丹羽が磨いた・黒大豆 魅力を全国に!中でも黒大豆=丹波黒 はお正月用の高級品として知名度も高い!丹波の特徴は大きさだ!

Pocket

丹羽が磨いた・黒大豆 魅力を全国に!中でも黒大豆=丹波黒 はお正月用の高級品として知名度も高い!丹波の特徴は大きさだ!

丹羽が磨いた・黒大豆 魅力を全国に!中でも黒大豆=丹波黒 はお正月用の高級品として知名度も高い!丹波の特徴は大きさだ!

 

10月初旬、兵庫県丹波篠山市で黒枝豆=黒大豆の枝豆 の販売が

解禁日を迎えると、市内は車の大渋滞が起こる。

数が限られる上、ほんの2~3週間が旬の枝豆を目当てに、

畑の脇で販売する生産者や直売所を目指して各地から人が集まるのだ。

「時期が早いうちはフレッシュな味わいで、終わりの方は熟成してもちもちしてくる3週間で変わるんですよ」

と京都市在住の女性は語る。

秋の風物詩として毎年会に行くのを楽しみにしているという。

丹波篠山は栗や芋、牡丹鍋にするイノシシ肉など豊かな山の食材で知られる。

中でも黒大豆=丹波黒 はお正月に欠かせない高級品として知名度も高い。

豊かな里山というイメージがあるが、黒大豆は300年ほど前に、慢性的な水不足でも

米が思うように取れないことから、水田の一部を乾田化して植えられたのが始まりだ。

米のかわりに江戸幕府に年貢として納められたこともあり、NHK大河ドラマ「晴天を衝け」では、

のちに将軍となる徳川慶喜が幼少時代に「長命の秘訣は黒豆を毎日百粒ずつ食べること」

と父に言われ、黒豆煮を食べるシーンがある。

丹波の特徴は、なんといってもその大きさだ。

普通の大豆は百粒で40~50gあるといわれるが、丹波黒は平均80gと倍近い。

明治以降、多様な在来種の中から優良な種子を選び育ててきたことに加え、風土の力も味方した。

土壌は保水性の高い粘土質。9月から12月にかけて発生する

秋の霧は「丹波霧と呼ばれ、昼11時ごろまでかかることもある。

秋の霧は「丹波霧と呼ばれ、昼11時ごろまでかかることもある!

これが絶え間なく水分を与え続け豆がじっくり熟成するのです」と、

代々黒大豆農家だという丹波篠山市農都政策課の課長補佐、安井敏弘さんは説明する。

一日の寒暖差の大きさも、凝縮感のある味わいに寄与する。

地域を挙げて磨いてきた栽培技術や、種を守り育ててきた歴史や景観、

生物多様性などが評価され、今年2月に日本農業遺産に認定された。

丹波黒の地位向上に大きな役割を果たしているのが「卸」の存在で、その最王手が小田垣商店だ。

1734年=享保19年 に鋳物商として創業し、種苗店を経て1935年に卸と小売を手がける現在の姿となった。

試験農場で系統の比較をしたり、農家と研究会を開いたりする一方、扱う豆の

登録商標をとるなど長年にわたり品質維持とブランド力の向上に努めてきた。

72年、家庭料理研究科としてテレビや雑誌で人気があった土井勝さんに依頼し、

手間がかからずふっくら焚き上げられる黒豆煮をはじめ、炊き込みご飯や炒り豆といった

様々なセシピを提供してもらったことも、丹波黒を全国に広める一助となった。

11月〜12月の出荷最盛期に向けて、敷地内の工房では職人が手作業で豆を選別する!

