元気になる ミュージカル映画!芝居と芸術のすべてを詰め込んだミュージカル映画!生の舞台とは違う映像ゆえの描写が楽しめる!

Pocket

元気になる ミュージカル映画!芝居と芸術のすべてを詰め込んだミュージカル映画!生の舞台とは違う映像ゆえの描写が楽しめる!

元気になる ミュージカル映画!芝居と芸術のすべてを詰め込んだミュージカル映画!生の舞台とは違う映像ゆえの描写が楽しめる!

 

歌にダンス、

芝居と芸術のすべてを詰め込んだミュージカル映画。

絶景から俳優の表情まで、

生の舞台とは違う映像とはゆえの描写が楽しめる。

初心者もなじみやすく、

見ると元気が出る名作を専門家が選んだ。

 

 

ウエストサイド物語!圧倒するダンスと斬新なカメラワーク!

1位795ポイント!ウエストサイド物語!圧倒するダンスと斬新なカメラワーク!

 

1950年代のニューヨーク・ウエストサイド地区を舞台に、

人種の異なる2人のティーンエイジャーが恋に落ちる物語。

シェークスピアの「ロミオとジュリエット」を

下敷きに、現代米国の人種差別や偏見を描いた。

対立や葛藤の心理をメロディーやダンスで描写し、村岡裕司さんは「街角や体育館、ガレージを舞台にした若者のダンスに圧倒される」と評価。

宮崎紀夫さんはカメラワークの斬新さを評価し、

「オープニングでニュヨークの街並みを空中から移動しながら撮影し、

不良グループの人物紹介につなげる演出はこれぞ映画だと感動」と表現。

アカデミー賞で作品賞や監督賞など10部門を獲得している。

斎藤博昭さんは「『歌って踊って楽しく』というミュージカルの常識を、

180度変え、シリアスで切なく、新たな地平を描いた歴史的な作品」とみる。

音楽は20世紀を代表する米国の作曲家・指揮者、レナード・バーンスタインが担当。

今年12月にはスティーブン・スピルバーグ監督のリメイク作品が公開予定で、早くも話題を呼んでいる。 

① 監督 ロバート・ワイズ、ジェームス・ロビンズ 

② 製作年または公開年 1961年 

③ 販売・発売元 ワーナーブラザース ホームエンターテイメント/NBC ユニバーサル・エンターテイメント

 

 

2位・750ポイント!雨にうたえば!あまりにも有名な雨のタップシーン!

2位・750ポイント!雨にうたえば!あまりにも有名な雨のタップシーン!

 

1920年代サイレント=無声 映画が最盛期の米ハリウッドで盟友として活躍していた主人公が、

映像と音声が一緒になった「トーキー映画」時代の到来に奮闘するコメディ映画。

アクロバティックなダンスや明るい楽曲、悪声をだす大女優のコミカルな

演技などがちりばめられ、

寺崎秀臣さんは「魅力が満載で、ミュージカル映画が未体験な人は」必見と勧める。

恋心に目覚めたドンが「シンキング・イン・ザ・レイン」を歌い、

恋心に目覚めたドンが「シンキング・イン・ザ・レイン」を歌う!

土砂降りの雨に打たれながらも傘もささずに軽快なタップを踏むシーンは

「あまりにも有名で、誰もが1度はこんなふうにやってみたいと思うのではないだろうか」と森衣鶴美さん。

① ジェーン、ケリー、スタンリー・ドーネン 

② 1952年 

③ ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント/NBC ユニバーサル・エンターテイメント

 

サウンド・オブ・ミュージック!生きる尊さをうたい上げる名作!

3位・690ポイント!サウンド・オブ・ミュージック!生きる尊さをうたい上げる名作!

 

歌うことが大好きな修道院のマリアが、妻を亡くしたトラップ大佐の7人の子どもの家庭教師となる。厳格な育ちで歌うことも知らなかった子どもたちが、音楽を通じてマリアに心を開いてゆく。「大自然の中で歌う素晴らしさ、生きることの尊さを歌い上げる名作」中島薫さん

撮影地のオーストラリアの雄大なアルプス山脈と古い街並みは映像ならではの美しさだ。寺島さんは「美しい雄大な自然の中に戦争の影が忍び寄る恐怖と、それを乗り越えようとする家族の絆がいつまでも心に残る」。

長谷川町蔵さんは「ドレミの歌」「エーデルワイス」「私のお気に入り」を掲げ、「名品だらけ」と絶賛する。174分と他の作品より長めだが、斎藤さんも「オープニングで心をさらわれたあとはラストまで一気の勢い」と称賛する。

① ロバート・ワイズ ② 1965年 ③ ディズニープラス

 

 

ザッツ・エンターテイメント!傑作ミュージカルの名場面 一堂に!

