を送り込み熟成を促す)が行われます。

ラズベリーやダークベリーの赤・黒系果実の豊かな香りと、

オークのスパイス感やふくよかなコーヒーのニュアンス。

口に含むと、ラズベリーの華やかな味わいが広がり、

徐々に白コショウなどのスパイスやイチゴの穏やかで繊細な風味が感じられ、

心地良く余韻に響きます。食事と好相性で、トマト料理を中心に幅広く合わせられる優秀な1本。

少し冷やしても美味しく召し上がれます。

[生産者について]  

レオパーズ・リープ    LEOPARD’S LEAP

南アフリカの名門ルパート家が創設した近代的ワイナリー。

南アフリカグルメの中心街フランシュックの近くにワイナリーを構えるレオパーズ・リープ。

南アフリカの銘醸地として世界的に知られる地区に拠点を持ち、

近代的な設備と壮大な自然で観光地としても有名になった、南アフリカ有数の近代的ワイナリーです。

ワイナリーのオーナーは、南アフリカ屈指のワイン生産者であり実業家であるハイン・コーゲレンベルグ氏。

彼は、南アフリカの「英雄」とも讃えられ、同国のワイン産業近代化の先駆者であるルパート家の一人。

南アフリカの銘醸地!コースタル地域!

フランス・ボルドーの名門であるロスチャイルド家とタッグを組んだジョイントベンチャー、

「ルパート&ロスチャイルド」を創設したアントン・ルパート氏の義理の息子に当たります。

コーゲレンベルグ氏は、彼の助言をもとに、2000年、

南アフリカ屈指の近代的な設備を備えたワイナリーを創設しました。

フランシュックにある約7haの畑をはじめ、南アフリカの銘醸地として

世界的に知られるフランシュック、ステレンボッシュ、パール、サマーセット・ウェスト、ウェリントンの

5地区から造られるブドウを使用し、年間60万ケースのワインを生産。

クオリティの高いワインを造ることはもちろんのこと、3つの重要な価値観「食事、保全活動、文学」を基本理念として掲げ、

啓蒙活動を積極的に行う、地域に密着したワイナリーです。

[生産地について]   「南アフリカフランシュック」   

フランスに強く影響された美しいグルメタウン。   

フランス移民が多く、フランスに強く影響された町並みやレストランが美しいグルメタウン。

ソーヴィニヨン・ブランやセミヨンなどの国際品種が多く栽培されています。

また、赤ワイン用品種ではカベルネ・ソーヴィニヨンやシラーズ、メルロが多く、

シャンパーニュと同じ瓶内二次発酵で造られるキャップ・クラシックの産地としても有名です。

 

 

料理によく合い進みまくりで美味しかった

意外と軽め!ベリー系の香りと黒コショウなどのスパイスの香り!料理によく合い進みまくりで美味しかった

 

エノテカ・オンラインで赤ワイン10本セット購入(35 %オフ)。

2本目。レオパーズ・リープ ルックアウト カベルネ・ソーヴィニヨン シラーズ(2018)

台風前に赤ワイン。  

レオパーズ・リープ ルックアウト カベルネ・ソーヴィニヨン シラーズ  

価格:1,000円 ~ 1,499円(ボトル / ショップ)

前も思ったけど、意外と軽め。ベリー系の香りと黒コショウなどのスパイスの香り。

スパイシーで大人な感じのワイン。鶏肉のハーブ焼きに良く合います。

思ったより軽めだったが、ベリーとコショウなどのスパイスの香りが豊かなだった。

今日はラムのハーブ焼きと飲んだが、今度は鶏肉の料理などと合わせたらいいかも。

レオパーズ・リープ ルックアウト カベルネ・ソーヴィニヨン シラーズ(2017)

南アフリカのカベソーとシラーのブレンド。 ミディアムボディ。

Alc12.5%。 癖がなくとても飲みやすいです。

美味しいです。

でも南アにはもっとお安くても おっっ!

と思わせるカベソーもシラーもある。 やっぱり特徴がある方が楽しいですね!

エノテカ5本で7000円セットの2本目。南アフリカのカベソー。

初日は香りに樽のクセが強い感じでおいしくない。

2日目以降落ち着いてのみやすくなった。

2日目以降落ち着いてのみやすくなったのがコレ!

果実感とタンニンのバランスはなかなかよいがよくもわるくも中庸な感じ。

レオパーズ・リープ ルックアウト カベルネ・ソーヴィニヨン シラーズ(2015)

先日、エノテカで10本まとめ買いした1本! 南アフリカのカベソーとシラーのブレンド。

イブリカッコとクリームチーズをつまみと思ったが~ 合わなかった(笑)

ちょっと酸味があってスパイシー!