四季にないの工房では、農家から買い取った豆を、今も変わらず職人が手作業で選別する。

207年には店舗や住宅など敷地内の10棟の建物が国有形登録文化財に認定されたが、

当主の小田垣昇さんが自社を丹波食の発信地として捉え直し、店の改修を発案した。

依頼したのは現代美術作家の杉本博司さんと、建築家の榊田倫之さんによる新素材研究所だ。

伝統工芸や古い素材を現代に蘇らせるという理念に小田垣さんは共鳴し、

「『古いものが新しい』という考え方が、この建物に

新しい命をきっと与えてくれると思った」と振り返る。

とはいえ文化財の改修は難しかった。

「増改築を重ねて改変された建物部分はできるだけ古い時代に戻そうと考えた。

だがどこを残してどこを省くか、古いものを見慣れていないと判断ができない」と杉本さん。

使い慣れた建物に愛着のある先代、文化財担当の県職員なども含め、話し合いを重ねたという。

「新築と違って改修は初めてみないとわからない。

図面には表現できない部分がある」と榊田さんも話す。

耐震補強も金属を用いず在来工法で壁を足し、様式を守りながら進めた。

一方、インテリアは「時代感」を注意深く合わせながら、趣向がこられている。

入ってすぐの土間には社館の名匠、久住章さんが手掛けた土壁が、

店舗の床には京都の商家で使われていた四国産の町家石が敷き詰めてある。

新設されたカフテラスから見える枯山水の庭園も見どころの一つだ。

中心には、杉本さんが以前に入手した縄文時代の石棒と中国で農耕につかわれていた石を配した。

古代と現代が交差するような空間には、「大名庭園のようではなく、かといって

モダニズムが表出しすぎるものでもない、新しいの本の庭の形を作りたい」。

そんな杉本さんの想いが込められている。

生まれ変わった店舗には、豆菓子や地域の銘菓・銘酒、国指定無形文化財の

丹波布といった、工芸品が並び、古書と新刊を織り交ぜた食文化の選書コーナーもある。

今後、3年かけて茶室や蔵を改修予定だ。

「見て体験して元気がでるのかが食とアートの共通点だと思う。

今までは商品を並べて売るだけだったが、今後は訪れた人がくつろぎながら

時を感じられる空間にしていきたい」と、小田垣さんは力を込める。

店頭には、屋久杉の一枚板に「黒まめ」と大きく書いた看板が掲げられている。

いつの時代のものかと眺めてみると「これは私が書いたんです。

だまされちゃいけませんよ」と杉本さんがニヤリと笑う。依頼したのは小田垣さんだ。

そんなふたりの遊び心が新しい名所に軽やかな息吹を与えている。  

太田亜矢子 大岡、三村幸作撮影。 日経新聞。

 

ではこれに関する研究をしてゆきます。

 

 

丹波黒豆の魅力と特徴を徹底解説!期間限定で丹波黒豆の枝豆も!丹波黒豆を使った多彩な料理!

丹波黒豆の魅力と特徴を徹底解説!期間限定で丹波黒豆の枝豆も!丹波黒豆を使った多彩な料理!

 

「丹波黒豆の魅力と特徴を徹底解説!人気のおすすめレシピ20選も」    

丹波黒豆は高級品として古くから全国的に知られる黒大豆です。

粒が大きくておいしいことで評判の丹波黒豆の産地や収穫時期、ほかの黒豆とどう違うのかをご紹介します。

あわせてご飯とパン、洋菓子や和菓子に丹波黒豆を使った人気レシピを選んでみました。

[おいしい丹波黒豆の魅力と特徴]    

