中津川八菅は川の状態が良くなっていた!今日は打って変わって夏空が広がった! 中津川は水量が平水になり、濁りが無なかった!

Pocket

中津川八菅は川の状態が良くなっていた!今日は打って変わって夏空が広がった!

中津川八菅は川の状態が良くなっていた!今日は打って変わって夏空が広がった! 中津川は水量が平水になり、濁りが無なかった!

 

今日7月19日の中津川は夏空が広がって、前回とは全く違う素晴らしい釣り日和だ! 

そして中津川は一目でわかるほど水量が少なくなり、濁りが全く無くなっていた! 

どこへ行くか悩みに悩んだ末、結局中津川に行くことにしたが、それは正解でした! 

それまでは相模川に行くつもりでしたが、土壇場で中津川に賭けてみることにしたのです! 

理由は相模川では去年からまだ1匹も釣れていないからです! 

相模川は川が広すぎて、どうも人間のサイズを遥かに超えているので、親しみが持てません!

前回あれほど苦しんだ、中津川ですが、ここの川のサイズが丁度人間によく合う大きさで、ここならばと思ってしまいます! 

今日もハ菅のオトリ屋さんによって、状況をよく聞いて、ハ菅の直ぐ上が最近、コロナの蔓延防止で

扉が閉まっていましたが、その扉が開いたばかりで、

人がまだあまり入っていないのでそこが良いと大川オトリ店のご主人の勧めでした! 

そこでまずオトリ屋さんに寄る前にこの目で見てみようと、拡大した地図で道を探したのですが、

分からず、前回オトリを購入した、もう一つ上流の橋まで行ったが場所がわからず、

結局大川オトリ屋さんで詳しく聞いて、みるとハ菅橋のすぐ上が鋭角にカーブしていて、

そこが入る場所で、聞かなければ、これでは入る場所がわかりません! 

なんとそこはハ菅の釣り場のすぐ上で、テトラポットが見えるはどの至近距離だった!

 

 

先ほどかけたあたりで、これまたアタリが今度は先ほどより強いアタリで、まずオトリの顔を出して、その後一気に引き上げてタモ網でキャッチ!

先ほどかけたあたりで、これまたアタリが今度は先ほどより強いアタリで、まずオトリの顔を出して、その後一気に引き上げてタモ網でキャッチ!!

 

その場所へ行きました!

そこは流れの緩い場所で、すでに先客が3人いました! 

河川敷は広くて、多くの方がきても、駐車スペースは十分な広さです! 

時刻は7時過ぎ、既に日照りが強くて、自分の自動車の影に

隠れるようにして日差しを避けて、朝食としました! 

いつものコンビニのおにぎりセットです! 

流れを見ると濁りは全くなく、水量が平水で、これなら釣れるのではないかと――-

思い浮かべながらの、朝食でした! 

横の二人ずれは、朝食を早々と済ませ、着替えも済ませ、流れの中へ入ってゆきました! 

釣れるだろうかの、思いが強く朝食を食べながら――-

二人ズレは果たして、釣れるだろうかと食い入るように見つめていました! 

やがて開始5分で1人の方が竿をしならせ、タモ編みでゲットするのが見れたので、

今日は釣れるかもしれない、そんな気になりました! 

私も朝食を終えて、釣りの準備を整えて、オトリの船を携えて、川に入りました!

川幅も狭く、ナイアードの9.0m竿で十分に届く川幅です! 

1人が上流にいて、もう1人が下流にいますので、その真ん中が

ちょうど良い流れの場所で、先ほど先客が一尾かけた場所です! 

私も流れにオトリをゆっくりと入れました! 

強い流れではないので、オトリは気分良く流れに入っていきました! 

そうこうするうちに、緩いアタリがあって、引き抜くと小さなサイズの鮎が、掛かっていました! 

タモ網で難なくキャッチすると12cm程の小型鮎でした! 

野鮎なので追い星が綺麗な黄色で可愛らしい、鮎です! 

その後、テトラ上まで下げ降って、そこもポイントですので、入念に流し入れを繰り返しました!

先ほどの方は、テトラの中間の緩い流れの中で、長い間ねばっていました! 

ここでかつて掛けた場所なのでしょう――そのように見受けられました。 

私もテトラに腰掛けて、流れの強い場所を入念に流し続けましたが、なんのアタリもありませんでした! 

そこでまた上流に移動、流れを遡って、先ほどかけたあたりで、これまたアタリが今度は先ほどより

強いアタリで、まずオトリの顔を出して、その後一気に引き抜いてタモ網でキャッチ! 

このサイズはほぼオトリぐらいで、これまた追い星が黄色く綺麗な野鮎でした! 