少し冷して飲んだけど、料理によく合い進みまくりで美味しかったエノテカセットのひとつ。

レオパーズ・リープ ルックアウト カベルネ・ソーヴィニヨン シラーズ(2015)  

ルックアウト カベルネシラーズ / レオパーズ リープ 2015 安いと思ってなめてた。

時間を置くほど開いてきた。果実味炸裂系、タンニンもある。もっと飲みたかった。

レオパーズ・リープ ルックアウト カベルネ・ソーヴィニヨン シラーズ(2015)  香りは黒コショウで味は甘め。

不思議な組み合わせ、初めての感じ。 好みは分かれそう。

赤い果実が弾けます。スパイシーだけど少し甘く?感じます。

ラベルにはトマトソースと会うと書いてありますが、ハーブきかせたラムソテーともイチジクとも合いますよ!

良い意味で飲みやすいです。

クセ強めのチーズとはちょっと合わない気がします(^-^; 

レオパーズ・リープ ルックアウト カベルネ・ソーヴィニヨン シラーズ(2014)

【57点】エノテカ10本¥10,000セット中の一本。今話題の南アフリカのワインですね。元値は¥1,944です。

割合は不明ですが、カベソーとシラーのブレンドであります。

【香り】濃口で上品なラズベリーに、樽由来と思われる白胡椒。ボリュームは充分です。

【見た目】色味は濃厚な赤紫。粘度中庸。エッジが若々しく透明感があります。

【お味】とびきりの上質さは備えていませんが、造り手の意図を感じる。

果実感は前面には出ていないが…充分満足です。

レオパーズ・リープ ルックアウト カベルネ・ソーヴィニヨン シラーズ(2014) 

価格:1,000円 ~ 1,499円(ボトル / ショップ)

まぁ、普通。

シャルドネ、ソーヴィニヨンブランを飲んでるようじゃ、成長出来ないよ。

レオパーズ・リープ ルックアウト カベルネ・ソーヴィニヨン シラーズ

カベルネ・ソーヴィニヨンとシラーズの南アフリカのワイン。

スクリューキャップ タイプ。

カベルネとシラーズのワインはほとんど飲んだことがなくて

それぞれのブドウを思いながら飲んでみたらなるほど!

こういう味わいになるんだ!

電球がパッと光ったようなひらめいた気持ちになりました(^^) 色は濃く、ベリーとスパイシーな香り。

タンニンはまぁまぁあって濃厚なベリーが口に広がった後にシラーズのコショウや

旨味のスパイシーな味わいが追いかけてくるような感じだったと思う。

美味しかった。いいね南ア。

南アフリカのカベルネ、シラーズ。 さてと…。

今日は即興でツマミを作ってみる。

マルゲリータ風…だが、ピザではない。 焼きチーズといった方が良いか。

最初の木生臭い香りも、口に含むと果実味たっぷり。

おーーー。いいんでない?

酸味少なめ、やわらかタンニン。

渋みも少なく。アルコールは12.5%と、まさにがぶ飲み系ワイン。  

Vinica 記事より。

 

 

南アフリカ共和国、コースタル地域、スワートランド!


冬は涼しく雨が降り、夏は乾燥というぶどう栽培に適した地中海性気候!!

 

[南アフリカワイン、ルックアウト・カベルネ・ソーヴィニヨン・シラーズでムサカをいただく]  

本日のワインは、前日に開けた「ルックアウト・カベルネ・ソーヴィニヨン・シラーズ 2014」の残り。

前日の記事をチェックするのが面倒な方のために基本的なデータをまとめておくと、

生産者:レオパーズ・リープ、生産地:南アフリカ共和国、コースタル地域、スワートランド、

品種:カベルネ・ソーヴィニヨン41%、シラーズ40%、サンソー19%、

熟成:フレンチオーク樽で9ヶ月、マイクロオキシジェネーション(クリカージュ)、

香り:ブルーベリー、黒コショウ、ボディ:ミディアムボディ、甘辛:辛口

レオパーズ・リープは、南アフリカのワイン産業の中心である西ケープ州のフランシュフックを拠点とするワイナリー。

↓このプロモーション素材で、ぶどう畑やワイナリーの映像がたっぷり見られる。

冬は涼しく雨が降り、夏は乾燥というぶどう栽培に適した地中海性気候。

海からの風が夏場のぶどう畑を適度に冷やし、変化に富む地形が多様性に結びついている。

合わせる料理は、前日のカチャトーラに似たタイプでは面白くないので、ギリシャ料理のムサカを作った。

この料理は、ずいぶん昔、『スパイスの本―豊かな香りでヘルシーライフを

(JTBのMOOK 味覚シリーズ 12)』で紹介されていて、お気に入りのひとつになった。

材料は、なす、牛ひき肉、にんにく、玉ねぎ、トマト缶、オリーブオイル、ドライパン粉、パルメザンチーズ、

牛乳、バター、小麦粉、ドライオレガノ、ローリエ、トマトペースト、イタリアンパセリ、シナモンパウダー、塩コショウなど。

デリーシャスガーデン記事より。

 

 

想像以上にフルーティーで飲みやすかったです!

冷やして美味しい赤ワインの最後がこれ!想像以上にフルーティーで飲みやすかったです!