「丹波黒豆とはどこの黒豆?」   

丹波黒豆とは昔の丹波国の篠山(ささやま)町、現在の兵庫県丹波篠山市周辺で栽培される黒大豆のことです。

お隣の丹波市や京都の京丹波町と混同されますが、丹波黒豆といえば丹波篠山市の特産を意味します。

黒大豆は一般的な白大豆と栄養面では変わりありませんが、ぶどうと同じ

アントシアニン色素を皮に多く含んでいるため、紫がかった黒い色が特徴の大豆です。

「普通の黒豆との違いは歴然!」  

 丹波黒豆は「丹波黒」という品種で、普通の黒大豆よりも粒が大きく、皮の色が濃くて光沢があるのが特徴。

食べごたえのあるサイズとコクのある味わいが評判です。

寒暖差の大きい篠山盆地が育む黒豆として、昔から全国的に知られる名産品です。

一般的な黒豆は開花から収穫まで2ヶ月ほどといわれますが、丹波黒はその1.5倍もの時間を要します。

栽培から12月の収穫、天日干しに至るまですべて手作業でおこなっています。

そのため小売価格が1kgで4千円と、普通の黒豆の3倍ほどもする高級品として有名です。

「期間限定で丹波黒豆の枝豆も」   

枝豆は大豆が完熟する前の若いさやを収穫したもので、昔は枝ごと売られていたことからこの名があります。

丹波黒豆にも12月の収穫期より前に解禁される黒枝豆があり、希少品として人気です。

丹波篠山市では、例年10月5日が解禁日で、10月下旬までの販売となります。

少し黒みがかった緑の豆は、歯ざわりがよくコクのある味わいでおいしいと人気ですよ。

[丹波黒豆を使った多彩な料理!]    

丹波黒豆といえばやはり煮豆が王道! 

黒豆といえば煮豆が王道で、お正月のおせち料理には欠かすことのできない、定番の祝い肴ですね。

その煮豆にもっとも人気があるのが丹波黒豆です。コクがあって甘みもたっぷりで、

食べごたえのある極大サイズの丹波黒豆こそ、煮豆に一番適した黒豆といえますね。

この記事を報告する次のページ 丹波黒豆が入ったご飯の人気レシピ5選

「丹波黒豆といえばやはり煮豆が王道!」    

黒豆といえば煮豆が王道で、お正月のおせち料理には欠かすことのできない、定番の祝い肴ですね。

その煮豆にもっとも人気があるのが丹波黒豆です。

コクがあって甘みもたっぷりで、食べごたえのある極大サイズの丹波黒豆こそ、煮豆に一番適した黒豆といえますね。

[丹波黒豆の魅力と特徴を徹底解説!人気のおすすめレシピ20選も]    

丹波黒豆は高級品として古くから全国的に知られる黒大豆です。

粒が大きくておいしいことで評判の丹波黒豆の産地や収穫時期、ほかの黒豆とどう違うのかをご紹介します。

あわせてご飯とパン、洋菓子や和菓子に丹波黒豆を使った人気レシピを選んでみました。

「いろいろな料理に活用できる丹波黒豆」   

煮豆だけでなく黒豆料理にはいろいろなレパートリーがあります。

乾燥黒豆で豆ご飯を作って、ホクホクした豆の食感と風味を楽しんだり、

余った煮豆を加えてパンを焼いたりしてもおいしいですね。

ほかにも多彩なレシピがありますが、そんなときこそ丹波黒豆を使うとさらにおいしくなりますよ♪

「お菓子作りにもぴったりな丹波黒豆」   

丹波黒豆のほっこりとした味わいと上品な甘さは、黒豆大福やどら焼きなどの和菓子はもちろんのこと、

タルトやマフィンなどの洋菓子にもよく合うこと間違いなしです。

スイーツこそ丹波黒豆のおいしさを最大限に引き出す、ぴったりな料理といっても過言ではありませんね。

[丹波黒豆が入ったご飯の人気レシピ5選]   