その後、立て続けにアタリがあって、それも難なく引き上げて、タモ網でキャッチ、なんと同じ場所で、3匹目です!

これもほぼ同じぐらいのサイズで、前回のことを考えると信じられない、釣果です! 

そこでこの場所で続けるか、あの急流の私の好きな場所へ移動するか、釣りながらそれを考え続けていました!

 

 

急流の頭に来た時、凄いアタリがあった!強引に引き抜いたのですが、完全に引き抜けづに、空中の途中で、着地してしまった、運悪くそこには草むらがあって痛恨のバラシ!

緩い流れから急流の頭に来た時、凄いアタリがあった!強引に引き抜いたのですが、完全に引き抜けづに、空中の途中で、着地してしまった、運悪くそこには草むらがあって痛恨のバラシ!!

 

やがて10時過ぎになりましたので、下流へ移動する決意を固め、移動の準備の前に今日の釣果の鮎を、タモ網に入れて記念撮影! 

こんなことは今までに、した経験がありません! 

今日の10時までの釣果!

先客の二人は、一人は依然として、テトラポットの中の緩い流れで、粘り続けていましたが、

もう人方は向こう岸の草むらをテトラまで、移動してそこで立て続けに2匹をかけていました!

やはりあのテトラは、向こう岸から狙う場所です!

左側の方がこのテトラポットで立て続けに2匹ヒット!

移動の準備が整い、下流のあの急流のある場所へ、向かいました! 

ここは釣れたので心残りはありましたが――あの流れの強さは、掛けた時の快感が全く違うので、やはりあそこは私の一番好きな場所です! 

そこにはすでに先客がいましたが、幸い私の好きな場所には、誰も入っていません! 

そこで早すぎるが昼飯の時間にしました!

昼飯はいつも軽食なので、今日もバナナとカゴメの野菜一日これ一本、

ヨーグルトのデカパック、さらにプリンこれが私の昼食です!

昼食もそこそこに、すぐ前の流れにオトリに鼻環をつけて流れに乗せました!

この場所はまだ急流の上側で、流れの緩い場所です! 

今日は鮎船をベルトにつけての移動です!

いつもはこの場所は急流が岸のすぐ脇で、船をつけないで

岸辺を歩いての釣りですが、今日は流れに入って釣るコトにしました! 

緩い流れから急流の頭に来た時、凄いアタリがあった! 

奴はすぐに急流にオトリを引き連れて強い引き込みで、

下流に走ろうとして私との、駆け引きが始まった! 

私はなんとか堪えていましたが、やがてその強い引き込みに、

つられて下流に移動せざるを得ないほどの強い引き込みです!

下流には、もっと強い急流がずっと続いています! 

ここは難所中の難所での決戦が始まったのです! 

奴はデカイ鮎で、オトリ屋さんがいうには、ここで23cmが上がったと聞いたので、

やはりそうなのかと思わざるを得ないほどの、強い引き込みです! 

やはり急流に引き込まれ、なかなか止めることができません! 

この下流はずっと強い流れの続く場所で、上げる場所が見つからない! 

そんな急流です!

何回か引き込み、オトリを浮かせますが、引き抜くにまでには至りません! 

そこで作戦を変えて、流れに乗せて、下流に、走れば良かったのですが、

それでバラした経験から、引き抜くことにしました! 

何回も引き抜きを繰り返しましたが、なかなか引き抜けません! 

そこでよせばいいのに、強引に引き抜いたのですが、デカイ鮎なので完全に引き抜けづに、

空中の途中で、着地してしまった――-運悪くそこには草むらがあって、それに絡まってしまった!

近付いてみると、オトリだけが草にぶら下がっていて、掛けた鮎はすでにバレていました! 

私の未熟さをまざまざと、見せつけてしまった、

それにガックリとした私が、呆然と立ち尽くしていました!

考えてみれば、ここは、この流域で一番、

難しい場所で掛けたので、諦めるしかありませんが――-

どうしてもあきらめがつきませんでした!!

 

 

弁天の急流!その下流でもう1匹、これまた強いアタリがあった!そのあと一気に引き抜いて、今度は無事にタモ網でゲット!

その下流でもう1匹、これまた強いアタリがあった!そのあと一気に引き抜いて、今度は無事にタモ網でゲット!

 

そんな悔やまれる中で、その下流でもう1匹、これまた強いアタリがあった! 

これも急流ですが、前回の失敗がありますので無理をせず!

流れをうまく利用して、時間もかけて、急流が続く中ですが、

オトリの顔を出して、そのあと一気に引き抜いて、今度は無事にタモ網でゲット! 

サイズは21cmぐらいで、先ほどバラした鮎より小ぶりの綺麗な追い星の野鮎でした! 