4位・535ポイント!ザッツ・エンターテイメント!傑作ミュージカルの名場面 一堂に!

 

ハリウッドの名門スタジオ、MGM製作の、数々の傑作ミュージカルの名場面を集めたアンソロジー。「この1本でミュージカル映画の全てがわかるといっても過言ではない」重木昭信さん

「難点があるとすれば出だしから止まらないこと。1日をこの映画に捧げる気持ちでどうぞ」と原田和典さん。島田歌穂さんは「この作品をきっかけに、幼い頃にミュージカルへの夢を与えてもらった」と振り返る。 ① ジャック・ヘイリー・ジュニア ② 1974年 ③ ワーナー・ブラザース  ホームエンターテインメント/NBC ユニバーサル・エンターテイメント

 

 

オードリー・ヘップバーン演じる、マイ・フェア・レディ!

5位・510ポイント!マイ・フェア・レディ!

 

オードリー・ヘップバーンが演じるロンドン下町の花売り娘が、言葉遣いや振る舞いを身につけて誰もが認める貴賓ある女性へと変身していく。ジョージ・バーナード・ショー作の古典「ピグマリオン」をもとにしたストーリーだ。

重木さんは「アスコット競馬場の場面は舞台美術がそのまま再現され、衣装も美しく目を見張る」とたたえる。森衣鶴美さんは挿入歌の「踊り明かそう」「運が良けりゃ」をミュージカルのスタンダードナンバーになった名曲として掲げている。 


  1. ジョージ・キューカー ② 1964年 ③ NBC ユニバーサル・エンターテイメント
 

メリー・ポピンズ!家族で見たい 児童文学の名作!

6位・430ポイント!メリー・ポピンズ!家族で見たい 児童文学の名作!

 

空からやってきた魔法使いの家政婦と子どもたちが巻き起こす、児童文学をもとにした物語。

実写とアニメーションを合成させ、中島さんは

「今から半世紀以上も前のディズニー・プロによる確かな特撮技術にうなる」。

寺崎さんも「ミュージカル映画初心者にはおすすめ」と推す。

挿入歌の「チム・チム・チェリー」はあまりに有名。

萩尾瞳さんは「知られた楽曲がたくさん。家族で見たい名作」といい、

長谷川さんは「メリー・ポピンズ・リターンズ」=2018 も傑作という。 

① ロバート・スティーブンソン 

② 1964年 

③ ディズニープラス

 

 

シェルブールの雨傘!

7位・390ポイント!シェルブールの雨傘!

 

フランスの港町シェルブールで恋する自動車修理工の若者と傘屋の少女の2人の運命が戦争で変わっていく。

全編にせりふがなく、歌だけで展開する。

主題曲は日本でも広く知られている。

フランスの港町シェルブールで恋する自動車修理工の若者と傘屋の少女の2人の運命が戦争で変わっていく!

「すれ違い、未練。まさに王道のラブストーリー」と原田さん

河端秀晃さんは「ハリウッド映画にはない哀愁がフランス映画ならでは」と評する。

重木さんは「監督の素晴らしい色彩感覚が女優カトリーヌ・ドヌーブのみずみずしい姿を捉えている。

公開当時に感動して映画館で20回以上見た」と話す。 

① ジャック・ドゥミ 

② 1963年 

③ パネット・メディアマーケティング

 

 

ファントム・オブ・パラダイス!古典がよみがえる 復讐のロック・ミュージカル!

8位・295ポイント!ファントム・オブ・パラダイス!古典がよみがえる 復讐のロック・ミュージカル!