「1. 定番の黒豆ご飯」   

豆ご飯といえば赤飯やえんどう豆ご飯がポピュラーで、豆の香りと風味がなじんだご飯がおいしくて人気ですよね。

こちらは贅沢に黒豆で豆ご飯を作っているレシピです。

昆布茶も入っているので、おいしさがよりいっそう際立ちますよ。

「2. 丹波黒豆の枝豆で炊き込みご飯」   

丹波黒豆の黒枝豆は例年10月に20日間ほどしか販売されない、じつに貴重でレアな食材です。

いつもの緑とはまた違う黒枝豆の炊き込みご飯は、香りや味わいが格別です。

おかわりしたくなること必至の、たまらないおいしさですよ。

「3. 黒豆のあじさい手まり寿司」   

黒豆をフライパンで乾煎りしてからお米と炊くご飯で作る、手まり寿司。

黒豆に含まれるアントシアニン色素が酢に反応するため、寿司酢を加えるときれいなピンク色になります。

色鮮やかな仕上がりに食欲がそそられるレシピです。

「4. 黒豆入り炊き込みご飯」   

厚切りハムと根菜の炊き込みご飯に、黒豆の煮豆と塩ゆでさやいんげんを加える彩りのいいレシピです。

しっかりとだしが効かせる炊き込みご飯に、甘い煮豆とさやいんげんがアクセントになっておいしくいただけます。

「5. 栗と黒豆のおこわ」    

もち米をだしで炊くおこわのなかでも、栗おこわは定番のひと品。

味のアクセントだけでなく見た目もきれいなご飯です。

炊きあがったら、栗や黒豆をくずさないように切り混ぜるのが美しく仕上げるコツです。

[丹波黒豆入りのおすすめパンレシピ5選]    

「6. 黒豆の甘煮入り醤油麹パン」   

塩麹に続いていま流行りの醤油麹を生地に練り込むパンのレシピです。

ほのかに香る醤油と黒豆の甘い煮豆が、焼きたてのパンをよりいっそうおいしくしてくれます。

醤油麹入りのため焦げやすいので注意してください。

「7. かぼちゃの種と黒豆の蒸しパン」   

ホットケーキミックスとヨーグルトで作るお手軽な蒸しパンのレシピ。

素焼きしたかぼちゃの種が香ばしく、黒豆の甘煮がおいしいですよ。

生地を寝かせたり発酵させたりする手間もなく、お子さんと一緒に楽しく作れます♪

「8. マシュマロを練り込んだ黒豆パン」    

生地にマシュマロを練り込む、フワフワ食感の黒豆パンです。

二次発酵は、生地が2倍以上に膨れるまで時間をかけるほうが、フワフワに焼き上がりますよ。

「9. 黒豆入り抹茶の蒸しパン」 

これが黒豆入り抹茶の蒸しパン!  

ホットケーキミックスと豆乳で作る蒸しパンのレシピです。

生地には抹茶を加えるので風味豊か。

飾り以外にも中にたっぷりと黒豆が入っています。

ぷっくりとふくらむかわいらしい形に、思わず食欲をそそられますよ。

「10. 黒豆の甘煮入りチーズパン」   

「おせちリメイク」と銘打ち、残り物の煮豆を利用するレシピです。

季節に関係なく煮豆があるときにいつでも作れる、おいしい黒豆チーズパン。

豆腐を加える珍しいパン生地で、2種類のチーズと黒豆を包みます。


[丹波黒豆でアレンジ!洋菓子レシピ4選]    

「11. 栗と黒豆のタルト」   

手作り生地とアーモンドクリームで作る、手の込んだ黒豆と栗のタルトです。

乾燥黒豆を甘煮にするレシピも紹介されていますが、もちろん残り物のリメイクでも構いません。

たっぷりの黒豆と栗の甘露煮、金箔まで散らす本格的なお菓子です♪

「12. 黒豆ソースがけパンナコッタ」   

おせちで余った黒豆煮を活用するスイーツのレシピ。

生クリームたっぷりで甘く、ぶるんとした口当たりのパンナコッタですが、

醤油や塩を加えて作る黒豆煮のソースが不思議とよく合いおいしいですよ♪

「13. ココアと黒豆のビスコッティ」    

黒豆煮を加えて作るココア風味の固焼きクッキーです。

アーモンドとシナモンのパウダーで香ばしく、ミックスナッツも入れるので

風味豊かな仕上がりに!コーヒーによく合う大人風味のビスコッティです。

「14. 黒豆と柚子のパウンドケーキ」    

柚子が香るマーマレードを加えて焼く、柑橘風味が爽やかなパウンドケーキです。

黒糖と黒豆煮を入れるので、和テイストな味わいも加わりさらにおいしく感じます。

黒豆がアクセントのしっとりしたケーキです。

[定番の丹波黒豆入り和菓子のレシピ6選]    

