北アルプスの女王・燕岳!北アルプスの最高峰!春の雪形がツバメに似ていて名付けられた!

Pocket

北アルプスの女王・燕岳!北アルプスの最高峰!春の雪形がツバメに似ていて名付けられた

 

今日は北アルプスの女王燕岳について記述します。北アルプスの最高峰でその美しさは随一!特に頂上の丸みを帯びた石組みが特徴的。これが女王の顔!!

モルゲンロードを望む穂高連峰の美しさは、過酷な冬だからこそ見られる絶景!!

モルゲンロートとは、夜が明けきらない早朝に、東の空より一筋の赤い光線が山筋を照らし、山脈や雲が赤く染まる朝焼けのことをいい、山がもっとも美しく見えるときの一つです。

語源はドイツ語で「Morgenrot」、直訳すると、モルゲン「Morgen」は「朝」、ロート「rot」は「赤い」を意味しています。

こちらは槍ヶ岳のモルゲンロード。

燕岳(つばくろだけ)は、飛騨山脈にある標高2,763 mの山。山体すべてが長野県に属する。

日本二百名山及び新日本百名山に選定されている。 ウィキペディア

燕岳から周辺の山々はどのように見えるのでしょうか!

肉眼では富士山が見えていたのですが、写真ではわかりづらいです。

燕山荘では見えなかった中央アルプスの北端部が見えています。

それでは燕岳からの眺望を紹介します。

山頂の花崗岩の向こうに燕山荘(えんざんそう)から大天井岳(おてんしょうだけ)へ連なる尾根が伸び、そこで折り返して常念岳へとつながっていきます。

穂高方面では燕山荘では見えないが、前穂高岳が見えます。

穂高から槍にかけての眺めです。

北アルプス主稜線が北へ向かって連なっています。

その向こうに笠ヶ岳が見えます。

こちらが穂高から槍ヶ岳にかけての大展望。

北アルプス主稜線、いわゆる黒部源流の山々が高瀬川の谷をはさんで連なります。

北アルプス主稜線の山並みが高度を下げてその西側に立山が見えてきます。

燕岳の花崗岩の稜線が北へ延びています。次のピークが北燕岳(きたつばくろだけ)です。その向こうには立山や剣岳が見えています。

立山と後立山の山並みです。鹿島槍ヶ岳(かしまやりがたけ)と白馬鑓ヶ岳(しろうまやりがたけ)が並んで見えています。

唐沢岳、餓鬼岳、東沢岳はすぐ近くの山、そして遠くには新潟県境の山が見えます。

戸隠山、黒姫山など北信五岳や苗場山、志賀高原などが見える方向ですが、雲海の下に隠れています。浅間山が頭を出していました。

こちらが戸隠山、黒姫山などの北信五岳や苗場山などが見える方向。

すぐ近くの有明山は”信濃富士”と言われています。美ヶ原と北八ヶ岳が雲海の上に頭を出しています。

コントラストを調整して八ヶ岳を強調していたら甲武信ヶ岳が写っているのに気付きました。

燕山荘で見たときよりはっきりしてきた富士山ですが、あそこにあるはずだということを知っていないと見えないような見えかたです。

常念山脈(じょうねんさんみゃく)は、飛騨山脈(北アルプス)のうち主稜線の東側に平行して南北に延びる山域の総称。

主稜線との間に高瀬川、川が流れる。主稜線とは大天井岳から槍ヶ岳への東鎌尾根の稜線でつながっており、中房温泉から燕岳を経てこの稜線へ至る登山道は表銀座と呼ばれている。

1934年(昭和9年)12月4日 に山域が、中部山岳国立公園に指定された。

松本盆地(松本平と安曇平)からは、常念山脈の大きな山容が間近に眺められる。

穂高岳、槍ヶ岳といった山々は、常念岳、蝶ヶ岳、大滝山、餓鬼岳といった前衛の常念山脈に隠れ、場所によってその間から顔を出す程度である。

常念山脈に属し、北アルプス三大急登の一つである合戦尾根を登り切った稜線上にある。

1934年(昭和9年)12月4日に中部山岳国立公園に指定され、山頂付近は特別保護区域、その周辺は特別地区に指定されている。

中房温泉が登山口であり、大天井岳を経て槍ヶ岳へ向かう表銀座コースの始点でもある。

花崗岩でできた独特の山体を持ち、高山植物の女王と言われるコマクサの群生がある。

周辺のハイマツ帯には、ライチョウが生息している。

槍ヶ岳を中央に左側に聳える穂高岳と右側にそびえるのが笠ヶ岳や硫黄岳。

山名は、春の雪形がツバメに似ているためつけられた。

1915年(大正4年)の長谷川如是閑の『日本アルプス縦走記』で燕岳が記され、この10年前からの期間内で命名されたとする説がある。

登山[編集] 合戦尾根は急登ではあるが、表銀座コースであるためアルプスの入門コースとして多くの登山者が歩き、よく整備された登山道となっている。

2009年(平成21年)にNHK教育テレビの『趣味悠々』第7回「いざ、北アルプスへ 燕岳(前編)」と第8回「長い下りにご用心!

