今年の川は石に青藻がベッタリで釣りになりません!そのために釣り人が来ないのです!中津川は前回より、青藻が、凄いことに!

Pocket

今年の川は石に青藻がベッタリで釣りになりません!そのために釣り人が来ないのです!中津川は前回より、青藻が、凄いことに!

今年の川は石に青藻がベッタリで釣りになりません!そのために釣り人が来ないのです!中津川は前回より、青藻が、凄いことに!

 

前回相模川と中津川に行って、全く驚いた――-中津川は前回に増して、石についた青藻が、

更に凄いことになっていて、釣れるのは青藻だけ!

全く友釣りになりませんでした!覚悟はしてきたのですが、それが一段と凄いことになっていたのです! 

場所は八菅のオトリ屋でオトリを購入し、下流の天狗岩が良いというのでそこに決めました!

という前にそこにしようと自分で決めていました!

前回あちこちを見て回ったが、どこも良い場所がなく、結局去年のことを思い出してここにしようと思っていました! 

だがいまだにここ天狗岩で釣った経験はありません!前回かけたのが最初の出来事でした! 

前回も石についた青藻に悩まされながら釣り上げた、貴重な鮎だったのです!

家を出たのは5時少し前、コンビニでいつもの食料を購入して、中津川に向かいました! 

中津川に行くのには八菅神社の看板を左折すると、そこに行けます!

八菅にはオトリ屋さんが一軒あって、そこでいつもオトリを購入しています! 

中津川で一番下流のオトリ屋さんです!

到着したのは6時ごろで、オトリ屋のおじさんは、私が行こうとしているその場所は――-そこは釣れるよと太鼓判を押していたのですが?!

 

 

天狗岩は中程の、比較的流れの穏やかな場所に、椅子と釣り道具一式を、持ち込んで――まず腹こしらえ!あたりにはまだ誰もいません!

天狗岩は中程の、比較的流れの穏やかな場所に、椅子と釣り道具一式を、持ち込んで――まず腹こしらえ!あたりにはまだ誰もいません!

 

天狗岩は中程の、比較的流れの穏やかな場所に、椅子と釣り道具一式を、持ち込んで――まず腹こしらえ、あたりにはまだ誰もいません!

釣れないから人がいないのです!

ここは人気の場所で、青藻さえなければ、多くの人で賑わっているはずなのですが!

この青藻がついた、流れを見ながらいつもの、コンビニのおにぎりを、

ほうばりながら今日は苦戦するぞと覚悟を決めながらの朝食でした! 

やがて7時過ぎになったので、釣りの準備に! 

いつものシマノのナイアード9.0mにフロロ0.3号の仕掛けをつけて準備!

手前の流れの比較的緩い場所から、釣り開始!

そこからだんだん下流の急流に向かって、吊り下がっていく、

石についた青藻に苦戦しながらの、釣りさがりでした! 

急流で青藻がオトリ鮎の顔について、可哀想なことになっていた! 

やがて前回かけた急流に差し掛かりました! 

前回はこの急流でかけた後、小さな鮎がついていて、こんな小さい奴が、

オトリに向かってくるのかと、驚いたその場所に差し掛かったのです!

 

 

だがそんな中、急流でガガガーと前アタリが、オトリを浮かせると青藻ではなく、鮎が掛かっていたのです!

だがそんな中、急流でガガガーと前アタリが、オトリを浮かせると青藻ではなく、鮎が掛かっていたのです!!

 

だがそんな中、急流でガガガーと前アタリが、オトリを浮かせると青藻ではなく、鮎が掛かっていたのです! 

急流からこの一尾を引き抜いて、タモ編みでゲット!

まさかこんな状態で掛かるとは、全く思っていませんでした! 

青藻だらけの中での鮎ですのでとても貴重!! 

オトリ屋さんがそこは急流で、デカイのがかかるので、狙いは急流と言っていたのが、本当でした! 

ガガガーとの前アタリはとても珍しい! 

天然鮎であればそれは、ありますがここの鮎は放流鮎のはず、

その鮎がハッキリと前アタリをかけてくるのは、珍しいのです! 

私の貧しい経験ではありますが、そんな前アタリに感心したのです!

ところがその後が、いけない!

釣れたのは8時45分でしたが、その後は全く青藻だらけで、強い引きがあったので、

引き揚げてみると仕掛け針についてくるのは、長く伸びて垂れ下がった、青藻の姿だけです!

 

 

掛かってくるのは、青藻だけ!そんな中私のすぐ上に1人釣り人が現れた!

掛かってくるのは、青藻だけ!そんな中私のすぐ上に1人釣り人が現れた!!

 

比較的早い時間に、一尾をかけた後が、全く情けないことの連続!

掛かってくるのは、青藻だけ!そんな中で、私のすぐ上に1人釣り人が表れた! 

1人で寂しい時間が続いていたのですが、誰かが入ると心が和みます!! 

釣れない時間が長いだけに尚一層、寂しいのです! 