 

古典的な怪奇映画をベースに、青年音楽科の承認欲求や復讐、業界の利害関係の心理を巧みに描いたロック・ミュージカル。

原田さんは「伏線がエンディングで出会い、一つの太い潮流となって『なるほど』とみるものを力強く納得させてゆく」と表現する。

河端さんは「カーペンターズなどへの楽曲提供でも知られているポール・ウイリアムズが全曲に参加している」との点を魅力に挙げる。 

① ブライアン・デ・パルマ 

② 1974年 

③ ウオルト・ディズニー・ジャパン

 

 

ヘアスプレー!シビアなテーマ 明るく描く!

9位・275ポイント!ヘアスプレー!シビアなテーマ 明るく描く!

 

太った体型の女子高生が、憧れていたダンスのテレビ番組に出て念願をかなえるところからストーリーが始まる。人種問題を取り扱いながらも「あらゆる差別を軽やかに蹴飛ばしてしまう爽快なミュージカル」=萩尾さんで、ホップにテンポよく展開する。

斎藤さんは「シビアなテーマでも明るく向かっていけばいいという人生賛歌」と語る。宮崎さんは「物語が明快でわかりやすく、見ればきっと元気にんる」と太鼓判を押す。  ① アダム・シャンクマン ② 2007年 ③ アスミック・エース/KADOKAWA

 

 

ムーラン・ルージュ!きらびやかな夜の世界!

10位・270ポイント!ムーラン・ルージュ!きらびやかな夜の世界!

 

舞台は1899年、パリの豪華絢爛なナイトクラブ「ムーラン・ルージュ」。作家志望の若く貧しい男性主人公が花形ダンサーの娼婦と恋に落ちるが、彼女を狙う公爵の登場で悲劇が起きる。「挿入歌を生で歌うというあり得ないことをやってのけたニコール・キッドマンとユアン・マクレガーに拍手を!」と長谷川さん。

森直人さんは「ビートルズやエルトン・ジョン、マドンナなど雑多な選曲が怒涛に流れ、ド派手でパワフルな映像世界」と評する。 ① バズ・ラーマン  ② 2001年  ③ ウオルト・ディズニー・ジャパン

 

 

時代を超えて 愛される普遍性!源流には欧米のオペラやバレエ、演劇があり、19世紀以降、米国でミュージカルに発展した!

時代を超えて 愛される普遍性!源流には欧米のオペラやバレエ、演劇があり、19世紀以降、米国でミュージカルに発展した!

 

ミュージカルは演劇と音楽、ダンスを融合した総合舞台芸術だ。

源流には欧米のオペラやバレエ、演劇があり、19世紀以降、米国でミュージカルに発展した。

ミュージカル映画は音楽や踊りに重点を置く映画のジャンルの一つで、制作が始まった1930年代ごろは、舞台を撮影した映像を映画化していた。映画用のセットが本格的になり、野外での撮影や編集する技術が向上したことにより、表現の幅が広がっていった。

今回のランキングの候補に上がった作品は、制作年が1950~2010年代と幅広かった。音楽評論家の原田和典さんは「昔の作品には色あせない新鮮味があり、今の作品には伝統への敬意を感じる」と評価する。英国文学や童話など古典をベースに、現代社会の風刺や人間模様を描く作品が多く、骨太なストーリーが時代を超えて共感を呼ぶだろう。

北米発祥のミュージカル映画だが、近年はアジア発のヒット作も目立つ。「ムトゥ 踊るマハラジャ」=1995年 などで知られるインド映画はきらびやかな衣装や大人数のキャストによる一糸乱れぬダンスが印象深い。日本でも昭和時代のヒット歌謡曲を展開する「愛と誠」=2012年 がランキング審査員の注目を集めた。

 

 

「ミュージカルを見慣れない初心者にもわかりやすい」!


ランキングの見方!調査方法!

 

数字はミュージカル映画に詳しい12人の専門家の評価を点数化。 

① 監督  

② 制作年数または公開年  

③ DVD 発売・発売元または動画配信元。 

写真は③ のいずれかより提供。 

一部は写真素材会社より購入した。

調査の方法 専門家への取材を基に、DVDや動画配信サービスで

自宅で鑑賞できる国内外の主なミュージカル映画25作品を確定。

「ミュージカルを見慣れない初心者にもわかりやすい」

「みると元気になる」

「完成度」の3つの観点から、

専門家が1位から10位までを順位付けし、編集部で集計した。 

松浦奈美が担当しました。

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。