燕岳(後編)」にて、合戦尾根を利用した燕岳への登山が紹介され、登山家の田部井淳子とタレントのルー大柴が登頂した。

この登山道は中学生などの学校登山に昔からよく使われているが、

近年[いつ?]は登山者とのすれ違いの問題により八方尾根を経由して登る唐松岳や八ヶ岳の天狗岳などに移行しており、年々その数は激減している。

常念岳山脈稜線の表銀座コースとの反対の北側には、二等三角点のある燕岳を経て餓鬼岳への登山道が続いている。

燕岳の約700 m北には、北燕岳と呼ばれる小ピークがあり、その先の東沢乗越から高瀬川の支流である中房川に沿って中房温泉へ下る登山道がある。

燕山荘から大天井岳へ続く稜線上には「蛙岩(げえろいわ)」と呼ばれる花崗岩の大きな奇石がある。

常念山脈の北部にある花崗岩と花崗岩砂礫とで構成された山。東側に中房川が流れ、西側は高瀬川の谷が区切っている。

登山口には文政年間(1818-1829年)の開湯と伝えられる中房温泉があり、国民宿舎有明荘とともにいで湯の楽しめる、格好のベースになっている。

遠くから見ると平坦で特徴のない稜線が続いているので、かつては大天井岳近くまでの山稜を、ただ「屏風岳」とひとまとめに呼んでいたらしく、

明治39年刊行の『日本山嶽志』にも載っていない。

大正4年の長谷川如是閑の『日本アルプス縦走記』には「燕岳」とあるので、その間の10年間に命名されたらしい。

表銀座コースの始発点として有名で、大天井岳で分岐して槍ヶ岳へ常念岳へと志す登山者でいつも賑わっている。

遠目には目立たないが、稜線を山頂に向かってみると、風化した花崗岩群がまるで環境芸術のオブジェのようで面白い。

頂上の北には北燕岳の岩峰がそびえ、鞍部はコマクサの群落、東斜面はお花畑と楽しい。登山道は中房温泉からアルプスでも指折りの急登、

合戦(かつせん)尾根を登って所要4時間30分。

 

燕岳は標高2763mもありながら、初心者レベルの難易度。

燕岳は北アルプスでも初心者レベルの難易度!疲れがぶっ飛ぶ絶景が待っています!

 

燕岳は北アルプスでも初心者レベルの難易度。ご褒美登山のススメ!!2016年09月27日 なーやん

山道ですれ違う際は、登りが優先 山でのルール。登る方を優先し下る方は山側で待ちます。

「ゆっくりどうぞ〜」の声かけを笑顔と一緒に。さて。

どこの山にのぼるか迷い中の初心者の方に、ぜひ、おすすめしたい山が「燕岳(つばくろだけ)」です。山登りをはじめたばかりの頃は、レベルに合わせた山やルート選びをしなければなりません。

と、なると低山ばかり。。。

最初のトレーニングとしては体力面や装備に慣れる意味でも大事ですが、あんまり面白くない。

なので少し歩けるようになったら、さっそくご褒美登山をしましょう!面白くないと続きません。

初心者でも登れる難易度でリュックの重さや足の疲れがふっとぶ絶景が待っていますよ。

中央自動車道 安曇野インターより車で中房温泉まで約35分。登山口まではさらに約30分。

関西からは前泊した方が良いですね。山登りの基本は「早立ち早着き」です。

[燕岳ルート] 往復合計距離 10.18km 高低差1623m

燕岳へのアプローチの仕方の地図。

中房温泉登山口(1462m)→約180〜210分→合戦小屋→約60分→燕山荘 →約30分→燕岳三角点(2763m)→約20分→燕山荘 →約50分→合戦小屋→約120〜150分→中房温泉登山口

登りで約5時間程度。脚力に自信があれば日帰りもできますが、初心者には山小屋で一泊するプランをおすすめします。

山小屋泊もご褒美のひとつですから!

燕岳はとても人気のあるお山で、団体客も多いためルートは渋滞します。

楽しい登山のために計画は余裕をもって作ってくださいね。

そう、山頂の景色は高山のいいとろこをぎゅっと集めたような光景なのです。

初心者でもこの雰囲気を体験できるのが「燕岳」の最大のご褒美ポイントだといえます。

大きく輝きながら登っていく太陽はほんとうに美しいものです。

暗闇をオレンジに染めながら光を広げていくさまに自然の尊大さや畏怖を、キザに言うならちっぽけな自分を素直に感じます。

頬をさす冷たく澄んだ空気とともにぜひ、体験してほしい絶景です。

ご褒美登山、いかがですか?装備と体調を整えて、ぜひチャレンジしてくださいね!

今日は燕岳を紹介しましたが、ここからの眺望の素晴らしさが伝わったでしょうか。

名前の由来は春の雪形がツバメに似ているから付けられた。

燕岳はとても人気の高い山で、初心者でも登れるし、健脚であれば日帰りも可能ですが無理をしないで山小屋で一泊するゆとりがオススメです。

燕岳からの雄大な眺望を是非お楽しみください!!

疲れがぶっ飛びます!!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。