 

暑い夏の季節にピッタリの冷やして美味しいワインを探しましたので紹介します。

今日のワインは南アの「ルックアウト・カベルネ・ソーヴィニヨン+シラーズ」のブレンドワインです。

こちらのルックアウトは、毎日の食卓で楽しむことをコンセプトに造られたシリーズです。

南アフリカの名門ルパート家が手掛ける、近代設備を備えるワイナリー。

こちらの赤ワインは、華やかな香り、徐々にスパイシーな風味が感じられ巧みな味わいをお愉しみいただけます。

南アフリカ、コスパ抜群!

南アフリカのワインを試してみました。想像以上にフルーティーで飲みやすかったです。

今度はバーベキューや家飲み用に買いたいです!

南アフリカグルメの中心街フランシュックの近くにワイナリーを構えるレオパーズ・リープ。

南アフリカの銘醸地として世界的に知られる地区に拠点を持ち、

近代的な設備と壮大な自然で観光地としても有名になった、南アフリカ有数の近代的ワイナリーです。

ワイナリーのオーナーは、南アフリカ屈指のワイン生産者であり実業家であるハイン・コーゲレンベルグ氏。

彼は、南アフリカの「英雄」とも讃えられ、同国のワイン産業近代化の先駆者であるルパート家の一人。

フランシュックにある約7haの畑をはじめ、南アフリカの銘醸地として世界的に知られる

フランシュック、ステレンボッシュ、パール、サマーセット・ウェスト、ウェリントンの

5地区から造られるブドウを使用し、年間60万ケースのワインを生産。

冷やして美味しいワインはこんな風に!!

クオリティの高いワインを造ることはもちろんのこと、3つの重要な価値観「食事、保全活動、文学」を

基本理念として掲げ、啓蒙活動を積極的に行う、地域に密着したワイナリーです。

ソーヴィニヨン・ブランやセミヨンなどの国際品種が多く栽培されています。

また、赤ワイン用品種ではカベルネ・ソーヴィニヨンやシラーズ、メルロが多く、

シャンパーニュと同じ瓶内二次発酵で造られるキャップ・クラシックの産地としても有名です。

冬は涼しく雨が降り、夏は乾燥というぶどう栽培に適した地中海性気候。

海からの風が夏場のぶどう畑を適度に冷やし、変化に富む地形が多様性に結びついている。

ルックアウト カベルネシラーズ / レオパーズ リープ 2015 安いと思ってなめてた。時間を置くほど開いてきた。

果実味炸裂系、タンニンもある。もっと飲みたかった。

今日のワインはカベルネ・ソーヴィニヨンとシラーズとサンソーのブレンドワインです。

南アのワインはコスパで世界的に人気の高いワインが多く輸出されています。

今日のワインもその中に一つです。

冷やして美味しいワインの最後の紹介になりましたが、如何でしたでしょうか?

夏の暑さにピッタリのタイミングで紹介できてよかったと思っています。

 

 

鰻の蒲焼とのマリアージュ・最高でした!

鰻の蒲焼とのマリアージュ・最高でした!試飲評価は32代目の★★★★★!!

 

今日のワインは南アの「ルックアウト・カベルネ・ソーヴィニヨン+シラーズ」のブレンドワインです。

葡萄の品種はカベルネ・ソーヴィニヨン+シラーズ+サンソーのブレンドワインです。

試飲記録 2020-07-07-10-12

今日は七夕で鰻の蒲焼とのマリアージュが楽しみです。

飲み比べ相手はニュージーランドワイン「マットゥア・リージョナル・ピノ・ノワール」です。

これが「マットゥア・リージョナル・ピノ・ノワール」です!

外観:濃い色合いだが濃いだけではなく少しルビーがかった色合いです。

アロマ:ベリー系のアロマでカシスの香りが立ち上ります。

ボディ:の見応え十分のミディアムフルボディ。

アタック:口に含んだ瞬間このワインは美味しいぞのフレーバーに驚きました。

甘味の旨味と酸味の旨味とタンニンのフレーバーも相まって、高いレベルの赤ワイン!南ア恐るべし!

ストラクチュア:酸味とタンニンのバランスも良く「ルックアウト」のクオリティの高さを示しています。

一口評:このワインは南アワインの中でナンバーワン!やはりシラーズのブレンドワインは美味しいに間違いありません。

したがって飲み比べではニュージーランドの「マトゥア・ピノ・ノワール」をブッチギリで「ルックアウト」に軍配が上がりました。

このワインのフレーバーは甘みの味わいで高い評価です。

ほぼ五つ星ですが、三日目をもう一度見てみます。

今日は七夕で鰻の蒲焼きでそのマリアージュは最高に美味かった。

赤ワインと鰻の蒲焼きはよく合いますね!!

五日目の試飲で硬さが取れて、滑らかなフレーバーになっていて、32代目の五つ星に決定しました!

南アの五つ星は29代目の「ケープ・ハイツ・シラーズ」以来2本目です!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。