やがて時間が過ぎて、私の下流にも釣り人がまた表れた! 

釣れないのを承知でここにきているのだろ思いました!

上流の方に、一言断って彼の上流の急流に入れていただきました! 

彼はここで2匹をかけたと言っていました! 

そこは深い流れで、青藻はあまり関係ない場所です!

ここで青藻がかかってくることはありません! 

その上流にも1人流れの浅い場所に入っていましたが、その方は、

その後何時間もその場所を動かずに、釣り続けていました! 

私が帰るまで、同じ場所にい続けたのです! 

この場所はどんなところか? 大変気になりました! 

今度一度試してみる必要があります! 

浅くて流れのある場所ですので、あの青藻がついていない場所なのでしょうか! 

それが気になって気になって――それほど同じ場所に、竿が動かないで居続けたからです!!

 

 

私は長い長い時間、ここを行ったり来たり、かかってくるのは、あの青藻だけ!

私は長い長い時間、ここを行ったり来たり、かかってくるのは、あの青藻だけ!それが嫌で嫌でしょうがないが、今日はそれを諦めるしか方法がありません!!

 

私は長い長い時間、ここを行ったり来たり、かかってくるのは、あの青藻だけ! 

それが嫌で嫌でしょうがないが、今日はそれを諦めるしか方法がありません! 

そんな中下流に2人が表れた!彼らもこの青藻に悩まされる、覚悟できているに違いない! 

そんな中、相模川に移れば釣れるかもしれないと、一瞬考えたが、今から行く時間もないし、諦めるしかなかった! 

今日はこれを覚悟の上きたのだから――-自分を慰めるしか方法はなかった!

やがて時間が、1時過ぎになったので引き上げることに、覚悟を決めた!

当りにはベトナムから来た若い二人連れが、釣り道具を持ってあちこちを彷徨っていた、

聞けば日本の工場で働いているそだが、金曜日で休みでここに来たと言っていた! 

その彼らに別れを告げてここを去る事のなった! 

時刻は1時をすぎていた! 

帰り支度を整え家に帰ることにした! 

いつもの道を帰るのだが、同じ道でも帰りは必ず間違える! 

今日も山際の交差点を目指していたが、出たのはそこではなく、やはり間違えていた!

どうやら桜台の交差点で、角度を間違えたらしい! 

迷いながらやっとのことで昭和橋にたどり着いた、

前回はもっと迷いに迷って、昭和橋の向こう側にたどり着いた!

 

 

持ち帰った鮎は3匹で、テレワークの息子がいるので丁度1人1匹だ!

持ち帰った鮎は3匹で、テレワークの息子がいるので丁度1人1匹だ!!

 

家に帰ったのは2時過ぎ、持ち帰った鮎は3匹で、テレワークの息子がいるので丁度1人1匹だ! 

今まで私は1匹の鮎を食べただけですので、やっと2匹目が食べられました! 

流石釣りたての鮎は格別に美味かった! 

そう思うのは自然の成り行きですね!!

こんな釣れ具合なので、気持ちはいつも通り晴れ晴れとしていない!

今年はこれで5回目だというのに一向に気持ちが晴れない釣りが続いていた!

それにわ分けがある、一向に釣れないだけでなく、期待を裏切り続けられているからだ! 

今日は釣れるぞと、何回も家を早くに出かけ、たが一向に釣れない日ばかりで――

-心が晴れない日ばかりだからだ!!

だが、今日は前回から雨が降っていないし、川の状態は、青藻だらけでどうしようもないが、

来週は雨続きで、行く日がないので、それを覚悟で出掛けたのでしょうがない!

その気持ちは、行く前から覚悟はできてはいたが、行ってみてそれを一日中体験し、

嫌な気持ちで帰ってきたので、全く自分の責任なので、尚のこと腹が立ってしょうがないのでした!

この悪いサイクルから抜け出す日は来るのだろうか?! 

2017年に友釣りを始めて。こんなにひどい年は、今までになかった!

考えてみると2017年は何もわからず友釣りを始めたのだが、この年が一番良かった!

それから年ごとに年々悪くなり――今年が最悪になってしまったのです!

これは地球全体の温暖化と、どうやら無関係とは言えないのではないでしょうか? 

地球は確実に温暖化に向かっています! 

地球の環境が悪いのは、川の環境が悪いのと同じだと思っています! 

ですので今後、回復すると言っても一時的で、長期的には悪い環境になっていくのでしょう!!

今日の中津川、どうやら地球の温暖化を受けての、悪化の一環だと思ってしまう、今日この頃です!!

来週は雨の日続きで次に行けるのは早くて7月5日あたりです! 

その時までに川の環境が劇的に改善していますように!

ところがその後の天気予報が変わり、雨が降らない日が多く、あまり期待できない状態です!

ですので中津川ををあきらめ、相模川の葉山島の深みに挑戦すれば、青藻はないでしょう??

 

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。