「15. 電子レンジで黒豆大福」   

市販のこし餡で作る定番の大福に、黒豆の甘煮を加えるレシピです。

白玉粉と砂糖、水だけで作る生地は電子レンジで簡単に調理できます。

やわらかくてもっちりな大福が、まるで市販品のようにおいしいですよ。

「16. 黒豆と餅でやわらかどら焼き」    

牛乳に浸した切り餅をレンジで加熱して溶かし、ホットケーキミックスを

加えて作った生地を、フライパンでこんがりと焼くだけ。

クリームチーズの餡と黒豆を挟んだら、カリふわ食感のおいしいどら焼きが完成です♪  

後略!     

makaroni より。

 

 

丹波篠山いのうえ農園!


丹波黒豆とは?丹波黒は何故高価なのか?!ブランド化した丹波黒豆(丹波黒)は、ほかの黒豆とは値段も品質も異なりま!

 

[丹波黒豆とは?丹波黒は何故高価なのか?]    

「丹波黒豆(丹波黒)」は、「ブランド化した黒豆である」といってもよいでしょう。

ブランド化した丹波黒豆(丹波黒)は、ほかの黒豆とは値段も品質も異なります。

これはいったいなぜなのでしょうか?

今回は、「高級黒豆」と言われる丹波黒豆(丹波黒)の特徴とその値段の理由について解説していきます。

[値段の高さには理由がある!丁寧に育てられる「丹波黒豆(丹波黒)」の特徴とは]    

商品にもよりますし扱っている業者によって違いもみられますが、丹波黒豆(丹波黒)は

一般的な黒豆に比べると、つけられる価格は3倍ほども高いという現状があります。

しかしこの「値段の高さ」にはきちんとした理由があります。

「1.品質自体が非常に良い」   

丹波黒豆(丹波黒)の「値段」を語るうえでは、丹波黒豆(丹波黒)の「品質」に言及する必要があります。

丹波黒豆(丹波黒)は一般的な黒豆に比べて味わいがよく、ほっくりとした仕上がりになります。

滋味深く香り高く、シワも少なくつややかで、見た目の美しさも他の黒豆の追随を許しません。

また、丹波黒豆(丹波黒)はほかの黒豆に比べて非常にサイズが大きいことで知られています。

黒豆はお正月のおせちの定番であり、「縁起物」としての性格を強く持ちます。

縁起物であるため、大きくて立派なものが好まれます。

一般的な黒豆の1.5倍ほどのサイズを持つ丹波黒豆

(丹波黒)は、縁起物のなかでも非常に重宝されます。

おいしい(美しい)ければそれだけニーズも高くなります。

ニーズが高くなればそれだけ高い値段がつけられるようになります。

このような理由があり、丹波黒豆(丹波黒)はほかの黒豆よりも値段が高くなるのです。

「2.手間暇がかかる」   

丹波黒豆(丹波黒)は、その栽培に非常に手と気と時間をかけていきます。

黒豆のなかでも最高級品に位置する丹波黒豆(丹波黒)は、ほかの

黒豆に比べて1,5倍ほどもの長い時間をかけて大切に育てられます。

また、非常に繊細で難しい植物ですから、きちんと育てるためには

気を使い、技術と知識を総動員していかなければなりません。

丹波黒豆(丹波黒)は、縁起物です。そのため、割れや傷は嫌われます。

自然界に存在する植物ですから、破損をまったくの0にすることはできません。

ただ、そのリスクは、機械収穫によって各段に跳ね上がります。

このため、丹波黒豆(丹波黒)は手作業で一つずつ育てられます。

多くの人手と時間が必要になるため、これもまた丹波黒豆(丹波黒)の価格に反映されることになります。

「3.希少性が高い」   

丹波黒豆(丹波黒)は、一般的な黒豆に比べて非常に希少性の高いものです。

同じ作づけ面積で計算したとしても、丹波黒豆(丹波黒)は一般的な黒豆の半分程度しか取れないとされています。

これによって「丁寧な栽培」が可能になるのですが、当然一般的な黒豆と同じ値段をつけることはできなくなります。

一般的な黒豆も、日常使いにするのであれば決して悪くはありません。

一般的な黒豆もまた、農家さんが丁寧に大切に育てているものだからです。

ただ、「よりおいしいものを、より品質のよいものを、より美しいものを」と考えたときは、

丹波黒豆(丹波黒)が選択肢にあがってくるといえるでしょう。

 

 

丹波黒豆煮=330g、箱入り!