だがその後が続かない、このクソ暑い中でアタリがきません! 

長い長い時間が過ぎても、アタリがないのです!

隣の釣り人も、アタリがないですねと嘆いていました! 

ここからが長い長い時間が続きました! 

何もない長い長い時間は、疲れます! 

ですので椅子に座ったまま、鮎竿を持って、緩い流れに、流し入れていました! 

そしてまた時間が過ぎて、今度は先程の下流の

先端で、もう一度チャレンジしてみました! 

あの大物がまだ掛かるかもしれない、そんな気持ちで

流れに、流していると、そこで根掛かりが発生! 

急流の根がかりは、怖い! 

流れに巻き込まれたら、ひとたまりもない! 

だがこの先ほどの綺麗な野鮎のオトリを見捨てる訳にはいかない! 

鮎竿を杖にして、急流に流されないようにそっと、少しづつ近づいてゆく、

流れの中で、あのオトリが喘いでいるのが、見えた!

この急流で根掛かりが発生!

さらに少しづつ流れに逆らいながら時間をかけて、急流を進む!

もし足をとられて急流に流されれば、どこまでも

続く急流なので、必死の覚悟でのぞんだ! 

やがてさらにオトリに近づき――頼りはあの鮎ザオの杖だけ! 

やっとのことで根掛かりに近づき、鮎竿を杖にしっかりと固定し、

手を根掛かりした鮎に届いたが、なかなか鮎をつかめない! 

やっとのことで、オトリ鮎を手で掴み引き上げたが、

そう簡単には外れない、ここは一番の踏ん張りどころ! 

流されれば一巻のおわり! 

オトリ鮎をぐっと掴み鮎竿の杖を強く摘みながら、

やっとの思いで根掛かりした鮎を引き抜けた! 

だが流れは依然としてきつい場所! 鮎竿の杖が唯一の頼りです! 

なんとか流れを克服して急流から離れられた! 

だがまだこの急流をもう一度元の場所へ戻らなければ、ならない!

一番流れの緩い場所を選んで、鮎竿を杖に、なんとか元の場所に戻った! 

危険なオトリ鮎の救助でしたが、無事に済んで――一息ついている自分がそこに居た!

 

 

ここが八菅のテトラポット!このすぐ上が今日の釣り場!


今日の日差しは今年いちばんの暑さで、熱中症にならないように、帽子に水を汲んでは、それを頭にかぶるを、何度繰り返したことか!!!

 

この場所は、私が中津川で一番好きな場所!

それはあの長い急流がずっと続き、そこで掛ける鮎は引き抜くのに、

悪戦苦闘するので、それがたまらない魅力! 

でも今日バラした鮎は、今までで一番デカイ鮎です! 

ですのであそこで引き上げないで、下流まで長い距離を、

ねばりながら降れば良かったと、悔やんだが時すでに遅し!

この急流には大きな奴がいるんです!掛けた後の引き込みの強さがたまりません!!

今日の日差しは今年いちばんの暑さで、熱中症にならないように、

帽子に水を汲んでは、それを頭にかぶるを、何度繰り返したことか! 

多分2~30回は繰り返したでしょう! 

天気予報では34度と出ていたので、

その中に一日中いるので、熱中症対策は、最重要課題!!

家に帰ったのは2時半過ぎ、今日の釣果は4匹なので全部で6匹なので、3人で食べるのに一人2匹で丁度いい! 

今年は私はまだ1匹しか食べていないので、嬉しい限りです! 

いつも釣りの日は、赤ワインを飲む日で、鮎の塩焼きとのマリアージュは、最高の気分でした!

今日の赤ワインと鮎の塩焼き!最高のマリアージュでした!

赤ワインを傾けながら、頭に浮かんだのは、あの大きな鮎をバラしたことだった!! 

あれは熟練者であれば、決してバラシはしないであろうかと、長い間頭の中を駆け巡っていた! 

それにしても今日は、相模川か中津川か迷いに迷ったが、中津川にして本当によかった!

次回の釣り予定の月曜日は7月26日ですが、天気予報では、

風が5〜6mと強く避けた方が賢明でしょう!

それでいつ行くか悩みは続きます!!

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

私はかなり高齢な建築家です。出身は伊豆の湯ヶ島で多くの自然に触れて育ちました。少年時代の思い出も記事になっています。趣味が多くカテゴリーは多義に渡ります。今は鮎の友釣りにハマっています。自然が好きで自然の中に居るのが、見るのが好きです。ですので樹木は特に好きで、樹木の話が多く出てきます。 電子書籍作りも勉強して、何とか発売できるまでになりました。残り少ない人生をどう生きるかが、大事です。