気を付けてほしいこと~丹波黒豆と「丹波種黒豆」について!歴史をたどると丹波の黒豆に行きつく黒豆」!

 

[気を付けてほしいこと~丹波黒豆と「丹波種黒豆」について]    

「丹波黒豆が高いのはわかった。でも、丹波種黒豆でも

比較的お買い得なものもあるような……?」と思う人もいるかもしれません。

しかしこの2つは、実は似て非なるものです。

「丹波の黒豆」はその品質の高さ、そして高く売れるということから、全国に広まっていくことになります。

もともとは兵庫県~京都府で育てられていたものですが、丹波の黒豆のうわさを

聞き付けた人が、ほかの地域でもこの丹波の黒豆を育てるようになりました。

その結果、「丹波で育てられているわけではないけれど、歴史をたどると

丹波の黒豆に行きつく黒豆」がたくさん出てくるようになったのです。

このため、海外産の「丹波の黒豆」もあります。

このような「丹波以外で作られている、丹波の黒豆由来の黒豆」を、現在では「丹波種黒豆」というようになりました。

「丹波で育てられている丹波の黒豆」が「丹波黒豆」、

「丹波以外で育てられている丹波の黒豆由来の黒豆」が「丹波種黒豆」と呼ばれるようになったわけです。

もっとも、これはひとつの区分けにすぎません。

「丹波以外で育てられた丹波黒豆は、『丹波種黒豆』と名乗らなければならない。

『丹波黒豆』と名乗ってはいけない」などのように、法律的な区切りがあるわけではありません。

そのため、「丹波黒豆」と呼ばれる「丹波以外で育った黒豆」もあります。

また、丹波黒豆と同じくらいの値段をつけている丹波種黒豆もあります。

ただ、「ほかの丹波黒豆に比べて非常にお買い得な『丹波の黒豆』」「『丹波種黒豆』という表記」を見た場合は、少し意識してみるとよいでしょう。    

この記事を書いた人!  

鍋谷萌子  食事関係の資格を5つ持つ、フードライターです。

世界各国でグルメ旅行をしています。

専門はチーズとワインとコーヒーですが、日本料理にも明るいライターです。

料理の品評・料理レシピの提供も可能。

だれでも作ることができて、ちょっとおしゃれで、少し目新しいきれいな料理』のレシピをおつくりします。    

丹波篠山いのうえ農園! より。

 

 

丹波黒豆は高級品で知名度も高く!今日はこの丹波黒豆の魅力をたっぷりとお伝えしました!

丹波黒豆は高級品で知名度も高く!今日はこの丹波黒豆の魅力をたっぷりとお伝えしました!

 

今日のまとめ。 

丹羽が磨いた・黒大豆 魅力を全国に!中でも黒大豆=丹波黒 はお正月に欠かせない高級品として知名度も高い! 

丹波黒豆の魅力と特徴を徹底解説!

期間限定で丹波黒豆の枝豆も!

丹波黒豆を使った多彩な料理! 

丹波黒豆とは?

丹波黒は何故高価なのか?!

ブランド化した丹波黒豆(丹波黒)は、ほかの黒豆とは値段も品質も異なりま! 

気を付けてほしいこと~丹波黒豆と「丹波種黒豆」について!

歴史をたどると丹波の黒豆に行きつく黒豆」!

今日は丹波黒豆について記述してきました。 

丹波黒豆は高級品で知名度も高く特にお正月には欠かせません! 

今日はこの丹波黒豆の魅力をたっぷりとお伝えしました!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。